伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


賢治さんのオルガン

a0282620_19313052.jpg


a0282620_19344255.jpg◆賢治さんのオルガン
この2台のオルガンは、宮澤賢治が大正15年(1926)に、実家から約1.5km離れた花巻川口町下根子桜(しもねこさくら)の別宅に入って、独居自炊生活をはじめ、羅須地人協会を設立した頃に愛用していたものです。
下根子桜の別宅は、北上川の畔の、まわりの畑地よりやや高台になった見晴らしのよいところに建ち、この家はもとは賢治の祖父・宮澤喜助翁の隠居所として建てられたものです。
賢治の没後、人手に渡り現在の花巻農業高等学校に移築、復元され保存されています。
花巻農業高等学校の前身は、賢治が教員として勤務していた稗貫郡立稗貫農学校(後の岩手県立花巻農学校)です。
a0282620_193595.jpg

◆「星めぐりの歌」
賢治はこの家で、農学校での教え子を中心に若者たちを集め、クラッシックのレコードコンサートを催したり、演劇や講演や器楽の合奏などを行っていたようです。
賢治はオルガンとセロを弾いていたようで、東京に出た折、レッスンも受けていた形跡があります。ただ、その期間もごく短く、音楽熱の高さはあっても演奏は独学に近いものだったようです。
しかし、そのなかで「星めぐりの歌」「月夜のでんしんばしら」「イギリス海岸の歌」など8曲を作曲しています。特に「星めぐりの歌」は有名で、シンプルな曲ながら耳にも、こころにも残る名曲だと思います。

a0282620_19353891.jpg賢治さんの収集レコードのリストを見ると、蓄音機の時代ながら驚くほどの数のクラッシック曲を聴いていたことがわかります。
バッハ、ハイドン、シューベルト、ベートーベンはもとより、ラフマニノフ、メンデルスゾーン、ワーグナー、チャイコフスキー、リヒャルト・シュトラウス・・・などなど、なかでもドビッシー「牧神の午後への前奏曲」などは伝説から童話世界への近似性を感じますし、当時まだ前衛だったストラヴィンスキーの「火の鳥」まで聴いていたとは・・・。また、ジャンルを超えてジャズにまで触れていたことがわかります。

※マントの写真はあの有名な賢治像で来ているマントです。この建物の中に展示されています。


それでは賢治さんの名曲「星めぐりの歌」を3ヴァージョンでお楽しみください。

【1】オルガンで弾いた「星めぐりの歌」



【2】歌(ソロ)



【3】林光編曲 合唱



※この宮澤賢治シリーズは、間隔をおいてまだ続きます。

by Martin
by martin310 | 2012-10-09 19:44 | 文学 | Comments(2)
Commented by yk-voyant54 at 2012-10-09 21:20
今日もまたいいですねえ。
オルガンの音、懐かしいです。
私の父は椅子のデザイナーなのですが、
YAMAHAに勤めていたことがあり、オルガン課でした。
そういう事も重なって、いろいろな想いが駆け巡ってしまいました。
編曲の林光さんというお名前も懐かしいですね。
お嬢さんと原宿で飲んだことがあったなぁ〜。
この曲は、ひとつ前のmartinさんの絵と合いますね。
絵に曲がつくと、もっと風船が飛んで行きそう。
Commented by martin310 at 2012-10-09 21:58
こんばんは、さっそくのコメントありがとうございます。

そうですか、思いがけず関連したことがいくつもあるのですね。
不思議につながりがあらわれるのですね。

オルガンの演奏でYouTubeにこの曲があるのは最近発見しました。
やはり懐かしくて、素朴で、足踏みオルガンていいですね。

かつて自分のHPがあった頃、グラフィック画像と詩と音楽を
組み合わせたシリーズを実験的に作ったことがあります。
見るだけでなく、音も加わるとまた世界が広がりますね。

それから、映像も少しやってました。
ハイビジョン映像と音楽でDVDを自主制作したこともあります。
今ではPCで編集ができますので、まあ、TVのような高度のものは
できませんが、一応それなりに作れます。

YouTubeにアップできるようなものでも、何か制作したいとは
思っていますけど、これからテーマが出て来るかもしれません。

Martin
<< 川奈ステンドグラス美術館 -1- 赤い道に風船が浮かんで・・・。 >>