伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
初冬の車中泊キャンプ -秋葉..
at 2017-12-11 14:05
オリジナル・ビデオクリップ ..
at 2017-12-03 20:03
見慣れた風景が、自然の織り成..
at 2017-12-01 14:05
風のめっぽう強い日に、再び西..
at 2017-11-27 14:14
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-21 23:04
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-20 15:26
秋から冬へ・・・蓼科からの遠望。
at 2017-11-17 19:27
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-12 21:08
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-10 16:19
「車中泊の旅」・・・当分、マ..
at 2017-11-06 22:04
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
渓流釣りもされるんですね..
by martin310 at 22:11
道の駅 中山盆地での車中..
by 横須賀車中泊大好き at 21:20
ヤリイカですか。 いい..
by martin310 at 16:48
西伊豆はいいですね。私も..
by 横須賀車中泊大好き at 23:14
こちらこそ興味を持ってい..
by martin310 at 06:53
回答ありがとうございます..
by 横須賀車中泊大好き at 22:26
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


ガーデンは今、プレオープンのとき。つるバラ族のステージの前に。


a0282620_2324524.jpg


我がガーデンは、今、つるバラ族の開花間近とあって、これからはじまる花々の美の饗宴を前に、鉢植えやプランターなどの小さな花たちが、密やかにプレオープンの前座を務めているという感じだ。そこで色や形で目を惹くものを集めてみた。

庭先やデッキのそこここに点在して咲いている彼女たちは、これから華やかな貴婦人や女王のような気品の高い薔薇族のステージを前に、脇役ぶりに自然に徹して清楚に可憐に自分らしい姿をあどけなく見せている。その奥ゆかしい感じが実に初々しく、いじらしくもあり、決して姿形や色彩のデザインにおいては引けをとらないことを、これらのショットからも感じられると思うのだ。

こんな花たちをあまりにアプリオリにあたりまえのように見ていてはならない。よく姿形を眺めれば、どれほど造形的に優れているかはわかると思うのだ。ピンポイントでクローズアップすれば、これほどピンで映るのに充分耐ええる美しさを持っていることがよくわかるはずだ。
彼女たちも、創造主のデザイン力が遺憾なく発揮された被造物である。こんな優れた創造の賜物は、勝手きままな偶然の産物では決してありえない。ひとつひとつ実に手の込んだ、精緻で絶妙なクリエイティブティが与えられてこそ、完成した植物であるはずだ。

生み出されたものは、生み出したものの意図や意志や思いがそのものに内在しているはずだ。そうやって芸術作品を普段見ているはずだが、こと、自然界にあるものはそういう見方を自然と忘れる。作者など想定していないからだ。
でも、この世に在るというのは、やはり在らせようとするものがあるから在るのであるから、きっと創り出した存在や思いや起源となる波動のもとはあったはずであろう。そういう観点から花々を見ればまた、その美しさや存在感が違うものに見えて来るはずだ。

つくりだすという視点から自然を眺めるならば、そこにどれほどの神がかった創造の奇跡があるかが感じられる。これらがまったく小さな種や苗のうちに、この植物全体の要素をすべて持っているというのだ。それが時期をみてここまでに育ち、完成を見せ、また次につなげていくシステムを持っている。
なにせ自分が生み出すとしたら、完成した姿としてだけでも、とてもここまでのものをつくり出すことはできない。デザインひとつとっても完璧な精度を持っている。それが命を持って生きているのだ。

まさに神技なのだ、花々は・・・。


a0282620_233350.jpg



a0282620_2331592.jpg



a0282620_233232.jpg



a0282620_2333241.jpg



a0282620_2334158.jpg



a0282620_2335032.jpg



a0282620_234066.jpg

by martin310 | 2014-05-05 23:04 | ガーデニング
<< Reflections・・・ま... 5月の庭に生命のときめきを見る... >>