伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
西伊豆の海辺でランチピクニック。
at 2017-10-15 19:53
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-11 06:00
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-09 21:54
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-08 16:25
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-10-02 13:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-28 08:34
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


夕日に庭が映えて、空に富士が浮かぶ。我がガーデンのたしなみ。


a0282620_14133433.jpg


ひとくちに“庭づくり”と云っても、人それぞれにその定義や意味は違うのであろうが、自分の場合はどうも、おこがましくも建物を含めた住環境の構築というか、植物と共につくる居心地のいい住空間の創造のように思っているところがある。

a0282620_14144080.jpg我が家の建築前の、山を削った荒地の姿を原型とすると、そこを如何に気持ちのいい、光と生気に満ちた場にするか、というのがいつしか家屋を取り巻く庭をつくりあげていく愉しみとなっていったのだと思うのだ。それは、今ある庭の姿から、一切の植物たちを抜きにした像を思い描いてみればわかるように、まったく潤いのない寒々しい殺風景なただの立地になるだろうことからも了解できる。
建物の棟数が増え、オブジェとしてのガーデングッズが建ち、そこへ様々な低木や花々が追加されると、季節毎、時期毎に植物がつくり出す新たな空間の意匠が形成されていく。色や形や香りや光や影が、それぞれの時間軸の中で魅力的なアングルを生み出していくのだ。


a0282620_14145330.jpgその日の終わりに、庭のいろいろな箇所にしばし佇んでみることをする。
鳥の餌台のあるコナラの樹の下から、夕日に染め上げられる我が家を見上げる。
ミニログのデッキに立ち、下の花壇やキッチンガーデンの様子を見下ろす。
“Tool Shed” の裏から芝生の先で風に揺れるフリシアの若葉を眺める。
白いバードハウスに並ぶバラの花壇で、花芽が膨らんだ蕾の開き具合を見つめる。
母屋の二階のデッキから、暮れかかる空に富士のシルエットが浮かぶ黄昏を望む、などなど・・・。


傾斜した土地と建物で入り組んだ様々な空間のひとつひとつが、豊富な視覚の愉しみを与えてくれる。アングルの変化はそのまま庭の様相の豊かさを与えてくれるし、面白味のある空間性をどれほど持っているかが、庭の味わいを高めるもとにもなる。空間の均質化を破るのは、この複雑系の空間創造が決め手になるはずだ。家は入れ物だけではなく、外に空間を形成する基点でもあり、庭はそれらを生かす活性剤でもあり、延長空間でもある。

命の力に満ちた豊かな空間に居ることができるのは、すなわち身体も意識もそれらの調和と解放のエネルギーに満たされるということだ。癒しや活力は自然にこの場の波動から生み出され、人のこころや意識、細胞の隅々まで光の粒子が行き渡る。
例えプライベートな狭隘な庭であっても、自分なりの光の場を創ることがそもそもの目的になっていたのかもしれない。地上に光を・・・・とは、きっと本来の希望としてあったもので、それは大仰なことでもなく、こんなひとつの日々の愉しみのなかにこそ、知らずと少しずつ果たされていくものかもしれない。


a0282620_141413.jpg


a0282620_14141265.jpg


a0282620_14142026.jpg

by martin310 | 2014-05-12 14:16 | ガーデニング
<< オリジナルYoutube 作品... 風景との出会い。樹との出会い。... >>