伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
飴細工のようなカラマツソウ(..
at 2017-06-26 13:35
足場だってセルフビルド。単管..
at 2017-06-24 16:01
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


ベニシア エッセイ 北の自然に遊ぶ (ベネシアさんと砂由紀さんの邂逅)


ベニシア エッセイ 北の自然に遊ぶ -後篇-
https://www.youtube.com/watch?v=d9KV4ILHgUo


ベニシア・スタンリー・スミス(Venetia Stanley-Smith)
a0282620_1123215.jpg
Eテレで放映された「京都 大原 ベネシアの手づくり暮らし」
の動画がYouTubeにあったので、いくつか楽しみながら観た。その中で、ベネシアさんが北海道を旅する企画で、なんとあの北海道ガーデンの象徴的存在の「上野ファーム」を訪れたくだりがある。
上野砂由紀さんとベネシアさんとの取り合わせは、何だか不思議な感じがした。なぜかガーデン分野では、「北」と「西」で独立したものとして思えてしまっていて、京都・大原の里の古民家でハーブを中心に、イギリス風のセンスをもとに日本の古きよきものを暮らしに生かしているイメージのベネシアさんと、北の大地の元農場だった土地に広大なイングリッシュガーデンをつくった砂由紀さんの組み合わせは意外に思えてしまい、考えてみればイングリッシュガーデンでは元を同じにする二人であることにあらためて気がつくのだ。

a0282620_11212359.jpg


上野砂由紀さんといえば、あの倉本ドラマ『風のガーデン』の、まさにその風のガーデンを設計・制作したガーデナーだ。ドラマの撮影が開始される2年前から、倉本さんの要請でゴルフ場跡地を改造して、あの美しい広大なガーデンをつくりあげ、その庭は今でも新富良野プリンスの一角で一般開放されている。
a0282620_11345020.jpgドラマはDVD化されて大分経ってから観て、その世界に断然魅入りられて写真集なども手にし、今の我が家の庭のイメージの大きな模範にすべきモチーフになったことでも、この砂由紀さんの生み出した世界の影響は大きい。
とはいえ、小さな我が庭では、風のガーデンに咲いていた代表的花の品種を出来る範囲で集めて植えて喜んでいるに過ぎず、到底ガーデンなどと呼ぶにもはばかれるほどのものであるのは言うまでもない。
ただ、少しでも風のガーデンの持つ、天上的な風景の残像を身近な庭に留まらせたい希望で、せっせと苗を探しては注文して集めたという訳だ。

ベネシアさんはこの上野ファームのガーデンを見て、すぐさま故国イギリスで見ていた世界を思い出し、とても懐かしい気持ちに感動していた。
気候や土地、土壌や肥料や気温や日照や様々な条件を見て、またそれに合った植物の特性を生かして、適材適所にデザインしてガーデンをトータルなバランスでつくりあげていく。しかも日々刻々、その様相は変化し、完成というものはない、持続的で成長を続ける生き物としての自然との美の形成が、なによりの生甲斐を生んでいくのがよくわかる映像だった。

そして、ベネシアさんのエッセイとしてのこの言葉。
この美しい地球に住む人間として、自然と共に暮らす人として、これらのメッセージに込められた思いを忘れることなく、人は生きていくべきだとつくづく思う素晴らしいものに思えた。


a0282620_1123166.jpg

by martin310 | 2014-08-14 11:44 | ガーデニング
<< A WAKEN!! 心身を浄化... 伊豆のハイシーズンは、高原の我... >>