伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
飴細工のようなカラマツソウ(..
at 2017-06-26 13:35
足場だってセルフビルド。単管..
at 2017-06-24 16:01
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


ミモザが満開・・・冬枯れの中でただ一点、明るく黄色に染まるマイガーデン。


a0282620_14455357.jpg


冬のあいだ寒い寒いとすっかり庭仕事を怠けていて、そろそろ春の支度でも手を掛けていかなくてはと思っていたら、剪定もせず放置しっぱなしだった庭先のミモザの木が、溢れるほどの花房を点け、濃厚な黄色に輝いていた。
冬枯れた色のない庭先で、このミモザの黄色い花の大群がひとり息を吐いているようだ。毎年、我が庭ではこのミモザの黄色が、春の訪れの第一陣のように彩りを与える。

a0282620_14471579.jpgミモザは幹が柔らかく、あまりに枝が密集すると、自重で曲がってしまう。その上風の強い我が家では、強風の度に頭を激しくもたげるようになる。なので、細い丸太で支えたが、今やその添え木より幹が太くなり、支えなしでも立派に自立するほどになった。もはや幹は両手で掴むほどの太さになり、当然枝ぶりも豊かでそれ故花房のつきがもの凄い。
何も手入れもしてあげないのに、これだけの威勢のいい花つきを見せてくれる、ミモザのけなげな姿が愛らしい。当初細い枝木をこのあたりにと植えた頃からすると、見違えるほどの大きさになり、すっかり今では我が庭の春先の主役になった感があるほどだ。
ミモザが終わるとムスカリあたりが花を点けはじめる。その後は続々春の花々が開花する。

a0282620_14472839.jpg遅まきながら、芝生のエアレーションや肥料撒き、目土入れなどを行った。また例年通り、鮮やかな緑の絨毯を見せてくれるようにと。
傾斜面を掘り返して自分で張った芝なので、どうもまったくの平坦ではなく、手押し型の芝刈機があるのにそれではうまく刈れず、ツレは自分の仕事としてハンディなバリカンタイプの芝刈機を購入し、今年の芝の手入れに今から意気込んでいるようだ。(何やら、隣家の芝の出来栄えに闘志を燃やしているよう。これで役割分担が確定してありがたい)

それから、西側の庭のキッチンガーデン(小さな木枠で囲んだミニ畑)も、堆肥と有機肥料を入れて耕した。しばらく置いて、春野菜の種を蒔こう。
庭先で採れたわずかばかりの旬の野菜が、食卓に少し色を添えるのもうれしいものだ。自宅の庭で出来た無農薬野菜は、ことのほか新鮮で味わいも深い。

a0282620_14473817.jpg木にしろ、花にしろ、芝生にしろ、野菜にしても、土が生み出してくれる産物は自ずと暮らしを豊かにしてくれる。
D.I.Y 同様、自分で出来ることは自分の手で・・・というのが自分のモットー、というか、それが一番納得がいくし、安上がりだ。手と頭と気概があれば、そこそこの手づくりの豊かさを持つことができる。

今年も大いにハンドメイドライフを実践していこう。


a0282620_14462012.jpg



a0282620_14463024.jpg



a0282620_14464137.jpg

by martin310 | 2015-03-16 14:48 | ガーデニング
<< おお、なんとバンパーのへこみは... 東伊豆・稲取高原で“オーシャン... >>