伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
[DIY] キャンピングシェ..
at 2017-04-27 18:53
強風の夜のリベンジに、翌日は..
at 2017-04-25 10:35
強風去ってやっと“まったりタ..
at 2017-04-24 14:25
またもや遭遇、強風キャンプ。..
at 2017-04-21 17:49
タープ用ウッドポールの収納カ..
at 2017-04-17 13:36
ヘキサタープ用ウッドポールの..
at 2017-04-13 20:40
母屋の外壁の再塗装準備、それ..
at 2017-04-10 13:58
18メートルの土留め柵完成後..
at 2017-04-07 11:13
ワンコを背負って下田町歩きと..
at 2017-04-03 14:07
伊豆下田の爪木崎にて、ワンコ..
at 2017-03-31 20:47
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(3)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


バラの一番花が咲いた。絶好のキャンプシーズン到来は、ガーデニングにいそしむときでもある。


a0282620_1122296.jpg


今年は真冬のキャンプ以来、どういうわけか、今までずっと冬眠というか、封印というか、キャンプ自体年に一度行くか行かないかのようなものだったのが、いきなり熱を帯びたようにアウトドア志向のまま、さらにエスカレートしそうな勢いで次の計画などで頭を悩ませている有様だ。

新緑がまぶしい絶好のキャンプシーズンが到来したのと同時に、我が庭先を眺めてみると、どうだろう・・・そうこうしているうちに、みるみる初々しきグリーンが全体を覆い、ちらほら春色の花たちの点景も目につくようになっているではないか。
かつてガーデニングに没入していた年は、あれこれと新苗を植えて庭作りにいそしんでいたのに、今年の変わり様はそんな眼前の庭を越えて、遙か理想のキャンプサイトに意識は飛んでしまっているのである。

だがどうして、さほどの手入れもしてあげずに、気ままにほかのことにうつつを抜かしている庭主を尻目に、花々はまったく自分のペースでもの言わずきれいな姿をどんどん成長させている。
どこに何を植えたかも記憶が定かでない頼りない庭主に、毎朝、新たな花の開花で驚かせてくれているのだから、小さくともけなげに咲く花たちに感謝の意を表したい。

バラの一番花が咲いた。
ゾウムシの攻撃に、何本かの花芽をやられながらも、まずは真紅の花のひとつが鮮やかな色を見せてくれた。これから続々、他の色が準備されているようだ。
門柱代わりに敷地の入り口の左右に配した黄モッコウは、今年も花数豊かに元気な存在ぶりを示してくれている。バラ軍団は、この黄モッコウの盛りを過ぎると、後からあとからつるバラがたちが後に続く。

庭先が彩鮮やかになると、これがまた天気のいい日はずっとガーデンに座って眺めていないと損な気がしてくる。せっかくの花たちの競演をよくよく見てあげねば申し訳ない気にもなるからだ。
すると、今の出掛け意欲にちょっと蔭りが射してきたりして、庭いじりとキャンプ熱のあいだですったもんだしたりするのだろうか。

まあ、どちらにしても自然を相手に、春のまっ盛りを謳歌、堪能できる幸せはかけがえのないものだ。
庭いじりに春キャンプ、車中泊の旅にD.I.Y と、すべてこれだけに時間をかけられれば本望なのだが、まだまだ毎日の大半を労務に費やさねばならない宿命からはなかなか逃れられないのが現実である。


a0282620_11225364.jpg



a0282620_1123320.jpg



a0282620_11231244.jpg



a0282620_11232155.jpg



a0282620_11233072.jpg



a0282620_11233946.jpg

by martin310 | 2015-05-02 11:26 | ガーデニング | Comments(0)
<< こんなネイティブのティーピーの... 最新キャンプ動画:「2015(... >>