伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


こんなネイティブのティーピーの写真を見ながら、どこか我がワンポールテントとのつながりを感じたりする。


a0282620_22215693.jpg

「Old Hopes & Boots」という「tumblr.」のページにこんな画像があった。
そう知ってのとおり、アメリカインディアンのティーピー(Teepee)だ。
この湖のほとりに建てられたティーピーは、夏のあいだの移動狩猟のための野営用の移動住居らしい。案外ティーピーは、=(イコール)ネイティブの住居という固定観念があるが、平原で主に活動する部族は一年中ティピーで暮らしていたわけではなく、夏以外は「冬の村」(ウィグワムの集落)で生活していたという。だからティーピーは夏の家ということらしい。
それにしても、画像をしばし眺めながら・・・、
「あれっ、これなら我がワンポールテントと建っているロケーションですら同じではないか」、と思ったのである。さて、下をご覧あれ。↓

a0282620_22231134.jpg


a0282620_22232843.jpg以前から、ティーピーの建ち並ぶ壮観な光景にどこか胸躍らせるような感慨を持っていたことがあるが、こう見てみると、狩猟こそしはしないが、自分たちもどこか同じようなことをやっている気がして、今まで考えもしなかったネイティブの暮らしの一コマを知らずしらずに踏襲しているではないかと、妙に親近感が湧いてきたりもする。

ティーピーは、頭頂の開口部が排気口となるため、内部で火をくべて暖房や煮炊きが可能であるところが特徴であるというが、我がワンポールテントも、以前の冬キャンプの記事にあるように、幕内で薪ストーブが焚けるがためにこのティーピー型を選んだわけである。
それで湖畔にて野営、いや、オートキャンプ・・・。

a0282620_22242446.jpg


a0282620_22243692.jpg


もちろん、ネイティブの大自然の中での厳しい暮らしの現実感とは比較にすらならない、アウトドアという野遊びの一環なのは言うまでもないが、気分はその片鱗でも味わえたらと、日常から脱して自然の懐の入り口にと身を置こうとするのが、我がキャンプ行為そのものだ。

ワンポールテントの中で、ストーブに薪をくべながら、円錐形の室内をぐるっと見回したとき、たくさんの荷物とともに食べるためのテーブルや眠るためのシュラフの寝床を見て、確かに、ああ、これが「暮らし」というものの原型、最もミニマムな野営用住居なのだと思ったものだ。
だが、そのときはこのワンポールテントとネイティブのティーピーなどというものがつながるはずもなく、ようやく今になって、自分の意識の内に潜在する、あるネイティブだっと頃の遙かな記憶が、どこか見えない糸で結ばれたような気にもなるのだ。
ネイティブの古写真を見ながら、胸の内の深いところで踊るような感覚を抱くのも、それによって、心臓の鼓動が大きくなったりしながら、確かに彼らの世界に触れるだけで尋常ならぬ反応が起こるのも、それらを改めて教えてくれる意識の反応なのであろう。

ワンポールテントによる幕営とは、ある意味、遥かな過去への回帰なのかもしれない、そう思えて来るのだ。

a0282620_22292852.jpg


a0282620_223025.jpg

by martin310 | 2015-05-03 22:32 | *キャンプ | Comments(0)
<< GW、バラも咲いたし、D.I.... バラの一番花が咲いた。絶好のキ... >>