伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
西伊豆の海辺でランチピクニック。
at 2017-10-15 19:53
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-11 06:00
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-09 21:54
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-08 16:25
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-10-02 13:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-28 08:34
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


GW、バラも咲いたし、D.I.Y でキャンプ道具の収納棚を作った。(混雑時はインドアに限る)


a0282620_8352098.jpg

我が家の小さなバラ花壇では、先陣を切って“つるティファニー”と“ホワイトクリスマス”が咲き出した。大輪カップ咲きの“つるティファニー”は、今年はこれまた一段と花が大きく、この狭い花壇ではアンバランスなほど巨大な花をつけている。これからさらに次なる品種が順を待っているようだ。


a0282620_836030.jpg

▲我が家の物置小屋“キャビンⅡ”(一応、21ミリ厚のログハウス)。ちなみにサイズは、2700×2200mm、およそ1.8坪、4畳弱の大きさ。この中の奥の壁に収納棚を作る。


さて、GWの大混雑時は、すでに居住地が観光地である伊豆であるだけに、いっさいどこにも出ず、ひたすら家の仕事にいそしんでいた。
今まで何年も物置の奥で眠っていた往年のキャンプ道具たちが、今年はなぜだか急にキャンプ熱を帯び出した持ち主が、古くなった道具を最近のアイテムに更新し始めたのに際して、どんどんその数が増し、遂にはもう物置のどこにも入らないような超過密状態に陥っていたので、物置内を整理するともに、大きく収納力のあるキャンプ道具専用棚を自作することにしたのだ。

a0282620_8452075.jpg以前は“IKEA”の簡易なウッドシェルフに道具を入れていたのだが、どうも棚の幅や高さが中途半端で、ろくに大きい荷物が入らず、仕方なく床の上に積み重ねていたものだが、これがさらに他の家庭用品の雑多な物たちと一緒になって、まさに物カオス状態、足の踏み場もなく、奥にも進めない完全鮨詰め状態になっていた。
必要な物を取りに入っても、もうそれは発掘作業に近いもので、目の前にあるものをまずは外に出さねば、何も探せない状態が恒常化していた。

そこで、原因のひとつ収納棚をもっと効率化して、無駄な空間をなくすようにしようと、ほぼ物置小屋の横幅くらいの大きな棚を自作することにしたのだ。
a0282620_8362831.jpg一応、寸法取りして作図してみると、SPF材の2×4と1×4だけで作れることがわかった。それもほとんど6フィート(1829mm)をカットなしで縦横そのまま使える。

最初に物置内部の荷物を出すのだが、ドアを開けて唖然とした。この物の無法地帯と化した小屋内部にちょっと眩暈がする感じだった。
少しずつ物を庭に出していく。何たる量だろう。出しながら思わぬ発見もある。こんなものあったのか。さっそくキャンプに使おう。また物が減らない・・・。


a0282620_8364518.jpg

▲で、すっかりもぬけの殻になったとき、久しぶりに建てたとき見たログ壁が出現した。意外にきれいだ。そう色焼けもしていなく、若々しいパイン材の木肌だ。住めそうで物置にはもったいない気がしてくる。(左の棚は“IKEA”製品。今までこれにキャンプ用品を入れていたが、これからは生活用品入れに活用)


a0282620_837388.jpg作り方としては、まずは左右両端の梯子状の柱から作る。この棚は外で作って中に入れることは不可能、余りに大き過ぎるからだ。なので造作は、まず部材を作って設置場所で組み立てるという方法。
梯子状というのは、横板を乗せるための支えを横に4本ずつ組むからだ。これは荷重に耐えれるように2×4でがっちり作った。
そして、中央の支え用の柱は、横板のたるみ防止の予備的なものなので1×4にした。
これに横板(1×4)を切らずにそのまま各段に3枚ずつ固定していく。もちろんコーススレッドをどんどんインパクトドライバーで打ち込んでいくのだが、これが仕事が早く、みるみる形になっていくのが心地がいい。部材の取り付けが進む毎に、棚の安定感が増していくのがうれしい。


a0282620_8371419.jpg

▲さて、あっという間に完成。要は3つの梯子状の支持体を作るのにちょっと時間がかかるだけで、あとはものすごく早い。
ちなみに、最下段の高さは700mm。これは大型の収納ケースが2つ重ねられる寸法だ。2段目、3段目は各500mm。左右の幅は870mm。この幅もかなりキャンプ道具には有効だ。
それに最上段も、天井までのあいだに荷物が入る。


a0282620_838334.jpg


そして転倒防止には、コーススレッドで直接ログ壁に固定する。L字金具なんぞは使わず、そのままどこの壁にも打ち込めるのがログハウスのよさだ。
見事にキャンプ道具を収納。だが、これだけではなく、まだ入りきらないものもある。縦横1829×1829mm の大収納棚は、こうして物置内の荷物の片付けを含めて一日で完成した。
これでかかった経費は、SPF材の約5,000円ぽっきり。無塗装だし、金具すら使わず、しかも設置場所へのフィット感は申し分ないときている。やはりこういうのは木材工作のD.I.Y に限る。
by martin310 | 2015-05-07 08:47 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)
<< 物置の奥で眠っていた3バーナー... こんなネイティブのティーピーの... >>