「ほっ」と。キャンペーン

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
最新の記事
キャンピングローテーブルを自..
at 2017-02-19 14:53
18メートルの土留め柵の2ブ..
at 2017-02-17 11:29
笑's・焚き火グリル(A-4..
at 2017-02-15 20:34
湖のほとりで・・・思いつくま..
at 2017-02-13 14:06
18メートルの土留め柵のうち..
at 2017-02-09 19:13
キャンプスピリットの復活か?..
at 2017-02-07 22:37
[DIY] いよいよ全長18..
at 2017-02-05 20:30
意外にも、はじめての薪割。斧..
at 2017-02-03 11:55
[風景探勝] まるで古写真に..
at 2017-01-30 13:36
[DIY] バードハウス(再..
at 2017-01-27 18:12
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟かじかの里公園C
∟秋葉神社前キャンプ場
∟朝霧ジャンボリーC
∟西湖自由C
∟道志の森C
∟田貫湖C
∟駒出池C
∟デイキャンプ
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
フクタロウさん、コメント..
by martin310 at 19:09
初めまして。 以前..
by フクタロウ at 08:03
メッセージありがとうござ..
by martin310 at 23:37
動画見せていただきました..
by rinarina_216 at 22:47
そうなんですよ、サフラン..
by martin310 at 06:53
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


D.I.Y でキャンプ用品の収納コンテナを製作する。(杉板によるウッドボックス)


a0282620_11455516.jpg
▲完成した自作木製コンテナボックス。オリジナルロゴ入り。


キャンプ用品を車に積載する際、ひとまとめにパッキングするのに、大抵はよくある透明収納ボックスなどを利用することが多い。
蓋があるし、上にも重ねられ、中身もある程度見えるのでとても便利だ。だが、実際キャンプサイトでその空箱は、けっこう生活臭がして不似合いなものになる。タープの下でテーブルの蔭など目立たないところに置きたくなるほどだ。

それに、幅・奥行はいいが高さがあまりなく、コールマンのランタンが飛び出て蓋なしにしないといけなかったりする。蓋なしで物がごちゃこちゃ剥き出しなのはどうも具合が悪い。

そこで、以前からウッドボックスにしたらいいのではと思っていた。
いわゆる木箱だ。それで手頃なものをネットで探してみたが、なかなかちょうどいいものがない。あってもかなり値がはったりして、とてもキャンプ用には不向きだ。なので、いつものように自分で作ることにした。


a0282620_11502035.jpg
▲杉板を必要枚数カットして、コーススレッドでどんどん固定していく。まずは側面のパネルから作りはじめた。



a0282620_11505536.jpg
▲横板と底板との細工がどうなのか、間違わないように慎重だ。そこはうまくパスできて、徐々に箱ができて来る。



a0282620_11512596.jpg
▲箱本体と蓋もできあがって、仕上げのロゴをスプレーで入れる。



【キャンプ用ウッドボックスの製作】

●サイズ
雰囲気としては、よくガーデニングや部屋のインテリア、ショップのディスプレーなどに使われるアンティークなベジタブルボックスみたいな感じだ。だが、キャンプ用品の収納と運搬に適していないといけないので、従来の透明収納ボックスのサイズにほぼ近いものにした。

で、サイズは外寸W500×D400×H420ということに。
高さがちょっとあり過ぎなのは、ランタンを入れて蓋ができるサイズということで420mmに。

●材質
板材は汎用によく売っている杉板の粗材にした。これは安いし、しかも軽い、素材も柔らかいので加工しやすい。
それに表面をサンダーでちょっと磨くと、けっこういい模様が出て来たりするので、木の表面の味が見当て。
今回購入したのは巾が90mmで厚さ9mm、長さは3600mm。
半分の長さにカットしてもらわないと通常はキューブには入らないのだが、今回はそのままに。で、このぼよーんと長い板の束をルーフキャリアに乗せて持ち帰った。結束バンドでキャリアに固定すれば、こんな長ものでも持って帰れてしまう。なかなかルーフキャリアというものは重宝なものである。
四隅の角材は、SPF材の2×2を使った。
で、かかった材料費はこれだけ、〆て¥1,600位ではないかと。

●工作
最初に簡単な図面で、板の長さと枚数をきちんと出しておく。
板の組み方もけっこう頭の中でシュミレーションしておかないと、おかしな取り付けをして後でやり直しなんてことになる。(このあたり何度も経験しているので、こんな単純な箱作りでも決して侮らない)

横板は隙間を空けて張った方がかっこがいいのだが、キャンプ用のコンテナなので、小物が隙間から出てしまうのもまずいのでこれにした。
でも底板と天板には隙間があるが。

蓋つきなので、もちろん上に重いものでも乗せられる。キャンプサイトでは、椅子にもテーブルにもなる。

仕上げに横文字を入れる。
本当は“Martin Island”と入れたいところだが、文字が大きくて横一列では無理。なので、ブログのニックネームの“Martin 310”にした。
文字をかたどったステンシルシートが以前から使わずにあったので、これを利用。小文字がないのでこのように大文字になった。
文字を並べてテープで貼り、まわりを紙でマスクし、位置を合わせて黒のアクリルスプレーで着色した。

手持ち穴は、20mm のウェーブカッターで2つ穴を開け、そのあいだをジグソーでカット。サンドペーパーで角を滑らかにした。

塗装はせず、この無垢のまま色の渋くなるのを待つことに。

杉板は軽いので、SPF材で作るよりも箱自体の重量は軽いようだ。


a0282620_1155476.jpgこれで、先日作った物置のキャンプ用品棚からそのまま出して車に積めて、しかもキャンプリビングの“折り畳み木製ラック”や籐のバスケットなどとの相性もよく、いっそうタープ下のユーティリティエリアのキャンプムードが盛り上がるかもしれない。

完成した木箱にワンコを入れてみたら、けっこうお気に入りのようだった。でも、けしてワンコ用キャリーにはしない。(君の部屋ではないよ)



a0282620_11514369.jpg
▲やっぱりワンコは外が好き。工作中ずっと傍らにいて、木漏れ日の下で緑を眺めていた。



a0282620_11534585.jpg
▲バラも咲き誇っている庭先で、黙々と箱つくり。何かとものづくりしている休日。そうしているのがいちばん幸福な時間なのかも・・・。
by martin310 | 2015-05-22 12:01 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)
<< マイガーデン・・・“五月の庭”... 焚き火と食と渓流と・・・。キャ... >>