伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-20 19:41
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-18 11:45
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-13 22:04
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-10 22:56
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-04 22:21
[シリーズ] タウンエースバ..
at 2017-07-31 14:42
[シリーズ] タウンエースバ..
at 2017-07-28 13:14
キャンプ設営時のメイキングp..
at 2017-07-24 21:02
天までとどけ、我が足場?!・..
at 2017-07-21 22:30
YouTube動画「森の中で..
at 2017-07-18 19:39
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


“ヒスイ海岸”で日本海の水に触れる。太平洋からフォッサマグナをまたぎ水を結ぶ旅?!


a0282620_1359217.jpg


翌朝、撤収後、せっかく近くまで来たのだからと、遠路はるばる伊豆へ帰る前に、キャンプ場からほど近い宇奈月温泉まで行ってみた。
朝の温泉駅周辺は閑散としていたが、トロッコ電車の小振りな車両はピカピカと目立っていた。これに乗って黒部渓谷をゆっくり見てみたいと思ったが、今回はそういう時間もなし。それに、間違ってもワンコ同伴可などということもないので、諦めざるをえなかった。

燃料計はいよいよ心細く、やはり宇奈月温泉にもGSはなかった。
海沿いの国道8号に出て、漸くガソリンの不安を解消できた。また、一路日本海を左手に見て帰路に着くことにした。


a0282620_1359548.jpg


昨日来たときのどんよりした日本海のイメージとは打って変わって、今日は快晴のもと、海の青さに心惹かれる思いだった。(なんだ、こんな明るい日本海もあったのか)
国道を行くうち、海岸に出られるような場所を通過した。
「そうだ、日本海に手を触れよう!太平洋と結ぶなんていいんじゃないか」と、Uターンして防潮堤前に車を着けた。

ワンコを連れて海岸に下りた。
砂地の先の波打ち際は、荒い波で角がすべて丸められたコロコロする玉砂利の海岸だった。波に濡れた小石は色が濃くきれいに見えた。よく見ると様々な色合いの石があり、大きさや形のおもしろさからつい拾ってみたくなる。
そう思うと、すでにツレは選り取り緑の宝石を夢中で拾いはじめていた。


a0282620_1401695.jpg


ワンコはここまで波打ち際の近くまで来たのははじめてだった。川は水を何とも怖がらず入ってしまう方だが、さて海はと見てみると、どうもあの大きな波が見たこともないので怖く逃げ惑っている。
自分は日本海に手を入れて水に触れようと、寄せる波に近づくも、思ったより長く波が来て、大慌て逃げるとき、見事にすっころんで尻餅を突く始末。ワンコに傍らで笑われた気がした。


a0282620_1403589.jpg


a0282620_1405411.jpg再び車に乗り込み国道を行くと、“ヒスイ海岸”という表示が・・・。
「そうか、今のところもヒスイ海岸だったのか」と、なら、あの小石の中に探せばヒスイがあったかもしれないと思った。
ツレは全然そのつもりもなく好みの小石を集めていたが、持ち帰った中をもしやと見てみたが、やはり宝石があるはずもなく・・・。(まあ、個人的にはこれもお気に入りの無料の宝石のようだが)

という、伊豆から糸魚川までのフォッサマグナをまたぎ、太平洋と日本海を結ぶ旅と、勝手に密かな意義をこじつけた今回の小旅行だった。
by martin310 | 2015-06-29 14:18 | *キャンプ | Comments(0)
<< 雨の日だって写真日和なのだ。濡... 富山県にはこんな無料キャンプ場... >>