伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


キャンプで炊く「ごはん考」~ほったらかし炊飯こそ最高の飯だ~


a0282620_10201732.jpg

▲これはいったい何でしょう?

これはキャンプでのいわゆる“ほったらかし炊飯”と呼ばれる、ごはんを炊くためのミニマムなシステム・・・固形燃料ポケットストーブ、そして風防とアルミミニテーブル。
テーブルはあってもなくても、ただの台として入れてあるだけだが、要は固形燃料を燃やしてメスティンなどのコッヘル類を鍋代わりにして御飯を炊く方法のことだ。


a0282620_10224480.jpg

えっ!こんな物で?
と思われるが、実際、キャンプの現場でごはんを焚いてみると、コンパクトバーナーやカセットコンロなどでは、火力を極細にしてもまだ吹きこぼれ、鍋底の方は焦げるほどになる。
どうしても、もっと火を小さくしたいと考えるもので、そうなるとガスを燃料にしたものより、アルコールや固形燃料のものの方が火力が小さくて有効なのだ。

炊飯はよく、はじめ、中ごろ、終わりと火加減を変えるのが常道だが、こと、この小さな固形燃料では、まったく火を点けてそのまま消えるまで手間いらずというか、基本、火加減を変えることが出来ない。
ところが、それが少量のごはんを炊くには最良のようで、火を点けて消えるまで放置すれば、自動的にほっかほっかのごはんが炊けるということのようだ。

我が家では、一食二人分のごはん(2合)を炊くだけなので、このミニマムシステムで十分と考えた。
ポケットストーブの「ESBIT」とtrangiaメスティンという平型アルミ飯盒が流行のスタイルのようだが、自分はこのロゴス(LOGOS)のポケットタブレットコンロセットと、30年来使っているアルミの厚手のコッヘルを使ってごはん炊きをしようと考えている。


a0282620_10234843.jpg

このロゴスのポケットストーブは、たためばこんなにコンパクトにもなり、
(手の平に乗るほど小さい)


a0282620_10231781.jpg

ゴトクの角度もこんな風に変えられ、とても便利なようだ。


a0282620_10241419.jpg


先日の、車中泊キャンプでもごはんの味は格別だった。
このときは、まだキャンピング ガスバーナで炊いていて、炎が消えかかるほど弱火にしても、最後は焦げる匂いがする状態だった。
逆に、この“おこげ”がまた旨かったのだが、やはり火力を細められないと、炊き上がりが早く、水がなくなるのが早過ぎて芯が残ることになる。
このときは、仕方ないのでまた水を少し足してさらに炊いて調整した。

結果、なかなかほっこり炊き上がったが、このとき、やはりニニマムシステムの“ほったらかし炊飯”がベストではと悟ったわけだった。

それに、我が家では米は3分付に精米して食べている。だから、若干色が濃くなっている。このあたりも、ぴかぴかの白米より味に深みがある。(日常ではこれにさらに、黒米を入れて炊いている)

それにしても、家で炊飯器で炊くごはんとは、キャンプで炊くごはんは、どうしてこれほど旨さが違うのだろうか?
なぞと考えながらも、シェラカップによそったごはんを、何杯もおかわりしながら頬張るキャンプライフなのである。

さて、次回キャンプからは“ほったらかし炊飯”でいこう!


by martin310 | 2016-05-31 10:28 | *キャンプ | Comments(0)
<< 安曇野キャンプ&サイクリング ... マイガーデンは花盛り、そしてイ... >>