伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
飴細工のようなカラマツソウ(..
at 2017-06-26 13:35
足場だってセルフビルド。単管..
at 2017-06-24 16:01
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


ガーデンフェンスまわりの草花の植栽。来年の暖かい季節にはモクモクと緑が茂るはず?!


a0282620_11205212.jpg


今週は、ガーデンフェンスまわりの土留め板の設置と、ハーブ類や宿根草類の植栽を行った。
庭側の花壇と芝生の境に設けていた土留め板は、ものの見事に腐食していて、片手で掴むとぼろぼろ崩れ落ちるように取れてしまうほどだった。
まったくもって微生物の力は凄いもので、角材を2段組みに地面に寝かせて設置していたのに、それがふわふわの骨抜きになって崩れ去るのだから、いくら防腐塗料を重ね塗りしても年月の経過には耐えられない。まだ白く蠢く白アリのようなものが中に巣くっていた。
今回新設した“2×4”だって、せいぜいもって3~4年というところだろうか。いっそのことレンガを組んでなどとも思うが、庭のレイアウトの変更などの可能性があるのと、予算がかかるのでしない。やはり、木材の方が安直で使い勝手がいい。

さて、苗の植栽は、ネットや実店舗で買い集めたものを、あちこちにレイアウトした。
買ったときは、庭の違う場所用にと考えていたのに、実際、ものを見たり(1年苗で小さい)、植える場所の状態など、どうも最初とは別の考えが浮かんで、予定がかなり変更されることになった。
フェンスの道路側は、基本、フェンスの足元を緑で覆うように、匍匐性で広がるグランドカバー的なものを選び、そこにアクセントで縦に伸びる中型クラスの宿根草を間隔を空けて植えることにした。花の色もそれぞれ違えて、開花期も多少ずれるようにという感じだ。


a0282620_11214971.jpg


ちなみに、フェンス道路側はこんなものを植えた。

ワイヤープランツ(既存)/アガパンサス・アフリカヌス(移植)/オキザリス(移植)/ペニーロイヤルミント/ラベンダーセージ(4株)/レモンマリーゴールド/マドレンシス(2株)/ユーパトリウム(青)/ダリア・フーガスカーレット/リシマキア/クリーピングタイム/赤花クリーピングタイム/カムファータイム(移植)

まだ小さい苗を植えただけなので、見栄え的にはどうということもなく、写真的にもあまり冴えがあるわけでもないが、来年の初夏の頃にはけっこう賑やかになっていると予想している。
花のバックはフェンスの白が来るので、視覚的にははっきり色が際立つようになるだろう。


a0282620_11234953.jpg



a0282620_1124618.jpg


一方、フェンスの裏側、庭に面した側にはこんなものを植えた。

ヤブラン/吉祥草(キチジョウソウ)/ゴールデンジェム/テランセラ・パリホワイト/ホワイトペリウインクル/アジュガ(移植)/日野春ブルーローズマリー/アベリア・フランシスメイスン/大輪カラミント


a0282620_1128963.jpg苗を植えると云っても、我が敷地は掘ればすぐに小石がぞろぞろ出て来る土地、苗の根が伸びてよく生長できるように、深めに穴を掘って、そこに我が特製ブレンド培養土を入れて植えるのである。
つまり、どこも皆、植物の根のまわりになる箇所はすべて土を入れ替えるわけで、その作業がけっこう労力がかかるのだ。
掘ってみるとコンクリートガラを敷いたところが出てきたりして、そのかなり固い層を割っていく手間もあり、石や、なかには半切りレンガが出てきたりもして、造成でどんな土を持って来ているのやら・・・。
こんな環境によくコニファーが根を張って、ここまで大きくなったものだと関心したりして、あらためて見かけでなく、地面の下の状態までわかって植栽しないと、その後に支障が出ることもあると納得の作業だった。

a0282620_1128255.jpg自前の特別ブレンド培養土とは、基本の土にいくつかのものを混ぜて作る、栄養たっぷりふかふか養土で、まあ自分流にてきとうに混ぜ合わせてこれでいいと思っている類のものだ。
ただ、これをコンクリートを練るトロフネで混ぜ合わせる作業も入るので、全150リッターを超える量を作ったのにはたいへん骨が折れた。

これですくすく快調に育ってくれれば、我がオリジナルブレンド培養土も自慢できるものなるやもしれない。


a0282620_1122374.jpg



a0282620_11272953.jpg



by martin310 | 2016-10-14 11:33 | ガーデニング | Comments(0)
<< 木製大型プランターの製作と苗の... 小淵沢「ミヨシ・ペレニアルガー... >>