伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


今年最後の苗の植栽と、枕木の防水加工。突然の寒波の襲来を超えて・・・。


a0282620_19453861.jpg


いつもよりあったかい11月と思いきや、いきなりの大寒波。
ここ伊豆の山の上でも雪になるかどうかのぎりぎりの線だった。
気温もグンと下がって2~3℃に、それでも幸いに時折、みぞれにこそなったが、はっきり雪の姿になったのは極わずかな瞬間だけだった。

先週植えたばかりの苗たちには、いきなりの厳しいものだったろうが、雪に覆われることなく行き過ぎたのは、ほっと胸をなでおろす気分だった。
なにせ今週も残りの苗の植栽が待っていたからでもある。
そう、これで今年は、というか、今の花壇スペースではもう空きがないほど埋まっているので、もう植える場所なしで最終の植栽になる。

もうこれでお仕舞いと思いきや、何度、注文を追加したことか、好みの花はもうこれで埋め尽くした感がある。
過去6年のあいだに植えたものとは、またここに来て、好みも変わってきたようで、苗の顔ぶれもほとんど自分にしては新顔ばかりだ。
来春には、いったいどんな庭になっていくのか、あとは植物たちの成長ぶりにかかっている。
少なくとも、今までにないほど、晩春から夏にかけては、色彩の豊富な、そして花色が途切れることなく庭のあちこちでにぎわうことになるはずだ。


a0282620_19465130.jpg




a0282620_1947847.jpg



そして今回植えた苗は、
モナルダ ラベンダー/ネペタ‘ブルードリームス’/ガレガ オフィシナリス/カラマツソウ(タリクトラム)デラバイ‘アルバ’/カラマツソウ(タリクトラム)デラバイ/フロミス‘アマゾン’/梅花ウツギ‘スノーベル’小苗/ロシアンセージ/カラミンサ グランデフロラ/アガスターシェ‘ボレロ’/ムスクマロー(マルバ)‘アルバ’(ホワイトパーフェクション)/ムスクマロー(マルバ)‘アップルブロッサム’/バーノニア/オレガノ‘アメジストフォール’/オレガノ‘ケントビューティ’/オレガノ‘ヘレンハウゼン’


以下、写真画像つきで。
a0282620_19474427.jpg





a0282620_1948693.jpg


それから、更新する枕木の塗装は、木材保護塗料を3度塗りした後、今回から初使用の「防水塗料」をその上に塗布することに。

これは自分なりに、如何に枕木の耐久性を上げるかを研究した結果、腐食から守るにはこの防水性が最も効果的であることがわかったからだ。
つまり、そもそも腐食が起こるには、腐食菌の存在を抜きには考えられず、この菌によって塗装皮膜が分解されたあと、木材内部に浸入して腐らしていくプロセスがある。
この腐食菌が生きて繁殖するには、水があることが絶対条件のようで、逆にこの水を寄せ付けなければ繁殖は出来ないわけで、それなら枕木の表面に防水塗料を塗布して、水を木材に接触させなければ腐ることは防げる、と考えたのだ。
そこで探してこれしかなかったのが、アサヒペンのそのまま「防水塗料」。これがどこまで耐久性があるのかは未知数だが、何も塗らないよりは、遥かに期待感が高まる。
アクリル樹脂よりは、シリコンの方が完璧なのだそうだが、シリコンはあの屋上などの防水塗料の緑色のもの。そんなものを枕木に塗る気にはならないので、一応、この透明な「防水塗料」で試してみようということに。
試すとは云っても、結果は数年先なので、かなり気の長い話になる。
仮にこれで、今まで6年しか持たなかったものが、10年を超えたら御の字である。


by martin310 | 2016-11-25 19:58 | ガーデニング | Comments(0)
<< ガーデンアプローチの枕木の交換... 秋植え苗の植栽はまだ続く。夕焼... >>