伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


腐蝕した枕木を交換して、ガーデンアプローチは気分一新きれいになった。


a0282620_14464781.jpg


芝生ベースのガーデンアプローチの枕木交換がすべて終わった。
先週、10本中5本を交換し、今週は残りの5本に着手。
最初いい調子で進んでいたものの、下から2番目に来たとき、取り外そうとバールを掛けたとき唖然とした。
なんと、手で持とうとしても触れたどこもがぼろぼろと崩れるのである。そう、上部の見えているところはまともでも、その下のすべてがもう腐蝕の極致。
すでに枕木の体を成しておらず、スカスカのウエハース状に崩壊する。その中には、なんと!夥しい数のシロアリ軍団が蠢いているではないか・・・。(恐怖、、)あまりの光景に撮影は忘却。
まあ、これは見ない方がいいでしょう。

不思議なことに、この1本だけがシロアリの餌食になっていた。両隣はふつうに腐蝕菌による腐りなのに、なぜ?
おそらくこの位置が、上から傾斜した面の雨水が停滞するからではないかと?
でも、他も同じようなのになぜだろう、よくわからず。

それにしても、こんな母屋の至近距離でシロアリの被害を見るなんて、逆にそれが恐怖でもあり。大丈夫だろうかと、家のまわりをよーく点検しないといけない気になった。


a0282620_1447345.jpg

▲さて、前回埋めた枕木の撥水状態はどうだろう?
雨後に見てみたところこんな感じに。防水剤の水はじきはこの程度なのだろうか、表面はけっこうザラザラしている。これがどのくらい水を防御する耐久性があるのか、これから観察していこう。


a0282620_14471376.jpg

▲芝は雨ばかり多かったせいか、あまり健全な状態ではなかったので、目土を入れて土壌の状態をもう少し改善しようと、でこぼこした箇所を重点的に目土を撒いた。
季節的にこれから枯れに入るのに、目土のタイミングではないが仕方がない。湿ってじめじめした土壌を、この目土投入と、バイオ活性液で善玉土壌菌を増やして改善しようというわけだ。
見かけ状も、目土の明るい色が広がったので、一見きれいな芝面になった気になり、このあたりの庭の四方に手を入れた甲斐があったように、すっきりと小奇麗になった庭先に気分も一新だ。


a0282620_14472341.jpg

▲取り外した古い枕木は、こんな風に土の流出を防ぐ土留めにしてみた。雨後の濡れた草地を歩かなくてすむように、ただ置いて石を詰めて固定しただけだが、木道の役割もするよう並べた。
雛壇型の花壇なので、下段には上からは手が届かず、下へ回り込んでメンテナンスする必要がある。ぐるっと庭の奥を回って、この中古枕木の上を歩いて雛壇花壇のところまで移動する。いずれ手前に、そのとき上がりやすいように、丸太の階段を作る予定で、花壇の花の世話をしやすいように、この中古枕木もまだ使い道があった。


a0282620_1447517.jpg

▲これは小振りの枕木で、庭の奥の舟形花壇のまわりのステップ用だ。このステップも、一部腐蝕で踏むとプカプカした箇所があるので、一応4本の枕木を交換しようということに。
それに雛壇花壇の土留め板が腐っている箇所の補修用に、“1×4”2枚と杭も塗装して準備。それにしても、年中、何かしら塗っているなあ。


a0282620_14481325.jpg

▲これは今年と来年にかけてのDIYのメインエベント、全長18メートルの土留め柵の基本モデルを図面化したものだ。(全5ブロック中の2ブロックを図にしたもの)
なんといっても、ガーデンの補修作業としては、これが一番大きい。土留め板だけでも、“2×6”の12フィートを25枚も使うのだからけっこうな工事だ。おそらく、年末年始の長期休みを返上して作業することになるだろう。DIY作業人には、暮れも正月もないのである。(汗)


a0282620_14491661.jpg



by martin310 | 2016-12-05 14:50 | ガーデニング | Comments(0)
<< ガーデンベンチの再塗装。気なっ... Youtube動画 『[DIY... >>