伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
[シリーズ] タウンエースバ..
at 2017-07-28 13:14
キャンプ設営時のメイキングp..
at 2017-07-24 21:02
天までとどけ、我が足場?!・..
at 2017-07-21 22:30
YouTube動画「森の中で..
at 2017-07-18 19:39
夏キャンプ。爽快な朝がまた魅..
at 2017-07-12 08:17
夏キャンプの宵。 @清里・丘..
at 2017-07-10 14:18
夏キャンプ。サーカスTC初張..
at 2017-07-09 16:30
夏キャンプに向かう道すがらの..
at 2017-07-07 13:56
気になっていた“アンモボック..
at 2017-07-02 15:00
セルフ足場組み(続編)。未だ..
at 2017-06-30 08:53
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


冬の湖畔にて・・・ひんやり冴えわたる大気の中で。(箱根・芦ノ湖西岸)

a0282620_22254088.jpg
※画像クリックで200%に拡大可能です。是非、大きな画像でご覧ください。



ここは普段でも、釣り人かハイカー以外は訪れることない、ひとけのないひっそりとした静かな場所。
観光客の集まる側からは反対の岸辺だ。

冬の大気がきーんと冷えて、いっそう遠くの景色までクリアに見える日。
車の入れる湖畔の森のゲート前まで行き、そこから白砂の浜辺に降りた。


めいっぱい冬の日の陽が射しているのに、空気にその熱が伝わるまでもなく、厚着の装備で砂地を行く身体は、耳たぶが痛くなるほどに凍てついて来るようだ。
湖に注ぎ込む沢の水は、沢ごとすでに氷結している。
白い砂地にしても、霜柱に押し上げられて、そのまま凍りついている。

辺りは静かまりかえり、ただ小さなさざ波だけが、生きたように細やかな音をさせている。
まるで音も無く凍結したような風景の底で、その波音は岸辺へ寄せて来る透明な水の膜が息をしているかのようだ。

山の大気も、湖水も、降りしきる陽光も、いっそうこの冬の寒気の清冽さで清められ、この上ない清浄な世界に変貌している。
染み渡るピュアな気圏に、全身全霊を清められたかのように、冷えびえと心身の中を湖上の風が通り過ぎたような気がする。

このまわりを取り巻くあまりに清らかな風景の全体が、よりマクロに巨大な宇宙と相似形だとしたら、宇宙は斯くも浄化の極まれる状態にあるのかと、「清浄」を絵にしたようなこの目の前の風景がそれを物語っているのかもしれない。

水面に映る景色の如く、鏡像を顕す現象をここに見ているのだろうか。

外輪山に囲まれた太古からの湖水に、遥かな宇宙の像を映して、まるで卜占のように占う。
そんな大それた妄想を抱きながら、冬の日の清らかな湖畔にて、密かな確信を得たような心持ちで帰るのだ。


a0282620_22255091.jpg
※クリックで拡大可能。



a0282620_22260231.jpg
※クリックで拡大可能。


by martin310 | 2017-01-25 22:31 | 風景探勝 | Comments(0)
<< [DIY] バードハウス(再製... [DIY]“ コンサバトリーp... >>