伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
18メートルの土留め柵工事の..
at 2017-03-24 13:42
しばし庭からご無沙汰していた..
at 2017-03-16 22:25
Robens の “Midn..
at 2017-03-13 14:22
[Camp] 新幕初張りキャ..
at 2017-03-10 10:16
[DIY] 木製ランタンスタ..
at 2017-03-06 14:37
[DIY] 木製キャンピング..
at 2017-03-03 11:16
18メートルの土留め柵改修工..
at 2017-03-01 19:37
18メートルの土留め柵改修工..
at 2017-02-25 13:57
キャンピングローテーブルを自..
at 2017-02-23 20:18
自然界の「火」の持つ神秘な力..
at 2017-02-20 22:43
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟かじかの里公園C
∟秋葉神社前キャンプ場
∟朝霧ジャンボリーC
∟西湖自由C
∟道志の森C
∟田貫湖C
∟駒出池C
∟デイキャンプ
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
フクタロウさん、コメント..
by martin310 at 19:09
初めまして。 以前..
by フクタロウ at 08:03
メッセージありがとうござ..
by martin310 at 23:37
動画見せていただきました..
by rinarina_216 at 22:47
そうなんですよ、サフラン..
by martin310 at 06:53
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


[DIY] いよいよ全長18mの土留め柵のリニューアル工事に入りました。


a0282620_20203397.jpg


我が家の庭の延々続いている補修作業の最後の大物、家の東側端の全長18mの土留め柵の改修工事にやっと入りました。
それに使う木材の塗装作業は、すでに去年の暮れからはじめていましたが、漸く半分以上の塗装が完了したこともあり、実際に古い柵の解体と新設を行う段になりました。

もっとも、まだ手つかずの“2×6”の12フィートの板は10枚以上も残っており、それにクレオトップの3度塗りプラス、ウレタン塗料の部分塗りをまだまだ続けていかねばならず、工事と塗装作業との同時進行を余儀なくされています。

この日は、18メートルを5ブロックに分けたひとつ、道路側の初っ端の3本の支柱をまず立てることからはじめました。
ここは何よりも一番目につく箇所なので、奇麗に仕上げたい気持ちはもちろんのこと、工事の取っ掛かりでその先の精度の問題もあるので、慎重に事を進めていきました。
隣地との敷地の境界線に沿って、正確に柵を作っていかねばならず、自然、水糸との位置合わせはけっこう神経を使うことになります。
なので支柱は、以前のような杭を打ち込む方式ではなく、それなりの深い穴を掘ってまわりを埋める方法で固定していくことにし、精度を重要視したやり方になりました。
2メートル弱の支柱の60㎝分を埋め込み、それに土留め用の板を固定していきます。


a0282620_20203803.jpg
▲これは工事前の様子。ぎくしゃくと波打ったように柵が続いています。この柵の右と左の段差の土をおさえているわけですが、その板が腐食してすでに土が崩れてしまっている状態です。(左にまわらないと見えませんが)
すべて新築時の廃材で取り敢えず作ったものですが、よく丸6年もの時の経過に耐えていたものだと思います。
これをすべて取り壊しながら新設するわけです。


a0282620_20231988.jpg
▲これは、各ブロックの端に埋める2本組の支柱です。75角(75×75㎜)のACQの米栂材を塗装して、2本抱き合わせにビス止めしたものです。(コーススレッドは太めの下穴を開け、2本に貫通するようにしてあります)
色の違う手前側が土に埋まる部分で、腐食防止にクレオトップ塗装の上にさらにウレタン塗装を施してあります。水が直接木材に触れないように強固な膜をつくって、腐食菌の浸入を防御しようというわけです。(これが独自の処理方法なのであります)


a0282620_20204027.jpg
▲1本目の支柱のための穴を掘りましたが、すぐに何かに当たりそれ以上掘れませんでした。なんと水道管が下を通っていたのです。
なので仕方なく、その上に立て、穴の深さが足りないので急遽モルタルで固定することにしました。


a0282620_20230658.jpg
▲一晩たって、見事に固着してがっちり・・・と思いきや、なんだかぐらぐら心もとない感じ。
それもそうだ、穴が浅い上に、まわりの土も柔らかい。これでは固定出来るはずもなく・・・。
いやはや、最初の1本目から問題ありで、前途多難です。ここは仕方なく、他の2本で支えてもらうことにして、先を急ぎます。


a0282620_20232970.jpg
▲次いで2本目、3本目を立てていきます。位置は水糸にぴったりに、しかも垂直に・・・。
支柱のまわりの土を角材で突いて固めていきます。こんなものでと思いますが、60センチもあると案外しっかり動かないようになるものです。


a0282620_20235476.jpg
▲最後に、1枚だけ横板を取り付けておきました。
左右の幅はぴったりで、予定どおりなんとかなったようです。
ここは地面が画面奥に行くに従って下がって傾斜しているので、この横板の下に、あと3枚の板を右半分に順に取り付けていきます。
普通は、当然、下から上に板を乗せていきますが、ここは一番上の板の高さを決めておく必要があり、逆にいきます。あとは土をどかしながら、板をぴったりに入れ込んでいくのです。(つまり隣地側から見ると、ちょうど1枚だけ板が地面上に出ているようにするということです)
この後、支柱は特定の位置でカットし、そこに笠木と側板を取り付けます、


a0282620_20233532.jpg
▲こんな風に、2組のウマの上で塗装作業も並行して行っていきます。
油性なので、一日に一度ないし二度塗りしか出来ません。よって、あと実数で6~8日分くらいは要するということです。


a0282620_20234214.jpg
▲これが資材置き場。75角の支柱と、“1×4”の笠板はすべて塗り終わりましたが、まだ“2×6”は10枚以上残っています。これがすべてなくなったときが完成です。


a0282620_20205413.jpg
▲新しい土留め柵が真っ直ぐ一直線に続き、その奥にこの“Tool Shed”が見えるというのが完成形です。
今のぐにょぐにょ歪なものがぴーんと真っ直ぐになったら、きっと気持ちよい光景になるだろうと思いつつ、作業に励んでおります。


by martin310 | 2017-02-05 20:30 | Comments(0)
<< キャンプスピリットの復活か?!... 意外にも、はじめての薪割。斧を... >>