伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


[Camp] 新幕初張りキャンプ(ミッドナイト+ムササビ)


a0282620_09501681.jpg
Robens “Midnight Dreamer” [Type2016]


早春キャンプ[2017]
秋葉山神社前キャンプ場 -1-



2017/2/7の記事で、新幕、つまり新たなテントをどうしようかと模索中だと記していましたが、やはり、そうです、そうなんです、ポチッとしてしまったのです。
それも、日本ではなくイギリスのアマゾンで・・・です。

やはり、初見の直感はもう他には目移りしないもので、もうこれしかないと、いろいろ調べて、遂にいわゆる個人輸入で購入したワケです。
もちろん、国内サイトでも取り扱いはありますが、どうも、現地の値段を知ってしまうと、もう、直輸入の方が関税を入れても4万円も安いのですから、これ以外に選択肢ないではありませんか。

で、現物は早々と1週間ほどで宅配されていたのですが、まったく手つかずのままにに、他のアイテムを揃えるのと、自作のキャンプ道具が出来上がるまで待たねばならなかったので、今になってしまいました。

3月というので、けっこう春めいて来てはいるものの、気温の方は暖かったり、また寒かったりと、その寒さが戻ったときにちょうど出くわしてしまって、かなりさんざんだったのですが、その話題はまた次の回に。
まずは、マニアックなテントとタープのマッチングの話題です。


a0282620_09502615.jpg



a0282620_09505358.jpgハイスタイルからロースタイルへキャンプスタイルを変えようということで、それに見合ったテント&タープというのが今回の主要なテーマでした。
そこでテントは、ドーム型やワンポール型でなく、トンネル型を選びました。
「Robens」
“Midnight Dreamer”は、
こんな形をしており、寝室と前室がほぼ同じ大きさでテントを二分しています。
前室は220×250cmでけっこう広いので、これだけでも内部で調理や食事も出来ますが、できればこれに繋げる感じでタープが外へ張り出して、屋根のある面積が広く開放的なら尚いいと、このテントにドッキングできそうなタープを
「tent-Mark DESIGN
」の
「ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version」に求めました。

a0282620_09510025.jpg
tent-Mark DESIGNS ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version



現地到着後、まずはテントの設営から始めました。
といっても、イギリスから空輸されて来て、まだ、一度も中を開けていなかったテントです。
現場で初めて幕やポールを見るという、かなり際どい試みで、しかも説明書もない状態で立てはじめたのでした。
まあ、予めネット上である程度情報は仕入れていたので、難なく立ち上がったわけですが、さて、これにタープをどう接合すべきか・・・。

ウイングタープは2本のポールで立てるので、ポールが邪魔をして、接続は無理ではないかと思いきや、テントの前室の先端部分は、フレームはなく、只、幕を引っ張って張り出させているだけなので、これを垂れ下げる形にすれば、接続可能だということに気がつきました。


a0282620_09503148.jpg


そこでこんなふうにドッキングさせました。
ちょうどポールも斜めになるので、前室の出っ張りもやや長さを縮めただけで、それほど狭くなるのでもなく、出入りも片側から出来るのでこれでOKとなりました。
もっとも、雨が降る天候ではなかったので、ルーフとルーフを必ずしも隙間なく繋げる必要もなかったのですが、まあ、見栄え的にもこれで違和感なく一体化しているような。


a0282620_09503808.jpg


横から見ると、こんな感じですね。
テントとタープで全長約7m位になりますか。
ここはサイトが広いので、そのタープの先の外に焚き火台を置くことになります。
図面で考えていると、現場のサイトのサイズがわからないだけに、こんな長細い設営法は無理かと思いましたが、行ってみると楽々だったのでラッキーでした。
それに、この日は我が家以外は誰もいません。
ソロキャンプなら「完ソロ」って言うのでしょうが、二人と一匹なので「完デュオ」ではおかしいわけで・・・。


a0282620_09504519.jpg

タープ下から見ると、こんな景色になります。
気田川の水量はかなり少なくて、よりいっそう川べりが広く見えます。


a0282620_09505021.jpg

翌日の朝日があたって来た頃のサイト風景です。
去年の5月に来たときは、深緑が鮮やかでしたが、まだ春浅い光景ですね。

ローベンスはデンマークのアウトドアメーカー、
そしてテンマクデザインは知ってのとおり我が国日本。
このテントとタープが意外なほどうまくマッチングした早春キャンプでした。

ミッドナイトドリーマーの室内のことや、使い勝手のいいところなどは、また次につづきます。


by martin310 | 2017-03-10 10:16 | ∟秋葉神社前C(4) | Comments(0)
<< Robens の “Midni... [DIY] 木製ランタンスタン... >>