伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
5月の庭より ~せっかく咲い..
at 2017-05-22 13:41
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


Robens の “Midnight Dreamer” は、けっこう良く出来た快適なテントだった。


a0282620_13561439.jpg


早春キャンプ[2017]
秋葉山神社前キャンプ場 -2-



今回の1泊のキャンプでは、珍しいことに、初日の写真画像が1枚もありません。
それは、あまりに設営と夕食準備が過酷を極めていたために、写真を撮るなどという気がまったく起こらなかったからです。
もともと、出発前の準備に大わらわで予定より1時間も遅れたのがいけなかったのですが、それにも増して、途中での買い物と昼食にのんびり時間を掛けてしまったこともあり、当初は2時頃の到着などと目論んでいたのが、まったくの想定外になってしまいました。
途中の長~い山道を行くのにも、これほど遠かったのかと思うほど時間が掛かり、漸く着いたのは午後4時をまわっていました。
a0282620_13564588.jpg今回の懸案の条件は、一度も扱ったことのない、初張りのテントとタープをまず設営することからはじめるということで、しかも、そのテントは外国製の取り説もないしろもの。さて、スムーズに事は運ぶでしょうか、なかなか不安でした。
テントやタープの設営は、構造的にはそう難しそうではないことはわかってはいましたが、いざ、現場では様々なトラブルに見舞われがちですから、当然、その分の時間の余裕がなければなりません。
そのほかキューブに満載のキャンプ道具をレイアウトを考え設置して、はじめてそれからが夕食の準備です。

普通に考えても、4時から開始では、やっているあいだに陽が落ちて、どんどん暗くなってしまいます。
しかもこの日は、日中は快晴で陽が燦々と降り注いで車内は暖かだったのですが、いざ、河原に降りれば、そこは寒風吹きすさぶ厳しい自然条件です。

a0282620_13564045.jpgまったくそのとおりに、物凄い寒さに襲われながら、2人でコツコツ設営をこなしていきましたが、あまりの風の冷たさに、徐々に無言になり、段々と不快感が増して、なんでこんな日にこんなところでこんなことしているんだろう?と、もう帰りたい気持ちになって来てしまいます。
だーれもいない河原のキャンプ場で、いったい何を我慢比べをしているのだろうと、手順も狂いつつ、頭は考えがまわらなくなり、辺りが暗くなる時分には、もう焦りと悔恨以外になくなってきます。

さらに、漸く叶った夕飯どきには、追い討ちをかけるように、タープが飛ばされるかと思うほどの強風が吹き荒れて、焚き火台で轟々と火を焚きながらも、それが風で打ち消されるようにさほども暖かくなく、炭火を熾して食材を焼いても、あまりの寒さに身も凍る思いで味わう暇もなく・・・。
まったく厳しいものでした。

まあ、いい経験ですな。
時間に相当な余裕を持って、キャンプは始めないとあかんぞということです。
(あと、こんな日のために風除けの“陣幕”は必須なのを実感!)


a0282620_13561536.jpg


食事は厳寒の外で何とか済まして、あとは荷物をまとめてテント内に避難しました。
このテントは面積の半分が前室なので、そこをグランドシートなしの土間スタイルでリビングとして使いました。
暖房は、“TOYOTOMI“の「レインボー」とカセットガスの「ガスピア」を点けていると、けっこう幕内は暖かくなり、あのさっきまでの身体の冷えが漸く解消されたようでした。
最初からこの前室で食事タイムにすれば・・・、とも思ったのですが、新品のテントに油臭さや魚臭さをつけるわけにもいかず・・・。


a0282620_13561923.jpg


この日の灯りたちです。
全員、風にもめげず頑張ってくれましたが、せっかくこのキャンプに間に合わせて木製ランタンスタンドを作ったのに、その実際の写真も撮っていません。
キャンプサイトの夜のランタンの夜景は魅力的なのですが、この日の夜はまったくそんな気も起きないほど過酷なものでした。


a0282620_13562309.jpg


撮った写真はすべて翌日のものです。
夜は、ストーブを消して就寝しましたが、さすがに気温は一桁代を下降し、ワンコが心配になり、午前2時頃にはレインボーを小さく点けて寝ました。
換気のことで心配がありましたが、このテントは前室にもベンチレーターがあり、案外大丈夫のようでした。

これは、陽が高くなった頃、前室のビニール窓を開けたところです。
これがけっこう快適に明るく、締め切っていても外の景色が見えるので、とても居心地のいい空間になります。
前室には4枚の窓があるので、陽があたっているまるで温室のようにどんどんテント内が暖かくなり、遂にはストーブを消しても25℃をキープしてぽっかぽかでした。
(いったい昨日の夜の寒さは何だったんだ!怒)


a0282620_13562790.jpg


国産のテントにはこのような透明窓が装備されているものはあまりないように思いますが、こんな川の風景がテント内で朝食を摂りながら眺められるというのは、とても気持ちのいいものです。
こんな感じで、コーヒーを味わいながらゆっくりのんびり過ごしたいところですが、そろそろ撤収の時間も近づきつつあります。(このキャンプ場は時間の縛りがない、とても自由なところなのですが、帰りの時間も考えるとそろそろです)


a0282620_13563083.jpg


a0282620_13564195.jpgこのテントは、フレームがスチールパイプ(2016年版に限るようで、今年のはまたアルミに戻ったようです)なので、風にはめっぽう強く、昨晩の強風でも揺れすらなく、まったくものともしませんでした。
夜半、小用で外に出ると風がそよ吹いていましたが、中に居る分には、まったく風の存在がわからないほど静かでした。普通は風でバサバサとなびく音がするのですが、それすらなく、かなり安眠できる過ごしやすい幕のようです。

それに、寝室はインナーとアウターのあいだがけっこう空いていて、そこにベンチレーションで空気が動くようになっていて、まったく結露がありませんでした。

よく考えられた作りが各所にある、かなりレベルの高いテントのようです。これからも、使い勝手よく大事に使っていこうと思っています。
まあ、いろいろと教訓になった今年の初キャンプでした。
(お蔭さまで、帰った翌日から風邪の症状が出だしました。おまけつきです。泣)


a0282620_13563471.jpg



by martin310 | 2017-03-13 14:22 | ∟秋葉神社前C(4) | Comments(0)
<< しばし庭からご無沙汰していたあ... [Camp] 新幕初張りキャン... >>