伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
足場だってセルフビルド。単管..
at 2017-06-24 16:01
梅雨らしくなる前の庭便り。(..
at 2017-06-20 10:41
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-17 16:08
西伊豆の山の上で外ランチ。(..
at 2017-06-15 19:18
わんこ3歳の日に・・・。
at 2017-06-13 14:34
ブドウ棚の仮設置と最近の庭の..
at 2017-06-09 10:47
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-05 13:48
緑の癒し・・・高原キャンプ。..
at 2017-06-03 16:34
キャンプシーン画像にHDR風..
at 2017-05-29 14:28
母屋の外壁塗装、1階部分のみ..
at 2017-05-25 19:51
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


しばし庭からご無沙汰していたあいだに、もう春はここまで来ていた。


a0282620_22200284.jpg
* デッキの上の鉢植えのジュリアン。


それにしても、先週の早春キャンプのお土産でもらって帰った風邪のウイルスの猛攻に、すっかりこの数日間は苦しめられたものだった。
実際、寝込むほどまではいかなかったものの、寝込みたいほどの辛さを抱えながらも、何とか仕事に行っていた。
が、久しぶりにひいた風邪は、いつもの健康状態のありがたさを、いっそう感じさせてもらったものになった。

体力が弱っていけば、気力も衰え、様々な感じ方がふつうではなくなって来る。
いわゆる五感というものが否応無く冴えなくなって来て、匂いや香りがわからなくなり、味も半減して美味しく思わなくなり、目は涙目で見るのが辛くなり、聞こえるものにも心地よさを感じなくなる。

「視・聴・嗅・味・触」のとおり、かなり自分の感覚が不自然に傾いているのを実感した。
こんなときは、美しいものを感ずる力もなくなり、何を見てもそう、興味を惹かれるということもなくなって来る。
体力も極端に落ちて、身体がだるくしゃんとしないので、今までやって来た庭づくりの状態を見ても、不思議と今の自分との違和感があり、自分の仕事の結果なのに、なぜか落差があるように感じてしまうものだ。

漸く、今日になって回復の度合いが高くなって、陽の当たる庭に出て、色鮮やかに咲いた花々にカメラを向ける気になった。
そうすると、自分が病みあがりだけに、植物たちの生き生きとした生命力の凄さが、いっそう際立って感じられて来た。

しばらく冬篭りと思って、庭の植物たちは寒さの試練のときと、意識の向ける先からも外れたところにいたものだが、こうして実際に目にしてみると、もう、かなり春は進んで、小さな命がどんどん大きく花開きつつあるのを知った。

これからさらに、春の花々の饗宴がはじまるものと、やっと体調が戻って来たこの日に、五感の正常化が適ったのは、まさに時を得たようにも感じられた。


a0282620_22201228.jpg
* ガーデンフェンス下に咲くシラー・シビリカ。


a0282620_22202176.jpg
* クローバーに混じって様々な草が緑の面積を広げる。


a0282620_22202393.jpg
* 霜の降りた庭でも元気に黄色い花を咲かせるヒメリュウキンカ。


a0282620_22213110.jpg
* なんとも覚え難い名のエロデューム・ペラルゴフォーラム。


a0282620_22203538.jpg
* 鮮やかなピンクで主張するさくら草。


a0282620_22204146.jpg
* 自然にいい感じに錆て来たハリケーンランタン。


by martin310 | 2017-03-16 22:25 | ガーデニング | Comments(0)
<< 18メートルの土留め柵工事の再... Robens の “Midni... >>