伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
西伊豆の海辺でランチピクニック。
at 2017-10-15 19:53
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-11 06:00
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-09 21:54
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-08 16:25
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-10-02 13:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-28 08:34
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


八ヶ岳キャンプ2017 @八千穂高原・駒出池キャンプ場 -2-


a0282620_13354859.jpg


我々のほか誰もいない高原のキャンプ場に夜のとばりが降りて、一時は満月も見えていたのに、夜半には雨がテントの幕にしとしとと音させて降って来ました。
寝袋の中にすっぽり入りながら、小さな雨音と沢の流れの轟という音を聞きながら眠りに着きました。
ワンコは至って静かです。
いつもと様子が違って、なぜかどこか瞑想的なほど沈黙しています。沢の瀬の音でf/1のゆらぎに癒されているのでしょうか。

小用に立った後、寝袋に戻ってもまた再びなかなか睡魔がやって来なく、しばらくのあと、幕外がうす明るくなっているのに気がつきました。
ああ、もう夜明けが近いのか、と、どうせ眠れないのなら外へ出てみようと、またもぞもぞと芋虫のように抜け出し、カメラを持って池の様子を見に行きました。

雨は上がって、東の空が朝焼けに少しだけ染まりはじめていました。
池はまだほの暗く、沢の音とともに、湿った大気が風に乗って動いています。
そのとき、誰もいないはずの池畔で間近に黒い人影が見えて、思わずドキッとしました。
どうやら、この夜明けの風景を狙って、カメラマンが撮影場所を探しているようでした。
お互い撮影ポイントは侵すべかざると、別々の方向へ移動して行きました。
カメラマンは、下界が見下ろせる東の突端の方へ行ったようです。
自分は、上の方にあるツリーハウスへ登って、辺りの景色を撮りはじめました。



a0282620_13355312.jpg

東の太陽が昇る方角の空が茜色に染まっています。
雲海は、佐久穂町が見下ろせるあたりにたなびいているようでした。
さすが標高1300メートルです。雲海を上から望めるとは・・・。




a0282620_13355791.jpg

朝日が姿をあらわしはじめ、雲の陰影が劇的な様相を見せはじめました。
眠れないのでちょっと外へ出てみただけなのに、どうもとっておきの、早朝の自然界のドラマチックな現象を見せてもらうことになったようです。



a0282620_13360090.jpg

こういう木々のシルエットと空の濃淡のコントラストにはけっこう目が行くところです。
何かを予兆させるような雰囲気がありますね。



a0282620_13360599.jpg

モルゲンロート(Morgenrot)という山岳用語が頭に浮かびます。
「夜明け前に高い尾根筋がまず太陽の光を受けて赤く輝くこと。」の意のようですが、まさに池畔の森がそうなっているところです。



a0282620_13360909.jpg
一刻、一刻と、光の状態は変化していきます。
もう赤く焼ける光は止んで、白樺の幹を際立たせる透明な光が辺りを照らし出しました。
空はもう明るく澄んで、池にもその空が映り込んで来ました。
いつもより低く張ったムササビタープが妙に絵になります。



a0282620_13361396.jpg

我がサイトの向かいの岸まで来ました。
バイケイソウでしょうか?
黄緑の葉に光が透過して、鮮やかなグリーンがとてもきれいでした。
対岸のテントの中では、まだツレとワンコは夢の中です。zzz...
こういう光景は、どこか童話的な世界に見えて来ます。
八千穂高原での、あるファンタジックな朝を見させてもらったようです。


―つづきます―



by martin310 | 2017-05-15 13:49 | ∟駒出池C(6) | Comments(0)
<< 八ヶ岳キャンプ2017 @八千... 八ヶ岳キャンプ2017 @八千... >>