伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
西伊豆の海辺でランチピクニック。
at 2017-10-15 19:53
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-11 06:00
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-09 21:54
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-08 16:25
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-10-02 13:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-28 08:34
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


2017年 04月 13日 ( 1 )

ヘキサタープ用ウッドポールの自作。やっぱりウッディな方が雰囲気がいい?!


a0282620_20322722.jpg
    ▲さて、この青空に聳える?煙突のようなものは何でしょう?



深緑のキャンプに向けて、またひとつ簡単なDIYでキャンプアイテムを増やしました。
まるでキャンプ用品のウッディ化を推し進めているかのように、今回もアルミ製品に代えて木製という線で、ヘキサタープに使うポールを、今、流行りのウッドポールにしようと、自作してみました。

ウッドポールは、既に国産の新興キャンプグッズメーカーからいくつか出ていますが、材料的にはホームセンターですべて揃ってしまうことから、自作には特にやり易いアイテムになっているようで、ネット上でも検索で多数の製作記事が出て来るようです。
さすがに、製品化されたものはかなり完成度の高い質になっているようですが、こと、もとが単純な作り故、自作でも充分いけるような感じがしました。

a0282620_20332086.jpgそこで、今まで高さが自由に可変出きるアルミのスライドポールを使っていましたが、この春からはそこを白木の若干太めのウッドポールに変えてみようと、さっそく材料を揃えて製作に取り掛かりました。
「ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version」(tent-Mark DESINGS)用なので、長さは2400mmと2100mmの2本に設定し、それぞれを2本つなぎで作ることに。

用意した材料はわずかにこれだけです。
  • タモ材丸棒(Ф30、1820mm×2本、910mm×2本)
  • 18-8ステンレス巻パイプ(Ф32×300mm、2本)
  • オニメナット(M6×20mm)
  • ステンレス六角ボルト(M6×80mm)
  • 椅子足ゴム(Ф30)
※かかった経費は¥4,000ほど、1本¥2,000換算ですから、
市販品の5分の1くらいで出来たことになります。


a0282620_20323409.jpg
▲ステンレスパイプはФ32、丸棒はФ30で、数字上はうまく入りそうなのですが、これがパイプの厚みから、丸棒を直径で2mmほど削らないと入らないのです。
そこで、パイプに通す部分をグラインダーで肉厚で1mmほど削りました。


a0282620_20324186.jpg
▲平均にうまく削れるものなのだろうか?と思いながらも、まあ何とかできるもので、このようにうまいことスポンと入るようになりました。
で、片方は木工ボンドで固めて取れないようにし、もう片方は取り外し可能に。


a0282620_20324943.jpg
▲そして次は、タープのベルトや張り縄を掛けるポールの先端のピンを取り付けるため、まずはオニメナットを埋め込みます。若干、センターを外してますが、まあ、そのあたりは素人仕事です。
ポール自体は無垢のままではすぐに汚れが付くので、ワトコオイルのナチュラルでオイルフィニッシュしました。
その上から、焼印風オリジナルロゴを貼り、その表面保護のために透明ニスを塗る必要があったので、ついでに全体をニスで塗装しておきました。


a0282620_20325523.jpg
▲最後に、オニメナットにステンレス六角ボルトをねじ込みます。
以前作った、ウッドテーブルやランタンスタンドに貼った、オリジナル焼印風ロゴをこれにも貼りました。


a0282620_20330464.jpg
▲ボルトの頭が邪魔なのでグラインダーで切断後、研磨して丸めて出来上がりです。


a0282620_20331245.jpg
▲完成後、2400mmと2100mmの2本を並べるとこんな感じになります。
画像では見えませんが、地面の接地箇所には、椅子用の黒い足ゴムを履かせてあります。
さて、実際にタープを張るのにテンションをかけたとき、いったいどうなのでしょうか?曲がったりしないかちょっと心配ですが、現場で試してみるしかありません。
念のため、予備にもとのステンレスポールは持参します。なにせ、自作にはいろいろとアクシデントがつきものですからね。



by martin310 | 2017-04-13 20:40 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)