「ほっ」と。キャンペーン

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
自然界の「火」の持つ神秘な力..
at 2017-02-20 22:43
キャンピングローテーブルを自..
at 2017-02-19 14:53
18メートルの土留め柵の2ブ..
at 2017-02-17 11:29
笑's・焚き火グリル(A-4..
at 2017-02-15 20:34
湖のほとりで・・・思いつくま..
at 2017-02-13 14:06
18メートルの土留め柵のうち..
at 2017-02-09 19:13
キャンプスピリットの復活か?..
at 2017-02-07 22:37
[DIY] いよいよ全長18..
at 2017-02-05 20:30
意外にも、はじめての薪割。斧..
at 2017-02-03 11:55
[風景探勝] まるで古写真に..
at 2017-01-30 13:36
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟かじかの里公園C
∟秋葉神社前キャンプ場
∟朝霧ジャンボリーC
∟西湖自由C
∟道志の森C
∟田貫湖C
∟駒出池C
∟デイキャンプ
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
フクタロウさん、コメント..
by martin310 at 19:09
初めまして。 以前..
by フクタロウ at 08:03
メッセージありがとうござ..
by martin310 at 23:37
動画見せていただきました..
by rinarina_216 at 22:47
そうなんですよ、サフラン..
by martin310 at 06:53
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


カテゴリ:選挙関連( 16 )

RK 不正選挙追及から不正裁判暴露に辿り着く:「裁判官も被告人も全部不正の不正裁判」

2013.10.27_01/08 リチャード・コシミズ名古屋講演会(連続再生)
http://www.youtube.com/watch?v=iurcD2rcuHA&list=PLPg7hSdi4rU5DqHU_T9zG53r7sDjfCC85

<不正選挙追求の裁判によってわかってきたこと>

① 当初の目的は、不正選挙の存在のアピールの為だった」。が、・・・
② 「司法が不正選挙の隠蔽に加担」が発覚。
③ 司法の創価学会支配構造が見えて来る。
④ 不正選挙と創価学会カルトのかかわりが露呈。
⑤ 不正選挙の目的は、媚米政策(TPP、消費増税、九条改正・・・)の強行にあり、その先は、日本テロ・極東騒乱・世界戦争を引き起こすことにある。
⑥ メディアの静寂から裏社会とメディアの癒着関係が読める。(読売記者のスクープ・RKにメディアからの接触はゼロ・後追い報道がない事実)
⑦ 裏社会は何としても情報拡散を止めたい。
⑧ もし、RK独立党を拘束・法廷で騒動となったなら、ニュースとなり、「不正選挙」に衆目が集まってしまう。その為、警察も一切動けない。
⑩ ひたすら法廷内だけの騒動に限定して、外に騒ぎが漏れるのを絶対に避けたい。
⑪ 衛視の低姿勢は、独立党員を怒らせるなとの指令の結果。


a0282620_20281176.jpg



blog「ryuubufanのジオログ」さんの2013/10/29の記事より
http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ryuubufan/view/20131029/1383016411


【朝のメッセージ】裁判官も被告人も全部不正の不正裁判

 不正選挙の追及が何故必要だったか。不正選挙は不正選挙に止まらずだったからである。衆参巨大不正選挙は不正な権力である経済権力が総掛かりで行ったもので、それが今不正裁判の露見という形でハッキリと見えてきた。

 不正選挙の追及が不正裁判という概念的新分野を生み出している。選挙は権力を生み出す。権力は利権を生み出す。選挙と不正選挙は常にセットである。選挙をするという事は不正選挙をするという事とセットである。

 国民が不正選挙を追及してくれば、裁判の場に舞台が移る。利権権力はこの舞台を演出しなければならない。裁判は不正裁判になる。不正裁判をまともに報道する訳には行かない。よって、報道も不正報道になる。小沢事件でこれは既に決定的に経験済み。
 
 不正選挙の追及は不正裁判、不正報道の実態を炙り出す事になる。大体分かっていた事であるが、RK独立党の徹底追及が予想を超える結果を生み出した。

 選挙と不正選挙、裁判と不正裁判、報道と不正報道。これらを大きく見ると、権力と不正権力となる。国家の表の顔と裏の顔のワンセットが、RK独立党の不正選挙裁判闘争で見事に暴き出された。

 小沢事件、小沢裁判で既に同じように暴き出されていたのだが、今回の違いはネット市民集団が舞台のど真ん中という事である。小沢事件、小沢裁判では我々は飽くまで外野席にいた。しかし、今回は正に選手としてプレイしているのだ。

 観客と選手では見え方が違うのは当たり前。外野席から不正選挙を追及していては不正裁判の実態など見える訳がない。選手としてプレイしたから不正裁判が見えた。原告席に座り、傍聴席を埋め、裁判の不正を目の前に見た。観客としての不正選挙追及が、選手としての不正裁判追及に代わった。選手として不正裁判追及に全精力投入と言うのは当たり前である。

 選手としてプレーして、審判が不正した事が分かった。今や試合自体が不正だった事も分かった。主審も線審も相手チームも全部不正だったのだ。裁判長、陪席裁判官、被告人(選管側)が全部不正という事である。原告以外は全部ぐるである。ハッキリ言ってそうかが裁判を演出していたのだ。不正裁判、不正試合である。

 ネット市民集団がこういう権力の腐敗の実態を自分が主役となって暴き出した。これはえらい事である。一般国民という最終の観客に不正試合の真相実態を伝えられる。ネット市民集団が国民覚醒の武器を手にした。

 今RK独立党は興奮のるつぼである。ネット市民集団も一体である。ヨーロッパのサッカー場の雰囲気に似ている。異様な盛り上がりの中で、不正裁判の徹底追及が為される。連中は最早火あぶり状態である。


by martin310 | 2013-10-29 20:33 | 選挙関連

【これは必見!】三宅洋平・斎藤まさし 第7回 N.A.U.  ANTAMEDIA-LIVE(2013/8/8)


第7回 N.A.U. (日本アーティスト有意識者会議)
a0282620_91546.jpg ANTAMEDIA-LIVE 2013/8/8

出演:三宅洋平(ミュージシャン)
    岡本俊浩(ライター)
ゲスト: 斎藤まさし(市民の党・党首/三宅洋平選挙アドバイザー)




Video streaming by Ustream


日々坦々‏@hibi_tantan24さんによる視聴ツイートより

斎藤まさし氏:いろいろ選挙をやってきたけど三宅洋平に関しては、音楽を使う選挙は1983年にやったことがあり喜納昌吉の時もやった。「選挙フェス」などはもう自分がやることはあまりなかった。

斎藤:選挙は「タマ」結果はタマ次第。おカネかけず短期間に多くの人に伝わるのが有効な手段で洋平の場合は一番楽だったと…。

三宅洋平氏:「斎藤まさし氏から今回の選挙で神奈川から出れば5倍くら得票数はあると言われた。直前まで悩んだけど、原発や環境問題について全国で叫びたかった。オレガ極地的に神奈川でやって国会にいったとしても全国で叫ぶほうをとったと…」

三宅氏:「斎藤さんからは『お前の人生だから最後は自分で決めろ』と言われ信用した。98%は俺が決めたけど操られてるだとか黒幕がいるとか言われたけど、疑うのは簡単だが信じるのは難しいんだよ。

三宅氏が最後の演説で憲法9条を読み上げている時に、その隣で斎藤まさし氏が涙を流していたのはどういう理由か、と聞かれ斎藤氏が、「かっこいい」と素直に思った。今日本で憲法を読む政治家はいないと。

三宅氏:「自分は選挙の17日間に自分をお供えしたという心情。最後の日に憲法9条を読んだときにガツンときた。日本は9条を世界に宣言したのに、GHQの差し金ではなく「戦争なんて絶対やだ」という思いだった。

三宅氏:最後に9条を読もうとしていたわけではなく、直前に読んでいてメモし、頭をからっぽにしていつものようにライブに臨んだ。あれは何かが俺に降りてきて9条を読むことになった。と…

斎藤氏:選挙の候補者で関わってきた中では、喜納昌吉と三宅洋平くらいで、何かが来るっていう時がある。それが憲法9条を呼んだ時 ・・・。

三宅氏:10年前に喜納昌吉と斎藤にーにが「選挙フェス」をやっていて、それを他のミュージシャンを出すことを利益供与だという人がいるが、10年前からやってきた喜納さんの選挙スタイルを総務省は何も言わなかった。

斎藤氏:「選挙フェス」をやればだれでも当選できるのか、という質問に、誰にもわからないくらいのボランティアが動いてくれた。誰も指図せず勝手にやっている。ミュージシャンも歌っている意外に電話したツイッターしたりと陰でやってくれていたのでは。

斎藤氏:俺が知っている選挙で7万枚のポスターを貼りきれたのは洋平以外にいない。そうした背後で多くの人が動いてくれた中での「選挙フェス」だった。

三宅氏:メディアの論調でも「ネット選挙」だからという事を強調しようというけど、何とも言えないアナログとデジタルの混合だった。17万票を超えたのがネットで多くの人に多くの人が拡散してくれたと思う。

斎藤氏:岡田選対部長には行ったけど、100人もいない北海道の集会で、同じライブをしていて、どうみても選挙に行かないような人が来ていて、その人たちが大変に熱かった。これでネットは関係なく10万は取れると確信した。

斎藤氏:選挙で当選する人は10万はとらないといけないと思っている。それはそのくらいの人に託されることが政治家として必要だと。選挙でネットが使えるのが初めてだったけど、やはりアナログ、最後は人の繋がりで人の熱が伝播する事が大事。

山本太郎選対のヒダ氏と三宅洋平選対の岡田氏と斎藤氏との三人が今回の参院選に繋がった。斎藤氏が30年やってきてボランティアがこんなに集まって熱心にやった事はない。いくらお金があってもこういうチームはできない。

斎藤氏:ネットの中だと自分の事は嘘しか書かれない。北朝鮮に一億円持ってったとかあるが、そういう批判的な人たちとも一緒に選挙をやってみたいと思っている。今度はネットを飛び出して一緒にやろうと。

三宅氏:今回ぼくを応援した勝手連のリーダーなんかが地方選挙に出ようと言っている。市民感覚の人が市議会をある程度占めて、政治のメッセンジャーがある程度増える必要がある。世界平和と環境破壊を止めるという二つを軸に。

斎藤氏:今の日本で選挙が最も民主主義を体現できるもの。候補者になればもっとそれを実感でき、今やネットで自分の言い分を中継できると。自分で供託金を出して言いたいことを言えるんだからそれでいい。

斎藤氏:俺は安倍さんが一年持つとは思ってない。株価と一緒に落ちていくが、安倍さんは選挙はできないから3年後。しかし3年後はすぐにくる。もう一度政権交代をしないといけない。

2004年4月に喜納昌吉が選挙に出ると、民主党の比例で出ると、そして小沢一郎と鳩山由紀夫と菅直人が一つになれば政権が取れると言う。俺は絶対に無理だと小沢さんと菅さんは合わないと。

なぜ三宅洋平を応援する気になったのか、斎藤まさし氏:山本太郎が昨年の衆院選の後、太郎が負けたのに、洋平が自分が出たいと言ってきたから、応援した。

今回の三宅洋平選挙を何人かのドキュメンタリー監督が映像を取っていて、ベネディア映画祭に出すはずと。

嫌われる事を恐れずに言いたいことを言おう。空気なんか読むな。皆の幸せを願い家族に対してとる態度を国や世界に取ろうと三宅洋平氏。最後はジプシーソングで締め。

いやあ、三宅洋平氏と斎藤まさし氏の話、面白かったあ。特に三宅氏が選挙の最後に憲法9条を朗読した時の話…現場にいたけど、その時の空気感は今でも忘れない。「あっけにとられた」というか「ありがたい大僧侶の訓話を聞いた」ような、皆から親しまれている牧師の記念礼拝を聞いたような感じだった。

今日の「ANTAMEDIA」の三宅洋平氏と斎藤まさし氏の話を聞いて、今「気弱な地上げ屋」氏と汲々と喧嘩していて、もう止めたと宣言したが、それが本当に次元が低い所でやっていたと反省した。もっと大きな高い次元に視点・視座を持っていき、より大きな問題を見つめていこうと…。

by martin310 | 2013-08-09 09:15 | 選挙関連

広瀬隆さんより、山本太郎後援会設立のお知らせ。スキャンダル・キャンペーンから山本太郎議員を守ろう!


「脱原発の日のブログ」さんより
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11588178697.html

山本太郎後援会設立のお知らせ 広瀬隆

◆【J-CASTニュース】2013/8/ 6 20:03
山本太郎、離婚を正式発表 新潮記事に「ネガキャン」指摘も
http://www.j-cast.com/2013/08/06180990.html

◆【Youtube】2013/8/6
山本太郎 記者会見(離婚について)

山本太郎 記者会見 3013/8/6



---------- 転送メッセージ ----------

a0282620_19485721.jpg全国のみなさまへ 広瀬隆です。
山本太郎さんを守るために、後援会を設立することにしました。

誰が、いつ、どこで、いかにして、そして、なぜ、このスキャンダルの捏造がなされるのかって?
簡単なことです。われわれには、何度も体験のあることなので、手っとり早く言えば、こういうことです。

◆最も大事なのは、なぜWHYである。
第一にこのスキャンダル捏造の目的です。
それは連中が、「原発・被曝の危険性」を論争の主題からずらして、隠すことにある。原発問題・憲法問題で大衆の目・耳・口をふさぐことが、最大の目的です。

◆次が、誰がWHO、いかにしてHOWである。
◆なぜ今やるかWHEN、どこでやるかWHERE
参院選で、自民党は絶対得票率を20%しか獲得できなかったことが、まったく報道されていない。
54%の議席を獲得して大勝と言われながら、国民の8割が支持していないことを彼らは知っているのです。彼らは追いつめられているのです。

われわれは、話題を、正当な位置に引き戻します。そして山本太郎さん個人の人権を守る。それが、われわれ「山本太郎後援会」設立の主旨 です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆8月17日に、東京で憲法九条を守る「マガジン9」主催で、講演会をおこないます。
「原発、人権、そして憲法」

http://www.magazine9.jp/gakko/029/

◆8月18日に、噂では老人決死隊とも呼ばれる「3・11DAYS行動する会」が先日お伝えした通り、横浜で下記の集会を開きます。

a0282620_1952585.jpg8月18日(日)、シンポジウム「もうがまんできない」
DAYS JAPAN/3・11DAYS行動する会共催。「行動する会」設立・第一回集会。
横浜市開港記念会館にて、開場18:30 、開演19:00 、入場料500 円。
場所:横浜市開港記念会館(横浜赤レンガ倉庫より徒歩10分。みなとみらい線
「日本大通り駅」より徒歩1分。JR京浜東北線・根岸 線「関内駅」南口より徒歩10分。
横浜市中区本町1丁目6)。横浜赤レンガ倉庫は、みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」よ 徒歩6分。
予約とお問い合わせ先:DAYS JAPAN
E-mail :yokohama2013@daysjapan.net

実は先月7月25日に、広河隆一さん、藤田祐幸さん、DAYS JAPANの測量班の人たちと共に、今までおこなわれていなかった福島第一原発の最も危険な地帯の放射線量測定をおこなってきました。現在も、大熊町で は、毎時320μSv、そこにいれば2年半で致死量という数字を見て、現実のおそろしさを思い知ったばかりです。双葉町では、3・11当日に多くの住民が避難した小学校 でも、住宅でも、土壌汚染は、チェルブイリ原発事故の汚染地で最も危険な「完全閉鎖地区」をはるかに超える数値でした。この現地の恐怖 を、当日説明します。

また全測定結果は、会場で販売する(8月20日発売のDAYS JAPAN9月号)で詳細を報告します。
原子力規制委員会は、素人集団です。

こうしたすさまじい危険性を、国民の目からそらすために、国を挙げてのスキャンダル・キャンペーンが始まったのです。 しかし、昔からの諺に言う。「やぶへび」だ、とな。
待ってろよ!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

by martin310 | 2013-08-08 20:12 | 選挙関連

圧巻!「日々坦々」“斎藤まさし”氏のインタビュー

7/26の「日々坦々」さんのツイキャスでの“斎藤まさし”氏のインタビューは圧巻だった。
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2098.html
山本太郎氏と三宅洋平氏の「裏選対の最高責任者」と、週刊文春に書かれた斎藤氏のどこかグレーなイメージが、まったくの事実誤認であることがはっきり判るライブインタビューであった。
それどころか、まさに「日々坦々」の飛鳥麻憲氏の記したように、「斎藤まさし氏のように様々な修羅場と地獄をくぐってきた人の話はスケールが違う。ものの見方や考え方、視点、視座が表面的なものではなく、近視眼的なものでも勿論なく、歴史的な立体的観点で物事を考える事が出来、そしてそれを実行してきた、数少ない人だと思った」・・・、そのとおり数々の言説に圧倒された。
政治を変革する為の選挙というものの、あらゆる奥義を経験論的に熟知している稀有な存在であることが自明となった以上に、過去の実績から政治の元になる選挙の内幕を知るにつけ、これが隠れ政治史の姿であることも垣間見えて来る。
今回の参院選の山本太郎氏と三宅洋平氏の戦いぶりは、実は斎藤氏の提唱する「カンパとボランティアによる21世紀型市民選挙」の実践なくして成立し得なかったことがよくわかる。

以下のツイキャスの録画でどうぞ。


7/25 ①斎藤まさし氏インタビュー


7/25 ②斎藤まさし氏インタビュー


さらに、以下のページに、斎藤まさし氏の講演の文字起こしされたものがあるので参照願いたい。(日々坦々ブログにも掲載あり)思わず唸ってしまうほどの感服の知見である。
※本文を貼り付けるも、文字数オーバーで断念した為リンクに切り替えました。


    2002年5月18日
    <京都創政塾専門講座>~組織と選挙-市民の組織化~
    「カンパとボランティアによる21世紀型市民選挙のススメ」
    講演:市民の党代表 斎藤まさしさん

    http://ise.nahan.jp/kikou/2006/new0606-6.htm


【続】2013/8/27

a0282620_21186.jpg日々坦々ブログで飛鳥麻さん自身が、この2時間15分というロングインタビューのうち、最初の35分を文字起こしされた。ツイキャスの映像や音声はやや不明瞭なところがあるので、文字で読めるのはありがたい。
まあとにかく、驚きのスクープが続出するのでさすがに読みながら興奮するようなおもしろさだ。続編も期待したい。

「スクープ連発!斎藤まさし氏インタビュー書き起こし①「喜納昌吉は策士?あの加藤登紀子が…やっぱり飯田哲也か」など」
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2099.html

「総合累進課税」と「金融資産課税」で日本に革命(富の再配分)を起こしたい!斎藤まさし氏インタビュー書き起こし②
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2100.html


by martin310 | 2013-07-26 23:15 | 選挙関連

【必見】ワイドスクランブル:山本太郎はやっかいな存在であり続ける


20130722山本太郎はやっかいな存在であり続ける 投稿者 bakaTepco15


なかにし礼氏の援護射撃に注目!
なかにし氏:
a0282620_8384679.jpg「でもね、僕は思うんですけどね、
国会議員の中で手を組もうなんてね考えない方がいいですよ。
もう、みんな汚れてしまっているから
申し訳ないけど。
もうがっさり云ってしまえば、みんな既得権益の中でからまってますからね
あなたが言うような形でなんか協力し合おうと思っても、みんな是々非々でね、
ここはいいけど、こっちはダメとかいうことになりますから、
あなたはひとりでやっぱりものを書いて、そしてね、言葉によって、
もう仲間をどんどん増やしていかなきゃダメですよ。
ね、言葉です。
言葉の力っていうものをこれからもっともっと持った方がいい
だから選挙というものは、ある種限界がある、
それで政治家の言葉、また官僚の言葉っていうものも、これ実は使い古されてて、
実は誰の耳にも入ってないんですよ。
だから、本当に生きた言葉でね、ものを言って、
そしてそれに賛同する人間て山ほどいますから、実は。」

by martin310 | 2013-07-24 23:51 | 選挙関連

またやってくれましたな「H25参院選比例得票とH24衆院選比例得票との比較(自民党)

またまたやってくれました、「Ghost Riponの屋形(やかた)」さんがまたも選挙結果の明快な解析をしてくれました。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11578454463.html

(東京都選挙区をモデルに)
今回の参院選の比例区での自民党の結果と、H24衆院選の比例区のデータをグラフ化して比較して見せてくれました。
んんっ、また都知事選のグラフと一緒のような、いわゆる“猪瀬パターン”が出現したようです。(笑)

いったいこの折線グラフの相似形どころか、形象一致スタイルというのは、どんなときも、都民の自民党支持者は常に一定の割合をキープしているという原理を表しているのだろうか?
摩訶不思議な現象である。

(以下、転載します)
※グラフはクリックで拡大できるページに飛びます。
a0282620_22402744.jpg


Ghost Riponの屋形(やかた)
元記事:H25参院選比例得票とH24衆院選比例得票との比較(自民党)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11578454463.html

自民党のH25参院選比例得票を、H24衆院選比例得票と比較してみた。
以前いじった衆院選の比例データを使用してます。
(参院ではないが去年の12月なので、比較には一番良いと思う)


東京都-H25参議院議員選挙投開票速報
http://www.h25sangiinsen.metro.tokyo.jp/sokuho/index.html

a0282620_2046150.jpg


H25参院選は、平均で10%増加していたので、H24衆院選を110%に変更したものと比較。
猪瀬パターンの再来か(笑)
なんだろう、この一致は・・・(都議選も一緒だった)

a0282620_20465126.jpg


得票数推移。
H17(2005)→減少→H21(2009)→減少→H24(2012)→増加→H25(2013)
衆院選後の地方選の敗けを考えれば、H24(2012)→減少→H25(2013)が正常と思う。
イカサマくさい点ね。

a0282620_20472649.jpg


地方選では自民党惨敗続き

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201307/article_7.html

a0282620_20475881.jpg


以上、H25参院選は、H24衆院より投票数が90万減ったにも関わらず、自民党比例は17万(10%)増加。
(10%も増加していないが、このパターンはH25都議選も同じ)
下駄をかましている可能性が高いに一票入れておこう。
H12(2000)を見ると、大した得票ではないね。(これが本来の姿では)
過去の参院との比較ではないので、比較してみるとまた別のことがわかるかも知れないが・・・
(とりあえずデータのあった衆院ということで)


a0282620_20481463.jpg

(転載終了)
a0282620_22402744.jpg


と、いうことで、H24衆院選での比例区のデータにおよそ10%増ししたのが、今回の参院比例の結果ということか?
得票総数からいうと、平均10.57%増ということになるが、まあ10%増しで計算しても、各選挙区で、あっても最大2千票くらいしか誤差がない。(数字がぴったりだともうヤバ過ぎるからランダムに誤差を設けているのかもと考えてしまう)

さらに、ピンクで色付けしたように、H21衆院比例と今回とを見てもらうとわかるが、得票総数で約3万3千票しか違わないかなり似通った結果が出ているところに注目してもらうと、あららどうでしょう?各選挙区の数字の近いこと近いこと・・・。
先頭の千代田区などなんと3票しか違わない。狛江市にしても17票だ。1万票クラスで17票しか違わないほど、狛江市の自民党支持者は政局が変わろうとも、候補者が違えども、社会情勢が変わろうとも、常に同じ人数を確保しているようだ。結束が相当堅いのだろう。(笑)

なのに、自民が大勝して政権交代した去年の12・16衆院選では、H21選から得票総数で14万票近く票を落としている。ということは、いったいどこの政党へその14万人は投票したのだろうか?
大勝したのに14万票も激減している。そして、それが今回復活した?
どういうストーリーだろう。「取り戻した」のか?

そいうもんなのであろうか?
ほんとにこの数字大丈夫なのだろうか?
羽村市などは最小の7千票くらいなのだから、再開票して確かめてみたらいいのにと思ってしまう。

あとは、これが全国展開するとどうなのかってことだな。
同じように10%増しなら、比例での議席数の見積りがあらかじめ可能だろうし、となると、もう実際の開票なんて不要になってるのかも。
案外、数字だけでいけるのではないだろうか?
いったいどこで集約して調整しているのだろう。

全国のどこかの選挙区で、数字が実際と違う、などというクレームがないのだろうか?
おかしなものである。
by martin310 | 2013-07-24 21:00 | 選挙関連

テレビ朝日 報道ステーション ・山本太郎当選インタビュー/この番組が一番尺が長かった。


テレビ朝日 23:10 山本太郎報道ステーション



ブログ「みんな楽しくHappy♡がいい♪」さんが、当選後のテレビ朝日(23:10)報道ステーションでの山本太郎インタビューを文字起こしされていたので、ここに掲載させていただきました。
(元記事)http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3130.html

途中でカットされるのを承知の上、出来る限り主張内容を込めようと長々と語ったのを、一般視聴者は、“自分の言いたいことだけ言う人”と捉えたようだが、街宣で演説していたことをコンパクトにまとめて、どう思われようとメディアの電波に乗せたのは画期的だ。
この調子で、まずはネット民と一般B層との格差を埋める情報露出活動に大いに期待したいものだ。


古舘:東京選挙区見事に当選を決めました山本太郎さんと繋がったようです。
山本さん、ご無沙汰しております古館です。

山本:どうも古舘さん、山本太郎です。

古舘:どうも。
おめでとうごさいます!

山本:あ…、なんか、全然浮かれてないです。
これからが本当にいばらの道だと思っています。

古舘:あの、先程もちょっと聞いたんですが、万歳はしなかった。
そして当選が決まってから逆に引き締まる表情になってきたという、
まさにそういうふうなお気持ちなんですか?

山本:そうですね。あの…、なんていうのか、闘う相手というのがあまりにも巨大すぎて。
これは利益、利益に関して損をさせられるという企業だけじゃなく、これは国家ぐるみっていう話なんで、
そこと戦いを挑まなければならない。
でもそこは、僕は一人じゃないんですよね。
ひとりだったのは1議席だけで、それは連携していけるというか、
僕に投票してくれたたくさんの人達、この人達がずっと僕のやる事をずっと見続けてくれているという事で、
身の安全を図りたいと思っています。

古舘:大変な風圧を感じながらの選挙活動だったと思いますが、
ここまで決して諦めることなくずーーっとチャレンジしてきた。
その根源には何があるんですか?

山本:やっぱり、あのー、これはメディア批判でも何でもないんです。
構造としてね、やっぱりこの芸能界であったりメディアの世界であるというのは、
スポンサーからのお金を受けるという部分がある。
だから決定的な核心には迫れないという、やっぱり十字架を背負っている部分があると思うんです。
そのなかで、ニュースステーションはすごく頑張ってくれていると僕は思うんですけれども、

古舘:報道ステーションです。

山本:同じように、あ、すみません、金曜チェックの時代の話でしたね。

古舘:はい、そういう事はいいですよ(笑)、それで?

山本:そうなんですよね。ごめんなさいいま、はい

古舘:それで、メディアも

山本:仕事が無くなって、

古舘:芸能界も、

山本:そうなんです、結局ま、仕事が無くなるというのは目に見えていたんです。
仕事が無くなったあと何をしていたか?というと、2年間全国を歩いたんですね。
この原子力災害、この原子力事故によって不条理を押し付けられて人々の声をもう沢山聞いたんですよ、本当に。

全国をまわってたとえば事故前は1ミリシーベルトでしたよね、国際基準で被曝限度。
1年間に被曝していい量は1ミリシーベルト以下に抑えるっていうところが、
それが関係なくなってしまった。
これは絶対におかしい事なんですよね。

少なくても、その事故前の安全基準、それを守らなきゃ安全基準でもなんでもない。
少なくてもその安全基準を超えたならば、避難の権利というものが獲得されるべきなんです。
いまぼくたちに与えられるのは被ばくする権利だけなんですよね。

そして食べ物ですね。
食べ物、これ、1kgあたり100ベクレルっていうのは、
去年の春から食品の安全基準として定められているんですけど、
これは原発の敷地内から出てくる低レベル放射性廃棄物、それと同等なんです。

古舘:はい。

山本:この低レベル放射性廃棄物、中レベル高レベルと同じで100万年厳重に管理しなければいけないという事を、
先日取材で伺ったドイツの放射線防護庁の方がおっしゃってた。
この国が今僕たちに与えているのは100万年管理しなければいけない放射性物質、
それを食べても安全だというスタンスを取られちゃっている。
これはどういう意味なんだよ?

その基準をもっと厳格なものにしたとしたなら、
その食品の安全基準を厳格なものにしてしまえば、補償賠償という問題が生まれてきますよね。
そこを嫌がっていると。

でも事故を起こしたのは誰だ?
東電だ。
でも東電は誰も、誰も捕まらない。
家宅捜査すら入らない。その状況ですよね。
この時点でもおかしな話なんですよ。
しかもどこかに、そこから生まれて飛んでいったものに関しては「無主物」という扱いもされてしまう。

古舘:はい。

山本:これはだから国家ぐるみだっていう事を意識しながら、
この小さな声、声なき声を集めていって、
これ、もう自分の中に蓄積し過ぎて、あまりにも敵が大きすぎて、
これはもう、そこから降りなきゃいけないんじゃないかと思ったんですけど、
やっぱり諦めきれない。
今まで自分の中に蓄積したこの声を形にするまでは、って思うんですよね。

食品の安全基準、これを厳格にしない事には、
枝野さんが事故後に言いましたよね「直ちに影響はない」って。

今すぐは大丈夫だけど、あとあと分からないという事を国が宣言しちゃっている。
責任を取らないという事なんですよ。
自分自身が切り捨てられてそれに気付いた。

で、原発の問題が入り口だったけれども、
いまそこから入って行って、結局労働問題という部分に自分自身が気づいた所があるんですが、
とにかく低賃金、長時間労働という所で、ずっと皆さん働いている。
今ますましそれが加速している。
それがブラック企業という形で出てきたけれども、その問題25年前に過労死という言葉が出てきている位、
ずーーーっとこの国は切り捨てを認め続けてきたんですよね。

古舘:山本さん、お話の途中ですけれども、

山本:はい、すみません。

古舘:それで言うとたとえば同じ東京選挙区で勝った共産党の吉良さんはじめですね、
いろんなところとの連携というのを今後模索するべきじゃないですかね。

山本:それは絶対に必要だと思います。
というのは、いろんな先輩方だったり、同じ志を持つ議員の方々と力を合わせて突破していく。
それが超党派で出来るなら、絶対にそれが早いと思うんですよ。

古舘:その反応というのは今後やっぱりいろいろ試したり、感触を探っていかなければいけませねんね。
これからですね。

山本:そうですね、でもやっぱり、そういう事をしていきながら試行錯誤をしていくしかないと思うんですよね。
そうなんです。
だけど今回投票をしていただいた方全員に山本太郎のウオッチを続けていただきたいんですよ。

古舘:なるほど。

山本:「山本そっちは違うぞ」と、
「こういう事があるんじゃないか」という皆さんの情報、皆さんの声を届けていただいて、
それを実現していくために、この後もずっと見守って頂きたい。
で、それ以外の党に投票された方。
その党の議員さんのお尻を叩いて欲しいんですよ。
投票して終わりじゃないんです。

例えばTPPの問題。
これ、「反対だ」と言って衆議院で205人の自民党議員が当選している。
でも現実はどうだ?
TPP推進になっちゃっているじゃないですか。
これは完全な裏切りなんです。
205人の当選、これを得た自民党が結局安倍さんが総理になったわけですよね、
これはハッキリ言って

古舘:あの、TPPに関しても遺伝子組み換えのことでね、かなり演説されているのも把握してますので、
またちっといろいろお伺いする機会があるかもしれません。
ぜひ、

山本:すみません、なんか、

古舘:え?なんですか?

山本:あの、その具合と言いますか…、
たとえば「オンエアここまでなら耐えられるよ」というような、
ガイドラインのようなものを頂けたら上手に喋りますので。

―会場笑い―

古舘:いやいやいや、随分言ってますよ今。

山本:結構いま言いましたけど、けっこう言いましたけど、(*^(ェ)^*)ノ゛

古舘:だから…、またよろしくお願いします。
すみません、ありがとうございました。
ああ、ここで急に和やかになりましたね、会場が。
手を振らなくてもいいんですけどね(笑)

小川:( ´艸`)★。、::。.::・'゜エヘヘッ

古舘:いやでもね、本当に頑張ってらっしゃる方っていうのはですね、
ある部分で共感を覚えるし、見守っていきたい所がありますよね。


by martin310 | 2013-07-23 11:24 | 選挙関連

三宅洋平 クニツクリ イメージビデオ


三宅洋平 クニツクリ イメージビデオ


三宅洋平の掲げる新しい日本へのビジョン。
 政治、それはマツリゴト...クニツクリ。

◎三宅洋平
https://miyake-yohei.jp/

勝手に制作 - 工藤真工 (Sync. Kudo)
http://www.synckudo.com/
by martin310 | 2013-07-20 06:40 | 選挙関連

三宅洋平さんが「山本太郎緊急集会」で語ったこと(去る2013/5/27のこと)


参議院選に立候補 - 三宅洋平さんが「山本太郎緊急集会」で語ったこと



日本人は、3S政策によって、まんまとCIAの手に乗ってバカになってしまったとよく言われますけども。セックス、スポーツ、スクリーンですか……

トリ人さんのブログ「IT後進国・日本」の記事より
http://torijin0008.doorblog.jp/archives/27919974.html

「3S政策」とは三宅氏の言う通り、Screen(スクリーン=映画)、Sport(スポーツ=プロスポーツ)、Sex(セックス=性産業)のことであり、「ユダヤ人の3S謀略」とも呼ばれ、戦前から知られていたものだ。正に陰謀論の範疇だが、こういう話が、選挙を前にした政治集会で語られることに、ちょっとした新鮮さを感じる。これは決して悲観的な現象ではないと思う。できれば、公共放送の政見放送で詳しく聞きたいものだ。

いずれにしろ、三宅氏の話には清々しさが感じられる。タイプは違うが、その点は山本太郎氏と共通する。俳優やミュージシャン、表現に携わってきた彼らの存在が、政治に新しい風景を生んでいるのは確かなことだと思う。




少なくとも政治に関わる者であるならば、以下の動画の内容が単なる“陰謀論”で片付けられるものでないことをよくよく知るべきである。
既成政党の現職の政治家たちは、世界の裏側の成り立ちをこれらの基本知識から見ることが出来ないなら、何も見えないに等しく、それはまさに政治的無明(むみょう)」に等しいことを知るべきだ。
それ故に、三宅洋平氏や山本太郎氏のような新星が現れたことは快挙なのだ。



イルミナティ――秘密の盟約 "Secret Covenant"

by martin310 | 2013-07-19 21:59 | 選挙関連

NetIB NEWSに“山本太郎候補にネット選挙の追い風”の記事が 2013/7/19


a0282620_202940100.jpg
 ▲山本太郎候補・街頭演説風景<中野駅前にて>


NetIB NEWS ネットアイビーニュースより
http://www.data-max.co.jp/2013/07/19/post_16455_is_01.html

山本太郎候補にネット選挙の追い風(前)
2013参院選 2013年7月19日 15:21

【資金なし、地盤なしの選挙戦】
 参院選、東京選挙区で優勢と目される自民、公明の大政党に挑む、無所属の山本太郎候補。ネット選挙を追い風に、議席を争うところまで猛追している。インターネット上での拡散で、1,000人規模のボランティアスタッフが集まり、新宿、池袋、秋葉原など都内各所を駆け回る。

 資金なしの山本陣営。フェイスブック、ツイッターなどで呼びかけ、資金のいらないネットを駆使した選挙戦を展開。ネット選挙の解禁は、地盤のない山本陣営にはプラスに働いている。あるスタッフは、「全員、ボランティアスタッフでやっています。ネットの力がなかったらできなかったこと。これまでの選挙では、ネットを駆使してボランティアが集まって選挙活動を行なうという戦い方は、考えられなかったと思う。公示日のポスター張りは、ネットで広めて人数を集めて、ほかの候補者よりも貼り終えるのが早かった」という。大衆の力をかき集めて、数々の選挙を戦ってきた百戦錬磨の大政党、大組織に立ち向かう。

 18日、JR神田駅前で行なった選挙活動でも、仕事帰りのサラリーマンとおぼしき、スーツ姿のスタッフらがビラ配りを手伝い、声を上げていた。ツイッターなどソーシャルメディアを使っての拡散も山本陣営の武器の一つ。有権者、聴衆と山本候補がツーショット写真を撮り、その写真を拡散して、ネット上で脱原発の政策などを訴える。資金なし、地盤なしの陣営ならでは地道な作戦。自民、公明が優勢と見られているなか、大衆の力が、政党、組織のバックアップや地盤、資金のある候補者を破れるのかどうか。

【若者たちよ、投票へ】
 首都決戦もそうだが、投票に行く人が少ないと言われる20~30代の若年層の投票率が、選挙の勝敗のカギを握っている。このまま若者層が政治に無関心のままだと、「政治が大企業や団体の方ばかりを見ている」→「若い人が投票に行かない」→「政治家が若い人の話を聞かないようになる」→「投票に行く人が多い高年齢層の言い分が、国民の声として政治に反映しやすくなる」→「若者の声が政治に届かず、若年層の政治への関心がますます薄くなる」という、悪循環に陥る。

 この流れを、どこかで断ち切らなければならない。山本候補は、若者たちに「政治をあきらめないで」という声を上げ続けた。「今回、投票を棄権するということは、ゆくゆく若者たち自らの首を絞めることになってしまう。本音は、山本太郎に投票してほしいですが、とにかく投票に行って、若い世代の意見を政治に反映させてほしい」と、呼びかけた。
(つづく)



a0282620_20305612.jpg
         ▲小出先生から山本太郎候補へのメッセージ
by martin310 | 2013-07-19 20:42 | 選挙関連