「ほっ」と。キャンペーン

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
自然界の「火」の持つ神秘な力..
at 2017-02-20 22:43
キャンピングローテーブルを自..
at 2017-02-19 14:53
18メートルの土留め柵の2ブ..
at 2017-02-17 11:29
笑's・焚き火グリル(A-4..
at 2017-02-15 20:34
湖のほとりで・・・思いつくま..
at 2017-02-13 14:06
18メートルの土留め柵のうち..
at 2017-02-09 19:13
キャンプスピリットの復活か?..
at 2017-02-07 22:37
[DIY] いよいよ全長18..
at 2017-02-05 20:30
意外にも、はじめての薪割。斧..
at 2017-02-03 11:55
[風景探勝] まるで古写真に..
at 2017-01-30 13:36
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟かじかの里公園C
∟秋葉神社前キャンプ場
∟朝霧ジャンボリーC
∟西湖自由C
∟道志の森C
∟田貫湖C
∟駒出池C
∟デイキャンプ
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
フクタロウさん、コメント..
by martin310 at 19:09
初めまして。 以前..
by フクタロウ at 08:03
メッセージありがとうござ..
by martin310 at 23:37
動画見せていただきました..
by rinarina_216 at 22:47
そうなんですよ、サフラン..
by martin310 at 06:53
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


カテゴリ:vimeo( 2 )

過去と未来を結ぶその交点で、彼女は確かな愛に生きている・・・。『A Letter』


  A Letter

Free People Presents: A Letter from FreePeople on Vimeo.




このVimeoにある映像作品は、わずか3分29秒という短いショートムービーながら、その中に映し出されている内容の深さを知るにつけ、なにものか心の奥に深いセンシティブな印象を残すたいへん優れたものであるので紹介しておこう。
確かに何も説明なしに原語のまま観たら、何を意味しているのかちょっとわからない感もないでもないが、内容のヒントになるキャプションを頭をひねりながら意味を汲んでみると、実はこういう深いことを語っていたようだ。

a0282620_14123434.jpg



a0282620_1413286.jpg※(Martin流の解説)
彼女は、愛する彼とともに、ワイオミングの急峻な山々が聳えるジャクソンホールへ旅立った。それは今は亡き母の、古い日記を紐解くことで促されてやって来た場所だった。
母の日記の中の走り書きには、このジャクソンホールの一角にある、小さなキャビンと3本の立ち木が茂った場所のスケッチが残されていた。その木の下に母が埋めておいた四角い缶を彼女は発見する。
蓋を開けると、そこには母が今の彼女である年代に、同じように愛する彼、それは後の彼女の父になる男性と、この場所へ来て、やがて次に待ち受けているであろう娘となる彼女の為に、二人の思い出深い写真とネックレスなどを入れておいたのだ。
彼女はそれと代わりに、自分の下げていたネックレスをまた次の未来の彼女の娘の為にその缶へ入れ、同じように土に埋めておくのだった・・・。


a0282620_14131236.jpgそこには時を超え、世代を超えて、愛し合うふたりと母と娘の愛のかたちがある。彼女がそうであるように、母のそのときも今のふたりと同じように愛を育みつつあるときを生きていたのだ。
かつて母が紡いだ愛の物語と、今そこにいる彼女のそれがつながり合い、重なり合いながら、また次なる物語を織っていく。
折り重なる時間の証のように、木の下に埋めた缶はそこに在るのだ。
過去と未来を結ぶその交点で、彼女は確かな愛に生きている・・・。
by martin310 | 2015-01-11 14:19 | vimeo

やはり日本の自然とはスケールが断然違う。太古からの自然界とはこういうい世界なのだろう。


a0282620_11152486.jpg


動画サイトもいくつかあるが、最近では「vimeo」をよく観るようになった。案外知らなかったが、ここにはプロフェッショナルな高品位動画作品が膨大な数ストックされている。
「Full HD」の高画質は当然のこと、素材的にも技術的にもかなりの高レベルのショートムービー的な作品が満載で、全画面表示で映像を愉しむにはその質と量からしても申し分ないヴォリュームだ。

自分でも多少、動画もどきのものを製作してみた経験があるので、どれほど機材や撮影技術や編集の妙が優れているかはよくわかる。
一連の作品群から、そのアーティスティックな感性や手法を学ぶにも好材料を提供してくれるサイトで、自分が出来得ない分まで自在に見せてくれるだけに興味が尽きない。

そのなかでも映像作品そのものも優れて推奨したいものだが、撮っている女性本人による、アイスランドの大自然の真っ只中に独り分け入り、広大で崇高なまでの自然界の姿を映し出すその意志に魅せられるものがあるので、ここに紹介しておこう。


『MADE IN ICELAND』 -Klara Harden- 2011

MADE IN ICELAND from Klara Harden on Vimeo.

※「vimeo」のアイコンからサイトに移動し、最大化してご覧ください。もちろんHDモードで。


a0282620_11161871.jpg解説によると、作者のオーストリア人の Klara Harden は、この25日間に亘るソロトレッキングによる撮影行で、以後、冒険家でドキュメンタリーフィルム作家になったようだ。
作品中にもあるように、広大な原野の真ん中に建つ避難小屋のようなところを行動拠点にして、たった独りで周辺の山域に単独行のテント泊を実行して撮影している。
極寒の地アイスランドの夏だから可能なことであるが、見たとおりのまったく手つかずの大自然の中で、たった独り女性がテントの中で寝泊りすること自体、ソロ経験のある自分には驚異なことだ。なにせ、小屋のまわりにさえ、人間ほどの大きさの野生動物が自然に生息している只中のところで、恐怖感を持たずにそれが出来るのは自分には考えにくい。日本の登山のメッカでも寝付けない自分からは、薄い幕一枚の中で平然と熟睡できる能力に感心してしまう。

まあ、そんなことは別にしても、このアイスランドの世界は、もう日本の山野のスケールとは比べようもなく広大で、しかも古代からの原初の自然そのままのようだ。人間の世界が彼方に遠く思われるほど、生の自然の領域の広大無辺さがよくわかる。
ここでは、人間はこの自然を創った神の領域への闖入者でしかない。

こんな世界を求めて日本をさ迷っても、ごく限られたエリアにしか似たような大自然はないだろう。地球上の彼方の遠い地の果てというところにこそ、かつて地球が生まれた頃からの原生の世界が残されているのだろう。そんな世界に視覚の一部でも触れられるような映像だと思った。日本の箱庭的自然観をちょっと揺さぶられるところだ。

※ちなみに使用カメラとレンズは日本製だそうだ。
Shot on Canon 550D with
Tamron 10-24mm f3.5-4.5
Nikorr 35mm f2
by martin310 | 2015-01-08 11:20 | vimeo