伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
[シリーズ] タウンエースバ..
at 2017-07-28 13:14
キャンプ設営時のメイキングp..
at 2017-07-24 21:02
天までとどけ、我が足場?!・..
at 2017-07-21 22:30
YouTube動画「森の中で..
at 2017-07-18 19:39
夏キャンプ。爽快な朝がまた魅..
at 2017-07-12 08:17
夏キャンプの宵。 @清里・丘..
at 2017-07-10 14:18
夏キャンプ。サーカスTC初張..
at 2017-07-09 16:30
夏キャンプに向かう道すがらの..
at 2017-07-07 13:56
気になっていた“アンモボック..
at 2017-07-02 15:00
セルフ足場組み(続編)。未だ..
at 2017-06-30 08:53
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


カテゴリ:車中泊の旅( 3 )

2016(May)車中泊キャンプダイジェスト @秋葉神社前キャンプ場 -3-


a0282620_14491416.jpg


今回の「秋葉神社前キャンプ場」での車中泊キャンプの模様を、撮りためた画像の中からダイジェストでまとめてみた。
それほど各場面で撮り置きがたくさんあるわけでもないので、動画で残した部分からも一部キャプチャーして並べておいた。

こうやって画像のストックを眺めてみると、現場のプロセスではもっとこまめに撮っておけばよかったと思うが、なかなかその最中はカメラを持っている余裕がないもので、終わってからあそこは、あの場所はと後悔することが常だなあと思う。
それでも今回は、コンデジでほとんど撮っていたので、一眼よりは撮る機会は多かったようだ。もっと気楽にスナップを増やせば、自然、枚数やシーンは多くなるだろう。

ダイジェストなので、一応は時系列的に並んでいる。こういう試みもまた、新鮮でいい感じに思うので、次回からは、そのつもりで撮影に臨もうと思ってはいるが、さてどうだろうか。



ではではまずは、
伊豆の我が家から出発できたのは、荷物の積み込みうんぬんで漸くAM9:00。
お昼は、通り道の清水港で海鮮丼でもと思って出掛けた。


a0282620_14495863.jpg

▲行きは高速には乗らずにすべて下道。
のんびり行っても2時間後の11:00には清水には着いた。
清水港は、山の上の我が家から駿河湾の先に真正面に見える場所。夜景なら余計に光が集まってよく位置がわかる。
その場所の、清水魚市場“河岸の市(かしのいち)”という、35店舗もの海鮮の店が集まった施設に寄った。
これはその店内からの港の様子。水上バスの発着所が見える。


a0282620_1450969.jpg

▲“河岸の市”の「まぐろ館」の中の“清水港 海山”という店に入った。
なぜって、ここの限定メニューがいちばん安かったからだ。
これで(一応舟盛り)でなんと¥1000+税だ。
普段は、少食・微食主義なので昼は0.1食なのだが、こういう日は特別で禁を破っている。


a0282620_14502891.jpg

▲そのあと、久能山の海岸べりをのんびり走って、晩御飯用の焼き物の材料を買おうと焼津港へ向かった。
左に駿河湾が広がり、右には久能山の麓にいちごハウスが並ぶこの道(国道150号)は開放的でとても気持ちのいいところだ。いちごラインというらしい。


a0282620_14503758.jpg

a0282620_1544913.jpg▲焼津から藤枝を抜け、島田に入ると大井川を北上していく。(国道473号)そして、川根本町から渓谷沿いの細いくねくねした道で秋葉神社へ向かう。(国道362号、あまりに狭い道なのでいわゆる酷道だな)
途中でキャリーに入れっぱなしのワンコを散歩させようと、見晴らしのいい場所で車を停めた。谷底を流れる川は“杉川”というらしい。


a0282620_14504764.jpg

▲道が春野町に近づく頃、緑に映える赤い橋が架かっているのが目に入った。
吊橋風の鋼鉄製の橋だ。思わず車を停めて、あちこちから何カットも撮った。
こういう美しい橋は、決して見逃さない。ペイントされた色あいもいいではないか。
渓流沿いの道はこういう、いい橋との出会いがあるからうれしい。


a0282620_14505619.jpg

a0282620_14565232.jpg▲そして目的地の秋葉神社前に到着。このモニュメントのような看板が着いたー!という気にさせてくれる。
画像では頭が切れてしまっているが、上部はこん風になっている。→
いったいこれは何を意味しているのだろうか?子供の頃、この網の中に球があって、口で吹いてそれを浮かせて遊んだ記憶があるが、まさかそれを形どったわけではないだろう。いつも見る度に疑問符が??
あっ、そうか、もしかしたらかがり火の形か?


a0282620_1532395.jpg

▲到着後、広~いサイトから設営場所を決める。すでに幕を張っていたのは2組だけ。河原から2段目の木蔭に車を動かすも、タープはともかくも車体が水平になるところがなかなか決まらず、何度も位置を変えた。
こういう未舗装の場所は、車中泊の車内の床自体が傾斜しかねない。寝床が水平でないというのはとても寝苦しいもので、この日も僅かに頭が下がっているのがわかっても、それで寝るしかなかった。
あとで思ったのは、一番車体が下がっている側をジャッキで固定しておくと効果があるかもしれないということだ。


a0282620_14511749.jpg

▲問題の自作カーサイドタープを張っているところ。
見てのとおり、イレクターパイプの支柱は、ロープを張らずとも自立している。あとはこれに加工したマルチシートをカラビナで止めるだけだ。
画像は落ち着いて設営作業をしているようだが、この前にポールを2度も倒して車のボディーにぶつけている。我ながら手順の悪さに呆れるほどだ。


a0282620_14512672.jpg

▲すべての設営作業が終わって、そろそろ夕飯の支度に・・・。
でも、カメラのモニターを見ながら、まったく撮影用の小奇麗な絵にならない設置の仕方で、生活匂の漂う、まるでオシャレキャンプからはほど遠いリアル実生活風キャンプになっていると思う。
少なくとも、脚立、ゴミ袋、バケツなどは見えない方がいいな。


a0282620_14513785.jpg

▲夕食後は豪快に焚き火台の上で火を燃やした。
カーサイドタープの奥のあぐらチェアーに陣取って、まったりと焼酎割を飲みながら、やはりその視覚の中に炎の饗宴があるというのはいいものだ。
一応、蚊取り線香は焚いていたものの、この時期はまだ蚊が少ないので、夜も快適だった。
川の瀬の音と、虫の声と、薪のはぜる音だけの静寂の夜だった。
ワンコはずっと外のゲージの中で静かにしていた。


a0282620_14514735.jpg

▲翌朝、あまりに清々しいので辺りを散歩した。
木のあいだからの朝日が美しく、なんでもない植込みが妙に輝いて見えた。
この右手に設営の大型テントの年配夫婦は、まだ静かなようだった。
気がつくと、夜のあいだにバイクのソロの兄ちゃんが向こうにテントを張っていたようだ。これで4組になった。


a0282620_14515595.jpg

▲このキャンプ場は、珍しく直火OKで、至るところに石を並べたカマド跡がある。川岸の先端までそれがあるので、川のすぐ近くでテントを張る人もいるようだ。
ダムの放流で水かさが上がる危険もないようなので、それも可能なのだろうか。
川より陸側の樹木のあいだの方も、サイトとしては魅力的で、こんな大木もあったりして、なかなかいいところだった。


a0282620_1452862.jpg

▲さて、朝食にしよう。これも少食・微食で、いつもの青泥と豆乳と豆乳ヨーグルトの朝食から一転して、この日は普段は食べないホットサンドのブレックファーストだ。
ハムと目玉焼きとチーズを食パンにはさんで、ロゴスのホットサンドメーカーで焼いて、ほら、このようにロゴもうまくついた。
もちろん、ぱくつけばウマい!と声が出る。


a0282620_14521817.jpg

▲おきまりのモーニングコーヒーは、手挽きのミルで豆を挽いて、ゆっくりドリップする。
毎朝のコーヒーメーカーとは一味違ったコクと深みのあるコーヒーに仕上がる。
ツレはこれが絶品だと、一口飲んだときからもう一杯ほしくなると言う。
毎朝淹れてほしいとも言うが、もちろんそんな時間はないので、キャンプのときだけのとっておきに。


a0282620_14522892.jpg

▲やはりキャンプの朝はこのシチュエーションだからこそ、食べるものも飲むものもおいしくなるのだろう。
こういうありがたい体験を、たまには持った方がいいに決まっている。
キャンプの形にあまりにも凝り過ぎるのも問題だが、このような素朴に自然の中での非日常を過ごすことも、心や身体、五感の開放には必要なことに思う。
ワンコもどうやらアウトドアがお気に入りのようだ。


a0282620_20222053.jpg

▲撤収後は一路、天竜川に沿って秋葉街道を北上することに。
気田川が天竜川に合流する直前に、こんな美しいまた赤い橋が出現した。
いい橋にまた出会えた。これもまたペイントがなかなか美しい。
形と構造と色と・・・、これが見事に風景とマッチしていてこそ、いい橋になる。
こういう橋の風景は、目の前にあるそれを超えた世界に意識が飛躍するような不思議な魅力を持っている。
まるで夢の世界で見たような橋・・・、別な次元にあったような橋。


a0282620_14525081.jpg

▲帰路は天竜川に沿って北上し、秋葉街道を伊那まで行って杖突街道で諏訪に下りようと思っていた。
そしてその途中にある“しらびそ高原”というところに行ってみようと。
だが道を逆行していたりして、だいぶ道中時間がかかってしまい、行くには行ったが、その先を途中で切り上げて飯田I.Cから中央道に乗るはめになってしまった。
これは“しらびそ峠”。標高は1833mとある。見えている山は、南アルプス方面だ。
ここでもワンコを散歩させたが、近くに「熊出没注意!」の看板があり、早々に山を下りた。


秋葉街道をのろのろと北上するのをやってみたかったが、まったく距離感を考えていなかったので、途中ショートカットせざるをえなかった。
また今度、残りのコースを行ってみたいと思っている。
山間の限界集落があるこの秋葉街道、人がいない、来ない、そういう場所にこそ魅力を感じ、我が探索心が誘われるのである。


by martin310 | 2016-05-24 15:04 | 車中泊の旅 | Comments(0)

馬籠宿を歩く。藤村の「夜明け前」の文学世界が蘇る感がある場にて・・・。


a0282620_14522478.jpg
▲恵那山の懐に抱かれたような馬籠の家並み。懐かしさが込上げるのは、潜在的郷愁によるものなのだろうか。


以前、阿智村の信玄公の遺骸を安置した寺と伝えられる長岳寺まで来たことはあったが、馬籠宿まで足を踏み入れたのは今回がはじめてだった。
とはいえ、ついぞ観光する目的はなく、行きたかったのは藤村の島崎家の菩提寺・永昌寺にある藤村の家族と同父の墓だった。特に、藤村が小諸時代に相次いで失った3人の娘のうち、長女のみどりという子の墓前に参りたいと、ただ意味もなく気持ちが動いていたからだ。なぜか、この7歳で亡くなった子が不憫でならなく、その思いがはじめての車中泊の旅の地へとこの馬籠を選ばせていた。

a0282620_14593383.jpgもちろん、ほとんど展示物は「新潮日本アルバム」の島崎藤村編で見て知っていたものだったが、馬籠の藤村記念館も見ておこうと思った。(小諸の同記念館には既に行っている)
馬籠宿の石畳に足を踏み入れて思ったのは、画像ではいくつか見てはいたが、実際かなり精巧に整備された街並みであることを実感した。明治と大正の大火によってほとんど家屋は焼失してしまったものの再建にしては、街並みの全体像が景観や構造的にも完成度の高さを感じさせるものだった。
観光資源としての整備事業の最たる良好な結果として、この“フィールド博物館整備事業”が成果をあげているのだろうが、建物のひとつひとつ、その意匠や経営スタイルにおいても、実際の事業が成り立っているのにも感心するところだ。ここまで土地の人々と自治体の協働がまとまりをつくることで実現できているのだろうと、坂が延びる石畳からファインダーを覗きながら思っていた。

古き宿場の面影を残すアングルがあちこちにあって、やはり画像におさめておきたい衝動にかられる。家並みの空いた場所から望める恵那山の風景と相俟って、なぜか不思議と懐かしい感慨が湧いてくる。
そういえば、国道から馬籠に入って最初に恵那山を含む屏風のように取り囲む山容を見て、はじめて見ている風景のはずなのに、懐かしさが込上げるようなものを感じたのもなぜだろうと思ったものだ。

街道裏の小さな小高い丘にある島崎家菩提寺の永昌寺の墓所も、とても好ましいものに思えた。恵那山を背景に田園風景が広がるそこは、竹林のあいだにほっとするように墓石が並ぶ場だった。

やはり作家のふるさとと、作品の世界とは、切っても切れない深いつながりがあることを実感した。特に、「夜明け前」の作品世界は、この馬籠や木曽路を体感せずにはどこかリアリティに欠けるように思える。
土地を知るというのは、視覚的なものもそうだが、景観や事物のすべてによる波動的臨場感が不可欠なものだ。その意味でも今回の旅で、しっかりと馬籠の「場」の実在が意識と脳裡に組み入れられた感がある。


a0282620_14551654.jpg
▲豊富な水と坂を下る水路で大きな水車を回す光景。馬籠下から入ると最初に迎えられる「桝形」あたりのシンボル的存在。


a0282620_14553048.jpg
▲清水屋資料館。藤村の作品「嵐」に出て来る「森さん」こと原一平の家とのこと。藤村の書簡、掛軸、写真などをはじめ、江戸時代に宿場として栄えた頃よりの宿場「馬籠」の生活文化史ともいえる数々の遺品を展示。


a0282620_14554199.jpg
▲水車小屋のすぐ上の「坂の家」(食事処)。


a0282620_14555117.jpg
▲永昌寺への道の曲がり角の手前の但馬屋(民宿)。当時の旅籠の風情が濃厚に漂う。


a0282620_1456088.jpg
▲郵便局あたりから馬籠上の町並みを望む。


a0282620_14561175.jpg
▲永昌寺の石柱。「夜明け前」では「万福寺」として登場する。


a0282620_14562157.jpg
▲馬籠本陣跡に建つ藤村記念館。建築についてはこちらが詳しい。


a0282620_14565349.jpg
▲馬籠上の家並みの途切れたあいだからの恵那山風景。
by martin310 | 2015-03-09 15:00 | 車中泊の旅

はじめての車中泊の旅。宿泊料無料はやはり画期的だ!・・・だがそれなりにしんどいものでもあり。汗。。


a0282620_2252623.jpg
▲妻籠宿から見た「恵那山」(2191m)の雄姿。


車中泊仕様の一応の準備が整ったところで、さっそく以前から、行くのならまずはこの地方と思っていた、一泊二日の車中泊コースを巡った。

犬連れの泊まり旅は、到底条件が限定される為、まずキャンプかそれに近いもの以外は考えにくい。ペット同伴の宿泊施設なぞ、もともと経費をかけたくない心情からは、まずもって設定範囲にない。やはり、どんなに狭くても、二人と一匹が軽量装備でお気軽に泊まれるというのは車中泊以外にはない、・・・と、いうことで、日程もフリー、予約などなしの勝手きままな行き当たりばっ旅が可能な車中泊というスタイルは、考えられる当然の帰結のようだ。

だが、もともと車中泊に適した車など所有しているはずもなく、幅も長さも高さもあるワゴンや商用バンタイプなら、なにもこんなに創意工夫してあれこれ手づくりしなくてもいいのだろうが、我が愛車は年季もいって、使用程度もすでにご老体の部類なのだが、またこれも愛着あり、問題なく走れるうちは、そう簡単に買い換えたくもない。
なのでD.I.Yした床下収納で上げ底になった就寝スペースに、荷物にまみれながら、二人と一匹が「川」の字ならぬ、「パ」の字になって寝息を立てるのである。

向かった先は木曽路の馬籠島崎藤村の故郷であり、「夜明け前」の舞台であるのは周知のとおり。この地の空気に触れたい、恵那山の山容を眺めてみたいと、島崎家の墓参も含めて、「木曾路はすべて山の中である。」という「夜明け前」の世界へ旅立った。
(※参考:松岡正剛氏の千夜千冊の「夜明け前」の評はなかなかお薦め)


a0282620_22154053.jpg

▲これが今回の旅の周遊ルート。静岡、長野、岐阜、山梨と4県にまたがり、南アルプス、中央アルプスをぐるっと右回りに一周するような行程だ。高速は、都市部の混雑エリアをショートカットするためだけにわずかに使い、あとは山中を分け入る山路ばかりの国道を好んで進む。行き交う車も珍しいほど閑散としていて、専用貸切のように我々のみが急峻な林道のような渓谷の側道を行く。
なかには国道というイメージからはまったくほど遠い、すれ違いもままならない狭小な道路がくねくねと深い山の中に続くところもある。それでも忘れた頃に、確かに国道というように標識が小さく立っている。これが国道とはと驚きながらも、一向に「P」エリアさえない、もちろん店舗さえない、限界集落的な村々を掠めて走る。
天竜川を遡上し、残雪が層をつくる山岳路を眺めながら、中央アルプスを越える峠道を経て木曽路へと下りる。

日が暮れる前に阿智村へ出た。寒い木曽路で一泊する前に昼神温泉で湯に浸かった。(思いがけず“湯ったり~な昼神”という日帰り温泉でワンコイン入湯を得た。けっこういい施設でいまどき¥500とは実にありがたい)

すっかり日が暮れて、国道19号の道の駅「賤母(しずも)」に到着。
当初宛てにしていた場所はまだまだ相当先なので、時間的にも無理があり、先には行かずこの場に決定する。
トラック軍団が仮眠しているが、一般者の車中泊者はいないようだ。一番端っこに停めて宿泊準備に取り掛かる。

荷物は厳選してきたつもりだったが、結局使わないものも多くなり、床下の収納場所以外は上に出しておくほかなく、その量のかさばりに狭い室内で収集がつかず悶々とする。
テントのように広ければ、荷物は脇に集めておけばいいが、ほとんどが就寝スペースになる室内では、荷物を寄せておく場所がなく、夕飯の準備もあり、脳の中は混乱の極みにパニくるのである。ワンコも一区画を占有し、キャリーの中で安眠させなくては、自分たちも眠りに着けない。
夜はしんしんと冷えて、外気温は4℃くらいだろうか。
それでも温泉効果が持続して、ありがたいことに体はぽかぽかして暖かい。


a0282620_22163398.jpg自作ウインドーシェードを窓に固定した室内はこんな感じ。すべてのウインドーを目隠しした状態は、思いのほか独立した空間になり安心感が増し、外の世界のことは忘れてしまうほどだ。
トラック軍団のアイドリング音や、国道を疾走する車両の音は少し聞こえるが、眠れないほどでは全然なく、二重のシュラフにさらに上掛けした中にもぐれば、立派なねぐらになって安眠できそうな気配だ。
だが、なかなか眠気が来ず、何度も寝返りを打ちながら時間が過ぎるのを待つ。ツレはすでに夢の中のよう。ワンコかツレか、どちらの寝息か判別がつかず。そのうち気づいたら自分も同じ夢の中だった・・・。


a0282620_22173990.jpg

▲これが早朝の道の駅「賤母」の光景。
朝はさすが木曽路、気温は2℃まで下がったが、前回の朝霧高原の冬キャンプのマイナス2℃の寒風下よりは全然ましだ。ワンコも朝までぐっすり寝ていたようだ。(顔のすぐ横にワンコのキャリーがある。ここまで犬と接近して寝たのはじめてだ。自分が犬になった気分だった)
シェードの下のガラスはけっこう結露しているので、朝一にエアコンでまずは除湿暖房する。


a0282620_22195510.jpg

▲朝食の準備へ。
カセットボンベの「ガスピア」が活躍。室内が狭いのでこれだけでもかなり暖かくなる。


a0282620_22234595.jpg

▲もちろん、自作の車内ミニ換気扇も活躍。
湯気を近づけると、ちゃんと排気しているのがわかった。(一応多少は役に立っているようだ)
調理と暖房の換気はこれで少しドアを開けておけばOK。


a0282620_2220499.jpg

▲カセットコンロでまずはお湯を沸かす。
荷物を脇に積み上げながらの朝食の準備だ。朝日が射して徐々に室内も暖かくなる。

a0282620_222177.jpg

▲感度の安定と音質がいいとのレヴューから3バンドラジオはSONYの「ICF-SW11」にした。だが、よほどここはFM波のロケが悪い山間部と見えて、なかなかよく聴けない。家では今まで聞こえなかった放送局がいくつも清澄な音で聴けたのに残念だ。


a0282620_22213552.jpg

▲朝は簡単な野菜スープで。
シェラカップで食べる、車中泊明けの食べ物は実においしいい。バターロールも軽く火で焼いて食す。モーニングコーヒーは豆からミルで挽いて淹れる。う~んと唸りながら「うまい!」を連発。

天気は朝から快晴で、まわりの山々は残雪が白く輝く。ここからほど近い馬籠宿へ向かう。


旧型キューブ(Z11系後期)で、こんなかたちで車中泊している人はまず希少だろう。なにせ他にいくらでも適した車はあるはずで、キューブにこだわる理由もない訳で、自分たちもやはり広々した定番のハイエースクラスのベース車が最良だろうと思う。だが、そこは今あるものを生かそうとする我が主義がそうさせる。出来る限り出費をせず、現況で創意工夫して旅を愉しむ――そういうこだわりがこうもさせるのだ。だが、結局、備品を揃えるうちにどんどん出費がかさむことに・・・。

でもまあ、これで旅自体は交通費と食費くらいしか出費はなく、楽々ローコストな旅を実現できたことは確かだ。これを契機に次なる旅で、さらにエリアを広げて行こう。2泊3日コースはさらに遠くまで行けるはずだ。


a0282620_22215282.jpg※床下収納はいいにはいいのだが、荷物の出し入れにはその度に難渋する。なにせ、床板を取り外すには、上の荷物をどける必要があり、もちろん自分も同乗者も外へ。
一旦、車外に荷物を置いてから蓋を開け、同様に仕舞うときも同じで、この作業は雨が降っているときはまず無理だ。しかも、床下に入れてしまったものは後で容易には取り出せないのが玉に瑕。(汗)
これにルーフキャリアが如何に利用価値があるかはこれからだ。
※写真は、愛知県東栄町の大千瀬川上流にある「煮え渕ポットホール」付近でランチをしたときの様子。(必要な荷物を外に出しての昼食調理)


でつづきは・・・。
「馬籠宿」のフォトギャラリー編になる予定。


a0282620_22221995.jpg

by martin310 | 2015-03-06 22:27 | 車中泊の旅