伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
最新の記事
初冬の車中泊キャンプ -秋葉..
at 2017-12-11 14:05
オリジナル・ビデオクリップ ..
at 2017-12-03 20:03
見慣れた風景が、自然の織り成..
at 2017-12-01 14:05
風のめっぽう強い日に、再び西..
at 2017-11-27 14:14
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-21 23:04
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-20 15:26
秋から冬へ・・・蓼科からの遠望。
at 2017-11-17 19:27
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-12 21:08
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-10 16:19
「車中泊の旅」・・・当分、マ..
at 2017-11-06 22:04
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
渓流釣りもされるんですね..
by martin310 at 22:11
道の駅 中山盆地での車中..
by 横須賀車中泊大好き at 21:20
ヤリイカですか。 いい..
by martin310 at 16:48
西伊豆はいいですね。私も..
by 横須賀車中泊大好き at 23:14
こちらこそ興味を持ってい..
by martin310 at 06:53
回答ありがとうございます..
by 横須賀車中泊大好き at 22:26
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


<   2013年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

マクドのポテトの17の原料が明らかに!これでもまだ食べずにいられない?!

ブログ「世界の裏側ニュース」さんより
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11582746530.html

「マクドナルドの情報公開キャンペーンでフライドポテトに含まれている17の原料が明らかに」

マクドナルド社が、消費者から質問を求めることをもとに信頼性を構築させることを狙った情報公開キャンペーンによって、同社はとうとう、このファーストフード・チェーン店のポテトフライがどのように製造されているかという企業秘密を開示し始めた。

ポテトの産地、製造過程、揚げ油の種類、なぜ大量の塩がかけられているかなどの、ポテトに関する消費者からの質問に答える形で動画が作成された。

How McDonald's Canada Makes their World Famous Fries

ニューブランズウィックに所在を構えるマックチェーン・フーズの製造部部長、Mario Dupuisが質問に答えている。


ポテトはどこで洗浄され、皮をむかれてカットされているか。また、ポテトの色の変色を避けるために漂白し、それにより「自然の糖分が除去」され、その後、色を統一させるためにグルコース(ブドウ糖)に浸される

またポテトが灰色にならないようにするための原料も含まれていて、最後に余分な水分を飛ばすことで揚げ時間を45~60秒に短縮させている。それからポテトは冷凍されて出荷されるのだ。

最悪なのは原料であろう。ジャガイモと揚げ油というフライドポテトの標準的な2つの原料の代わりに、約17種類とが使われていることがマクドナルド社のウェブサイト内の「原料に関する事実(ingredients facts list)」に表示されている。

a0282620_21113750.jpg


【原料】ジャガイモ、キャノーラオイル、水素添加大豆油、ベニバナ油、自然調味料(植物由来)、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム(色の保持)、クエン酸(保存料)、ポリジメチルシロキサン(消泡剤)

【揚げ油】(キャノーラオイル、コーン油、大豆油、水素添加大豆油、THBQ :tert-ブチルヒドロキノン、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)

【調味料】(ケイアルミン酸ナトリウム、ブドウ糖、ヨウ化カリウム)



ぱっと見るだけでも、上記の原料は人体に悪影響を及ぼすものであることがわかる。

遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料消泡剤(THBQ、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)、そして人工着色料(酸性ピロリン酸ナトリウム)など。

マクドのポテトにこれだけの原料が含まれているのを知っている人など、どれほどいることだろう。マクドナルド社による情報開示キャンペーンのおかげで、人工的な食べ物と本物の食べ物の違いがわかる人が増えてくれることを祈ってやまない。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

[Martin コメント]
まあ、どう見ても危険極まりない食品であることは、これで世界のマクドナルドが自ら宣言したようなものだから、それでもあなたは「マクドナルドが健康を意識している」と信じますか?っていうところですな。
映画「Food, Inc.」(2008年公開)を見れば、すでに了解済みのことだろうが、未だに何も知らずにフライドポテトを旨い、美味いって食べている人が大多数なのだから、NWOアジェンダの進展には大した影響もなしと踏んでのことでしょうな。
あらゆる「食」の世界の侵略によって、人工削減の目的はさらに加速されているってことでしょう。遺伝子組み換えしかり、農薬、化学肥料、添加物しかり、それに放射性物質が加わる。まったくもって恐ろしい時代だ。



映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』予告編


映画『フード・インク』本編の一部はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=2Oq24hITFTY

それからさらにポテトフライの危険性は、“アクリルアミド”という物質にあることをご存知だろうか?
ポテトや穀物を高温の油で揚げたときにできる発ガン性物質で、接着剤やプラスティックなどの工業原料と同じものだ。この物質の検出量は、ポテトフライは飛びぬけて高い。ジャガイモは“アクリルアミド”に変わりやすい成分を多く含むからだ。
これに、コーラとハンバーガーが揃うのだから、最高のジャンクフードセットとなる訳だ。あちら側もよく考えてセットを組んでいるものだ。それが最も効果的だからですな。知らぬが仏とはよく云ったものだ。

by martin310 | 2013-07-31 21:23 | 「食」の問題

今宵はこの曲を聴いて眠ろう James Blunt - You're Beautiful (Live) いい曲だ。


James Blunt - You're Beautiful (Live)



You’re Beautiful - James Blunt(歌詞和訳)

a0282620_22524860.jpg僕の人生は素晴らしい

僕の人生は素晴らしい
僕の愛は純粋だ
僕は天使を見た
それについては自信があるんだ
彼女が地下鉄で僕に微笑んだ
彼女は別の男といたんだ
でもぼくはそれで眠れなくなったりなんかしないよ
だって僕には計画があるんだから

君は美しい、君は美しい、
君は美しい、本当だよ
僕は君の顔を人ごみの中で見つけたんだ
それから僕はどうしていいのか分からない
だって僕は君と一緒になることなんてないだろうから

ああ、彼女は僕の瞳を見つけた
僕らが通りすぎるその時に
彼女は僕の顔を見て分かっただろう
僕が舞い上がっていたこと
で、僕は彼女を見かけることなんてもうこの先無いって思う
でも僕らは一瞬を分かち合って、それが最後まで残ってるだろう

君は美しい、君は美しい、
君は美しい、本当だよ
僕は君の顔を人ごみの中で見つけたんだ
それから僕はどうしていいのか分からない
だって僕は君と一緒になることなんてないだろうから

君は美しい、君は美しい、
君は美しい、本当だよ
彼女の笑顔と一緒に天使がいたに違いない
彼女がそう言ったんだ、僕は君と一緒にいるべきだよ
でも今現実に目を向ける時だ
僕は君と一緒になることなんてないだろうから
by martin310 | 2013-07-30 22:53 | 音楽

これは貴重な三者ライブだ!今の日本に居なくてはならない3人の深い話に是非、聞き入ってほしい。


山本太郎さん三宅洋平さん岩上安身さん3者ライブ抜粋




2013年5月21日に渋谷SECOで行われた三宅洋平ファンディングパーティーの全映像の抜粋版。本編は約2時間の長編。映像はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=ITLsjFI9uz0
by martin310 | 2013-07-29 21:13 | 社会問題

船瀬俊介の警告!「TPPはモンスター企業が日本を喰い尽くす罠!」 ワールドフォーラム講演より


ワールドフォーラム2013年6月緊急講演!
日本を売り渡すな!戦後最大の危機TPP 絶対阻止!
「まだ止められる!TPP交渉参加!」
講師:船瀬俊介氏(消費・環境問題評論家・ジャーナリスト)
●船瀬俊介公式サイト http://funase.info/
●ワールドフォーラム公式サイト http://worldforum.jp/

あの船瀬氏が、恐ろしく危険なTPPの実像やモンスター食品などについて、また恐ろしい早口と痛快なギャグを混ぜながら息もつかぬ面白さのうちに語る講演録。
氏の本や動画で内容に触れていれば、どうにか早口の言葉を聞き取れるかもしれない。弾丸のように駆け巡る講談のような凄い話だ。
そんな恐ろしい世界が迫っているのかと、モンサントの脅威を知る必見の講演録。


ワールドフォーラム船瀬俊介の警告!1/4「TPPはモンスター企業が日本を喰い尽くす罠!」



ワールドフォーラム船瀬俊介の警告!2/4「TPPはモンスター企業が日本を喰い尽くす罠!」



ワールドフォーラム船瀬俊介の警告!3/4「TPPはモンスター企業が日本を喰い尽くす罠!」



ワールドフォーラム船瀬俊介の警告!4/4「TPPはモンスター企業が日本を喰い尽くす罠!」

by martin310 | 2013-07-28 21:30 | 「食」の問題

これかなり重要?!山本太郎の本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ


参院選前の2013年6月28日収録。
今や超豪華ゲスト三宅洋平氏、座間宮ガレイ氏、若野桂氏
座間宮氏が講師役となって、プルサーマル原発の再稼働、原発輸出、六ヶ所村再処理工場の稼働と日米原子力協定との関連性を解説。
大いに学んじゃった方がいいので、ここに掲載します。
脱原発はもちろん、このことを知らないとまずいのでは・・・。


本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ①



<IWJのオープンコンテンツの解説より>

 はじめに座間宮氏が、日米原子力協定が、プルサーマル発電、原発の輸出、核燃料再処理と密接に関連している点を解説した。座間宮氏は「この協定によって、アメリカが日本の核物質を管理し、原子力政策を推進する上で、問題があるとアメリカが判断した場合、日本の内閣の要人は強制的に協議に応じなければいけない」と説明した。また、日米原子力協定の前文では、原子力の推進を継続的に拡大する方針が謳われており、協定に違反した場合、アメリカによって、原子力技術に関わる産業の即時撤収が取り決められていることを解説した。

 続いて、日米原子力協定を発効する際に、外交官として交渉した遠藤哲也氏の発言を挙げ、「2018年に協定の延長を行おうとしている水面下での動きがある」とし、「この協定は、これまで周囲からの批判に晒されないように、慎重に扱われてきた」と指摘した。また、ダニエル・ポネマン米エネルギー省副長官と、野田民主党政権の間で結ばれたプルサーマル公約によって、プルサーマル発電を推進することがが取り決められている実態を解説した。座間宮氏は「プルサーマル発電を行おうとしているのは、第二次世界大戦の敗戦国である、日本とドイツだけ。プルサーマル発電が、電力供給のためと思っている人が多いが、これは、核保有国が余らせたプルトニウムを処理するためである」と語った。

 さらに座間宮氏は、協定のほかに合意議事録を紹介し、再処理を安全保障の問題とする一方で、これまで、この問題をエネルギー問題にすり替えて、国民に対する違約を働き続けてきた政治を問題視した。そして、2012年に改正された原子力基本法に、「わが国の安全保障に資する」との目的が追加された理由が、プルトニウムの再処理であることを指摘した。

 この話を受けて、三宅氏は「主体性のなさが日本社会の実態だが、この問題に対して、市民としてやらなくてはいけないのは、米国議会に対するロビー活動である。傀儡政権である日本政府を相手にしている場合ではないと思う」と話した。山本氏は「原発の再稼働反対と同じように、市民の中に浸透しないといけない問題だとわかった」と述べた。座間宮氏は「この問題を介して、市民は繋がれると思う。国民的世論を高める必要性を訴えていきたい」と応じた。


本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ②



本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ③



本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ④



本当のこと言って、何か不都合でも? 日米原子力協定を学んじゃうよ⑤

by martin310 | 2013-07-27 23:26 | 原発関連

圧巻!「日々坦々」“斎藤まさし”氏のインタビュー

7/26の「日々坦々」さんのツイキャスでの“斎藤まさし”氏のインタビューは圧巻だった。
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2098.html
山本太郎氏と三宅洋平氏の「裏選対の最高責任者」と、週刊文春に書かれた斎藤氏のどこかグレーなイメージが、まったくの事実誤認であることがはっきり判るライブインタビューであった。
それどころか、まさに「日々坦々」の飛鳥麻憲氏の記したように、「斎藤まさし氏のように様々な修羅場と地獄をくぐってきた人の話はスケールが違う。ものの見方や考え方、視点、視座が表面的なものではなく、近視眼的なものでも勿論なく、歴史的な立体的観点で物事を考える事が出来、そしてそれを実行してきた、数少ない人だと思った」・・・、そのとおり数々の言説に圧倒された。
政治を変革する為の選挙というものの、あらゆる奥義を経験論的に熟知している稀有な存在であることが自明となった以上に、過去の実績から政治の元になる選挙の内幕を知るにつけ、これが隠れ政治史の姿であることも垣間見えて来る。
今回の参院選の山本太郎氏と三宅洋平氏の戦いぶりは、実は斎藤氏の提唱する「カンパとボランティアによる21世紀型市民選挙」の実践なくして成立し得なかったことがよくわかる。

以下のツイキャスの録画でどうぞ。


7/25 ①斎藤まさし氏インタビュー


7/25 ②斎藤まさし氏インタビュー


さらに、以下のページに、斎藤まさし氏の講演の文字起こしされたものがあるので参照願いたい。(日々坦々ブログにも掲載あり)思わず唸ってしまうほどの感服の知見である。
※本文を貼り付けるも、文字数オーバーで断念した為リンクに切り替えました。


    2002年5月18日
    <京都創政塾専門講座>~組織と選挙-市民の組織化~
    「カンパとボランティアによる21世紀型市民選挙のススメ」
    講演:市民の党代表 斎藤まさしさん

    http://ise.nahan.jp/kikou/2006/new0606-6.htm


【続】2013/8/27

a0282620_21186.jpg日々坦々ブログで飛鳥麻さん自身が、この2時間15分というロングインタビューのうち、最初の35分を文字起こしされた。ツイキャスの映像や音声はやや不明瞭なところがあるので、文字で読めるのはありがたい。
まあとにかく、驚きのスクープが続出するのでさすがに読みながら興奮するようなおもしろさだ。続編も期待したい。

「スクープ連発!斎藤まさし氏インタビュー書き起こし①「喜納昌吉は策士?あの加藤登紀子が…やっぱり飯田哲也か」など」
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2099.html

「総合累進課税」と「金融資産課税」で日本に革命(富の再配分)を起こしたい!斎藤まさし氏インタビュー書き起こし②
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2100.html


by martin310 | 2013-07-26 23:15 | 選挙関連

(米)通信会社は個人データ転売で荒稼ぎ(支払いは納税者)


通信会社は個人データ転売で荒稼ぎ #keizai #seiji (支払いは納税者)





(自動翻訳文字起こしより)

スノードン氏の告発は、米国政府の不当な監視だけでなく、インターネットと電気通信の巨大企業はこの助けを行い、納税者にからの荒稼ぎの機会に利用しています。

RTはこの監視料金表を調べてみました。

あなたが米国の納税者で、政府の捜索にどれだけ電気事業会社に払っているかの賛否はともかく、実際にいくら払っているかを知らないでしょう。
裏の世界の説明不要のスパイ活動として、政府は闇の予算を持っています。
法執行要求によりいくつか明らかにされています。
昨年の開示によると、米国巨大電気通信企業は政府へ請求書を、彼らは顧客と同じように送ります。いくつか取り上げます。

AT&T社は盗聴の初期費用に325ドル、そして一日あたり10ドル請求しています。
他の電気通信の大手ヴェライゾン社では、最初の月は775ドル、その後毎月500ドルかかります。
これらの数字だけでは驚かないかもしれませんが、盗聴コスト一件あたりで税金が平均5万ドル使われています。
監視範囲を広げることで費用もかさみますが、これらの数字は開示データに基づいており、スノードン氏以外の内部告発者からは米国国家安全保障局の秘密指令で盗聴活動を行い、正確にどれだけ光ファイバを盗聴し、アメリカと世界のデータ収集に費やしているか知りません。

しかし、NSAのデータ保管施設だけで17億ドルの費用をかけています。
ユタ州にあるセンターではすべての電子メール、ボイスメールや、ソーシャルメディア通信を保存可能です。
政府は明らかに公にこの詮索活動を議論することにはとても消極的です。
彼らはアメリカの安全維持のためと呪文のように繰り返します。

アメリカ市民がいわゆる安全性に支払う価格の詳細を知るにつれ、彼らはより慎重になり、最新の調査は世論に大きな変化が出ています。
3年前にアメリカ人の25%は政府の市民の自由を制限は行き過ぎと感じ、現在、アメリカ人の45%がそのように感じています。
知識とともに反対が増えています。
何も知らないことには反対できません。
ですから、政府はできるだけ国民に知られなくないように、これらの政策を実施していることは驚くことではないでしょう。

ワシントンからでした。


スノーデンの最新のリークは、とりわけマイクロソフトに焦点を当てています。
政府監視専用の裏口サービスへインストールした疑惑をもたれています。
これが事実であれば、マイクロソフトが否定しても政府へのデータ供与は事実になります。
政府はマイクロソフトに依頼する必要がないからです。

元CIA職員:レイ·マクガバン氏はまさにこれが問題だと指摘します。
何が起きたかというとアメリカ企業が―
ある形で政府に参加しています。
企業、米国政府、メディア、議会、司法がともに―
合衆国憲法を回避する共謀に参加しています。

通信会社は法律違反の懸念など全くありません。
彼らは保護されるということを知っています。
私たちはskypeで通信を行っていますが、同時放送でNSAの人々への挨拶をしましょう。
最新の明らかにされた事実として、音声のみではなく、画像も共有していると知りました。
NSAのモニターで見てているみなさんに "ハロー"と挨拶しましょう。


by martin310 | 2013-07-25 21:13 | 社会問題

【必見】ワイドスクランブル:山本太郎はやっかいな存在であり続ける


20130722山本太郎はやっかいな存在であり続ける 投稿者 bakaTepco15


なかにし礼氏の援護射撃に注目!
なかにし氏:
a0282620_8384679.jpg「でもね、僕は思うんですけどね、
国会議員の中で手を組もうなんてね考えない方がいいですよ。
もう、みんな汚れてしまっているから
申し訳ないけど。
もうがっさり云ってしまえば、みんな既得権益の中でからまってますからね
あなたが言うような形でなんか協力し合おうと思っても、みんな是々非々でね、
ここはいいけど、こっちはダメとかいうことになりますから、
あなたはひとりでやっぱりものを書いて、そしてね、言葉によって、
もう仲間をどんどん増やしていかなきゃダメですよ。
ね、言葉です。
言葉の力っていうものをこれからもっともっと持った方がいい
だから選挙というものは、ある種限界がある、
それで政治家の言葉、また官僚の言葉っていうものも、これ実は使い古されてて、
実は誰の耳にも入ってないんですよ。
だから、本当に生きた言葉でね、ものを言って、
そしてそれに賛同する人間て山ほどいますから、実は。」

by martin310 | 2013-07-24 23:51 | 選挙関連

またやってくれましたな「H25参院選比例得票とH24衆院選比例得票との比較(自民党)

またまたやってくれました、「Ghost Riponの屋形(やかた)」さんがまたも選挙結果の明快な解析をしてくれました。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11578454463.html

(東京都選挙区をモデルに)
今回の参院選の比例区での自民党の結果と、H24衆院選の比例区のデータをグラフ化して比較して見せてくれました。
んんっ、また都知事選のグラフと一緒のような、いわゆる“猪瀬パターン”が出現したようです。(笑)

いったいこの折線グラフの相似形どころか、形象一致スタイルというのは、どんなときも、都民の自民党支持者は常に一定の割合をキープしているという原理を表しているのだろうか?
摩訶不思議な現象である。

(以下、転載します)
※グラフはクリックで拡大できるページに飛びます。
a0282620_22402744.jpg


Ghost Riponの屋形(やかた)
元記事:H25参院選比例得票とH24衆院選比例得票との比較(自民党)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11578454463.html

自民党のH25参院選比例得票を、H24衆院選比例得票と比較してみた。
以前いじった衆院選の比例データを使用してます。
(参院ではないが去年の12月なので、比較には一番良いと思う)


東京都-H25参議院議員選挙投開票速報
http://www.h25sangiinsen.metro.tokyo.jp/sokuho/index.html

a0282620_2046150.jpg


H25参院選は、平均で10%増加していたので、H24衆院選を110%に変更したものと比較。
猪瀬パターンの再来か(笑)
なんだろう、この一致は・・・(都議選も一緒だった)

a0282620_20465126.jpg


得票数推移。
H17(2005)→減少→H21(2009)→減少→H24(2012)→増加→H25(2013)
衆院選後の地方選の敗けを考えれば、H24(2012)→減少→H25(2013)が正常と思う。
イカサマくさい点ね。

a0282620_20472649.jpg


地方選では自民党惨敗続き

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201307/article_7.html

a0282620_20475881.jpg


以上、H25参院選は、H24衆院より投票数が90万減ったにも関わらず、自民党比例は17万(10%)増加。
(10%も増加していないが、このパターンはH25都議選も同じ)
下駄をかましている可能性が高いに一票入れておこう。
H12(2000)を見ると、大した得票ではないね。(これが本来の姿では)
過去の参院との比較ではないので、比較してみるとまた別のことがわかるかも知れないが・・・
(とりあえずデータのあった衆院ということで)


a0282620_20481463.jpg

(転載終了)
a0282620_22402744.jpg


と、いうことで、H24衆院選での比例区のデータにおよそ10%増ししたのが、今回の参院比例の結果ということか?
得票総数からいうと、平均10.57%増ということになるが、まあ10%増しで計算しても、各選挙区で、あっても最大2千票くらいしか誤差がない。(数字がぴったりだともうヤバ過ぎるからランダムに誤差を設けているのかもと考えてしまう)

さらに、ピンクで色付けしたように、H21衆院比例と今回とを見てもらうとわかるが、得票総数で約3万3千票しか違わないかなり似通った結果が出ているところに注目してもらうと、あららどうでしょう?各選挙区の数字の近いこと近いこと・・・。
先頭の千代田区などなんと3票しか違わない。狛江市にしても17票だ。1万票クラスで17票しか違わないほど、狛江市の自民党支持者は政局が変わろうとも、候補者が違えども、社会情勢が変わろうとも、常に同じ人数を確保しているようだ。結束が相当堅いのだろう。(笑)

なのに、自民が大勝して政権交代した去年の12・16衆院選では、H21選から得票総数で14万票近く票を落としている。ということは、いったいどこの政党へその14万人は投票したのだろうか?
大勝したのに14万票も激減している。そして、それが今回復活した?
どういうストーリーだろう。「取り戻した」のか?

そいうもんなのであろうか?
ほんとにこの数字大丈夫なのだろうか?
羽村市などは最小の7千票くらいなのだから、再開票して確かめてみたらいいのにと思ってしまう。

あとは、これが全国展開するとどうなのかってことだな。
同じように10%増しなら、比例での議席数の見積りがあらかじめ可能だろうし、となると、もう実際の開票なんて不要になってるのかも。
案外、数字だけでいけるのではないだろうか?
いったいどこで集約して調整しているのだろう。

全国のどこかの選挙区で、数字が実際と違う、などというクレームがないのだろうか?
おかしなものである。
by martin310 | 2013-07-24 21:00 | 選挙関連

もうこうなったら『国民を守る為の政権獲得への統一行動』プランに賭けよう!?

ブログ「晴れのち曇り、時々パリ」さんの2013-07-22の記事に、大胆だがかなり示唆的な今後の野党結集プランが記されていたので、ここに転載させていただいた。
今回の参院選における結果から、国政の今後の悲惨な見通しや、そこからの打開策など、とても興味深いものがあるのでまずは通読していただきたい。


「座して殺されるを待つ」代りに、国民達は「殺される為に投票しに」行った。救国の政界再編が急務だ!
(元記事)http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/aeb3c18d34b0015068e5dc2bc2c0e0f2


参院選が五日後に迫った16日、拙ブログに書いた。

「殺されるか。」
「生き延びるか。」

と。
更に文末には、こう書いた。
日本国に於いて、国政選挙に「国民が殺されるか否か」が掛かった事が、有ったであろうか!?
驕る平家は亡びた。
驕り昂る安倍晋三は、果たして滅ぼせるのか。
我々、国民の1人1人の力の結集に、掛かっている。

と結んだ。

そして、2013年7月1日。
我が祖国の市民達は、座して殺されるのを待つ、愚かな事はしなかった。
驚いた事に。
彼等は「立ち上がった」のだ。
そして、投票所で「殺される為の選択」を行った。
恐るべし。
日本人は、決して<受動的>ではなかった。
実に<能動的>に行動し、自ら『死』を選んだ。

『原発推進』
『TPP参加』
『消費税増税』

『憲法改悪』
 「国防軍創設」
 「徴兵制導入」
 「軍事裁判制度導入」
 
 「人権抑圧」
 「個人情報の完全国家管理」
 「通信の秘密の否定」

 
その他数えきれない「反民主的独裁政権構想」を唱える『日本自由民主党』に、国民はフリーハンドを与えた。

「自民」+「維新」+「みんな」+「公明」=162・・・改憲発議を可能とする2/3を越える。
「公明」は、表面では憲法九条を守る姿勢を見せながら、結局は『連立与党』として自民党に歩調を合わせる筈だ。
これに加えて、「民主党」にも前原誠司を筆頭に改憲派がその姿勢を隠そうともしない。
そして、国民目線での政治を主張する「生活の党」や「社民」「大地」その他はゼロ。

日本国民は、殺される事に抵抗する代りに、殺す側を権力者に選んだ。
自らの意志で。
罪。

選挙前は、この惨状を有る程度予測していた私は、それほどのショックは受けなかった。
しかし他方、全力で選挙運動に邁進した生活の党の各候補者と、手弁当で応援に奔走した支持者達の努力を見聞きして来て、或は『大金星』もあり得るか、というほのかな期待も有った事を、白状する。


東京選挙区「丸山珠代」自由民主党、106万票で圧勝。
群馬選挙区「山本一太」自由民主党、58万票で圧勝。
大阪選挙区「東 徹」日本維新の会、105万票で圧勝。

福島選挙区「森 雅子」自由民主党、48万票で圧勝。
     「遠藤陽子」生活の党(推薦)、3万5千票で惨敗。
岩手選挙区「平野達夫」元民主党、24万票で圧勝。
     「関根敏伸」生活の党、9万票で惨敗。
新潟選挙区「塚田一郎」自由民主党、45万6千票で圧勝。
     「森ゆう子」生活の党、16万5千票で惨敗。
広島選挙区「溝手 顕正」自由民主党、52万票で圧勝。
     「佐藤公治」生活の党、17万7千票で惨敗。
千葉選挙区「石井準一」自由民主党、68万票で圧勝。
     「太田和美」生活の党、14万8千票で惨敗。
青森選挙区「滝沢求」自由民主党、26万票で圧勝。
     「平山幸司」生活の党、7万6千票で惨敗。
大分選挙区「磯崎陽輔」自由民主党、25万票で圧勝。
     「後藤慎太郎」生活の党(推薦)、13万7千票で健闘。


生活の党「全国比例区」もゼロであった。

「山岡賢次」 56372票。
「三宅ゆき子」38766票。
「広野ただし」35554票。
「藤原良信」 34568票。
「東祥三」  33146票。
「はたともこ」21441票。
『政党名票』723987票。
合計 94万3834票…1.8%


これで、「生活の党」は衆議院議員7名と参議院議員2名の、極小政党となってしまった。
この選挙結果を知ったとき、祖国の国民の選択に呆れ、怒り狂う気も起こる事無く、ただただ疲れが増しただけであった。
この事態の意味する所を、「自民」「公明」「みんな」「維新」そして「共産」に投票した人達は、気がついているのだろうか。
岩上安身氏の表現を借りるならば、新たな「戦前の始まり」なのだ。

第一次大戦後の好況から、満州事変へと突き進む「第日本帝国」の針路は、軍部に依る権力掌握と、国民への煽動とで急坂を一気に掛け下り始めた。

平成25年。
2013年の今、安倍晋三は公明党との連立によって、衆参両院に於いて絶対過半数を握った。

そして参院選から一夜明けて、すぐさま『集団的自衛権』の行使を巡って、「憲法改悪」の為の有識者会議が開催された。
一気呵成の独裁政権である。

大方の見る所、安倍晋三なる日本国内閣総理大臣は、憲法を読んだ事が無いらしい。
欧米で政治の中枢に関わる様な人物は、それなりの高学歴を有する。
あの「オバカ」のブッシュ・ジュニアですら、大学終了後に一応ロー・スクールに通ったらしい。
欧州では、極端な学歴格差の社会であり、支配階級は金に糸目をかけずに、子供に高度な学校へ入れる為に、頑張らせる。
例えば社会党や共産党の地方議員達は、労働者然とした人物が多いが、党中央の幹部達は最高学府を出た超エリートである。
世界中殆どの国々では、そのような政治家達が、政権を担当する。

日本の金持ち階級は、子供に楽をさせる傾向に有るのでは無いか。
安倍晋三の様に、平凡な私立の小学校から大学までのエスカレーターで、殆ど学問らしい学問は納めているとは到底思えない。
門閥と閨閥とで、将来は補償されているのだから、それで良いのだろう。
しかし、ハッキリ言って社会全般にかなりのレベルでの教養が無いと、国政等担当出来る訳が無い。
高学歴の官僚が、手玉に取ってやりたい放題になるのも、むべなるかなである。
それでも、自民党には「族議員」なる専門家達が居て、それなりに官僚達を抑える力が有った。
かって大平首相は早大卒と言う事で、なかなか総理の椅子までたどり着けなかったと言う。
それ外までは、二世議員、三世議員のオンパレード。
学は無く、教養は無く、プライドだけ高くて世間知らずのおボッチャマお嬢ちゃん達で、権力ごっこに明け暮れる時代となった。

社会の暗黙のルールを知らず、物事に畏れを知らず、単純な思い込みと勘違いとで方向を打ち出し、それを利用する官僚達に良い様にあしらわれて、日本の土台を揺るがす様になって来てしまった。
そんな「オバカ政治家」の独りよがりで、国軍を制定し、徴兵制を敷かれ、軍法会議で縛り付けて、集団的自衛権を行使しようとし始めた。
その間に、原発はフル稼働となるのだろう。
フクイチの収束には、徴兵された兵隊達が大量に投入されるのだろう。
その内、更なる原発事故が起こらないとも限らない。
その為にも、命令一つで大量に投入出来る「捨てる命」を確保しておく必要が有るのだろう。
その為には、徴兵制が敷かれるまでに兵員確保する為には、徴募に応じる階級を作り上げておく必要が有るのだ。
正規社員を減らし、非正規社員を今以上に増やして生活苦を作り出し、正規社員すら解雇出来る制度を導入して使い捨て、ワーキング・プアーを大量生産する。
片や、生活保護その他社会的保護の網の目をどんどん狭めて、生きて行けない階層を大量生産して行く。
「軍隊に入れば、衣食住の心配が無く、その上給料まで貰える」という勧誘に応じるしか他に生き延びるチャンスの無い国民を、大量に産み出して。
戦場に送られる事や、事故原発処理に送られる事を拒めば、軍法会議で極刑に処す。

何処と戦争するのかって?
それはアメリカに聞いて下さい。
今は、アフガニスタンから撤兵中。
その後の引き受け手が必要なのです。
パキスタンにもチョッカイを出してます。
これからシリアに、さらにイランにも。
ハイテクを駆使したバーチャル戦争モドキに、ますます移行するだろうが、最前線での地上戦は絶対に起こる。
そのようなケースで「アメリカの若者」の血を流す事は、米国民の大いなる批判を浴びる、頭の痛い問題なのだ。
そこで、「同盟国軍」が役に立つ。
いやなに、本物の同盟軍は直接の利害が無ければ、そうそう簡単には参戦してはくれない。
そこはそれ。
同盟国という名で呼べば尻尾を振って、何でも応じる日本人がうってつけ。

その間国内では、TPP協約が「日本国憲法」より上位に置かれる。
食料自給は完璧に破壊される。
そして、輸入させられる食料は、遺伝子組み換え食品や、それまで日本国内では認可されていなかった農薬をふんだんに使った、毒まみれ食品。
医薬品も、彼等に都合の悪いジェネリックは拒否されて、彼等に都合の良いジェネリックは強制される。
医療保険は国営の皆保険は否定され、外資の民間損保会社の「高額な医療保険」を強制される。
皆保険では無い以上それらは任意であり、保険料を払えない人々は無保険状態に置かれる。
盲腸の手術すら受けられず、死亡するケースが急増するであろう。
アメリカ並に。
郵貯や簡保は外資に買い取られ、国民の貴重な預貯金はそっくり海外法人の利潤として日本から送金されて、出て行ってしまう。
極端に言えば、日本語の仕様書すら禁止され、死後が準公用語扱いとなる。
一度食料輸入相手国が不作に陥れば、日本への食料輸出等ストップしてしまう。

このような、正しく『内憂外患』を抱えて、その頃日本人はどうするのだろう。
被曝が続く事で、極端に体力や精神力が削がれて、何が起ころうと対抗するどころか、反対の声を上げる力も残されていない、なんて事になってしまっているかもしれないのだ。
それでも、「放射線障害とは断定出来ない」「福島原発の事故とは因果関係は証明されない」といういつもの手で、補償はされず、自費での治療はママならず…。

そうなる事を危惧して、去る16日にブログを書いた。
『座して殺されるのを待つか、立ち上がるか』と。
そして。
結果は、一番恐れた形となった。
では如何にする。

いみじくも小沢は繰り返している。
「今回は野党が結束出来なかった」
「野党がまとまれば、ひっくり返せるのです。それが小選挙区制」
「もう一度、三年後までに新しい民主党を作れば良いんです」

この場合の野党とは、言うまでもなく。
「反原発」
「反TPP」
「反憲法改悪」
「反増税」
そうなると、生活以外には「社民」「大地」「風」「みどり?」しか残されていない。

勿論「民主党」の残存勢力の中の、リベラル派(もし居るのなら)を、勘定に入れなくてはならない。
その為には、民主党は自己批判と大手術が必要となる。
菅直人、野田佳彦、岡田克也、前原誠司、枝野幸男、安住淳一らを「除名」する事と、民主党が何故国民を裏切ったか、その理由を国民に明らかにして再度改心する所から、始まる。
考えてみると、それも無理な話だろう。
そんな事が出来るなら、もっと早くやっていてしかるべし、である。
ならば、弱小勢力の「リベラル勢力」総結集で、新風を巻き起こす必要が有る。
現有勢力は極小でも、各選挙区でしかるべき統一候補者を立てられるだけの、思想的全国展開を必要とする。
では、具体的にどうするか…。

社民党が、解党して新党に結集するとは思えない。
腐っても鯛、だろうから。
みどりの風は、谷岡代表が去って、もしかしたら考えを変えるかもしれないが、それでも簡単に小沢の下に集うとも思えない。
大地も同じ。
そもそも、亀井静香と鈴木宗男とは、小沢一郎と固く結ばれている訳でもなんでもない。
顔を合わせる機会があれば、しかるべき発言をするが、決して小沢と共同歩調を取ろうとはしなかった。
唯一「日本未来」の騒動の時に、亀井が加わっただけであって、それ以外は口先だけの共闘関係の如くに見えて仕方が無い。
とは言え、この二人は小沢を含めて新しい動きを起こすにあたって、かけがえの無い、影響力の有る人材である。
小沢の方は、自分から相手の懐に入り込む事は、何の躊躇も無い。
しからば、小沢一郎、亀井静香、鈴木宗男が協力出来る関係を作り、そこに福島瑞穂ガ参加出来る状況を作り出す必要が有るだろう。
しからば、フランス方式はいかがな者だろうか。
かってフランスは、保守系政党が乱立していた。
その間隙を着いて、分裂状態であった社会党を統合して権力を握ったフランソワ・ミッテランに対抗して、政権奪回を試みた保守政党は、それぞれの党は存続させたまま、大統領選のために「保守連合」を形成したのだ。
そのまま、シラク政権以降もその流れが変わらず、サルコジー政権まで『大統領与党への動き』と言う名の合同政党を造り上げたのだ。
その中に入らぬ保守派も、昨年のフランソワ・オーランド政権成立の選挙以前までは、連立関係が崩さなかった。

我々も、その手で良いのではなかろうか。
生活、社民、大地、風、そして沖縄社会大衆党など諸派を糾合して、「統一戦線」形式で連合する。
『国民を守る政権の為の統一運動』と言う様な名称だと、国民にも分り易いのではなかろうか。
小沢一郎は、かつて8党会派による「細川政権」を作って、自民党を下野させた如く、合意出来る政策に限って共同戦線を形成する事に、何の躊躇も無い。
社民党は、今回の参院選で生活と選挙協力する合意に達した筈であったが、結局新潟で森ゆう子を支える事が出来ず、独自候補を擁立してしまった有様である。
なかなか、飛び込んでこれらないであろう。
しかし、前回の総選挙と今回の参院選の結果を見れば、いつまでも独立路線を貫けるものでもない事ぐらい、理解している筈だ。
その社民党には、亀井静香がパイプが有るらしい。
その亀井静香は「風」の存続が怪しくなっている今、仲間と合同出来る機会は逃さないだろう。
そして小沢は鈴木宗男を口説く事は出来ない筈は無い。
この「三人+福島瑞穂」で本気で協力関係を結ぶ事は、今後の日本の行方を決める上で、必要不可欠では有るまいか。

しかし。
昨今の日本社会には「古い政治」に盲目的批判が起きる風土が有る。
少なくともこの四人組では、若者の支持者を集める事は、かなり困難であると思える。
そこで、誰もが納得出来る『実力有る神輿』を担ぐ事が必要だ。

誰?

勿論「山田太郎」だ。
彼以外に、そんな神輿は居ない。
しかし、党派に与せず若者層を中心に個人の積み重ねで、国会議員の椅子を射止めた彼としては、なかなか「ウン」とは言うまい。
彼の選挙運動を積極的にサポートした人達と、彼に投票した66万6684人の大半が納得するまい。
しかし、哀しいかな、どれほど実力が有ろうと、まともな発言をしようと、国会に於いて「一人」では、何も出来ない。
委員会の出席もままならない。
質問等も殆ど出来ない。
議案提出も出来ない。
どうしても、5名以上の会派を形成する必要が有る事位、山本太郎自身分っている筈だ。
そして、彼を「勝手に」推薦した生活の党とは、悪い関係では無かった。
三宅雪子と、森ゆう子と、はたともこと、共同街宣を行いそれぞれ良い関係を構築していた様に見受けられた。
パイプは既にある。
社民+生活+山本太郎で五人となるので、参院の会派が組める。

ここは、小沢一郎の出番だろう。
亀井静香も出張って欲しい。
福島瑞穂も、前もって合意して出て来てくれないと困る。
鈴木宗男も。
この4人に口説き落としてもらいたい。
新会派の代表は、あくまで「山本太郎」である。
傀儡の神輿ではなく。
山本のやり易い様に動いてもらう。
山本の考え、山本の行動様式に、制限を加えない。
ただ、国会内の魑魅魍魎と対抗する上で、小沢や亀井の力添えは不可欠である。
原発問題だけではない。
調査に依れば、全国会議員の74%が改憲に賛成らしい。
とんでもない時代になってしまった。
こんなご時世で、こんな国会の中で、現実に向き合い、国民の命と財産の為に働くには、小沢の智慧や経験、亀井の人脈などは、多いに必要かつ有用で有る筈だ。

後3年。
あっという間である。
その間に、憲法も原発も消費税もTPP も、総て通ってしまう事だろう。
その悪影響が最小のうちに、総てひっくり返す必要が有る。
それには、三年後の衆参同時選挙がタイムリミットである。
総選挙は、もっと早いかもしれない。
あの安倍晋三の突っ走り方を見ていると、必ずつまづくのは、眼に見えている。
景気も上手く行く筈が無い。
アメリカ様が、何時見放すか。
さすれば、後一年で総選挙という目だってあり得る。
一刻の猶予もない。
「国民の生活が第一」結党からすぐ総選挙に突入して、「未来」への合流等と言う計算違いを犯してしまった小沢一郎が、また準備不足で苦し紛れにヘタを打ってしまわないとも限らない。
反毒性政権としての、健全野党の結集は急務である。
そして、それはやはり小沢一郎以外には、成し遂げられない事だと思える。
国民の多くが、納得して支持出来る『受け皿』造りは、一刻の猶予もない不可欠の問題である。


『国民を守る為の政権獲得への統一行動』
代表、山本太郎。
副代表、福島瑞穂。
副代表兼政策審議会長、小沢一郎。
幹事長、亀井静香。
特別顧問、鈴木宗男。


この旗の下に、全国民を集結させよう。

決断せよ!



【参考関連記事】NetIB NEWS

参院選後の日本を動かす黒幕、マイケル・J・グリーンと言う人物(1)
http://www.data-max.co.jp/2013/07/24/j_2_nkt_1.html
by martin310 | 2013-07-24 11:01 | 社会問題