伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
最新の記事
18メートルの土留め柵工事の..
at 2017-03-24 13:42
しばし庭からご無沙汰していた..
at 2017-03-16 22:25
Robens の “Midn..
at 2017-03-13 14:22
[Camp] 新幕初張りキャ..
at 2017-03-10 10:16
[DIY] 木製ランタンスタ..
at 2017-03-06 14:37
[DIY] 木製キャンピング..
at 2017-03-03 11:16
18メートルの土留め柵改修工..
at 2017-03-01 19:37
18メートルの土留め柵改修工..
at 2017-02-25 13:57
キャンピングローテーブルを自..
at 2017-02-23 20:18
自然界の「火」の持つ神秘な力..
at 2017-02-20 22:43
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟かじかの里公園C
∟秋葉神社前キャンプ場
∟朝霧ジャンボリーC
∟西湖自由C
∟道志の森C
∟田貫湖C
∟駒出池C
∟デイキャンプ
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
フクタロウさん、コメント..
by martin310 at 19:09
初めまして。 以前..
by フクタロウ at 08:03
メッセージありがとうござ..
by martin310 at 23:37
動画見せていただきました..
by rinarina_216 at 22:47
そうなんですよ、サフラン..
by martin310 at 06:53
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


<   2013年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

これは凄い!迫力のトレーラーが都内を疾走・・・日本一おかき処 播磨屋本店


blog「千恵子@詠む...」さんより
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/4d8b146233b05c18ff5d7b249dece506

a0282620_2253946.jpg

これってなんと、せんべい屋さんのトレーラーらしい。
太郎ちゃんの街宣車にいいよね。
詳しくはここ。↓

日本一おかき処 播磨屋本店
http://www.harimayahonten.co.jp/

なかなかおいしそうなおかきがたくさんある。
とてもユニークな社長さんらしい。
なかなかな会社のよう。
なぜか、「熱風煎りコーヒー豆売り」を注文してしまった。

トップページにあるイメージより

a0282620_2261270.jpg


このスタイルでどんどんヴァージョンアップしたものを全国で走らせてもらいたいものだ。
これがブームになって全国のトレーラーに波及すれば、一大ムーブメントになるかもよ。
by martin310 | 2013-09-30 22:12 | その他

浮かれてる場合じゃない!「オリンピックというショックドクトリン~着々と進められる監視と情報統制~」


「ジャーナリスト堤未果のブログ」より
http://blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/68267556.html

「オリンピックというショックドクトリン~着々と進められる監視と情報統制~」
                         
a0282620_2040897.jpg ジャーナリスト  堤 未果


56年ぶりの、東京オリンピック開催が決定した。
祝賀ムードに加え、経済波及効果は3兆円に上るとの試算が打ち出されている。これについて大手マスコミの観測は楽観的だ。
4500億円の税金が投じられる東京オリンピックは、開催地の大規模公共事業を始め、国内外の企業群に大きなビジネスチャンスをもたらすからだ。
 
 その一つに、2001年9月の米国同時多発テロ事件以降、オリンピック時における費用が跳ね上がった警備関連業界にとっては、大きなチャンスとなるだろう。あれ以来「テロ対策」の名目で、公共輸送ルートを始め、空港、電車、検問所、地下鉄などの監視カメラや生体認証カードなど、開催地の警備は年々エスカレートしているのだ。

2000年のシドニー五輪で約300億円だった警備費用は、04年のアテネで1320億円にはねあがっている。地対空ミサイルが上空を狙い、軍艦が不審船を警戒し、街中では監視カメラや警官、密かに武装した民間警備会社員数百人以上が人々を監視した。
2008年の北京五輪では、約1兆3千億円が投入され、政府は北京市内に11万人を超える警察官、軍、特殊部隊を配置、この時は合計30万台の監視カメラが使われている。
911以降人口比監視カメラ台数世界一となったイギリスは06年に「オリンピック大会法」を制定。10年のロンドンオリンピックにおける武力鎮圧権限を軍、警察、民間公安企業に与えた。セキュリティの定義は平和的デモや組合活動などにまで及んだ事で国民から強い批判を浴びている。
ロンドンではさらに検問所における『人体スキャナー』や生物分析IDカード、顔認証CCTVシステム、新警察コントロールセンターなどが拡大され、街中に配置された兵士の数は約1万7千人。警備関連費用総額は約1849億円だった。
人々の恐怖と背中合わせの警備インフラは、かつて米ソ間で加速した終わりなき核開発レースと同様、危機を煽り続ける限り市場を生み出せる。
何も事件が起きなければこうした警備は評価され、テロが起き失敗に終われば、それもシステム導入の功績になるからだ。

そして巨額の費用が投じられた市民監視システムは、オリンピック終了後も開催都市からは完全撤去されていない。 

今月12年目を迎える、「911同時多発テロ事件」。あれから10年以上の月日が流れ、事件の真相は今も闇の中だ。なのに「テロとの戦い」はいまだに錦の御旗のように掲げられ、各国で警備業界を潤わせ、世界各国で政府による監視網拡大と情報統制を後押しし続けている。

7年後のオリンピック開催地となった日本ではどうだろうか。
開催地決定直前にIOC総会で安倍総理が公言した「福島第一原発事故」についての安全宣言は、今後国内で情報がどう扱われるかの懸念を抱かせる。
総理はIOC委員に向かってこう言った。
「汚染水はコントロールされている」
「健康問題については、今も現在も将来も、全く問題ない」
だが実際には原発建屋海側で汚染地下水が港湾湾内へ流出し続け、漏れた汚染水が土壌にしみこみ地下水に混じった可能性すらある。東京電力は会見で、総理の言葉を事実上否定した。

9月10日、首相官邸では総理の発言を受け、「廃炉・汚染水対策関係閣僚会議」の初会合が開かれた。そこで確認された方針は、国内外の英知の結集、今後福島第1原発で想定されるリスク洗い出し、徹底した点検、国際的情報発信の強化の四つだ。こうした方針はどれも、オリンピックに関わらず既に取り組まれているべきものだろう。 

オリンピック開催国は、どこも自国の恥を世界に見せないようにする。果たして日本はどうするだろう?安全だと言い切る総理の「国際公約」を有言実行するのか、それとも秋の国会で提出される「秘密保全法」で情報統制をはかり、なかったことにしてしまうのか。
7年後に続く二つの道。日本の選択肢を国際社会が注視している。

(週刊現代 10月5日号 「ジャーナリストの目」連載記事)

by martin310 | 2013-09-30 20:42 | 社会問題

これは必見だ!「知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区」特区とは全国展開と同じ。

かなり長い動画だが、興味のあるところを部分的にでも見ること推奨。
特に、最後のパネルディスカッション+質疑は興味深かった。


20130929 UPLAN 知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区


http://www.youtube.com/watch?v=j_hNv1V8qDM

知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区

【社会思想史研究会、アジア太平洋資料センター(PARC)、プロジェクト99%】

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)。日本は7月末に正式な交渉参加国になりました。農産品はもちろん、あらゆるモノやサービスで例外なき徹底した関税撤廃をめざすTPPは、私たちの暮らしに大きな影響を与えることが懸念されています。しかし同時にTPPは「秘密主義」で塗り固められていて、交渉の中身や日本が何を主張したのかすら明らかにはされません。このままでは、自由貿易が私たちの知らないところでさらに推進され、労働や環境などさまざまな分野におけるグローバル企業による収奪が起こりかねません。
一方、日本のTPP交渉参加とほぼ同時期にスタートしているのが、アベノミクス第三の矢と位置づけられている「国家戦略特区」です。国家戦略特区は、規制を取り外すことにより民間投資を増やし、国際競争力を強化して、日本を世界で一番ビジネスしやすい街にしようというもので、TPPの地域限定版と言ってもよいものです。
全国展開が基本の「国家戦略特区」は、区域限定を建前とした、TPPの既成事実化といった側面も持っています。いったい、いま、私たちの目の前では何が起ころうとしているのでしょうか。TPPと国家戦略特区を切り口に、規制緩和と国民生活の関係を明らかにし、今後、何をしていかなければならないのか考えます。

1.改めて学ぶTPPの基礎知識:安部芳裕(プロジェクト99%)
2.TPP交渉の現在:内田聖子(PARC事務局長)
3.アベノミクスの目玉「国家戦略特区」とは?:奈須りえ(前大田区議)
4.TPPと国家戦略特区の関連を読み解く:郭洋春(立教大学)
5.上記4人でのパネルディスカッション+質疑

by martin310 | 2013-09-30 20:26 | TPP関連

宇宙の使者との交流はなぜ、秘密にされ続けてきたのだろうか?「UFO遭遇と隠蔽」


ヒストリーチャンネルTV 古代の宇宙人シリーズ 「UFO遭遇と隠蔽」




ヒストリーチャンネルTV 古代の宇宙人シリーズ シーズン4

10:25~「現代においては、私たちの知らない、ごく一部の支配階級によって一般の人々には真実が伏せられているとも言われています。宇宙人が地球を訪れていることなど、大衆は知らなくてもよいというわけです。」サブリナ・マグリオット

16:16~ 宇宙の使者との交流は、一部の支配者層によって何千年もの間、秘密にされ続けてきたのだろうか。宗教と科学が出会った場所で、さらなる証拠が見つかるのではないか。そこでは真実を持て余していた。あるいは、否定しようとした、といわれている。

イタリア・ローマ、1600年2月17日、天文学者で哲学者だったジョルダーノ・ブルーノは異端の嫌疑により投獄され、ここで命を終えた。彼の罪状の一つが、「地球は世界の中心ではなく、宇宙の至る所に生命は存在する。」と主張したことだった。

「中世のカトリックは科学の進歩を妨げていました。ブルーノの言った、宇宙に生命体はいる、という概念も異端とされました。」セス・ショスタック
「ブルーノは宇宙人の存在を信じていました。バチカンはこの類のことを巧みに隠すことで知られていますが、これは2000年近くに渡って続いた教会支配のほんの一面にすぎないんです。」フィリップ・コパンス
「人は宇宙の中心に住み、頂点に位置する生物と考えられていました。」セス・ショスタ­ック

19:44~「過去にこうしたもみ消しの歴史があるために、現在においても異星人との­接触が実際にはあるのに、政府や科学界が一体となって隠しているのではないかとの疑いがもたれているのです。」サブリナ・マグリオット

バチカンも認める枢密文書館。ここにはどれだけの秘密が隠されているのでしょうか。

25:15~ アリゾナ州ツーソンの北東に位置するサフォードの郊外にマウント・グラハム国際天文台­がある。ここではローマ・カトリック教会が巨大な望遠鏡を使用して、夜ごと天を見上げ­ている。天文台はもう一つ、ローマにもあるという。何を見つけようとしているのだろう­か。

26:08~「天文台近くにあるサンフランシスコ・ピークスという山は先住民のホピや­ズニの聖地で、天空の人々が降り立ち、帰っていった場所といわれています。バチカンがすぐそばに天文台を建てたことは、一考に値します。ここは聖地であると共に、UFO多発地帯でもありますからね。」クリス・オブライエン

バチカンの苦境もさることながら、いまだ年季の入った知識の隠蔽の魔法が今も効いているようで、人間が思い及ばないことは存在しないと考える人が主流です。「宇宙人は存在するか?」ではなく、ちょっと想像力を働かせれば、私たちが宇宙の星屑からできていて、私たちは宇宙の一部、つまり私たち自身が宇宙人であるということが理解できるのではないでしょうか。
by martin310 | 2013-09-28 22:22 | UFO関連

こんな美しい大河のような霧の流れを見たことがあるだろうか?今宵は自然の織り成す神秘映像を味わおう!


Simon Christen の「ADRIFT」


※この映像は、フルスクリーン表示で見ることを推奨します。
(再生画面の下の『HD』右横のマークが、フルスクリーンの切り替えボタン)



以下は、Simon Christen のコメントより、自動翻訳したもの。
http://vimeo.com/69445362

a0282620_2291614.jpg私は "見えない海"をリリースし、私はあなたと私の最新のプロジェクト "漂流"を共有することに興奮し、誇りに思っているので、それは、ほぼ3年が経ちました。

"漂流"はサンフランシスコのベイエリアの霧にラブレターです。 私はソフトなミスト、カリフォルニア海岸の尾根と象徴ゴールデンゲートブリッジの間に魔法の対話をキャプチャするために2年間のためにそれを追いかけた。 "漂流"が生まれた場所です。

天候は霧が丘と橋の下に滑空するちょうどでなければならない。 私は一日に複数回天気予報、衛星画像とWebカメラをチェック関わった、撮影するためにドライブを作るための推測しようとするためのシステムを開発しました。 天気が有望に見えた場合、約2年間は、私はマリンヘッドランドへ車で45分でオフに設定、その後午前5時、再チェックウェブカメラに自分のアラームを設定します。

a0282620_2292976.jpg私は霧が、高すぎる低すぎる、または既に私がそこに着いた時点で消えていたことを見つけるために、暗闇の中で、多くの朝のハイキングを過ごした。 幸いなことに、かつての状況は完璧だろうと私は本当に何か特別なものをキャプチャすることができました。 漂流はマリンヘッドランドの尾根へのこれらの遠足から私のお気に入りのショットを集めたものです。
by martin310 | 2013-09-26 22:15 | YouTube

どうやら10月はたいへんな動きになるらしい。米国デフォルトでグローバル連鎖革命か?!

blog「日本と地球の命運」さんより
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/99.html

米国のデフォルトと日本などの世界金融恐慌
グローバル連鎖革命

2013.9.23

a0282620_13351090.jpg 米国では、悪名高い新自由主義の経済・社会政策を強行した結果、若者の37%が失業者で、失業・貧困によるFood Stamp(無料食券)受給者は農務省2012.6発表で4667万人に達した。これはスペインの総人口4450万人以上だ。一人当たり月平均受給額は132ドル(¥13,200)で、生存の脅威だ。5000万人が頻繁に食事を絶っている。これらを含めて、米国の貧困者は1億300万人であると、米国自殺防止局が発表した。資本制金権奴隷支配体制のTyranny=暴虐政治の結果だ。その上、借金の返済不能者の急増から、本来の奴隷制が復活して、NY州その他の州に女性の性奴隷を含めて約4000万人の男女の奴隷がいる。米国は世界最大の人権侵害国になっている。

a0282620_12131061.jpg 米財務長官Jack Lewは本年8.26に議会に「10月半ばに連邦政府のデフォルトが起きる」と通告した。本年5月に法定債務が上限の16兆3940億ドルに達して以来、政府は連邦国家公務員の年金基金の流用でしのいで来たが、それも行き詰った。FBI長官James Comyは、資金が出来ないと3000人の職員を2週間不払い休暇させると決めた。FBIは本年10.1の新会計年度開始で、連邦予算削減により2013-14会計年度の公務を中止すると決めた。犯罪が急増して、無政府状態になる。

a0282620_12132563.jpg デフォルトでドルと米経済は崩壊だ。1930年代恐慌期に約500万人が餓死したが、今回はその10倍以上になる。CIA特別作戦局長元代理のW.Boikinが予言したように、全米食料危機・ 生存の脅威から全米暴動、FEMAの非常事態宣言、内戦が起きると。それはオバマ政権打倒・新アメリカ革命に至る。
こうしたことの始まりは、911のブッシュ政権のInner job=自作自演によるデッチアゲ口実によるアフガン、イラクの侵略・占領で、万事はそれ以来パキスタン侵略、リビア侵略、シリア侵略その他の侵略政策がもたらした自業自得の結果である。米国のドルと経済の崩壊で世界金融・経済恐慌が起きる。米国からグローバル連鎖革命が起きる。

a0282620_12133982.jpg その上、世界最大の侵略的テロリスト国家USAが積み上げてきたカルマ解消が必然で、創造主らの地球大掃除により米東部、CA州、イスラエルの海中への沈没が起きる。
 米デフォルトで日本保有の2013.7現在の米国債1兆1354億ドル=113.5兆円も、通貨の円も紙切れ化す。米国と同様な情勢になる。日本人は、食料品その他の日常必需品の現物支給を無償で政府に実施させるため闘え。それが、天命に従って万事無償奉仕社会へ移行する突破口になりうる。
★ 万事無償奉仕社会を目指せとの 創造主らの天命を知れ


                         ★★★


「BenjaminFulford」blogより
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

米国ワシントンD.C.に迫る国内外からの強力な突き上げ

≪2013/09/24 VOL240≫

a0282620_12141052.jpgここ数年に亘り続いている世界の覇権争いが10月から重要な局面に突入する、と複数の情報源が伝えている。
中でも、世界銀行の元顧問弁護士カレン・ヒューズ(Karen Hudes)氏とペンタゴン筋は、来月中にもサバタイ派マフィアらの逮捕劇が開始されることを予測している。その逮捕者リストにはバラク・オバマやジョージ・ソロス、アラン・グリーンスパン、ブッシュ一族…等々が名を連ねているというが、その他にもサバタイ派マフィア幹部らを含む約4万人が世界各地で逮捕される見込みだと、同筋を含む複数の情報源は話している。

しかしながら、サバタイ派に対する逮捕劇開始の情報については、これまでにも幾度か伝えられては不発に終わっているため、実現されるまでは半信半疑の姿勢で状況を見守る必要があるだろう。ただし、多くの情報源の話からも水面下で何かしらの大きな動きが始まっているのは確かである。


【 アメリカ国内の動き 】
現在、複数の筋から『ペンタゴン正規軍やロシア軍、中国軍を含む38万人規模の多国籍軍隊が10月中にも米国ワシントンD.C.入りを果たし、2001年の911事件以降にサバタイ派マフィアらにより結成された傭兵軍を制圧して汚染されたワシントンD.C.の政治家を一掃する計画が進行している』との情報が寄せられてきている。


                         ★★★


blog「ザ・エデン」さんより
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1155.html

2013年09月25日
昨日放送されたインターネット番組「ムーパルチャンネル」で国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏が語った内容まとめ (貴重な情報がいっぱい)

国家非常事態対策委員会 9/24 2013



今年の10月中に、アメリカで革命、内戦が起きると言う情報が様々な所から来ている。
10月に入ってから、軍隊がワシントンに入って、政界を一掃するらしい。

アメリカでトラックの運転手のゼネストが10月11日~13日の間に予定されているが、その時に、大量のトラックがワシントンに突入される見込みらしい。

日本政府(自民党)が消費税を上げて、企業税を下げるという話は、アメリカのロックフェラーなどのマフィアに日本国民のお金を貢げと言う要請が来ているかららしい。
早く、この奴隷政府(自民党)を終わらせないと、大変なことになると深刻に語るベンジャミン氏。

新しく誕生するアメリカの政府は、一時的にペンタゴンによる臨時政府になる。
臨時政府は、中国と日本に和解を求める予定。
(中国と日本を戦わせようとしていたことを謝る)

六本木ヒルズにいるセファンド・ロスチャイルド、そしてピーター・ブリガーが日本に再び来たら拘束する必要がある。

また日本に対する核テロの脅迫がされているらしい。
ベンジャミン・フルフォード氏の元に、日本に対する核脅迫がいっぱい来ているらしい。
(いつものマフィアグループ、ロシア、イタリアの秘密結社フリーメーソン支部「P2ロッジ」
、アメリカのマフィア連中から脅迫メールが来たらしい。こういった脅迫を送るのは、実際にフクシマ原発を爆破した連中で、今連中は、追い詰められているから要注意な時期とベンジャミン氏語る)

FRB(米連銀)は倒産している。FRBはなくなるらしい。

ドイツは今、米連銀と喧嘩している。米連銀に預けた300トンの金を返せと言ったら、米連銀はその金がないと言った。怒ったドイツ政府は、軍事ヘリコプターをフランクフルトのアメリカ領事館に飛ばして、騒動を起こした。(米連銀に対しての宣戦布告)
日本の無能奴隷マスコミは一切この情報を流さないが、ドイツの新聞でいっぱい報道されているとベンジャミン氏は熱く語る。

最近大手マスコミが報道しているケニアでのテロ(ショッピングモール騒動)、このテロを起こした人間達のオーナーは、イスラエル人のフランク・ローリー
a0282620_12142850.jpg

フランク・ローリーは、911自作自演テロ計画に参加して大儲けした人間だとベンジャミン氏語る。
(※ラリー・シルバースタインと共に大儲けしたらしい)
a0282620_12143742.jpg

このケニア事件は、モサド(イスラエル諜報機関)とユダヤマフィアが引き起こしたものだと思った方がいいらしい。
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/09/blog-post_23.html
この連中は、世紀末思想を持っていて、どうしても旧約聖書の世紀末戦争を引き起こしたくて、わざとイスラム教徒とキリスト教徒の間に問題を起こしているとベンジャミン氏語る。

アメリカ軍の中にいる一番洗脳された人でもシリア騒動で目が覚めた。
アフガンではアメリカ軍はアルカイダと戦っているのに、シリアではアメリカ軍は反政府勢力(アルカイダ)を支持していると言う矛盾に気づいた。

エジプトのモルシ前大統領は、八百長選挙で権力を手にしていた。

21年間、世界銀行の一番上の顧問弁護士をやっていた人物(カレン・ヒューズ)と会話したが、世界の金融を支配している連中は、第三次世界大戦を起こそうとしていたと聞いた。
こういう内部告発がどんどん出ているのに、日本のマスコミは報道しないのでベンジャミン氏怒っている。(スノーデンは偽告発者なのに、あんな奴を報道しやがってとベンジャミン氏は怒る。またベンジャミン氏は、自分をテレビに出さないことも怒っている)

ベンジャミン氏、「イランは核兵器いらん<イラン>と言っている」とダジャレを言う。
イスラエルは化学兵器や核兵器を持っているのに、それについて新聞は述べないと言う所でベンジャミン氏のスカイプの様子がおかしくなる
(※動画23分39秒あたり)
これについて、妨害電波ではないかと言う意見が、ベンジャミン氏の知り合い総裁から言われ、ベンジャミン氏も「おい、モサド(イスラエル諜報機関)のみなさん、早く日本から逃げろ! もうお前たちに居場所はない」と挑発。
マイケル・グリーン! モサドのトップ! なんでお前、僕と直接話そうとしない!? 」とさらに挑発。
a0282620_12144735.jpg

もうすぐこいつら逮捕されるともっと挑発。

アメリカ第七艦隊は、シオニストのマフィアから日本を守ろうとしているらしい。

新聞は報道していないが、ワシントンに暴走族100万人が突入したらしい。


2 MILLION BIKERS RALLY INTO WASHINGTON, DC Remembering 9/11 (FULL) 9/11/13

by martin310 | 2013-09-25 12:24 | 時代の真相

これは凄い!HAARPが気象兵器であり、ハリケーンや地震をも引き起こすことが可能と明かしている。

THAT'S IMPOSSIBLE #6 気象兵器


ヒストリーチャンネルTV SFが現実になる日 #6気象兵器
http://www.youtube.com/watch?v=6lxXh5fEPyI

※この番組の文字起こしのダイジェスト版をつくってくれている。
blog「ドキュメント鑑賞☆自然信仰を取り戻せ!」さんの記事
That's Impossible! SF世界が現実になる日☆Weather Warfare気象兵器より
http://poyoland.jugem.jp/?eid=726
(気象兵器と人工地震についてのあたりのみ抽出)

ソビエトは気象兵器の使用を否定したが、それは予想されたことだと言う人もいる。
NOAAの一部門、国立気象局に所属する専門家たちは、ジェット気流の異常を説明できていない。
予測不可能な自然現象だった可能性もある。
しかし1992年の2月になり、アメリカが奇妙なアンテナ群の建設を始めたのは、これと無関係ではない。
アラスカ州Gakonaに位置するHaarpだ。
Haarpは高周波活性オーロラ調査プログラムの略語で、空軍と海軍、それに多くの研究機関が協力している。
世界最大級の放送局だが、発信しているものは人間の耳では聞き取れない。
トップ権を有する独特の性能で、アンテナから発信されるエネルギーを集約して、大気圏の上層部である電離層に送り込む。
Haarpは高さおよそ22mのアンテナ180本が集まり、1本の巨大な操作可能なアンテナとして機能する。
この場合の操作とは、何百万ワットに及ぶ超低周波を地危険のある領域に集約させることを意味する。
a0282620_22125321.jpg

Smith「ここで話題にしているのは、360万ワットもの電力。
北アメリカ最大のAMラジオ放送が5万ワットであることを考えれば、どれほど大規模か分るだろう。
つまりHaarpはラジオ局の72倍に相当する電力を直径およそ19km、厚さおよそ4kmにわたって高度145kmの上空に放っているのだ。
Haarpが発信しているのは、アンカレッジからおよそ480kmの位置。
アメリカ軍はHaarpは電離層の物理的、電気的な特徴を民間利用、及び防衛目的で研究しているにすぎないと説明する。
しかし別の説が浮上している。
Haarpによって照射される高いエネルギーが、大気圏を熱し、異常気象を起こしているのではないかというのだ。
「Haarpが天候の操作に使われているのは、軍の記録から分る。
文書では記しているのに公では否定している。」
a0282620_2213715.jpg

Agnew博士は超低周波を30年にわたって研究してきた。
その博士がHaarpが電離層に影響を及ぼすことで、天候を変えられると認めている。
「Haarpはジェット気流に直接作用しないが、間接的には可能。
電離層を外側へ押し上げれば、その下の成層圏も隙間を埋めるために上昇するからだ。
成層圏が上昇すれば、ジェット気流もつられて動くので、大気圏を移動する雨雲のコースが何百kmもずれる。
Haarpが大気圏を操作する仕組みを実験で確かめよう。
a0282620_22131871.jpg

Agnew「これは雨雲発生器。
超音波噴霧機は雲の中にあるのと同じ水の分子を作りだす。
容器の中がごく小さな水の分子で満たされてゆく様子が見える。
水蒸気で満たされて、底面に水滴が溜まりつつある。
高度15000mの上空に浮かぶ雲の内部はちょうどこういった感じ。」
雨雲発生器の底に、超低周波発生器を備え付けるAgnew博士、Haarpのミニチュア版だ。
「わずか100ワットだから安全。」
博士が超低周波発生器を生成した小さな雲に向けて放射すると、雲は容器に充満していた水分を伴って上へと移動しはじめた。
「かがむとアンテナの上にはっきりとした層ができていると分る。
Haarpと全く同じように、このアンテナは水の分子を押し上げている。
この実験では、アンテナより上へ雲を押し上げただけでなく、雲が容器からほとんどなくなった。
Haarpの働きもこれと同じ。
水の分子を電離させ、宇宙空間へ押し上げる。」
a0282620_22133243.jpg

地球上にはHaarpの他にも低周波発生器がいくつかある。
アメリカはその内の3つを運営している。
アラスカ州のGakonaとFairbanks、プエルトリコのAreciboだ。
ロシアがVasilsurskに1基、EUがノルウェーのTromso近郊に1基所有している。
各国の発生器を連動させれば、世界中のどこであろうと、気象変動を起こすことが可能。
ジェット気流のコースを大幅に変え、豪雨や干ばつを発生でかもしれない。
ハリケーンを動かすことさえ可能だろう。
a0282620_22134412.jpg

大気圏を熱して高気圧の領域を作り、ハリケーンの進路をそらすのだ。
アメリカ政府はHaarpは研究施設であるという見解をかたくなに貫いている。
では、Haarpが稼働し始めて以降、一部の専門家が大洪水、ハリケーン、地震といった奇妙な異常現象を報告しているのは単なる偶然だろうか。
a0282620_22135493.jpg

Haarpの稼働は1994年に始まり、建設は2007年まで続いた。
現在世界の5ヶ所に電離層を熱する施設があると報告されている。
他にも電離層を加熱できる装置が20基ほどあるのではないかとも言われている。
それらが気象兵器として使われたという確固たる証拠はないものの、電離層に影響を及ぼすことは可能。
2001年12月、カリフォルニア州エイムズ研究センターである発見があった。
100を超えるマグニチュード5.0以上の地震を調査するうち、そのほとんどが電離層での電波妨害が観測された後に発生していると分った。
a0282620_221458.jpg

Agnew博士は1980年代に超低周波のパワーを体験している。
あるエネルギー企業に委託された、特に値の低い低周波を使って石油と天然ガスの埋蔵地を探していた時のことだった。
地球断層撮影法という方法だった。
博士はその時体験した現象について、Haarpと似た、この低周波発生装置が地震を誘因したと信じている。
a0282620_22141627.jpg

「1987年春、オレゴン州のRoseburgに到着し、石油と天然ガスを探して低周波発生装置を使った。
しかしその日は予想外の結果に終わった。
装置を作動させた瞬間に、マグニチュード4~4.5の強めの地震が発生した。
私達は装置が及ぼした影響に驚いた。
そこは太平洋岸北西部で、大規模な断層があり、地震が頻発する地帯。
そこで装置を作動させたところ、地震が起きた。」
では人工的に地震を起こす方法とは?
「これは当時調査した場所の縮尺模型、1987年に石油と天然ガスを探査した時の状態を模してあり、地下のここに断層がある。
石は断層が地底にかけている圧力を表している。
ここに向けて超低周波を発すると、それが地震を引き起こす。」

by martin310 | 2013-09-23 22:20 | 時代の真相

鬼気迫る山本太郎の訴え!【反TPP・反秘密保護法!】山本太郎「全国街宣キャラバン」スタート

山本太郎「全国街宣キャラバン」渋谷ハチ公前 2013年9月22日



〈山本太郎・全国街宣キャラバン第一弾スケジュール〉

a0282620_6512587.jpg◆22日(日) 渋谷
・16:30~17:00 ハチ公前

◆23日(月) 大阪
・16:00~16:30 難波・戎橋周辺 (高島屋前 or 御堂筋apple store前 or 御堂筋日本生命ビル前 )
・18:00~18:30 梅田駅周辺(ヨドバシカメラ前)

◆24日(火) 名古屋
・12:00~12:30 名古屋駅前
・17:30~18:00 栄(テレビ塔南側噴水(希望の泉)前or三越前ライオン前)
・19:30~ VIO イベント(新栄)栄より歩いて10分~15分

◆25日(水) 京都
・12:00~12:30 京都駅前(京都タワーホテル前)
・14:30~15:00 四条河原町駅丸井前
・17:00~17:30 京都市役所前(河原町御池交差点北西)
・19:00~19:30 四条河原町駅丸井前

◆27日(金)
・12:00~12:30 大宮駅西口デッキ
・14:00~14:30 川口駅東口
・17:00~17:30 川崎駅東口
・19:00~19:30 横浜駅西口

◆28日(土)
・14:30~15:00 津田沼駅
・16:00~16:30 JR船橋駅
・17:30~18:00 JR千葉駅クリスタルドーム前

by martin310 | 2013-09-23 06:52 | 社会問題

ヒストリーチャンネルTV 古代の宇宙人シリーズ #19 「宇宙人と聖地」

ヒストリーチャンネルTV 古代の宇宙人シリーズ #19 「宇宙人と聖地」


http://www.youtube.com/watch?v=jstQxM26r-E

「聖地とは、人類が神を崇めた場所なのか?それとも古代の宇宙人と接触した場所なのか?エルサレムの神殿の丘は天上への入り口だと言われてきた。イスラム教の聖地メッカの神殿には、天から降ってきたと信じられているブラック・ストーンが奉られている。そして、レバノン・バールベックの神殿は、離着陸場のような巨大な石の構造物の上に建てられた。人類はこのような聖地で神と交わったのか?それとも、古代の宇宙人と接触していたのか?」


まさにETの介在なしには、このような歴史的建造物や宗教の形式、聖典などは出来ようがないだろうというのがよくわかる番組だ。
まったく人類にとって「宗教」というものは、何故に生み出されたものなのだろうか?
まあ、それが漸く馬鹿げたものであることがよくわかる時代になったものだと思う。自分というものを帰依という信仰によって見失わせ、未知なる幻想の力に明け渡すことで利を得ようとするもので、逆に最も人心をコントロールし、支配しやすい道具を拡大する手法であることは言うまでもない。それが戦いを生み出し世界を荒廃させるに容易い武器となる。
宇宙からの置き土産とそれを地上で仕組む者、その人心掌握システムを利用して世界を支配する者、また、この宗教によるマインドコントロールシステムを他の分野でも利用し、様々ないわゆる陰謀の数々が積み上げられて来たのが、この我々の知る限りでの人類史ではないのか。
まあ、古代から実に永きにわたり、我々はそのあいだいくつもの転生を繰り返す中でも、この騙しに騙され続け、殺しに殺され続けて来たものだと、つくづく思うものだ。そのような積み上げられた転生のカルマを、この時代で解消する為にも、過去の人類史の真実を知ることが是非とも必要となるだろう。デスクロージャーの時代とは、そういう意味なのだと思う。「開示」される時だ。

by martin310 | 2013-09-20 22:06 | 秘史探求

これは興味深い番組だ。 「テンプル騎士団からフリーメイソンへ受け継がれた古(いにしえ)の秘密」

テンプル騎士団からフリーメイソンへ受け継がれた古の秘密


http://www.youtube.com/watch?v=A4QJn_hDOuQ

ヒストリーチャンネルTV 聖杯伝説の謎

コロンブスがアメリカ大陸を発見する前に、すでに多くの者たちがアメリカ大陸に渡っていた。フェニキア人、スカンディナビア人、アイルランド人、ウェールズ人、ブルターニュ人、バスク人、ポルトガル人。

スコットランドのロスリン(チャペル)の王子ヘンリー・シンクレアもその中の一人だった。そのことはフレデリック・J・ポールによって書かれた稀こう本『王子ヘンリー・シンクレア1398年新大陸への航海』のなかに述べられている。シンクレアの航海のパートナーはヴェニスの黒い貴族・ゼノ家のアントニオ・ゼノであった。

二人は現在、ニューファンドランドと呼ばれている地域に上陸し、1938年にはノヴァスコシア(ニュー・スコットランド)に到着した。アントニオはノヴァスコシアのピクトー群のピッチ帯(現在のニューグラスゴーの近く)について、手紙の中で詳しく述べているが、それは事実にぴったりと一致している。シンクレアは続いて、現在のニュー・イングランに上陸した。

マサチューセッツ州ボストンから40キロ行ったところにある町ウェストフォード。その「見晴らしの丘」と呼ばれる場所で、岩場の間から剣を持った甲冑の騎士の彫像が発見されている。ケンブリッジ大学の考古学・民族学博物館キュレーター(学術専門家)のT・­C・レスプリッジは、「その武器、甲冑、紋章は、j4世紀、北スコットランドの騎士のものであり、オークニー伯であった初代シンクレアのものに酷似している。」と言っている。

ブラザー・フッドはアメリカ大陸のことを何千年も前から知っていた。クリストファー・コロンブスは、公式のアメリカ大陸発見」物語を作り上げるために利用されたに過ぎない。アメリカ大陸の占領を大ぴらに開始するためにだ。これがことの真相だ。」デーヴィッド・アイク著『大いなる秘密(上)』

ちなみに、コロンブスの中心的支援者はバビロニアン・ブラザーフッド・ネットワークの二人の高位階者だった。その一人がロレンツォ・ド・メディチでメディチ家はヴェネチア最強のレプティリアン一族である。もう一人はレオナルド・ダ・ヴィンチ。彼はシオン修道院のグランド・マスターだった。

「新世界への扉を開いた冒険者たちは、すべてマスタープランに従って操作されていた。彼らは発見者というよりむしろ、「再発見」の任務を与えられたエージェントたちであった。これらの勇敢な冒険者たちについては、その出自、生活、性格、考え方など、重要なことはほとんど何も知られていない。彼らの生きた時代には多くの歴史家や伝記作家がいたが、彼らについては、ただ口をつぐむか、無条件にほめたたえるかのどちらかだった。」マンリー・P・ホール(『大いなる秘密(上)』p435文中から引用)
by martin310 | 2013-09-19 22:29 | 秘史探求