伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-08 15:24
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-04 13:45
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-02 16:45
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-27 16:39
我が家の“ほったらかしブドウ..
at 2017-08-25 11:29
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-20 19:41
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-08-18 11:45
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
*キャンプ
キャビン
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

[DIY] キャンピングシェルフの自作。ロースタイルに合わせたリビング空間に最適化。


a0282620_18453153.jpg


キャンプで、タープ下のリビングに棚が欲しくなるのは、単に物が多くなるからの理由だけではなく、テーブルやチェアーを囲むように壁的な空間をつくりたいことからでもあります。
その棚の上に並ぶものたちの様相でも、キャンプリビングの雰囲気はがらっと変わるので、高さのある棚の存在はけっこう大事だなと思っています。


a0282620_18461601.jpgそこで、今までこんないわゆる“コーナンラック”の
3段タイプを2台並べて棚にしていたのですが、
これはどうも形的には縦の線が強く、
何となく不安定な感じになり、
より横長のすっきりしたラインに物が並んだ
スタイルにしたいと思い、
新たに棚を作ることにしました。



a0282620_18462015.jpgいろいろおしゃれなキャンプサイトをググってみると、こんな風なアイアンレッグとウッドの棚板の組み合わせの収納棚が目を惹きました。
構造は単純ながら、なかなか形はスマートで美しく、それに組み立ても収納も簡単そうなので、即この形にしようと思いました。
ただ、アイアンレッグという鉄棒を溶接した脚を作ることは出来ないので、自分流のオール木製のスタイルで作ることに。


a0282620_18462425.jpg

で、いつものようにさっそく図面上で形の決定と、実作の寸法を決めていきました。
棚板と棚板のあいだの空間に、置こうとしているものたちがうまく収まる寸法が必要です。それに、棚板はもっとも軽量な「ファルカタ集成材」を使うので、そのサイズに合わせたデザインで全体の大きさを決めていきました。
アイアンレッグの代わりに、角材と丸棒を使って同じようなものを作製しています。


a0282620_18454180.jpg

これがアイアンレッグならぬ“ウッドレッグ”ですね。
この2本の丸棒の隙間がポイントで、ここに棚板が入って、脚がやや斜めになると止まるようになる訳で、組み立てはこのままで、他に固定するものはありません。


a0282620_18455009.jpg

一発勝負で、組み立てて棚板を通してみましたが、なんとかうまくいきました。
脚の奥行きが30センチ弱しかないので、前後に倒れやすいのではないかと危惧していましたが、案外大丈夫そうです。
もっとも、実際のキャンプ時には足元をペグで固定するつもりではいます。
なにせ、風には充分悩まされましたから、念を入れて望まないと倒されますからね。


a0282620_18455764.jpg

そして、全体をブライワックスの“ラスティックパイン”でオイルフィニッシュしました。
真横からはこんな感じになりますが、如何にも作りは華奢ですね。棚板も薄いので、反りに弱そうだし、あまり荷重を掛けられるつくりでもないので、現場で使ってみて不具合があれば、また再製作するかもしれない雰囲気です。


a0282620_18460467.jpg

収納にかけてはこんなにコンパクトになり、しかもかなり軽量なので文句なしなのですが、耐久性などは問題外ですから、何回使えるかですね。
まあ、制作費は5千円でおつりが来るくらいですから、またバージョンアップ品を作ってもいいか、というところです。

午後は雨が降って来たので、まだ他にもDIYするものがあったのですが、今日のところはこのキャンピングセルで仕事仕舞いです。


a0282620_18461376.jpg


by martin310 | 2017-04-27 18:53 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)

強風の夜のリベンジに、翌日はゆったりまったりランチまで。

―奥大井・八木キャンプ場③―

a0282620_10253454.jpg


一夜明けた翌日は、朝から風もないとてもいい天気でした。
朝方はさすがにまだ肌寒いので、朝食こそ幕内で済ませましたが、その後はあまりに晴々と気温も上がって来たので、昨晩の強風との無惨な敗退のリベンジに、もう一度タープを張って仮のリビングを再設営しようということになりました。

それは、近くの集落に住む、このキャンプ場の管理人のおじさんが、親切にも、
「どうせお宅らだけだから、何時まで居たってかまわんよ。一日居てもいいから」
のお言葉に甘えて、昨日の分を取り返そうと、お昼もここで食べていこうということにしたからです。
(なにせ、完全貸切、今月からのオープンだったのですが、今までにキャンプした組は、我が家を入れて全21組だそうで、今回の我が家の札は、その21番でした)


a0282620_10255334.jpg


そんなわけで、のんびりと朝食後は、わんこと散歩したりして過ごし、ぼちぼちとタープ下のリビングを再設営しはじめました。
必要最低限のものだけを、テントや車の中から移動させ、簡易なランチスペースを作りました。
(昨晩は、これにまだまだ倍くらいのアイテムがあったのですが)


a0282620_10255768.jpg


再設営した訳には、せっかくの自作キャンプ道具が全然画像に登場していないこともあり、しっかり機能している風を記録しておきたかったからでもあります。

ではでは、まず最近の作で、出来立てほやほやの初参加の“ウッドポール”からです。

a0282620_10253956.jpg


こんな風に、オリジナル焼印風ロゴも付いて、それらしい雰囲気でタープを支えています。
ちなみに、昨晩の恐ろしい突風には、弾き飛ばされた口なのですが、まあ、なんとか今日も使えています。
風に煽られているときは、もしや折れてしまうんではないかと心配だったほど、それほど強度は期待出来ない感じでした。
まあ、木という材質のあたたかさと、タープとの色合いとの相性で使っているようなものですね。


a0282620_10254812.jpg


このウッドポール、テントの接合を考えて敢えてハイスタイルの長さにしたので、単独でこうやってタープを張ると、なんだか背が高過ぎて、ムササビタープのそのムササビの飛んでいる姿とはほど遠い、ちょっと間抜けな形になり下がってしまっていますね。
片方を900ミリ程度のポールにして、改良する必要があるようです。


a0282620_10254346.jpg


それから、“折りたたみウッドテーブル”も立派に機能しています。
これにも、オリジナルロゴが光ります。(自画自賛)
やはりキャンプ・リビングに、木のテイストがあると、なかなか柔らかみとあたたかさが出ていい感じになります。
今回、鉄製の“ GRILL STAND”も登場させましたが、そのブラッキーな鉄の質感と、このウッドのコントラストがサイトを引き締める感じでしょうか。


a0282620_10260189.jpg


行きの道すがら立ち寄ったショッピングモール内にあるこじゃれたグッズを扱っているショップで、この透明ドリンクサーバーを衝動買いして来ました。
見た瞬間、設営で汗をかいた後は、このジャグでレモン水を飲んだらきっと旨いはずと思ったからです。
実際、やってみたら思ったとおり、爽やかでおいしかったです。
ちょっと奮発してレモンが厚切り過ぎましたが、まあ、その分、味は濃く出ていたようです。
この小さなステンレスのコックがかわいい。


a0282620_10260647.jpg


“ GRILL STAND”の上ではご飯を炊いて、蒸らしているところです。河原の小石で蓋をおさえるという小技を使ってます。
カセットガス缶のCB缶には、自作のカバーが被せてあります。
それと、左の小物が入ったグリーンの金属バスケットもお気に入りです。
右端にはSTANLEYの“クラシック真空ボトル”があります。これも新入りグッズで、お湯を沸かしても溜めておくものがなかったので、1.89Lというのでやや大き目のものを選びました。
でも、実際はけっこう大き過ぎて、魔法瓶を片手で持つというほどの重さがあります。


a0282620_10261152.jpg


これはスキレットでチキンを焼いているところです。
昨日の晩のメニューのひとつだった鶏肉の炭火焼きが出来なかったので、これもランチ用に焼いてしまおうというわけです。
後ろの小さい方の“ GRILL STAND”の上にあるのは、これも新入りのアルミのティッシュボックスです。
出来るだけ全体の雰囲気を壊さないように、カバーでカバー出来るものは被せたり、入れたりして見え方を変えるといいようです。


a0282620_10261540.jpg


実は、昨日の晩は純然たるカレーでした。そう、キャンプと言えばカレーということで、オーソドックスでシンプルな「家のカレー」にして、その残りをこの日のランチにいただいてしまおうということです。
ご飯は意図的に“おこげ”を狙って、そのとおりおこげ付きです。
チキンもサラダも簡単なものですが、これがキャンプサイトで食べると抜群に旨いのですから不思議です。
お腹も早々にすくし、食べてもいつも以上の量をぺろりと・・・。

自然の中でのお食事の実に旨いことといったらと、
帰りの車中ではお腹が妙に膨れているのに気がつきます。


a0282620_10262084.jpg


そんなこんなの重労働キャンプでしたが、終わってみるとまた行きたいのですから一種の中毒でしょうか。
山も川も空も、ただ眺めているだけで満ち足りて来ます。
日常を離れて自然の場に身を置く、しかも快適な空間に・・・。
これはやめられませんな。


~おしまい~


by martin310 | 2017-04-25 10:35 | ∟奥大井・八木C(3) | Comments(0)

強風去ってやっと“まったりタイム”。これがなければキャンプは苦行だ。

―奥大井・八木キャンプ場②―

a0282620_14065137.jpg


陣幕もタープももぎ取った、あの酷い風は夜半、9時をまわるとぴたっと止んでしまいました。
幕内にキャンプ道具を移動させて、食事を細々としている間にも、突風でテントの幕が内側に膨らむようにびりびり揺れて、思わずポールを抑えるシーンもありましたが、その後は気がつくと無風状態・・・。
あまりに極端な自然の采配に、ただただ手玉にされるだけの二人と一匹キャンプでした。

前回の“秋葉神社前キャンプ場”のときと同様、今回の“八木キャンプ場”もまた、完全貸切状態となり、この広い河原には、管理人さんもいない、まったくの我が家だけの空間となりました。
夜は、ただただ川の瀬の音が響いているだけで、車の音も、人の声もまったくしません。
小用に幕外に出ると、囲まれた山のあいだの空に夥しい数の星がきらめいていました。

到着してから、長時間にわたる休みなしの設営や風との苦闘の末の疲労と、食後の満腹感、それにこの日やっと訪れた“まったりタイム”で、深く腰掛けたローチェアーから動けなくなりました。
まさに嵐が去った後だけに余計に、この静寂と安心感の中でのキャンプの夜が、いっそうありがたきものに思えたものでした。
人間には、この静かな環境と安堵感、そして満たされた幸福感がなにより必要なものだと、あらためて感じ入った次第です。


a0282620_14065663.jpg

翌朝は、陽が燦々と降り注ぎ、芽吹きはじめた若葉が美しく透き通るように輝いていました。前日は、まったく辺りを見回す余裕すらなかっただけに、妙にこの地が魅力的に見えてきました。さあ、ゆっくりと朝食タイムです。


a0282620_14071954.jpg

外はまだ肌寒いですが、
幕内はいつものTOYOTOMIのレインボーを
点けているのでぽかぽかで快適です。
おきまりの朝の挽きたてコーヒーをドリップします。
自分で焙煎したとっておきコーヒー豆は、
ミルで挽いても、ドリップで落としても、
かなりのいい香りを辺りに漂わせています。
あまりの旨さにおかわりするのが目に見えているので、
おかわり分まで作っておきます。


a0282620_14072289.jpg

ローチェアーに腰を埋めて眺める風景は、
サイドのこの透明窓からの山の景色です。
この幕は締め切っていても、
このように窓があるので
外の景色が愉しめるのがとても快適です。
窓は大小4つあるので、
そえぞれで見える景色が違い、
幕内にいてもとても開放感があります。



a0282620_14072696.jpg

画像ではよくわかりませんが、
間仕切りで分かれた寝室には
コットがそれぞれ入れてあります。
それでもまだ荷物を置く余裕があり、
わんこのキャリーもそこにあります。
コットの上にはさらにロールマットを敷いてあるので、
寝心地はまさにベッドと変わらず、
すぐに寝落ちしてしまいます。
今まで地べたに寝ていたときの寝苦しさは、
この背中の柔らかなあたりがなかったのが原因だったようです。
熟睡、安眠にはやはりちょうどいいふかふか感が必要ですね。


a0282620_14070043.jpg

前々日の雨で、川の水は濁っていると思いきや、けっこう澄んでいて、山の水の緑がかった色が清流の趣をあらわしていました。


a0282620_14071004.jpg

広い河原サイトを水際まで行って振り返ると、こんな景色の中に仮の我が家があったことがわかります。


a0282620_14071528.jpg

Robens“Midnight Dreamer” (2016)は、耐風性能151km/h(風速42m/sec)という驚愕のスペックですが、今回の突風にもめげずまったくの無傷だったことから、この性能は本当だったことが証明できたようにも思えるほど、風にはめっぽう強いというたいへん頼もしいテントだったようです。


~まだつづきます~


by martin310 | 2017-04-24 14:25 | ∟奥大井・八木C(3) | Comments(0)

またもや遭遇、強風キャンプ。―奥大井・八木キャンプ場―


a0282620_17403486.jpg


桜が散って、山々の木々の芽吹きがいっせいに始まり、あっという間に初々しい深緑に覆われはじめた日、かねてから目星をつけていた穴場キャンプ場――奥大井の「八木キャンプ場」へ春キャンプを決行しました。

越すに越されぬ“大井川”の上流、SLの大井川鉄道で有名な千頭に、「八木キャンプ場」という公営のややマイナーなキャンプ場があります。
キャンパーのあいだでは、なかなかその名が出ないほど、あまり知られてはいないようですが、いやいや環境的にはかなりの高レベルの場所のようで、河原に開けた広いキャンプサイトと、目の前の川、そしてまわりの山々はかなり魅力的にネット上の画像から感じていました。

我が家からは、先月行った「秋葉神社前キャンプ場」よりも、方面は同じでも大分距離的には近く、前回のように到着が遅くなって設営に焦って、せっかくのキャンプタイムがただの重労働に終わることのないよう、早めの到着が予想出きる場所にあります。
午後の早い時間に着けば、いくら設営に時間がかかろうが、のんびり自分たちのペースでやっていけば、それほど負担にはならず、その後の夕飯の支度にゆっくりとつなぐことが出きるはずです。

ところがどっこい、またもや、途中での買い物に面白そうなショップが並ぶ巨大ショッピングモールの餌食になって、長々と道草を食ってしまうはめに。
それでも午後2時過ぎには現地に到着して、さっそく大量の荷物を降ろし、設営を開始しました。


a0282620_17404312.jpg


で、この日は出掛けから風が強く、まさか山に囲まれたキャンプ場はそんなわけはないと、高をくくっていたところ、やはり現地に着いても風は同じように吹いていました。
ただ、日中は晴天で陽が燦々と降り注いでいたので、設営中は薄着になっても汗をかくほどでした。

ところがです、時間が過ぎ、陽が落ちる頃になると、段々、前回の悪夢が甦るほど、風の勢いが増していきました。
気温はそこそこなのに、風に当たるとぐっと体温を奪われます。
時折、もの凄い突風がさらに神経を苛立せます。

今回は、前回の強風にやられた経験を踏まえ、満を持してサイトの風除けに“tent-Mark DESIGNS”の「陣幕」を入手していました。
これさえあればと、夕刻になってもしやの予感から、あらかじめ「陣幕」を張っておきました。
ただ、風上に張れば効果があるのでしょうが、風が巻いて方角が一定しません。なので、レイアウト的に張り易いところに張っただけでした。


a0282620_17405227.jpg


この態勢ならまずまずだろうと思いながらも、一抹の不安が過ぎっていました。
それは、サイトの地面が小石混じりの地盤で、28cmの鋳造ペグでなければ刺さらず、しかも固定力は弱く、するっと抜けやすいので、強風に耐えられるようには思えなかったからです。
なので、張り縄を増やし、ペグダウンも多くして鉄壁の態勢で臨んだのですが、やはり・・・突風の威力に敗退したのです。


a0282620_17412168.jpg


今日の灯りたちも勢揃いしていたのに、陽が暮れてからはランタンの灯りを愉しむどころではありません。
自然との対決です。
夕飯の支度を少し始めましたが、もう風が吹きすさぶ中、こんな場で食事など出来るはずもありません。


a0282620_17412622.jpg


焚き火台で薪を燃やし始めて、暖を取ろうとしましたが、またしても炎が風に流されてさっぱり暖かくありません。
それより火の粉が飛んで、かなり危険な状態になっています。
人間は、強風と気温の低下の中ではとても快適感などあるはずもなく、辛さでもう止めたくなる心境で、気持ちも萎え始めています。


a0282620_17405904.jpg


さあ、それからです、
まずは、
新調した「陣幕」がなぎ倒されました。
幕やポールには損傷はないようでしたが、ペグはすっ飛ばされました。
もう、我慢の限界です。

仕方がありません、せっかく設営したタープ下のリビングをテント内に移動することにしました。
片付けている途中、第二の災難が。
遂に、タープが倒壊です。

自作の木製ポールが弾き飛ばされ、タープごと持ち去られる如くに風に煽られました。
幸いに、すでに火の元は移動していたので、惨事にはなりませんでしたが、まだ新しい焚き火タープのポール位置の耳は破れていました。



a0282620_17410792.jpg


この日に撮った写真画像はこれらのごくわずかしかありません。
それだけ、まったく余裕のない時間を過ごしていたのです。
漸く、すべて幕内に移動させて、そこでやっと一息ついて夕飯となりました。
時刻はすでに8時半をまわっていました。
それでも、突風にテントの幕はびりびり揺れて、まさかテントまで・・・、とまたも悪夢が脳裡に広がります。

その後、9時を過ぎて気がつくと、風は静かにおさまっていました。不思議にも、そよ風しか吹かないくらい、外は静かな夜に変わっていました。
これがもう3時間早ければ何のこともなかったのに・・・。

自然は過酷ですな。
そのあいだの一番快適なときに、キャンプなるものはやるべきです。
それに恵まれればの話ですが・・・。


~つづく~


a0282620_17411441.jpg



by martin310 | 2017-04-21 17:49 | ∟奥大井・八木C(3) | Comments(0)

タープ用ウッドポールの収納カバーを作った。迷彩柄がミニタリー的雰囲気を生む?!



a0282620_13302677.jpg
    ▲さて、いったいこの迷彩柄の物体は何でしょうか?



a0282620_13303037.jpg先週自作したヘキサタープ用のウッドポールを、そのままベルトでまとめて持ち運びすることになると、必ず傷をつけることになるので、どうしても収納カバーが欲しくなります。接続を外して4本をまとめるにしても、一番長いポールで150cmもあって、もちろん市販品にはそんな長物を入れられるようなカバーはありません。

そこで、これも自作以外にないので、このような縫い物の方面はツレにおまかせすることになります。
で、生地はどんなものにしようかといろいろ検討するうちに、やはりトートバック風の生地がいいと、帆布の生成りで作ったらどうかということになりました。
そうなると、手縫いよりやはりミシン・・・。
我が家にはミシンはないので、最新の厚物まで縫えるミシンを検索。
う~ん、なかなか高いもので、せいぜいキャンプグッズの自作もののカバー類を作るだけなのに、わざわざ購入とは?
かなり高額なグッズカバー製作になってしまうということで、今回はちょっと見送り、手縫いでいこうと。

帆布もネットで販売しているようですが、たった2mだけとなるとなかなか割高なので、他のよさそうな生地を見に“Tokai”に行ってみました。
帆布は扱ってないようで、キルティング系の棚を見ていると、おお!、いいのがあるではないですか。迷彩柄ですよ。
もう、即決でこの生地に決定!
でも、生地はなかなか単価が高いですね。
大量生産の既製の完成品の方が断然コストが低いので激安ということになります。

そして、手縫いで作ってもらって完成したのがこれです。


a0282620_13303438.jpg
▲ウッドポールは4本をマジックテープつきのベルトで止めてカバーに収納します。カバーは余裕を持って大きめに作ってくれたので、まだアルミのスライドポール2本も入りそうです。


a0282620_13303911.jpg
▲予想どおり、アルミのスライドポール2本も入りました。これは、自作ウッドポールに問題があったときの代替用スペアで、携行しておくものなので一緒に入れられるのは好都合です。


a0282620_13304338.jpg
▲ガーデンハウス内は今や、キャンプ用品の収納小屋に化していますが、その中でこの迷彩柄のポールカバーが異彩を放っているようです。
迷彩柄はあるだけで、不思議なことにグッとミニタリー感が増すものですね。



by martin310 | 2017-04-17 13:36 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)

ヘキサタープ用ウッドポールの自作。やっぱりウッディな方が雰囲気がいい?!


a0282620_20322722.jpg
    ▲さて、この青空に聳える?煙突のようなものは何でしょう?



深緑のキャンプに向けて、またひとつ簡単なDIYでキャンプアイテムを増やしました。
まるでキャンプ用品のウッディ化を推し進めているかのように、今回もアルミ製品に代えて木製という線で、ヘキサタープに使うポールを、今、流行りのウッドポールにしようと、自作してみました。

ウッドポールは、既に国産の新興キャンプグッズメーカーからいくつか出ていますが、材料的にはホームセンターですべて揃ってしまうことから、自作には特にやり易いアイテムになっているようで、ネット上でも検索で多数の製作記事が出て来るようです。
さすがに、製品化されたものはかなり完成度の高い質になっているようですが、こと、もとが単純な作り故、自作でも充分いけるような感じがしました。

a0282620_20332086.jpgそこで、今まで高さが自由に可変出きるアルミのスライドポールを使っていましたが、この春からはそこを白木の若干太めのウッドポールに変えてみようと、さっそく材料を揃えて製作に取り掛かりました。
「ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version」(tent-Mark DESINGS)用なので、長さは2400mmと2100mmの2本に設定し、それぞれを2本つなぎで作ることに。

用意した材料はわずかにこれだけです。
  • タモ材丸棒(Ф30、1820mm×2本、910mm×2本)
  • 18-8ステンレス巻パイプ(Ф32×300mm、2本)
  • オニメナット(M6×20mm)
  • ステンレス六角ボルト(M6×80mm)
  • 椅子足ゴム(Ф30)
※かかった経費は¥4,000ほど、1本¥2,000換算ですから、
市販品の5分の1くらいで出来たことになります。


a0282620_20323409.jpg
▲ステンレスパイプはФ32、丸棒はФ30で、数字上はうまく入りそうなのですが、これがパイプの厚みから、丸棒を直径で2mmほど削らないと入らないのです。
そこで、パイプに通す部分をグラインダーで肉厚で1mmほど削りました。


a0282620_20324186.jpg
▲平均にうまく削れるものなのだろうか?と思いながらも、まあ何とかできるもので、このようにうまいことスポンと入るようになりました。
で、片方は木工ボンドで固めて取れないようにし、もう片方は取り外し可能に。


a0282620_20324943.jpg
▲そして次は、タープのベルトや張り縄を掛けるポールの先端のピンを取り付けるため、まずはオニメナットを埋め込みます。若干、センターを外してますが、まあ、そのあたりは素人仕事です。
ポール自体は無垢のままではすぐに汚れが付くので、ワトコオイルのナチュラルでオイルフィニッシュしました。
その上から、焼印風オリジナルロゴを貼り、その表面保護のために透明ニスを塗る必要があったので、ついでに全体をニスで塗装しておきました。


a0282620_20325523.jpg
▲最後に、オニメナットにステンレス六角ボルトをねじ込みます。
以前作った、ウッドテーブルやランタンスタンドに貼った、オリジナル焼印風ロゴをこれにも貼りました。


a0282620_20330464.jpg
▲ボルトの頭が邪魔なのでグラインダーで切断後、研磨して丸めて出来上がりです。


a0282620_20331245.jpg
▲完成後、2400mmと2100mmの2本を並べるとこんな感じになります。
画像では見えませんが、地面の接地箇所には、椅子用の黒い足ゴムを履かせてあります。
さて、実際にタープを張るのにテンションをかけたとき、いったいどうなのでしょうか?曲がったりしないかちょっと心配ですが、現場で試してみるしかありません。
念のため、予備にもとのステンレスポールは持参します。なにせ、自作にはいろいろとアクシデントがつきものですからね。



by martin310 | 2017-04-13 20:40 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)

母屋の外壁の再塗装準備、それには足場組みプランからはじめる。



a0282620_13335334.jpg



さて、庭関係の補修作業が一段落したところで、今度は母屋の外壁塗装に取り掛かる番になります。
ログハウスは住み心地や雰囲気はまことにいいのですが、それを守っていくには、すべて木が覆う外壁の再塗装が欠かせません。
一般住宅のように、一度塗れば10年以上の耐久性が保てる皮膜タイプの堅牢な塗料とは異なり、木材保護塗料というのは浸透性で、木材の呼吸を確保しながら表面の保護を目的とするタイプとなり、耐久性は短く、せいぜい3年で塗り替えが必要となって来ます。

我が家もすでに全体の再塗装は一度済ませていますが、劣化の程度は主に陽の当たり具合で大幅に変わって来るようで、特に皮膜の効力の衰えが激しいのは、西日がもろに当たる母屋正面のリビング側の外壁です。
見た目は退色こそ、それほどでもないように見えますが、実際は雨で濡れればすでに撥水効果はまったくなく、木材表皮に沁み込む恐れも出て来ているようです。

前回の再塗装の時は、もっと劣化が酷く、すべての塗装をサンダーで削り取ることからやらねばなりませんでした。
今回は、その教訓を汲んで、早めに取り掛かろうと、塗料の剥離をせずに、そのまま重ね塗り可能な状態のうちにやろうということで、それがまさに今なのです。

塗装作業をやるには、まず足場です。
前回は自分が出来ない2階部分のみ業者に頼みましたが、その際の全体の工賃はもとより、足場代だけでも馬鹿になりません。
そんなものを払うならと、今回はすべて自分でやろうと、足場は自前で単管パイプで組んでいこうと決めました。
プロのように、家屋のまわりを取り囲むようなことはとても出来ませんが、部分的に分けて組んで塗っていくことは可能です。
すでに1階部分を半分ずつ塗れるだけの足場に必要な単管パイプはあるのですが、今回は2階部分と、それに軒天や破風まで塗れるように、高さは7mは必要となります。

そこで、あとどのくらいのパイプを購入したらいいのかを、図面で考察して長さの種類や本数を決定していかねばなりません。
そこでシュミレーションしたのがこれらの図面です。


a0282620_13335805.jpg
▲これが母屋正面右の再塗装のための足場プランです。
単管パイプの4mと3mをジョイントして高さ7mを確保します。


高さ7mを確保するには、4mと3mをジョイントして組んでいくのですが、当然、このときの強度と安定性が問題になります。
自分が乗って作業するのですから、今までもたった2~3mでも相当に恐いのは経験済みです。腕を伸ばせば2mにはなるので、少なくとも5mの高さに立たねばならず、下を見るときっと足がすくむことでしょう。
揺れや倒壊の危険を出来る限りなくすように、工夫して組んでいくことになります。支柱だけで固定するのは無理なので、母屋の突起部分にロープでくくりつけて固定することになるでしょう。
単管パイプの使用本数は、
  • 4mが26本
  • 3mが11本
  • 2mが18本
  • 1mが16本
a0282620_13340290.jpgとみています。(各種クランプやジョイント部材なども必要)新たに購入する分としてもかなりの量になり、重量はざっと200kg近くなる見込みです。これを買い込むというのは、次の再塗装時期が到来したときにも、この方法で自前でやるということで、自ずとそれまでのあいだ、どこかに保管しておかねばならなくなります。
そこで、新設の薪棚には、下部にはこの単管パイプの保管スペースを与えようと、そう考えているわけです。

家屋の外壁塗装、これも自分でやればまさに塗料代だけで済むことになります。(足場用の単管には最初に設備投資が必要ですが)

なんでも自分でやれることは自分でという、超倹約主義は、DIYの基本です。でも、実際はかなり恐々、体を張っての作業になりますな。
業者に大枚をはたくなら、時間と手間をいくらかけてでも超ローコストのが断然いいのは当たり前。だから何としてもやるのです。

▲これは足場を横向きから見た状態です。左側には1mの単管で梯子を作ってあります。これで上り下りをするしかありません。実際は、そうとう恐いだろうな。


by martin310 | 2017-04-10 13:58 | *D.I.Y | Comments(0)

18メートルの土留め柵完成後は、ただひたすら整地作業に勤しむ。


a0282620_11064373.jpg


先週、無事、18メートルの土留め柵が完成し、今週はそこで出た小石混じりの土砂をフルイで、文字通りふるいにかけて、きれいな土だけで整地する作業を進めました。

敷地の境界線まで崩した土砂が、土留め柵の下にかなり積んであったのですが、それには小石や木片や木の根など、いろいろ混じり込んでいて、とてもそのままではきれいではありません。
これを園芸用の円形のフルイで、余計な粒の大きなものを取り除いていく必要があります。

何かもっと効率のいいものはないかと思っても、やはりこの原始的な方法でコツコツとやっていく以外にありません。
手鍬で土を割っては、フルイで漉して、きれいな土だけを平らになるように敷き、それを足で踏んでは固めていきます。
フルイで取り除いた小石その他は、ゴミは手で除けて、あとは敷地の雨水で土砂が流出しやすい箇所に撒いていきます。

a0282620_11090849.jpg見てのとおり、一度にフルイに入る土砂の量はこんなものです。これを延々、嫌になるほど繰り返していくのです。1メートルやるのに、1~2時間は要します。しゃがんだり立ったり、フルイを振ったり、土はことのほか重く、次第に腰に効いてきます。
3時間もやると、腰が悲鳴をあげ出します。
いやはや、単純作業にしても、実に骨が折れる仕事です。

それでも、夕方には何とかあと残り1ブロックまで漕ぎ着けました。来週の半日位で完了です。

で、この手前側の柵に沿って、薪棚を作ろうと次なる構想が待っています。
ざっとサイズは、幅が4m50、高さは1メートル40、奥行きは50センチ、といったところで、屋根も作らねばならないので、基礎も含めてけっこうな造作になります。

その前に、母屋の外壁の再塗装もあって、なかなかこの後も、のんびり出来ることはないようです。
年中暇なく外仕事・・・、たまにキャンプを挟んで息抜きと、こういう具合に今年も進んで行くようです。


a0282620_11064762.jpg



我が庭は、まだ春浅く、花の数もまだまだこんなものです。
ただ気温が少し春めいて高くなりつつあるので、植物の生育もエンジンがかかり始めたようではあります。

a0282620_11065245.jpg

a0282620_11065773.jpg

a0282620_11070156.jpg

a0282620_11090324.jpg

a0282620_11085808.jpg


by martin310 | 2017-04-07 11:13 | ∟18mの土留め柵 | Comments(0)

ワンコを背負って下田町歩きと、笑えるワンコ動画。

a0282620_13591210.jpg


爪木崎ウォーキングの後は、下田の町に入り、この古い町の中をワンコを背負いながらの、のんびり歩きをしました。

下田公園の無料駐車場に車を置いて、ワンコを古い登山用ザックに入れてさあ、町歩きに出発です。
ペリー艦隊来航記念碑を過ぎて、角を入ればすぐペリーロードです。
何度も立ち寄って、その都度、写真を撮っているので、今更ながらなのですが、まあ、一応、来た証に今日の様子を撮っていきましょう。


a0282620_13595644.jpg


a0282620_13592700.jpg


a0282620_13590844.jpg


無料開放の旧澤村邸は、花が咲き、果樹が実り、とてもいい香りがしていました。以前入ったことはあるので、今日は遠慮しました。
ワンコが背中にいると、まさかザックの上から犬の顔が出ているとは思わないので、観光客の方々はびっくりします。
普段、家や車に居ると、異常に吼えかかるはずが、なぜか、背中に背負われているとしずーかにしているのが不思議です。


a0282620_13594499.jpg


平日なので、観光客はペリーロード界隈にいるだけで、狭い碁盤目状の下田の街中には、ほとんど歩いていませんでした。
すっかり普段どおりの生活の町になっていましたが、かつての賑やかしい感じはなくなって、今やシャッター通り化が進んでいるようで、めぼしい見てみたい店はあまりありませんでした。
それでも、歩いてでなければ発見できない、小さな甘味処を見つけて、わずかに残っていた自家製おだんごとアンドーナツをゲット。(※あとで調べたところ「ふじ乃家」というらしい)
ペリーロードの欄干に座って、ひとときむしゃむしゃと・・・戴きました。
たくさん歩いた後の甘いものは格別です。(あんこと枝豆のおだんごはかなり旨かった)

なので、今日はいつも買って帰る、日新堂のレモンケーキや平井製菓の下田あんパンはもういいなという感じで買いませんでした。


a0282620_13592157.jpg


a0282620_13593388.jpg


さて、日帰り下田ツアーはまだまだ続きます。
次は、南伊豆の弓ヶ浜に向かい、そこでワンコの海岸散歩をしました。
ちょうど白砂の浜には誰もいない時間帯で、すっかり我が家の貸切状態になりました。
もうワンコは柔らかい砂地に大喜びです。
飛び跳ねる如くに、砂の上を駆け回ります。

でも、波打ち際に連れて行くと、なんと波が怖くて石のように固まってびくとも動きません。
そのうちにそそくさと波間から退散して行きます。
そんな光景をアクションカムで動画に撮ってみました。
まあ、それが今回の大きな目的でもあったのですが、1年前に買ってもなかなか使うことがなかった、このカメラの試し撮りをしたかったわけです。

自撮り棒にカメラを取り付けて、砂地すれすれの角度からの映像を撮ってみました。
まさにこの高さがワンコ目線のアングルになりますね。
これで見える光景から、ワンコが大きな波を怖がるのももっともだなとも思います。
見慣れたアングルでないものを見ることが出来るのも、この超小型カメラの持ち味です。

試し撮りでありながら、さっそく動画に編集して、YouTube にアップロードしました。
現場ではどう映っているのか、再生が出来ないので、帰ってPCの大画面でハイビジョン映像を見てみると、けっこういける気がしたからです。
さて、どんなもんでしょう?


[笑えるワンコ動画] 波が大の苦手なワンコ

https://www.youtube.com/watch?v=9rZstBM83F0


by martin310 | 2017-04-03 14:07 | とっておきの伊豆 | Comments(0)