伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-21 23:04
車中泊*群馬の旅 (with..
at 2017-11-20 15:26
秋から冬へ・・・蓼科からの遠望。
at 2017-11-17 19:27
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-12 21:08
西伊豆・松崎の町を歩く。(w..
at 2017-11-10 16:19
「車中泊の旅」・・・当分、マ..
at 2017-11-06 22:04
2017「車中泊の旅」-飛騨..
at 2017-11-03 22:15
2017「車中泊の旅」-飛騨..
at 2017-10-31 16:09
2017「車中泊の旅」-飛騨..
at 2017-10-29 22:14
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
渓流釣りもされるんですね..
by martin310 at 22:11
道の駅 中山盆地での車中..
by 横須賀車中泊大好き at 21:20
ヤリイカですか。 いい..
by martin310 at 16:48
西伊豆はいいですね。私も..
by 横須賀車中泊大好き at 23:14
こちらこそ興味を持ってい..
by martin310 at 06:53
回答ありがとうございます..
by 横須賀車中泊大好き at 22:26
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

車中泊*群馬の旅 (with WANKO) -2-


a0282620_22381663.jpg


恐るおそる行った先の雪の峠で、
日光は断念した。



車中泊した高山村の道の駅「中山盆地」から沼田までは、10キロほどしか離れていないので、次の目的地、沼田のすぐ隣の川場村の道の駅「田園プラザかわば」までは、労せずほどなく着いてしまいました。
まだ開店間もない時間帯にしては、人や車の数はかなりのものです。
これから益々、観光バスが終結して来るのでしょう。

ネットで見ていた巨大複合テーマパーク型道の駅というイメージどおり、ここはまず他にないようなスケールで田園地帯の中に広がっています。
ここを第2夜の根城にしようと、早々と先んじて下見しておこうと寄ってみたのですが、どうも昨晩の静寂そのものの「中山盆地」のイメージからはかけ離れた環境で、ちょっとここまで賑やかしいのはパスかな?という感じでした。


a0282620_22391997.jpg

しかし道の駅の造りとしては、ちょっと想像を絶する感が・・・。
なんと、この風景は道の駅の中ですよ。
田圃だって、小川だって、全体のランドイメージの一角として作られているのですから。


a0282620_22393158.jpg

こんなに大きな池だってあります。
そこに架かる橋だって手が込んでます。
グリーンの芝生かと思いきや、これはよく出来た人工芝でした。
建物の形や点在の仕方、まわりの自然との調和など、実によくプランニングされて造成されてます。
集められているショップ群もなかなか選別されたラインナップのよう。

なるほど、数々の賞を受賞しているだけの優れた道の駅なことは、ちょと辺りを眺めてるだけでもわかるというものです。


a0282620_22395721.jpg

そ、それにしても、さっ、寒いのです。
画像からは、陽光が射して気持ちよさそうに見えますが、もう、我慢出来ないほどの寒風がびゅーびゅー吹いてます。
こういう場に来て、居ても立ってもいられないほど寒いというのは、もう、当然のんびり愉しめるなんて心情にはなりません。
うー、これが上州の空っ風ってやつでしょうか。
いやー、厳しい自然です。


a0282620_22394037.jpg

池にはアヒルちゃんでしょうか。
それぞれがいい立ち位置で絵になってるんです。
それにしてもこの寒いのに、水の中に足を入れながらご苦労さまなことです。
ちゃんと、この道の駅の景観形成のひとつとして存在しているわけです。


a0282620_22394797.jpg

で、ですが、どうなってるんでしょう、この寝方・・・。
顔はどこにどんな風に格納されているのか、よくわかりません。
寒いのなら水から上がればと思ってしまいますが、これが自然な日常なのでしょうな。


a0282620_22400525.jpg

もう、寒いので、店を回るのもやめて移動しましょう。
せめてパンだけでも見て行こうと、「田園プラザベーカリー」でパンをちょっと買って行きました。
このとき買った、名前は忘れましたが、メロンクリームの入ったメロンパンは最高でした。
それほど目を惹くような特別さはないパンが並んでいるので、選ぶのにちょっと躊躇しましたが、これが予想外に驚くほど旨く、また食べたい、相当な至福感でした。


a0282620_22401342.jpg

さあて、こんなに風が強く寒いんでは、いくら天気がよくても心地よくはありません。
そこでどうしようかと、群馬県の地図とにらめっこ。
観光地として紹介されているようなところは興味ないし、それに団体客が集まるようなところも御免蒙るし、では、どこに・・・。

あまりに寒いので、温泉のあるところばかり目が行ってしまいますが、時間もあるのでぐるっと周遊しようと、日本ロマンティック街道(国道120号線)で日光まで行こうということに。
でも、道路上の電光板には積雪あり、チェーン携帯などの表示が。

山から下りて来る車もあるので、案外、行けるのかもと。
とにかく、行けるところまで行って、ダメなら納得できる迂回をということで、ダメもとで山道を登ることに。


a0282620_22401971.jpg

もう随分と高度を上げて来て、「丸沼高原」まで来ました。
スキー場には雪が・・・、と思いきや、自然の雪のまだらな上に、降雪機がフル回転で雪を作ってました。
この分なら行けそうな気配に、まずは金精峠を目指します。


a0282620_22402684.jpg

雪の予報さえ出ていたのに、この快晴の空。
大分高いところまで来ました。
おそらく標高1700メートルくらいまでは来たでしょう。


a0282620_22465050.jpg

丸沼を過ぎると、段々日影は怪しげになって来ました。
凍結はしていないので、まだ走るには問題ないのですが、どこまで行けるでしょうか。


a0282620_22470156.jpg

あっ、道路が雪に覆われてます。
踏み固められて厚みがあります。
しかも、下りにかかって大分まずい気がして来ます。
いやーやはりやばそうです。
たまに向こうから来る車もありますが、スタッドレスかどうかよくわかりません。
こちらはもちろん、どノーマル。
この先がどんな状況かがわかりません。もっとひどくなるのなら・・・。
やっぱり、危険回避で諦めましょう。
雪道ではけっこう恐い目にあっているので、
遂にUターンです。(泣)


a0282620_23014198.jpg

というわけで、大きな沼「菅沼」の手前あたりで遂に日光行きは断念しました。
正統なコース、足尾の方から上がって行けばきっと行けたでしょうが、今回は仕方ありません。
これで日光まで行った後の車中泊コースはなくなって、もはや帰路に着くことになり、ひたすらナビの自宅経路に従って走り出すことになりました。
(寒風吹きすさぶあまりの寒さに、こんな中でどこかへ周ろうという気力は一気に萎えてしまったのが事実で、いきなり帰巣性が甦って来てしまったというわけです)

a0282620_22470678.jpg結果、もう1泊の予定はなくなって、走り詰めに走って深夜に帰宅を果たしました。奥日光の「菅沼」から一気に自宅まで、400キロを走り抜けました。
まあ、こういう旅もありですね。
雪さえなければ何でもなくどこでも行けたのですが、まだ雪の装備もしていないので致し方ない、痛恨のUターン旅でした。
というか、それほどはっきりした目的があったわけでもない、アバウト旅なので、予定も未定、気ままなところがいいのですが。
飼い主のお蔭で、ワンコはまったく一日、深夜まで、キャリーの中で車に揺られっぱなしだったわけです。途中の休憩では、頻繁に外を散歩させていましたが、やはり揺れるタウンエース君の中では、ワンコも疲れが溜まるようで、翌日はあまり食欲がなく、不活発な様子でした。
ワンコにも、もう少しのんびり出来る旅にした方がよさそうです。


今回の群馬の旅の走行距離は800キロ。
立ち寄った道の駅は、

・道の駅「朝霧高原」
・道の駅「はくしゅう」
・道の駅「八ッ場ふるさと館」
・道の駅「中山盆地」(宿泊)
・道の駅「川場田園プラザ」
・道の駅「こもち」
・道の駅「しもにた」
・道の駅「オアシスなんもく」
・道の駅「南きよさと」


by martin310 | 2017-11-21 23:04 | 車中泊の旅 | Comments(0)

車中泊*群馬の旅 (with WANKO) -1-


a0282620_15094181.jpg


道の駅「中山盆地」は、
思ったとおり快適地だった。

a0282620_15151511.jpg今回の群馬方面への旅では、まずは道の駅「中山盆地」での車中泊を一番の目的にしていました。
それは、前々回行った新潟方面(南魚沼)の旅の帰り道に、偶然発見したこの道の駅の環境が、かなりお気に入りになり、是非とも、立ち寄るだけでなく、宿泊地として一夜を過ごしてみたいという思いを持っていたからです。



a0282620_15165464.jpgここは、中之条と沼田の中間地点にある高山村というところで、国道145号線(日本ロマンティック街道)からもやや外れている、田園地帯の中にあります。
名称のとおり、まわりを山に囲まれた盆地のような地形のほぼ中央の小高い丘の上にあって、あたりは静かな耕作地域。
道路のはす向かいには、中山城の城跡がある場所で、なかなか自分好みの地形上にあります。

そこに広い駐車場と、物産館、それになにより温泉施設が併設されているのが最高です。(トイレは独立棟で、暖房完備、お湯も出ます。横に広がる窓からの田園風景は一見の価値があります)
国道から離れた言わば、知る人ぞ知る隠れ屋的な場所で、大型トレーラーやトラック軍団もここは寝床にはしていない環境のようです。

大きな空のもとで、丘の上の光が降り注ぐようなこの地は、まさに車中泊場所のひとつの理想型のような感じがします。


a0282620_15183726.jpg

道の駅の名称としてはどうなんだろう?かと思いますが、この一見、盆地?という地形全体の名がどうも記憶に残るので、逆に効果的なネーミングなのかも?しれませんね。


a0282620_15124708.jpg

道の駅の物産館及び日帰り温泉施設(ふれあいプラザ)の建物です。
この環境において、どうしてこういう奇抜な形体の発想が浮かぶのかが不思議なところですが、近くにあるロックハート城のおぼろげなイメージもわずかに加味しているのかもしれない気もします。
まあ、我がタウンエース君との愛称も、それほど違和感がないかもしれませんけど。


a0282620_15194376.jpg

日帰り温泉「ふれあいプラザ」が開いているあいだは、けっこうな数の車が停まっていた駐車場も、閉館後(~PM9:00)はすっかり閑散として、まさに車中泊組以外は残っていませんでした。
今晩はわずか、我が家も入れて4台だけで、深夜になってちょっと場違いな感じの大型トレーラーが横置きに停まっていました。
このトレーラーのアイドリング音以外は、とても静かで、まさに静寂そのものの夜のしじまが流れていました。


a0282620_15205729.jpg

話は前後しますが、ここにも食事が出来る施設はありますが、PM3:00には閉まってしまうため、予め夕食用にA-coopで弁当を買っておきました。
ちなみに、付け足しで買った値引きのブリの刺身はなんと¥210で、かなり美味だったので、質素な車中飯の晩餐にいろどりを添えてくれたようです。


a0282620_15212284.jpg

週末や連休中の道の駅の混雑を経験したことはありませんが、この平日の、しかも穴場の静けさを味わってしまうと、なかなか他車が近接する環境下の宿泊はますます馴染めない気がしてきます。
夜中に見た大粒の星も、この広々した空があってのことで、いい場所で寝られるのが一番だとあらてめて思う宿泊地でした。


a0282620_15242244.jpg

広い駐車場がガラガラなので、ワンコものびのびと散歩させることが出来ました。
人の声や車の音もほとんどないので、ワンコも無駄吼えもなく、静かに寝ていたようです。


a0282620_15214891.jpg

朝食の準備は車内で行いました。
いつものように、バックドアを開けて、スライドテーブルの上でというパターンは、後ろから丸見えのこの停車位置では無理でした。
はじめから駐車場の端の方に停めればというものの、地面の傾斜の最も平らな位置を探してここにしていた以上、運転席・助手席が荷物満載の状態では移動もままなりません。
それに、外はダウンジャケットを着込むほど寒いので、なかなか調理は難しい状況でもありました。


a0282620_15222470.jpg

毎度お馴染みの朝食メニューです。
室内の暖房も兼ねて、ガスピアでトーストを焼きます。
ガスピアの上にじかにパンを乗せたのでは、当然すぐ焦げるので、ユニフレームのトースターを乗せて、火元からやや遠ざけながらゆっく焼いています。


a0282620_15224414.jpg

見てくれを気にしている余裕がないので、こんなですが、ミルで挽いた自家焙煎(ほんとに自分でローストした)珈琲と、トースト、ツナサラダは、爽快な目覚めの朝には旨さもひとしおです。


a0282620_15230958.jpg

車内では、ガスピアとミニカセットコンロを使っていますが、この自作強制換気ファンのお蔭で、車内換気は万全です。
吸気に1ヶ、排気に4ヶ、このパワーはかなりのもので、フル回転させるとスースー外気が入って来るので次第に寒くなるほどです。
なのでボリュームでスピードを落として使います。
お湯を沸かしたり、スキレットで卵を焼いたりしても、まったく問題なく、湿気も匂いも素早く換気してくれます。
我がDIYの傑作中のひとつと自画自賛です。


とても快適な一夜を過ごした道の駅「中山盆地」を後にして、アバウトな旅プランで沼田方面をを一応目指すことに・・・。



by martin310 | 2017-11-20 15:26 | 車中泊の旅 | Comments(2)

秋から冬へ・・・蓼科からの遠望。


a0282620_19250196.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。


冬の足音がもうすぐそこまで来ているなか、群馬への旅に出掛けて来ました。
その途中、蓼科のビーナスラインから撮った山々の様子です。

紅葉の時期が終わりを告げ、もう1000メートルを超える高地ではすっかり葉を落とした白っぽい裸木の姿が山を覆っていました。
この時期の色を抜いたような森の色調が、実に魅力的に映ります。
車から降り立ってカメラを向ける時間は、寒風に晒されて体温がぐっと下がるまでのわずかなあいだしかありません。
車内の暖房にぬくぬく慣れた体には、余計にこの風の冷たさは堪えます。

茅野からビーナスラインに入って、蓼科湖のあるあたりや、別荘地帯でも、かなり閑散とした人けのない、ある種荒涼とした雰囲気にも似た感じが漂っていました。
いかにも冬を迎える行楽地という風情で、風が通り過ぎ、木の葉が舞うようなさみしさがまた、この季節ならではの寂寥感を醸し出しているようでした。


a0282620_19075289.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。

ここはビーナスラインのしょっぱらの高台にある「女の神展望台」からの八ヶ岳を遠望する風景です。
ここを通るときは必ずと言っていいほど、ここからのこのアングルのこの山の風景を撮ることが常になっています。
それほど、一目見て、何かを感じさせるものがあるのでしょう。
どこか潜在意識の奥深くにある、古代の記憶によるものなのでしょうか。原始の自然のようなイメージに惹かれる気がどこかするのです。


a0282620_19082730.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。

これも同じ「女の神展望台」から、八ヶ岳の連山の一番手前側に見える、おそらく横岳ではないかと思います。
山頂付近に雪がかかり、そこの世界だけが妙に厳しい自然の驚異を感じさせるようでリアルです。


a0282620_19085602.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。

同じ横岳をさらに望遠でアップしてみました。
白い粉を振った山頂一帯の世界は、山の神の棲む領域のようで、とても畏れ多い感を持ちます。
白い木肌の細かい線のシルエットが美しい樹林帯と、巨大な山塊との対比がまた、ことのほか美しさを際立たせているようです。


a0282620_19143247.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。

谷底のような地形の別荘地帯の中に、池が見えていたので望遠で拡大してみました。
溜池のような人口の池で、以前、気になってそこへ下りて見に行ってみたことがあります。
池面へ映り込むまわりの森の木々が、とてもきれいだった記憶がありますが、きれいに楕円形の人造池のようでした。


a0282620_19145224.jpg
※クリックで1000pxに拡大できます。

ここはビーナスラインをさらに行った「夕陽の丘」という展望台からの、車山や霧が峰方面の眺めです。
カラマツの森の向こうに広がる滑らかな形の山岳地帯の光景が、またこれも意識をこの世界から遥かに飛ばすような、不思議な幻惑性を持っているようです。
ここに在って、ここに居ないような、時空を超えた世界と結びついた場所のように感じて、この風景は特別のものに映っています。



by martin310 | 2017-11-17 19:27 | 風景探勝 | Comments(0)

西伊豆・松崎の町を歩く。(with WANKO) -2-


a0282620_20380901.jpg


松崎の町は、その昔、まだ今のように陸路が通っていない頃は、天然の良港として海運が随分盛んだったようです。
江戸時代には、300石積み以上の廻船がここから上方や江戸を往復し、カツオや鰹節、イグサ、年貢米などが出荷されていたようです。
港として栄え、それによって町にも活気があった頃の風情が今に残っている町として見てみると、松崎の町の持つ雰囲気のいわれに納得がいくかもしれません。

港に那賀川と岩科川というふたつの川が流れ込んでいるために、そこがまるで運河のように町の中を通っています。
おそらく、この川も小舟の流通があったのでしょう。
この川の土手沿いに今も、古い商家の建物が残されています。

その代表的な建物の「明治商家・中瀬邸」や「伊豆文邸」を見れば、なまこ壁を基調にした、松崎独特の、かなり豪奢な造りの手の込んだ細工が目立ちます。
建物の意匠を凝らした設計やデザインに見る、今に通ずるマテリアルどうしの異質な組み合わせや競合が、幾分そんなアートフルな様相に興味を持つ、我が目を惹きます。
そんな感覚の中でスナップした何枚かを載せておきます。


a0282620_20395860.jpg


a0282620_20400661.jpg


a0282620_20401380.jpg


a0282620_20402137.jpg


a0282620_20402761.jpg


a0282620_20423295.jpg


a0282620_20424060.jpg


a0282620_20424867.jpg


a0282620_20425539.jpg

a0282620_20430366.jpg


a0282620_20452868.jpg


a0282620_20453885.jpg


a0282620_20454612.jpg


a0282620_20455457.jpg


a0282620_20460715.jpg



a0282620_20485508.jpg撮影ポイントがあれば、歩みが止まり、また歩き出しては、あちこちよく目が動くという繰返しをしていると、けっこうしんどくなって来て、それほどの距離ではないにもかかわらず、どこか腰を降ろしたいような気になって来ます。
わんこはツレに引かれながら、いや、わんこの方が常にぐいぐい引っ張っていたので、すっかり人間の方がくたびれてしまったようでもあり、おもむろに見つけた無料の足湯でひと休みすることに。(伊豆文邸の足湯)
これが相当に高温で、水道をめいっぱい出しながらでないと、とても足を入れられません。
湧き出す湯温は60℃以上あるようですから、かなり水で下げないと熱湯風呂になってしまいます。
なので、水道のホースを手放せません。(足は真っ赤)


a0282620_20503505.jpg


わんこは入れませんが、足湯の傍らでなんだかうれしそう。
(笑っている顔のよう)
それにしても、あれだけずうっと力感的に随分と町中を歩いたのには驚きでした。
このわんこ、けっこうタフです。(人間よりは)
ふだん、お散歩はややショート気味なのに。


a0282620_20514781.jpg


帰りは、仁科の大浜海岸で遅めのコーヒータイム(車中でコンビニ珈琲)。
秋の日は日暮れが早く、そこできれいな夕日が撮れました。



by martin310 | 2017-11-12 21:08 | Comments(0)

西伊豆・松崎の町を歩く。(with WANKO) -1-


a0282620_16045156.jpg


今週も、出掛け癖のついたところで先週に続き、また近場の伊豆半島内を巡って来た。
もちろん、日帰りプチ旅。
いつもながら、出掛けの朝はあわただしく、なんだかんだで予定より遅れて午前9時を過ぎてしまう。
それでも、近場旅のいいところは、のんびり行きながらも、帰りはちょっと遅めの夕飯時くらいには帰宅できる。

今回の目的は動画撮影。
ちょっと西伊豆の風景、風物を元にした、mv(ミュージックビデオ)風な小品を作ってみたいと、その素材集めに西伊豆へ向かった。
行きがけにも、気になる場所で停まってはカメラを向けるので、なかなか先に進まず、すぐにお昼時がやって来てしまう。

目的地は松崎町
この海沿いの小さな町を、車では入り組んだ路地をゆっくり通ったことはあっても、まだ歩いて巡ったことはなかった。
今日はそこを、わんこと行く。
それに、以前見た映画「つぐみの舞台だった地。
当時のロケ地がいくらか残っているようで、前の晩に再度DVDを視聴して「つぐみ」の世界の松崎を脳裡に呼び起こしておく勉強も怠らない。
昭和63年の松崎の町は、映画の中で生きていた。

カメラはいつものとおり4台持って行ったが、撮影用途別にそれぞれを使うつもりが、動画に静止画もと、それに交換レンズ、露出・・・、頭が回らず、自分の脳の対応能力はせいぜい2台までだと、半分はまたも出番がなく・・・。


さて、まずは我が家のある山を降りて海に出ると、さっそく出くわすこの小島・・・淡島から。


a0282620_16045822.jpg
今日はことのほか、くっきり海上ピラミッドらしい姿を見せていた。
どこか冒険物語が始まりそうな、不思議な雰囲気が漂っているように感ずる。



a0282620_16050402.jpg
大瀬崎はいつも定番の場所から同じアングルで撮ることになるが、やはりいつ見ても不思議な地形。
戸田の御浜岬と同じ潮流の生み出した特異な砂洲(さす)という岬の形成形体。
岬の中央には引手力命神社がある。


a0282620_16051059.jpg
大瀬崎の根元には、ダイバースクールが密集している。
まるで箱庭の中の建物を見るようで、おもちゃの家のよう。


a0282620_16051755.jpg
松崎へ到着してまずはここ。
ここはなに?
実はここは映画「つぐみ」の“梶寅旅館”のあった場所。
今は建物は取り壊されてはいるものの、外壁の石垣や塀はそのまま残されている。
旅館前のこの広場は、映画には何度もいろいろな角度で登場する。


a0282620_16052276.jpg


a0282620_16115023.jpg
すぐ隣には瀬崎神社が。
この前を主人公「つぐみ」(牧瀬里穂)が歩くシーンでよく登場。


a0282620_16115656.jpg
その瀬崎神社の隣の建物は顕在だった。
この奥にあった建物が、「つぐみ」のいとこの「まりあ」(中嶋朋子)が住んでいる家があった。今は駐車場になっている。
  


a0282620_16120101.jpg
那賀川と岩科川が合流した湾を隔てた向かい側の石組みの倉庫群か。
こちら側からのアングルで梶寅旅館を撮ってるシーンもあった。



a0282620_16120780.jpg
映画「つぐみ」の中に映っている松崎は、今も梶寅旅館跡付近にその雰囲気を残しているようだ。



さて、ここからは松崎町スナップをランダムに。


a0282620_16121245.jpg


a0282620_16145393.jpg


a0282620_16145981.jpg


a0282620_16150586.jpg


a0282620_16151038.jpg


a0282620_16151609.jpg


~つづく~



by martin310 | 2017-11-10 16:19 | とっておきの伊豆 | Comments(2)

「車中泊の旅」・・・当分、マイブームの「旅」は続きそうです。


a0282620_22024954.jpg
※西伊豆・戸田港の夕景



車中泊の旅に出ることが多くなるにつけ、出掛けない週の休日においても、天気さえよければどこかへ・・・、という具合に、どうも“出掛け癖”なるものが蠢き出すようです。
それで近場の伊豆半島内のどこかへ、ふらっと半日ほど行って来たりして、秋空の爽快な空気のもと、紅葉にしろ、海の深い蒼にしろ、雲のない青い空にしても、この時期の風景の色の綺麗さに胸躍らされることで、その欲求を満足させているようです。

伊豆については、もうバイクや車を所持した頃から、もう相当な長いあいだ駆け巡っているので、もう、どこも知ったとこでそれほど新鮮さはないのですが、それでも思いがけない事象や風景に遭遇して、また新たな発見があったりと、一見飽きがあるにもかかわらず、それなりの面白みはあるようです。

車中泊の旅にしても、今まで日帰りが基本だったものが、2泊3日が固定になって、周れるエリアもぐっと広がって、未だ行っていなかった場所へも足を向けることが出来るようになり、そこが俄然、面白みを沸き立たせているのでしょう。

2泊3日で足を伸ばせるエリアは、ざっと地図上の距離で換算すると、太平洋側の端っこの伊豆の我が家からは、約400キロの円を描く範囲でしょうか。
北は日本海から、東は岐阜県あたり、西は新潟や栃木県あたりまでになります。
こうなると、まだまだ行ったことない場所もけっこうあり、しばらくは旅先のネタは絶えることはなさそうですが、それでも飽きやすい性格から、その先のもっと遠いところまで範囲を広げたい欲求にかられるはずです。

それには、今の勤務状況では長期休暇は無理なため、リタイヤ後まで待たねばならないのかもしれません。
或いは、年に一度は、年末年始の比較的長い休暇をこれに充てるよりないかもしれず、長旅への思いは強くなることでしょう。

東北は北の端の方や、四国の深い山の中など、古い時代の日本が残っていそうなところに心惹かれます。
日常から遠く離れた場所、今までの自分の感覚の枠組みから超越した世界、驚きと感動に満ちた世界を、どこか意識の底で求めているのかもしれません。

今年もあとわずか、旅はあと2、3回出れるでしょうか。
さらに、来年は出歩くことが増えるのは必定で、当分、マイブームの「旅」は続きそうです。



by martin310 | 2017-11-06 22:04 | その他 | Comments(0)

2017「車中泊の旅」-飛騨・富山編- ③

a0282620_21480726.jpg
※道の駅「奥飛騨」の光景



この日の目的地、道の駅「氷見には、大分早い時間帯に到着しました。
夕飯タイムにはまだ早く、しかも、まだお腹もなかなか空かずといことで、先に隣接する日帰り温泉の氷見温泉郷「総湯」でひとっ風呂浴びて来ることに。

a0282620_21521197.jpg

この温泉もまずまずでした。
施設はまだ真新しく、とても近代的に出来ているので快適かと思います。
なにせ、源泉掛け流しの天然温泉ですから。
料金も¥600なので手頃です。
地元伊豆なのどの相場より、地方へ行くとけっこう安目なのでいいですね。


a0282620_21533855.jpg
a0282620_21561773.jpg
※「総湯」の画像は撮ってなかったので、ネットの借り物です。


a0282620_21582691.jpg

道の駅「氷見」の駐車場には、こんな風にキャンピングカーがけっこう停まっていました。
皆、利便性からトイレ周辺へ点在して駐車しています。
我々も、本当は遠く離れて孤立したいところですが、この軍団の中に入らざるを得ません。
見るからに旅慣れているようで、全国を悠々と長期間かけて周っている方が多いようです。


a0282620_21494341.jpg

さて、夕飯はと、氷見番屋街の中を覗きに行きました。
もうけっこう閉店の支度をしているところがあり、並んでいるものも限られて来ていたところ、驚いたことに寿司の半額値引きがありました。
地元の新鮮ネタで¥1500のところがなんと、半額!
ふたり分で一食分の費用で済んだのはラッキーでした。
さっそく、車中でお座敷ディナーです。
それほどお腹が空いていないどころか、すべて一気にぺろっと食べて、ああ、ご満悦。
もっと豪華な海鮮ものもいくらもあったでしょうが、我が家はせいぜいこのくらいの寿司でもごちそうです。
なにせ質素・倹約を旨とする車中泊旅ですからね。


a0282620_22024160.jpg

この後は、早々とベッドメイキングして、DVDの映画鑑賞です。最後は目がしょぼしょぼで、ほぼ半眠状態でしたがなんとか見終り、そのままダウン。zzz

ちなみに、車内の夜の電源はすべてサブバッテリーからの供給です。
DVDレコーダーも、LEDのルームランプも全然大して電力の消耗にはなっていないようで、ボルトメーターを見ても余裕の容量です。


a0282620_22004351.jpg

この駐車場では、大型と乗用車とのエリア区分があるので、夜はあのディーゼルのアイドリング騒音からは開放されていました。
ですが、大型キャブコンで発電機を装備しているのでしょう、静まった夜にこれを駆動するとはなんとも・・・。
あとは比較的マナーのいい場所のようでした。
(平日なのでこの程度の台数で済みましたが、混雑時は未知数です)


朝はあちこちの早起きの車から、バタン、バタンとドアの開け閉めの音や、エンジンをかける音で目が醒めます。
けっこうあったかで寝心地がよかった分、のんびりの起床でした。


a0282620_22035518.jpg

このパーキングでの朝食の支度はさすがに出来ないので、海側の公園の駐車場に移動をはじめました。
こちらは、朝の散歩や運動の人の車が何台か停まっているだけで、割と気楽にバックドアを開けて、朝食の支度が出来そうです。
お湯を沸かしてコーヒーを淹れたり、パンを焼いてホットサンドを作ったりと、いつもの相変わらずのメニューです。


a0282620_22041612.jpg

朝の氷見の海はこんな感じです。
日本海といえども、内海なのでべた凪のしずーかな海です。
地元の人と一言二言、ことばをかわしたのですが、ここは埋め立て地だそうで、以前の海岸線はずっと中の方にあるそうです。


a0282620_22045935.jpg

わんこの朝の散歩です。
気持ちがいいのか、ぐいぐい引っ張ってあちこちよく歩きます。

さて、今日はひたすら帰路の工程で、早々に氷見を出て、富山市内から国道41号(越中東街道)で飛騨方面へ。
神岡から平湯を目指します。


a0282620_22061534.jpg

そして、最後にこれだけは記しておきましょう。
平湯までのあいだにある道の駅「奥飛騨でのランチタイム。
道の駅の端にリバー亭というログハウス風のレストランがあります。
これが見た目では、ふつうはちょっとスルーしそうな感じだった(あまりぱっとせず)のですが、“飛騨牛カレー”の文字に足を止められました。
店内に入ると、注文は券売機ときたので、あれーっ、ちょっと選択ミスかなぁと思ったものですが、いやいや、外のテラス席で一口食べると、これが実に「美味い!」
ふたりで感嘆の声をあげながら、無言で頬張るという。
飛騨牛の旨み濃縮といった具合の、大当たりなカレーでした。
かなりお奨めの思いがけぬ店の紹介を最後に、今回の飛騨・富山編、「車中泊の旅」は終わります。

a0282620_22102812.jpg

~おしまい~



by martin310 | 2017-11-03 22:15 | 車中泊の旅 | Comments(0)