伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
「戸隠・車中泊キャンプ」の動..
at 2017-10-20 21:05
西伊豆の海辺でランチピクニック。
at 2017-10-15 19:53
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-11 06:00
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-09 21:54
タウンエースバン[改]で車中..
at 2017-10-08 16:25
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-10-02 13:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-28 08:34
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-23 20:58
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-20 11:03
[タウンエースバン・カスタム..
at 2017-09-16 16:31
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


[タウンエースバン・カスタム] 車中泊用木製収納棚の完成。


a0282620_15144637.jpg


タウンエースバンの荷室の長さは2メートルあるので、フルフラットの床を設置した場合、二人で寝るには十分な就寝スペースが確保できます。
ですが、このままでは、その他の荷物の収納スペースがまったくありません。
そこで考えられるのは、床面の面積を狭めずに空間を有効利用するために、両サイドの壁面から天井にかけてのスペースに、収納ボックスを設けるのが一般的です。キャンピングカーによくある、あの家具のようなキャビネットです。
ですが、そこまでキャンピング仕様にする気のない我がプランでは、もっと簡易に、横になった場合の足の来る位置の上あたりに左右に渡す棚を設けて、そこにすべての荷物を収納してしまおうと考えたわけです。

就寝する足元のスペースは、最低でも高さ40センチはクリアランスを持たせ、その上に下段の棚が、さらに天井近くに2段目の上段の棚が来るように設計しました。
棚の奥行きは、せいぜい70センチ程度なので、横になった場合、膝上くらいまでが棚下に入る感じになるので、眠るにはそう圧迫感がないだろうと、この寸法でいくことにしました。


a0282620_15145517.jpg

その前に、先日はまだ合板のままだったサブバッテリーボックスに、残った絨毯生地を貼り付け、床と一体化するようにしました。
同色の生地なので、まるでオシャレな収納ボックスを置いたように見えます。
この中に、40Bのバッテリーが2個入ります。
(40Bにしたのは、メインバッテリーと同サイズにして、もしものときにいつでも入れ替え可能にしておくためです。それに安価なので)


a0282620_15150195.jpg

さて、いよいよ収納棚の造作に入ります。
4本の支柱と、それをつなぐ上端の板はすでに取り付けてあったので、まずは下段用の棚板を作りました。
棚板といっても、枠と桟のあるパネル状のもので、これを支柱と接合することで、かなりの固定力を発揮します。
下段用棚板は、それなりの重量に耐えられるよう、桟で補強してけっこう堅牢なものにしてあります。


a0282620_15153192.jpg

そうそう、支柱のつくりの説明がまだだったので、記しておきます。
今までやって来た小屋づくりなどでは、すべてが垂直、水平、直角でできているのですが、こと車の中というと、その常識が崩され、壁面にしてもアールがついていて、そこに垂直・水平基準の木工作ではなかなか対処できないところがあります。
そこで、曲がった壁面に沿うために、支柱にはこんな工夫を加えました。
“2×4”を曲げるわけにはいかないので、2分割にして角度をつけ、ステーで固定という荒業です。
ステーは計8枚も使うので、アルミの平板をカットして、ビス穴を開けてこんな固定方式にしました。


a0282620_15150717.jpg

棚を下から覗くとこんな風になっています。
棚板自体がっちりしているので、支柱自体もびくともしないようになりました。

棚板の下に見える器具は、LED照明です。
おやすみタイムに、下の方だけ点けておくのにここに設置しました。(というか、余ってしまったので使っただけなのですが)


a0282620_15151238.jpg

棚には、白木のままではなんなので、一応、ワトコオイルのダークウォルナットで塗装しておきました。
棚面には、荷物が走行時に動くのを抑えるために、すべり止めシートを敷いています。
ここには、宿泊用に必要な火気関係や、キッチン用具類、コーヒーセットやお風呂セット、その他諸々の備品をケースに入れて置いておくつもりです。


a0282620_15151742.jpg

そして、上段の棚板も設置しました。
ここには、軽く柔らかいもの(シュラフやロールマット、ウインドシェード、着替え類など)を入れるので、簡単な枠のみで薄い合板づくりになっています。
天井に照明器具を取り付けることが出来ないので、この棚板を少し前に出して、そこにLED照明を取り付けました。
これは切り替えスイッチで、光量が半減できるものです。


a0282620_15152185.jpg

別角度から見ると、こんな感じです。
このLED、2個セットで安かったので買ったのですが、サイズがけっこう大きいので届いてびっくりしました。
もっと小振りのものとネットでは見えていたのですが・・・、画像が小さいのでこういう勘違いがよくあります。
まあ、取り付けてみると、そこそこものになりそうなので、使えてほっとしています。


a0282620_15152631.jpg

バックドアから別角度から見るとこんな風で、細かなものをクリアケースにパッキングして収納すれば、けっこう載せられる感じです。
上段の棚は後部からは間口が狭いのですが、前から入れればもっと開いているので、予定の円筒状の荷物は入るのではないでしょうか。


とにかく、入れ物が決まっていて、その中に効率よく備え付けの棚を取り付けるというのはけっこう難儀なものです。
サイズが狂うと入らなかったり、隙間があるとグラグラ揺れたりするので、現物合わせでぴったりギリギリサイズの造作が必要となります。
なんとか、脳裡に描いていたものが作れて、まずまずというところです。



# by martin310 | 2017-09-08 15:24 | ∟タウンエースカスタム | Comments(0)

[タウンエースバン・カスタム] 外装のカスタマイズは、ステッカーチューンとリップスポイラーで終了!?


a0282620_13423238.jpg


タウンエースバン・カスタムの外装の仕上げは、まずは、今まで早くから取り寄せていたステッカーの貼り付けです。
車の発注以前から、このタウンエースバン・カスタムの構想は練っていたので、早々とバックドアのウインドウに貼る、キャンプ関連のステッカーを購入しておいたのです。
それがやっと日の目を見るときがやって来ました。

スーパーブラックのスモークを貼った真っ黒なガラス面には、もちろん白地の粋なロゴの浮き出たものをと、今回は左に「CAMP★MANIA PRODUCTS」を、そして右には小振りな「tent-Mark」を計画していました。
あまり見かけないないようなものこそ、我が真骨頂。ありふれたものは選びません。
「CAMP★MANIA」は、アイアンのグリルテーブルを2つも使ってるし、新興の国産キャンプメーカーとしても応援したいところから、セレクト。
もうひとつは、言わずと知れた「tent-Mark」。
タープもテントも陣幕だって愛用してますから、もちろん。

他には、サイドボディーにこじゃれたものをと、ずっと探していましたが、なかなか既製のものにはいいものがありません。
もうあきらめかけていたときに、ヤフオクでオリジナルデザインの黒文字のステッカーを販売しているのに出くわし、即決。
まさに希少な一品です。

車体には一切の文字系のデザインを入れない風潮もありますが、やはり自分流には英文字のロゴは全体のイメージを変えるものとして外せないアイテムです。
確かに、貼ってみた感じは、それまでとイメージがグッと変わった気がしています。


a0282620_13423814.jpg

右サイドのスライドドアのすぐ後ろには、このブラックのキャンプ・ステッカーを貼りました。
ティーピー風のイラストが、キャンプテイストのイメージを盛り上げているようです。
ボディーカラーがグレーなので、ホワイトよりブラックの方が締まる感じになると思いこれに決めました。

あまり大きくはないので、近寄らないとよく見えませんが、ボディー面に何か文字らしきものが細かくあることで、目を惹く感じはあるようです。


a0282620_13424591.jpg

そして反対の左サイドには、このステッカーを。
こちらの方がサイズが大きく、ランタンのイラストが実にキャンプイメージのアウトドア感を醸し出します。
「CAMP OUTDOOR Freaks」
まさに、自分のこと、そのものです。

この車は、キャンプのトランスポーターでもあり、車中泊の旅車でもあるので、こういう使用目的そのものを表わすロゴは最適です。


a0282620_13425019.jpg

これはフルセグTV用のシャークアンテナです。
付属のバーアンテナよりスタイリッシュで、無志向性の感度的にもいいようで、ルーフの一番後ろ寄りに取り付けました。

で、その後ろに見える蛇柄のようなバーは?
これは“モールリップスポイラー”なるもので、たまたまネットで見つけたものです。
エアロパーツのメーカー製のものは、これより10倍近くの値段がするので、この汎用のリップスポイラーを迷わず購入。サイズを合わせてカットして貼り付けました。


a0282620_13425636.jpg

拡大するとこんな感じで、バックドアの最上部の窪んだ箇所に設置してあります。
送られて来たときは丸く輪にしてあったので、まるでとぐろを巻いた蛇に見えてしまい、どうなのかな?と思いましたが、これが流行のカーボン柄なのでしょうか。


a0282620_13431464.jpg

真後ろからの見え方はこんな感じです。
微妙なリアビューの違いですが、こういうのはマニアックな好みなので、わかる人にはわかるという味ですね。


a0282620_13431944.jpg

さりげなく小さく「tent-Mark」があるところがいいのです。
こういう繊細なディテールを車体デザインに持たせていることで、全体の車のイメージが幅広く、奥深い感じを持つのだと、我がデザインポリシーは述べているのであります。(笑)



# by martin310 | 2017-09-04 13:45 | ∟タウンエースカスタム | Comments(0)

[タウンエースバン・カスタム] ベッド用床と収納棚の支柱の造作。

a0282620_16373754.jpg


先週のベッド用床の土台に、もう少し補強を加えるところから、今週の作業が始まりました。
前後のセンター部分にも短い支柱を入れ、片側のタイヤハウス付近の空きスペースにも、台座を設けました。

運転席、助手席背後のベッド用床の収納がなければ、もっとがっちりと土台を作れるのですが、なにせ、床板を2つ重ねて入れる場所はこの後部のベッド用床の下以外にないので、そこを空洞にしておく必要があるので、どうしても中央部分が荷重対応不足にならざるをえません。


a0282620_16385495.jpg

これが後部の最終ベッド用床の土台の完成形です。
この上に12ミリ合板を乗せて、ベッド床とするのですが、やはりどうも中央の空きが不安定感を生みます。
そこで、就寝時には中が空っぽになることから、仮の支柱をそのときだけ入れるようにと、アイデアが浮かびました。
そうなれば、大分、床板のプカプカするのを防ぐことができるはずです。


a0282620_16391980.jpg

バックドア側からの光景です。
右端の木製のボックスは、サブバッテリーの収納箱ですが、どうしてもバッテリーの高さから、ベッド用床に半分程度出っ張ってしまいます。
ですが、こちらはツレの寝場所なので、長さ180センチは確保できるのでこれでもOKということに。
ちなみに、自分の方の寝場所は200センチ確保です。でなければ寝られません。


a0282620_16393689.jpg

そして、型紙でかたどって合板をジグソーでカットし、そこへ安物のカーペットを貼りつけ、このようにベッド用床になりました。
床板は2分割されていて、手前側だけがすぐに開けることが出来ます。
ここから、前側の2枚の床板をこの中に収納して、クッションフロアのスペースで食事などが出来るようにしてあります。

カーペットもいろいろ探しましたが、パンチカーペットはあまり好ましくなく、だからといって、部屋用の床敷きのものは中途半端に大きく、無駄が出て、価格も高く採用出来ませんでした。
ちょうどホームセンターに、細長い、ロール状になって売っている安いものがあって、これがちょうどいいサイズで4本使えば出来上がることがわかりました。
端の処理されたいわゆる“耳”はカットしてしまい、切ったままのほつれやすい状態にエッジはなっていますが、平らにつなげるにはこれより方法がありません。


a0282620_16401164.jpg

スライドドアから見たのがこの様態です。
このクッションフロアのスペースに、小さな折り畳みチェアーを2つ乗せ、ミニテーブルをカーペットの上に乗せて食事スペースとする予定です。
こぼしても、汚してもすぐに拭き取れるので、気にせず飲食ができるでしょう。
さらに、スライドドアのウインドウには、4連の換気ファンを取り付ける予定ですので、このスペースで簡単な調理も可能となります。

それから、足元のステップには、アルミのアングルを取り付け、幅の左半分の空洞部分には靴が2足ほどは入るようになっています。
反対側も同じ仕組みで、2名分のシューズボックスになります。



a0282620_16402721.jpg

バックドア側からのアングルです。
出っ張っているバッテリーボックスには、カーペットの余りを貼り付けて、同色の箱にしようと思っています。

そして、4本の“2×4”の柱が立っているのが見えますが、これが収納棚用の支柱です。
何でもないように立っていますが、これがまた、この位置に垂直に立てて固定するのがたいへんだったのですが、さすがに車の内壁は直線ではなく、かなりカーブが多く、垂直に無駄なく立てるのは容易ではありません。
それに固定位置の強度についても、いろいろ試行錯誤が必要で、あれこれ頭を悩まされました。


a0282620_16404671.jpg

バックドアを閉めた室内空間です。
収納棚の下に足を入れて寝る形になりますが、スペース的にはけっこう広いです。

バックドアのところに白い四角のものが見えますが、これはLEDライトです。
バックドアを跳ね上げて、その下で調理をする場合に、この照明がちょうどいい位置に来るように、あらかじめ取りつけてあります。

さて、この次は前部にベッド床の製作と、収納棚の造作にかかります。



# by martin310 | 2017-09-02 16:45 | ∟タウンエースカスタム | Comments(2)

[タウンエースバン・カスタム] クッションフロア床の完成とベッド用床の土台の造作。


a0282620_16262503.jpg


今週の作業は、先週の途中だったクッションフロア床の残り部分を作成することから始めました。
ご覧のとおり、荷室全面がクッションフロアによりフルフラットになったので、随分と広々としたように見えます。
ただ、これはあくまでベースになる床で、この上にベッド用の床や、荷物の収納棚などが載って来るので、この広々感のする光景はこれで見納めになります。


a0282620_16271595.jpg

この荷室の前部は、両開きのスライドドアがある部分で、その開口部は出入口になるステップがあるので、そこをどう扱うかがポイントになります。

ステップは足を掛けて中に人ひとりが入れればいいので、幅の半分だけを使い、残り半分はサンダルなどの靴入れにすることにしました。
この時点では、まだ側面の板がありませんが、靴入れになる部分は一応ボックスのようになります。


a0282620_16274853.jpg

a0282620_16281026.jpgちなみに、このような工作をする場所はどこかというと、家の裏側の方の自作のウッドデッキの上がその作業場です。
細長いウッドデッキ上に、日除けや雨除けのタープもどきを張って、俄か工房の出来上がりです。
ここがあるために、サブロク板のカットや、ワンバイ材の加工などが出来るのです。
平坦で割りと広い作業場は、こういうものづくりにはとても重宝します。
日中34℃くらいの中、直射日光を遮って日陰をつくってくれる、この簡易タープはとてもありがたく、滝のような汗をかきながらも、作業に熱が入っていきます。
いくら暑くても身体が次第に慣れてくると、日陰にいる分には、そうれほど苦痛ではなくなってきます。
やはり、じりじり焼かれるような直射は大敵ですね。



a0282620_16314225.jpg

さて、作業はさらに進みます。
今度は、ベッド用の床の造作の開始です。
まずは、その土台を“2×4”と“1×4”で組んでいきます。
脚の長さは130ミリととても低いのですが、それはちょうどタイヤハウスの高さに合わせているからです。
タイヤハウスは、剥き出しのままではどうかと思い、残ったウレタンチップで覆って、防音、断熱の効果を狙ってみました。
この山の頂点部分に、この土台に乗せる床板が来るように考えました。
つまり、水平に固定したワンバイ材のフレームで支えるのと、このタイヤハウスの上も重量を支えるのに利用しようというわけです。


a0282620_16321333.jpg

違った角度から撮ってみましたが、左の奥に見える合板で作ったボックスは、サブバッテリーの収納箱です。
これが高さがややあるので、実際にはベッド用床からさらに突き出るようになりますが、他に置き場所がないので、ここにしました。

それから、フレームの中央部分に脚がないのは、この上下床とのあいだの空きスペースに、ベッド用床の前半部分の床板を取り外して収納できるように考えたからです。
2段目の床面になるベッド用床は、約三分の一を外すことで、クッションフロア床を食事や簡単な調理のリビングスペースに使うことが出来るわけです。

こんな狭い限られた空間を如何に機能的に無駄なく使えるかを、簡単な造作でどうやって作るかが味噌で、頭をフル回転させて、あれこれアイデアを錬るのがまた、ものづくりの愉しみでもあります。
まだまだ、収納棚のつくりなど、考えるべき箇所はいろいろあって、なかなかサンプルになるものがないだけに、完全オリジナルの製作プランで、頭を掻きながら知恵を絞っているところです。



# by martin310 | 2017-08-27 16:39 | ∟タウンエースカスタム | Comments(0)

我が家の“ほったらかしブドウ園”、なんと食べ頃になるなんて。


a0282620_11241538.jpg


以前、クレマチスを何本か植えていた軒下の花壇に、2年前だったでしょうか、試しにブドウ苗なんてものをむやみに植えてみたところ、今年はツルがかなり伸び、驚いたことに実らしきものが出来たのでしたが、これがそろそろ食べ頃に見えてきました。

食べ頃に見えはしますが、さて、食に供するようなしろものになっているのかどうか、かなりいぶかしげに見ておりました。
なにせ、土づくりだけはけっこうまじめにやっただけで、あとは完全ほったらかし。
育て方なども一応は調べてはみたものの、かなりめんどくさそうなので成るにまかせることに、棚をにわかづくりしただけでそのままにしておいたところ、実が色づいて、小さいながらいわゆる「ブドウ」らしい形になり、もしかしたら食べてもいけるかも?と思いはじめました。

試しに一粒口に入れると、ううん、甘みもあるしブドウっぽい味・・・。

“巨峰”はまだ全体に色がまわっていないので、“デラウェア”の方を少し収穫して味わってみることに。


a0282620_11251787.jpg

我が家の“ほったらかしブドウ園”、水だけあげてあとはノータッチ。成るがままです。


a0282620_11255871.jpg

“巨峰”はまだちょっと早いので、もう少し待ちましょう。


a0282620_11262240.jpg

収穫した“デラウェア”。ほんの少しだけ採って、小さな籠に入れてみると意外においしそう。


a0282620_11264418.jpg

食べてみると、確かに甘味と酸味の結合した、あのブドウの味です。
これなら、売っているものと味だけは変わらない気がと、自画自賛。
それにしても、自然というのは素晴らしい。
こんな“ほったらかしブドウ園”にも、自然の恵みを味あわせてくれるのですから。
自分の庭の一角から、こんなブドウが採れるなんて、思わずけっこう感激してしまうものです。


# by martin310 | 2017-08-25 11:29 | ガーデニング | Comments(0)