伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
[DIY] キャンピングシェ..
at 2017-04-27 18:53
強風の夜のリベンジに、翌日は..
at 2017-04-25 10:35
強風去ってやっと“まったりタ..
at 2017-04-24 14:25
またもや遭遇、強風キャンプ。..
at 2017-04-21 17:49
タープ用ウッドポールの収納カ..
at 2017-04-17 13:36
ヘキサタープ用ウッドポールの..
at 2017-04-13 20:40
母屋の外壁の再塗装準備、それ..
at 2017-04-10 13:58
18メートルの土留め柵完成後..
at 2017-04-07 11:13
ワンコを背負って下田町歩きと..
at 2017-04-03 14:07
伊豆下田の爪木崎にて、ワンコ..
at 2017-03-31 20:47
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟秋葉神社前C(4)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(3)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


[DIY] 木製ランタンスタンドを自作。作りは簡単、でも雰囲気はそこそこ?!


a0282620_14232000.jpg


先日作ったキャンピングローテーブルもそうですが、もうひとつ、予定している早春のキャンプで使うのに、是非とも作っておきたかったのが、キャンプフィールドでランタンを吊るすランタンスタンドです。

今までは、テーブルの上に置いたり、タープポールにランタンフックで吊るしていたのですが、意外にポジションや高さに制約があって、思うポイントに設置する自由度が少なかったのが悩みの種で、既製品のランタンスタンドをあれこれ物色していました。
ですが、なかなかこれというものがなく、しかもそれほど頑丈そうでもないのに、値段だけは高いものが多く、手が出る感じではありませんでした。

そこで、「自作!」ということになるのですが、まずはネット上で参考になるものを探すと、いろいろと出て来ますが・・・、
基本形としては、3本のポールを三角錐状にしてそこへ吊るすというトライポッドスタイル(三脚形式)が最も多く、既製品のような脚があって1本ポールというスタイルは、自作向きではないようです。
3本ポール式でも、ボルト3本で接合するタイプと、ステーとボルトで固定する形式とがあるようでした。


a0282620_14233075.jpg金属ポールを使う気はなかったので、自ずと木製の丸棒3本で作ろうということにして、自分の場合はステーとボルトスタイルでいこうと、早速、材料を調達しました。材料といっても、ごくわずかなもので、ホームセンターで揃います。

・丸棒(20mm)×3本・Uボルトプレート(1/4×1/2)×3個
・丸カンボルトとM6蝶ナット、ワッシャー、木ねじなど

基本これだけです。
あとは、ポールの塗装用に水性ニスと、ランタンを吊るすカラビナがあればOK。
地面への固定は、一応、ペグダウンするために穴を開けておくか、ワイヤーで縛るかすればいいと思います。
強風で倒れたり、足を引掛けて倒したりと、意外にペグの固定は大事なようです。

Uボルトプレートは、脚になるポールの開き加減に即して、角度は10°位に曲げる必要があります。
工具は、ペンチとプライヤーしかないので、これがなかなか曲げるのには力がいって、若干歪になりましたが、まあ使えそうなので、これでいきました。
それと、下側のナットはダブルにした方が締めるのに動かなくていいかもしれません。


a0282620_14232457.jpg


a0282620_14263779.jpgポールに使った丸棒は、1820ミリそのままで使ったので、かなり背の高いランタンスタンドになります。光源がある程度高い方がいいと思うので、こうなりました。ただ、ポールの1本を2分割にはしないので、持ち運びには長いままです。
車内にも入ることは入るし、車外のキャリアに固定することも出来るので、分割収納方式にはしませんでした。

収納の際は、上部の蝶ナットを回して緩めると、このように3本一体に出来ます。単純過ぎる作りですが、収納的にはけっこう画期的だと思います。あとは、マジックバンドでまとめればいいわけです。



a0282620_14233394.jpg塗装は、セリアの水性ニス(メープル)を使ってみました。百均アイテムでも十分、いい色のようです。(近くで見ると、夜、室内で塗ったので、よく見えずムラになってますが)

ちなみにサンプルのランタンは、ドイツフュアーハンド社のハリケーンランタンです。
本当は、それと並ぶペトロマックスのHL1ストームランタンの方がよかったのですが、今や生産中止でプレミアがついて高値になっているので・・・。
フュアーハンドランタンは、艶のあるピカピカの銀色かと思っていましたが、けっこう安っぽいシルバーで、ちょっと期待外れでしたが、まあ、値段が値段ですから致し方ないですね。(この点、ペトロの方がもうちょっと高級感あるよう)でも、これがサビに強く改良した結果なのだそうですが。

実際のキャンプでは、これはサブに使って、このランタンポールには、メインのコールマンのワンマントルが吊るされるはずです。

ということで、超ローコストでランタンスタンドが完成しました。
材料費、安過ぎて細かく計算もしていませんが、またひとつ、キャンプアイテムに自作品が増えました。
まだ、実際に暗い中でランタンに火を入れてはいないのですが、さてどんな雰囲気になるのでしょう。楽しみであります。


a0282620_14261755.jpg



# by martin310 | 2017-03-06 14:37 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)

[DIY] 木製キャンピング・ローテーブルの完成。


a0282620_11075171.jpg


先週、日没時間切れで途中で終わっていた、キャンピング・ローテーブルの製作は、今週はこれにかけられたのは短い時間ながら、どうにか完成にまでこぎつけました。

まずは、脚のあいだに丸棒を取り付け、床との接点、脚の末端を平行にカットしました。
手引のノコギリで切ったのですが、まあまあしっかり床に収まるようで、テーブル自体もがっちりと全然揺れません。
木材の材質は柔なのですが、一応、これなら使用には耐えられるのでは?という感じです。


a0282620_11075591.jpg


既成品では、脚の固定に金属ピンを刺すような方法をとっているようですが、さて、我が自作テーブルの場合はどうするか?
丸棒を取り付けて、接続箇所のネジを強く締めると、案外、脚はブラブラせず、半固定されたように動かないので、このままでいいことにしました。
裏返して、脚を折り畳んでも、そこで止まって動きません。ベルトで止めようかとも思いましたが、それも必要ないようです。
このまま大型トートバッグに、折り畳みラックなどと一緒に入れて持って行けばOKです。
あっ、かなり傷つきやすいので、まわりをプチプチなどで保護した方が無難でしょうな。


a0282620_11075869.jpg


そして、塗装です。
白木はまたそれなりにきれいでいいのですが、すぐに汚れが付きます。やはり、ここは表面保護と色を加えるということで全体塗装を施します。
当初、ストックのあるワトコオイルでと思って塗り始めたのですが、なんと“ナチュラル”という色は、ほとんど無色透明に近く、色が全然ついたように見えません。

そこで、これも残りのあるブライワックスの“ラスティック・パイン”でオイルフィニッシュをすることに。
これがまたたいへんで、刷毛塗りならやり易いのですが、布で蜜蝋ワックスを伸ばしていくという、こんなスノコのように溝がたくさんで、細かな角もあるものを布で塗るのはかなり面倒な作業。
いやー、実に手間のかかることといったら・・・これなら買った方が早い?!

でもまあ、塗り終わって磨きあげると、ほーっ、なかなかだと。


a0282620_11080347.jpg


最後に、転写シールで作った焼印風オリジナルロゴマークをつけて、その上から保護に透明ニスを塗って終了です。

なんとか、ほぼ思い描いたとおりに出来上がったようです。
買い集めたキャンプグッズの中で、自作という“Ma:WORKS”のブランドロゴが輝いて見えるようで、これが我がキャンプフィールドにある光景を思うと、かなり楽しみな気分になれます。

出来れば、キャンプメーカーのパクリ品でなく、完全オリジナルなものを作ってみたいものですな。


a0282620_11080770.jpg



# by martin310 | 2017-03-03 11:16 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)

18メートルの土留め柵改修工事・・・3ブロック目が終わりま した。


a0282620_19323672.jpg


先週に続き、今週もまた雨天のため、1日しか土留め柵の作業時間がありませんでした。
なのでとにかく、3ブロック目を完了させようと、仕事を急ぎました。

先週は、塗装遅れのため、土留め板を3段目までしか積めていなかったので、そこから始めようと、まずはウレタン樹脂塗装が終わっていないものから始めました。
こんなふうに、塗装作業場も大忙しです。


a0282620_19324116.jpg


そして、3ブロック目の中央の支柱を立てて、やや内側に歪み気味の土留め板を矯正することも兼ねて、外側に向けて押し出そうとしました。
ところが、力で押しても一向にビクともしません。
逆に内側に大分傾くようで、これを修正するには、結束バンドで強制的に引っ張るしかありません。
ただ、ぐいぐい引っ張っても、支柱が曲がるだけでそれほどの効果がなく、もうある程度のところで諦めざるを得ませんでした。
水平器で測っても、支柱はやや内側に傾いています。
止むを得ませんが、これでいくしかありません。


a0282620_19324762.jpg


で、3本の支柱のトップの高さを切り揃え、笠板を取り付けます。
そして、横板を2枚等間隔に取り付け、土留め板の隙間に土を入れ込み完了です。


a0282620_19325362.jpg


見た目ではなんとかなったように見えますが、正確には当初予定していた、気持ちよく真っ直ぐ一直線に塀が伸びる・・・という具合にはならず、途中でぐねっています。
まったくもって2ブロック目からの歪みが残念でなりません。

まあ、諦めが肝心です。
後は、残すところ2ブロックのみになりました。
もう終わりが見えて来ましたので、この後を正確に作っていくこととしましょう。


a0282620_19325975.jpg



# by martin310 | 2017-03-01 19:37 | ∟18mの土留め柵 | Comments(0)

18メートルの土留め柵改修工事・・・3ブロック目はまだ途中です。


a0282620_13552742.jpg


今週は、前述したキャンピングローテーブルの製作にもう1日を使うため(実際には雨風の荒れた天候により、半日だけになった)、土留め柵工事には1日しか充てられませんでした。
なので工事の進捗状況としてはひじょうに中途半端に終わっております。

今までの1、2ブロックの箇所が難航を極めたので、さて、これからは傾斜も緩くなるので、さぞかし工事はスムーズに進むかに思えたのですが、これまた予想外に時間を浪費してしまい、なかなか進行が鈍っています。


a0282620_13553221.jpg


この崩した土の量を見てもわかるとおり、今までの古い土留めはけっこう敷地の境界線より内側に遠慮して作っていたのを、今回は境界線にぴったりに設置するので、土を崩していくとこんなにも大量になっていきました。
そして、先週の2ブロック目の杭の立てる位置が、少々狂って内側に4~5センチもずれた分、3ブロック目は正確にやろうと意気込んでいたのですが、これがなかなかぴったりと来ず、何度も掘り直してまたも苦戦しました。
また、中央に土留め板の歪みを抑える杭を立てる前に、土を空いた隙間に入れ込んで固く締めたために、板が曲がってしまい、それもまたやり直したりで、何度無駄な作業を重ねたことでしょう。


a0282620_13553521.jpg


しかも、思った以上に土留め板の段数が必要となり、塗装済みのものが不足して、これにて作業終了となってしまったこともありました。
当初、考えていた段数よりも、各ブロックで1~2枚も多くかかっているようで、これでは最後のブロックは足りなくなること必至のようです。
塗装作業が追われて来ているし、また材料の買い出しも必要になって来ました。

全体から見ると、ほぼ半分くらいのところに来ているようですが、まだまだけっこうハードな作業が続きます。
特に、杭の60センチの穴掘りが嫌になるほどたいへんです。
深くなると土が固くなるのか、わずかづつしか掘れていきません。そのうち、腕がもの凄くだるくなって来て、腰にもきます。
もう、こうなると体力勝負と根気でやり抜くしかありません。
これって、次の改修工事の時期が来たときには出来るのでしょうか?(一応、10年持たせるつもりでやっていますが、その10年後は・・・??)


a0282620_13553878.jpg


# by martin310 | 2017-02-25 13:57 | ∟18mの土留め柵 | Comments(0)

キャンピングローテーブルを自作する。<木工作編>


a0282620_20054090.jpg


土留め柵改修工事の真っ最中でありながら、やはりどうしてもキャンピングローテーブルを作りたくなり、工事を中断して木工作を始めました。
材料がすべて揃っているだけに、早く形にしてみたいと思うのは、D.I.Y 派の気性というべきでしょうか、止むに止まれず手作りテーブルの工作開始です。

といっても、天気予報どうり、午前中は凄い嵐のような天候・・・、午後には晴れると、ひたすら雨風の止むのを待ち、予報どおり午後1時を期にさっそく勢いよく作業に取り掛かりました。
すでに半日、作業時間を失っているので、けっこう端折ってやったものの、やはりあともう少しのところで時間切れ、日没でした。


a0282620_20054523.jpg


a0282620_20054928.jpg


まずは、板15枚を使った天板から作っていきました。
幅760ミリの土台の板に、幅45ミリの板を15枚並べて貼っていきます。
隙間を計算して、正確に測りながら取り付けていきましたが、どういうわけか、中程に来るとどうも隙間をもう少し空けないと合わなくなり、すべて均等の空きではなくなってしまいました。まあ、それほど目立つわけでもないので、よしとしましたが、何かにつけ、正確性がいまいちな作りになります。

15枚の板を予め仕上げサイズにカットして取り付けると、縁がまず真っ直ぐとはならないのが目に見えていたので、少し長めにして、後から指定サイズに丸ノコで一気に直線カットしたので、仕上がりは見てのとおりきれいに揃いました。

土台板の端はジグソーで曲線切りをして、アールをつけました。サンドペーパーで研磨して滑らかにしてあります。
普段、面倒なのでやらないことも、このキャンピングローテーブルでは既製品に迫ろうと、頑張ってやっています。


a0282620_20100866.jpg

a0282620_20060425.jpg



そして、脚をつけていきます。
脚の上部は回転するとき、天板にあたらずスムーズに動くように、半円に丸くしてあります。
接合は、長ネジとナットで固定しますが、買って来たものがどうも寸法間違いで短か過ぎてしまいまったようで、仕方なく、溝掘りをして穴の中でワッシャーとナットでどうにか止めることが出来ました。

脚の傾きの押さえをリベットピンを使って止めようかと思っていましたが、横に渡す角材で止めた方が効果的のようで、脚と同じ角材をストッパーにすることにしました。
これも怪我の功名、予定では天板の板と同じ12ミリのものを使う予定でしたが、材料が足りず、急遽、脚と同じ角材にしたのでしっかりしたストッパーになったわけです。



a0282620_20060047.jpg

ここまで作って時間切れでした。
まだ、脚の間に丸棒を入れてないのと、脚の下端を水平にカットすることも来週になります。それとワトコオイルの塗装や、焼印風ロゴマークシールの加工なども最後の仕上げになります。
それでもまあ、一応、キャンピングローテーブルの形にはなったので、まずまずでしょうか。
ただ、一見、横から見るとなぜか「木琴」に似ているのを危惧しているのですが、大丈夫でしょうか?


# by martin310 | 2017-02-23 20:18 | ∟キャンプ系 DIY | Comments(0)