人気ブログランキング |

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
阿弥陀堂は今もひっそりとそこ..
at 2019-09-16 15:32
屋根まで届け、単管足場。・・..
at 2019-09-08 22:31
UFOが音楽を奏でる?![純..
at 2019-09-02 16:10
雨の日は、「純セレブスピーカ..
at 2019-08-29 15:00
8月の庭 * コニファーの下..
at 2019-08-26 22:08
真夏の補修月間・・・ガーデン..
at 2019-08-23 10:05
[DIY] バラ用木製コンテ..
at 2019-08-13 19:47
「高原へいらっしゃい」・・・..
at 2019-08-06 22:23
猛暑の中、土留め柵の再々塗装..
at 2019-08-05 14:44
自作スピーカー、サブウファー..
at 2019-08-03 21:50
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
トラックキャンパー
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
JUN さん、お尋ねの件..
by martin310 at 12:07
一番上のタウンエースバン..
by JUN at 09:24
写真のホイールメーカーと..
by JUN at 09:22
お返事ありがとうございま..
by 風弘法 at 10:09
風弘法さん、コメントあり..
by martin310 at 21:54
シネマ紀行・萌の朱雀をリ..
by 風弘法 at 19:14
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


阿弥陀堂は今もひっそりとそこに建っていた。

a0282620_15261316.jpg


我が家の車中泊旅のシーズンオフ(暑い夏の時期)が解けて、4ヶ月ぶりに旅に出ました。
夏場の暑さが和らぎ、ちょっと秋めいた涼しさがやって来たので、ずっと押し殺して堪えていた旅心が復活し、念願の志賀高原や奥志賀、そして秋山郷への車中泊旅に出掛けてみようということに…。
3日間のあいだ是非とも晴天に恵まれることを願って、天気予報をしつこく何度も何度も見ていましたが、初日の予報は悪く、雨も覚悟の旅立ちでした。
それでも一日目だけで、後は驚くような快晴、かなりご機嫌な旅行きとなりました。

久し振りの車中泊旅でしたが、どうもただただのんびり行って来たいと思う気持ちが強く、あまり撮影行動には意欲を持たなかったので、写真も動画もわずかしか撮って来ませんでした。
で、中でも撮り貯めのあった、最終日の帰路に着く前に行った木島平の阿弥陀堂だけ記しておくことにしました。
※長野県下高井郡木島平村


【リベンジ、阿弥陀堂に行く。】

a0282620_15262849.jpgというのは、以前、この阿弥陀堂がどうしても発見出来ずに諦めて帰ったことがあり、次は必ずと思っていたのでした。
去年(2018年)の7月に、この地を訪れた際、観光マップの端にわずかに「阿弥陀堂」の名があったのを発見して、あの映画「阿弥陀堂だより」のロケ地だったその阿弥陀堂が今も残されているとのことで、村の細い山道を登りつつ探したのにもかかわらず発見に至らず諦めたことのリベンジなのです。
その後、ネットで調べると、なんとそこと目と鼻の先まで行っていたのに、わずか数十メートル行けばあの茅葺屋根が見えたところを見逃していたことがわかり、残念無念の再挑戦なのです。
(映画も再度、DVDで観て、辺りの景観もよく脳裡に焼き付いていたので、今回は背後の森の感じから、その辺りだとすぐにわかりました)


a0282620_15261851.jpg

2002年公開の映画ですから、このセット用に建てられたお堂もすでに18年の歳月が経過しているので、きっとかなり朽ちて来ているものと推測していたのですが、思ったよりよく保存されていて、映画の中では意図的にに古さを基調にセットとしてつくっていたろうに、今や、本当の古さが味わいになっている感がありました。


a0282620_15262129.jpg

この阿弥陀堂からの風景は映画にも出て来て、かなり印象的でしたが、今も変わらず木島平の平野と千曲川の流れとその奥の斑尾や黒姫山や妙高山などの山並みが見えます。


a0282620_15262397.jpg

茅葺屋根はきれいに葺き直されて、ここは目立って目新しく見えました。
それにしても、見事な葺き方で、とてもきれいな屋根です。
ちょうどその場に飾ったように咲く、ススキの穂がベストマッチでした。


a0282620_15262606.jpg

両開きの引き戸の障子の穴が、なぜか抽象模様のようで見事でした。
厚めのぱりっとした障子紙が貼られていましたが、吹き込む雨でこんな自然な形象が作られたのでしょうか。


a0282620_15293472.jpg

中を覗いている人がいます。
辺りは秋の虫の音が響いて、森はとても静かです。
やはりここは特別な場ですね。
よくここを阿弥陀堂の場として見つけたものです。
しかも、そのセットとして建てられた建物が今も大切に保管されているのが嬉しいです。


a0282620_15293678.jpg

お堂内部は当時の映画にあるままです。
阿弥陀さんの像もそのままに…。


a0282620_15293954.jpg

見事な茅葺屋根、真新しくて美しい。
萱といい、それを加工する職人さんといい、よく手を入れられ再現されています。
きっと地元の人々の残したい思いがこういう形を生むのでしょうね。


a0282620_15294173.jpg

農道までのこの小径がとても味があるいい路です。
ちゃんと草刈もされていて、大仰には看板も立っていませんが、知る人ぞ知る、訪れる人のためにひっそりと保存されている感がとてもいいです。


a0282620_15294369.jpg

映画の加古隆の音楽が醸し出すイメージが、今もこの地の風景に沁み込んでいる気がします。


a0282620_15302526.jpg

わんこもちょっとお散歩。
車も来ないので、自由に歩かせますが、不思議とリードを手にしないとその場に停止してしまいます。
おもしろい習性で、生まれながらにインプットされているようです。


a0282620_15302716.jpg

ちょうど稲が実り、見事に色づいた田圃の色面と、それを貫き蛇行する千曲川の川筋が輝き、初秋の木島平もまた美しく記憶に残る場でした。






# by martin310 | 2019-09-16 15:32 | 車中泊の旅 | Comments(0)

屋根まで届け、単管足場。・・・母屋の外壁塗装。

a0282620_22245804.jpg


ずううっと先延ばしして、遂に2年も経ってしまった母屋の西側正面の外壁の左半分の再塗装を漸く始めることにしました。
取り敢えず最も色落ちの目立った右半分を塗ってから、まさか2年もの間放置することになるとは思いもよりませんでしたが、時の経つのは早いもので、あれやこれやと優先するべきこと多く、逆に塗った右半分の方も既にやや劣化が進みつつある現在、順を追って塗り替えを急がないとままならない状態になって来ています。

そして今回も、「自分で出来るものは自分で」というポリシーから、外注はせず、すべて自分で塗装するので、まずは足場をつくることから始めます。
足場にはホームセンターで手に入る単管パイプで組んでいきますが、専門業者さんのように家をぐるっと取り囲むような膨大な本数を確保することが出来ません。
やれるのは、四面ある家の壁面の一面の半分ずつしか作業で出来ません。それにしたって三角屋根のてっぺんまで伸ばすには、けっこうな数の角サイズのパイプを用意しなければなりません。

ログハウスの塗装は、木材保護塗料を使うので、それほど長期の耐久性はないためにおよそ3~5年程度で塗り直しをしていく必要があるのです。
そこで、我がプランでは、角面の半分ずつを何度か繰り返しながら全体を塗っていく方法を取っているわけです。
なので、特に劣化が目立つ面から優先に、時期をずらしながら塗り進めるというのんきな方法をとっています。


a0282620_22254197.jpg

さて今回は、屋根の際まで外壁が迫り出した面ではなく、中へ引っ込んだ方なので、すべて塗る必要もなく、屋根のへりの破風板や2階デッキの欄干、1階玄関前のデッキなどになります。
難関は、屋根勾配に沿ってある破風板の一番てっぺんまで塗ることです。
これには当然、そこに届くまでの足場を組まずには出来ません。
サンダーをかけて塗り直すだけの単純な作業なのですが、兎に角、この一番の高所まで手が届かずには完了しないわけで、これが塗る作業より最大の労力と、高所作業の恐怖を克服せねばならないわけです。
ああ、2年前の高所の恐怖が甦ってきます。汗。


a0282620_22254681.jpg

一日目、炎天下で2人で組み始めてここまででくたびれて終了です。
水準器で水平を取りながら組んでいきますが、あちこち歪んでいます。
大勢に影響ないので、多少のことには目を瞑ります。
ただ、自分が乗って作業するだけに、如何に安定させるかは常に留意します。
なにせ、揺れれば当然、怖さが増しますから…。


a0282620_22255145.jpg

2日目、さらに上を目指して天へと伸びて行きます。
と言うのは容易いのですが、実際、上にあがってまだない柱や手すりを自分が組んでいくのですから、下を見れば怖さ百倍です。


a0282620_22255539.jpg

2階デッキの高さまで進みましたが、まだてっぺんまでは届きません。
この50センチ、1メートルの高さを増していくのが至難なのであります。
高くなるほど尋常な精神状態ではなくなります。
夢の中に出て来るほど、不安な気持ちは最高潮になっていきます。
それでもやるのですが、一種のマゾッけですかね。


a0282620_22270401.jpg

この高さですよ、隣家の屋根があんな下に…。


a0282620_22270938.jpg

腰を落とせば、大分恐怖感がなくなります。
しかし、人間、長く上に居ると段々恐怖感が和らいで慣れて来るもので、足場が完成して塗装をする頃には、案外、平気で手放しで歩いていたりするものです。


a0282620_22271353.jpg



↓2年前(前回)の足場組みの様子です。





# by martin310 | 2019-09-08 22:31 | *D.I.Y | Comments(0)

UFOが音楽を奏でる?![純セレブスピーカー] #2 UFOタイプの完成。

a0282620_15514091.jpg


[純セレブスピーカー]の自作Vorsin2として、吊り下げ型ランプシェードを使ったUFO型のスピーカーを作りました。

a0282620_15520237.jpgこれは、YouTubeで見た片岡佑介氏製作の[純セレブスピーカー]惑星タイプに魅せられて、自分でも作ってみようと材料を集めて試作したものです。

【純セレブスピーカー 惑星モデル 試聴動画】片岡佑介
https://www.youtube.com/watch?v=04Fo433J0yM

この惑星タイプの動画で音を聴いた瞬間、これは凄い!実にピュアな音だと即自作熱が沸騰。

※トップの画像は、かつて観た「未知との遭遇」のイメージで撮ってみました。


a0282620_15514492.jpg

箱型ではないいわば提灯型なので、今までの過去のスピーカー製作経験からはまったく型破りな発想のものでした。
硬質なエンクロージャーに入れるのではなく、こんなボンボリのような、軽量で空洞なハリボテに入れて音を出すという、画期的なものです。

本体のランプシェードは、IKEA製品の「SOLLEFTEA ペンダントランプシェード ホワイト ラウンド」という、球体を少し潰したような形のものを使いました。(直径:37cm、高さ:23cm)
ネットで探すと、なかなかちょうどよさそうな大きさのものがなく、スピーカーユニットの口径とのバランスから、このランプシェードを採用することにしました。

ネット上の画像では、あまりディテールまではよくわかりませんでしたが、モノが届いてよくよく見てみると、構造的には二重の幕になっていて、内部に一仕切りあり、外装はまるで等高線のように細かく細い骨があり、それに穴の多数空いた紙が貼ってありました。
そうです、空間が二重構造なのです。
開口穴は上下に空いているので、下方の穴にスピーカーユニットを装着し、その音がまず最初のシェード内部の空間に詰めた紙に響き、それの振動がさらに外皮の紙に伝わって響くとう感じになりそうです。


a0282620_15514731.jpg

さて、製作開始です。
まずは、外皮に和紙を張り込んでいきます。
和紙も、ネットでいろいろ調べましたが、この「もみ和紙 越前和紙 無地 白」という、ちょっとゴワゴワした越前和紙にしました。
B4サイズになっているので、これを縦に刻んで短冊状にして張り込んでいきます。
和紙の表面はゴワゴワ、デコボコだし、シェードの外皮の方は骨と穴の空いた紙で、これも段差があり、なかなか糊付けするのに手ごわい相手でした。
糊は、子供の頃の工作でよく使ったでんぷん糊を水に溶いてべた塗りして使いました。  
これが実際やってみると、なかなか接着しずらく、水分を含むと紙が伸びたりするので、やや引っ張り目にしたので、形がちょっと変形した出来上がりになってしまいました。
なので、2つのうちの1つ目は、天地の中央部分がやや引きつれて尖った感じになり、それが結果的にUFOの形状に近くなりました。
2つ目は要領がわかってきて、もっとうまく貼れるようになり、形も元のシェードの形のままに出来ました。
お蔭で左右で微妙に形状が違うスピーカーとなりました。


a0282620_15515020.jpg

スピーカーユニットは、ダイソースピーカーよりは大きいものを使いたいと思い、コイズミ無線で適当に口径8センチのものを選んで購入しました。
Visaton 8cmフルレンジ F8SC」というユニットで、音質はどんなものなのかは、まったくわかりません。とにかく、やってみてどうか、リアルな現場主義、試行錯誤が本領の我がスピーカー工作です。

ユニットの固定は、太い針金状の骨組みがあるので、そこに自家付けではビビルので、一度、ダンボールの枠を作ってそこへ取り付け、ガムテープで軽く固定しました。
吊り下げは、上部に吊り下げコード用の針金枠があるので、そこを通してスピーカーコードで吊り下げました。
そして、内部の第一室に半紙をぐしゃぐしゃ軽く詰めてみました。
これで完成。
いよいよ音出しです。


a0282620_15515347.jpg

第一声は、んんん?、音が小さい。
ボリュームを大分上げないと音がちょうど聴き頃になりません。
これはおそらく出力音圧レベルが低いためでしょう。
スペックを調べると、82dBでした。
これはけっこう音量小さめのユニットです。
もっと磁気回路が強く、音が外に広がるタイプのユニットの方がよかったようです。
まあ、1個1,356円ですから文句も言えませんが…。

音質は、まだエージングが0ですから致し方なくもありますが、割とコーン紙特有の響きで、よくある小口径ユニットの宿命的な音質とでもいいましょうか、まあ、ふうつのそれなりの音でした。

で、これはアンプをもっと出力のある、音域の広いものにと、我が常用のオーディオシステムにつなぐことにしました。
全然高級機ではありませんが、やはりこれにした方が「Lvpin」よりはいいようです。
第1作のダイソースピーカーものよりは、中・低音はもう少し出て、厚みも加わるので、パワーがあるアンプで鳴らした方がいいようでした。


a0282620_15515631.jpg

試しに、部屋の窓際に吊るして視聴してみました。
音が上から降るように出て、その下の中央で聴くとなかなかのステレオ感です。
2階のロフトへ上がって聴いてみても、音の室内全体への拡散度はなかなかのもので、ログハウスのすべて無垢の木の壁の中では、けっこう心地よい響き方をするようです。

やはり性質上、中高音が主体で、弦や女性ボーカルなどとの相性がいいようです。
特に弦では、ギターやチェロやハープがよく、ボーカルは透明感のあるソプラノが向いているようです。
CDの棚から試しに、映画「ぽっぽや」のサントラ盤の、坂本美雨の歌うテーマを聴いてみましたら、その天に届くような透明感、さわやかな声質に驚きました。(ちなみに、CDプレーヤーからDACを経由してアンプにつなげています)


a0282620_15515932.jpg

a0282620_15573511.jpg

これはもう少しエージングを続けた先には、もっと聴き易い音になるのでは?
さらに、よりシステムに合ったユニットを見つければ、UFO型[純セレブスピーカー]という新分野が開拓されそうな気がします。
このスピーカーは、どちらかと言えば、室内空間でのBGM的な利用の仕方をすれば真価を発揮するようです。
例えば、カフェのような居心地の良さを求める小空間に吊り下げて、ちょうどいい音量で鳴らしておけば最良の音空間が出来上がるのではないでしょうか。
清らかな音楽が、上から空間に降って来るような、そんな用途には最適な気がします。
このスピーカーの登場で、もっと店舗などの音空間、視覚空間(UFO2機が浮かぶ)に可能性を感じます。
清らかな音のシャワーで寛ぎと癒しを・・・、そんなものを与えてくれるスピーカーではないかと思うわけであります。


# by martin310 | 2019-09-02 16:10 | *D.I.Y | Comments(0)

雨の日は、「純セレブスピーカー」を作る。#1 [ミニラジカセタイプ]

a0282620_14474378.jpg


毎週の休みは、この夏のあいだは庭や家屋の外回りの補修月間にあてているので、雨が降ってはその予定がどんどん順延になって遅れていきます。
なので、予報が悪いとまったくもって無為に過ごすことになり、インドア生活を余儀なくされます。
そうなると、さて、何をやるかなと考え…、
そうだ、そうだ、これを作りたかったんだと、
逆に俄かにワクワクして来るのであります。

以前からYouTubeでの動画を見たりして、一度、自分の手でもやってみて、その素晴らしさを実感してみたいと思っていたもの・・・。
それは、
a0282620_14515111.jpg
片岡佑介氏と安富歩氏による、画期的な発明というか発見というか、とにかく今までの常識を覆す簡単、平易な手法で手作り出来るオリジナルスピーカー、その名も「純セレブスピーカー」を作ってみようということでした。

ここに詳しく説明されてます。
●【純セレブスピーカーとは】
https://jun-serebu.net/about-jun-serebu-speaker/
●【純セレブスピーカー誕生秘話】
https://jun-serebu.net/story/
●【開発者紹介】
https://jun-serebu.net/developer/


a0282620_14511822.jpg

使うスピーカーユニットは、
ダイソーの「USBミニスピーカー」(¥300)

これっ、このまま聴いてもかなりいい音で、とても300円とは思えない。
何もしないでこれで使おうかと、一瞬思ったりもしますが…。
このユニットを使うので、分解してスピーカーだけ取り出します。


a0282620_14512257.jpg

裏側にある4つの小さなビスを回して蓋を開けます。
ビスが小さく、しかも穴が深いのでマイクロドライバーでないと開きませんでした。
ほーなんて小さなスピーカーだろう。口径は5センチ。
よくこんなコストで作れるものだと感心する。


a0282620_14512688.jpg

取り出したスピーカーユニット。
スピーカーコードを半田付けします。
5センチユニットにはちょっと太すぎるくらいでしたが。


a0282620_14512938.jpg

さて、基本、「純セレブスピーカー」はダンボールなどの簡易な箱に入れるのですが、適当なものを探すといってもそうあるものでもなく…。
宅配で来るダンボールなんて、大抵はすぐさまバラして処分してしまうし…。
あったあった、ちょうどホームセンターで買ったばかりのステンレスボトルの空き箱がありました。
長方形なので、これに左右のスピーカーを入れてしまうことに。
本来、立方体が2つあって、それにセパレートするのが一般的ですが、まあ、この際、横長長方形にして、ミニラジカセスタイルというのもいいのでは。


a0282620_14533662.jpg

スピーカーはネジ止めなどせず、穴に入れてそのままに固定せず。
従来のスピーカー工作の常識では、がっちり固定で、しかも箱自体も堅牢で重厚なほどよし・・・なんていうセオリーとは間逆のゆるーい仕様。
箱の中には、吸音材なんて入れずに、紙を適当にくしゃくしにして入れます。
今回は半紙を使ってほんわり入れました。

これは「純セレブスピーカー」の真骨頂である、箱全体が振動する、「箱全体が共鳴箱」的な志向から来るもので、中に入れる紙の種類や、箱の素材、容量、形状、質感など、様々な要素がミックスして、不思議な耳に優しい心地よい音が生まれるという訳です。


a0282620_14534067.jpg

で、全体の音響システムはというと、
音源はMP3プレーヤー、そしてアンプは3000円台という安さのあの中華製の「Lvpin」LP-2020A+に外部出力でつなぎ。
アンプからはスピーカーコードを経由して、出来立てほやほやの手作り「純セレブスピーカー」1号機へ。


a0282620_14534480.jpg

「純セレブスピーカー」なので、部屋の中のちょっとセレブ風なキャビネットの上に置いて鳴らしてみます。
最初にかけようと思ったのは、「純セレブスピーカー」はどの音楽にもマッチするのではなく、ある特性を持った領域の音楽に最適なので、アコースティックなものにしようと、これをセレクト。

haruka nakamura 「AOKI, hayato と haruka nakamura - Call 」
https://www.youtube.com/watch?v=2dtynhQNRmc

しょっぱらのギターの音のきれいさ、なまなましいピュアな音質におどろき。
なんとこんな材料で、こんな適当な作りで、こんなきれいな音が出るなんて・・・、絶句。
箱全体から音が空間に響いているようで、部屋全体が爽やかな音空間に変わっている。
アンプの「Lvpin」には、ラウドネスのON、OFFがあるが、入れないノーマルの方がいいようだ。
あまりボリュームを上げるとビビルので、中くらいまでがいい。
でも、音の軽やかな広がりが優れているので、小さくしていても充分。

あまりに心地いい音なので、ずっと聴いていたくなります。
しかし、恐るべしダイソースピーカー。
そして、驚きの凄さ「純セレブスピーカー」。

いろいろなタイプの曲を聴き比べてみると、やはりシンプルな弦や女性ボーカル、笛や打楽器など、伸びのある中広域が特異なスピーカーシステムのようです。


a0282620_14534812.jpg

つづいて次回は、球形の吊り下げ方スピーカーに挑む予定です。



# by martin310 | 2019-08-29 15:00 | *D.I.Y | Comments(0)

8月の庭 * コニファーの下枝を刈る。

a0282620_21575055.jpg


生垣の代わりに植えた、10本のコニファー(ゴールドクレスト)の下枝を鋸で落としました。
成長力が物凄く、毎年、みるみる背丈が伸びて仕方がない、このコニファーを道路との敷地の境界線に植えてから、早くも8年。
余りに高くなった樹高を抑える為に、背丈を3分の2ほどにカットしたのは2年前の真夏でした。
そのとき、内側の膨大な量の枯れた葉を手作業で除去した、あの夏の暑さを思い出します。
今年も、そんな同じような酷暑の中、樹形が上に伸びて、下方の無駄な枝が目立ち始めたので、これを剪定することに。

コニファーは、無作為というか、まったくランダムに、数も形も位置も伸びた枝の先にある若葉の集合で全体の円錐形の樹形をかたちづくるので、その下方の枝を取ってしまうと形が崩れる恐れがあるために、今まで残してあったのですが、それも枯れが目立ち、樹形に意味をなさなくなったので取り去ることにしたのです。

a0282620_21584008.jpg



するとどうでしょう、自作の白いガーデンフェンスがすっきりと隠れずに姿を現し、さらにフェンス越しに中も外も見通しがよくなり、意外に開放感が出るようになりました。
風通しもよくなり、なにより、道路側から庭の中の様子がよく見えるようになったのがいいようです。
せっかく艶やかに咲き乱れているバラの姿さえも、今までは外からは目に入ることはなかったのですが、これで散歩する方々の目に入れやすくなったかもしれません。
でも、山の上の我が家、道を歩く人もほとんどいないのですが…。
少なくとも、樹に覆われて庭の中がまったく見えなかった今までよりは、オープンガーデン感は増したように思えます。
やはり、庭主からすると、花の最盛期に誰の目にも入れてもらえないのは、花たちにも気の毒で不憫な気がしてならず、それに本人にとっても張り合いが持てないのも確かにあるものです。

庭の状態がいいときは、やはり他の方々にもシェアしたい気が起きるもので、そうでない、荒を見せたくないときの気持ちと裏腹に、そのときどきの勝手な気になるものです。

いずれにしても、このコニファー、このまま樹高も伸び過ぎ、幹も太くなり過ぎる今、そろそろ放置するにも限界が来て、伐採を考える時期も迫っているので、この庭風景も貴重なものになりそうな気配です。
来年、もしくは再来年には皆伐の危機が訪れそうです。


a0282620_21594102.jpg
外から、庭の様子が垣間見えるようになりました。


a0282620_21594606.jpg
玄関前のデッキにわんこが居るのも見えます。


a0282620_21595013.jpg
風通しよく、光もよく入るようになりすっきり感が違います。


a0282620_21595695.jpg
刈り落とした枝の山はこんなてんこ盛りに。


a0282620_22000087.jpg
夏の剪定作業、まだ続きます。


a0282620_22000352.jpg
夏の空から少しずつ秋の気配に変わっていきます。



# by martin310 | 2019-08-26 22:08 | ガーデニング | Comments(0)