人気ブログランキング |

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[車中泊旅] 群馬の山上の湖..
at 2019-10-07 14:53
母屋の外壁塗装、遂にてっぺん..
at 2019-10-01 13:39
阿弥陀堂は今もひっそりとそこ..
at 2019-09-16 15:32
屋根まで届け、単管足場。・・..
at 2019-09-08 22:31
UFOが音楽を奏でる?![純..
at 2019-09-02 16:10
雨の日は、「純セレブスピーカ..
at 2019-08-29 15:00
8月の庭 * コニファーの下..
at 2019-08-26 22:08
真夏の補修月間・・・ガーデン..
at 2019-08-23 10:05
[DIY] バラ用木製コンテ..
at 2019-08-13 19:47
「高原へいらっしゃい」・・・..
at 2019-08-06 22:23
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
トラックキャンパー
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
JUN さん、お尋ねの件..
by martin310 at 12:07
一番上のタウンエースバン..
by JUN at 09:24
写真のホイールメーカーと..
by JUN at 09:22
お返事ありがとうございま..
by 風弘法 at 10:09
風弘法さん、コメントあり..
by martin310 at 21:54
シネマ紀行・萌の朱雀をリ..
by 風弘法 at 19:14
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


Martin Island ”今日の注目記事”

a0282620_14503131.jpg


a0282620_14585175.jpg★カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1921.html
TPP交渉参加直前の自民党議員たちのサル芝居
(以下は、この記事の小見出し)
・“人材豊富”な政治演劇集団
・「最初から、みんな嘘だった」。まさにペテン政党・自民党の面目躍如
・アーミテージ・レポートのとおり、交渉参加表明した日本の恥ずかしい奴隷総理
・これからマスメディアによる安倍批判が始まるが、決して同情して自分たちの未来を台無しにしてはならない。これも自民党とマスメディアのサル芝居


TPP交渉参加表明までの、自民党とマスメディアのサル芝居の顛末を、的確にまとめた痛快な批判に満ちた記事だ。こんなアホな話が、現実の日本の政治の頂点で行われているということを、まだまだ国民のごく一部、意識的なネット市民しか知らないという現実にも唖然とするばかりだ。しかも、国の主権を放棄する最大重要な案件についてだから、呆れるほかない。
このことが国民の大半に白日のもとに晒されれば、こんな馬鹿な騙し芸も出来なくなるのに、いったいそれはいつになるのか。





a0282620_1593948.jpg★全国農業協同組合中央会(JA全中)
http://www.zenchu-ja.or.jp/tpp/tpp_201303/vod04/
JA全中の公式サイトより、「国益を守れないTPP交渉参加断固反対緊急全国集会」のページ

 2月に実施された日米首脳会談において、安倍総理は、TPP(環太平洋連携協定)について、「『聖域なき関税撤廃』が前提ではないという認識に立った」とし、交渉参加の是非を「今後、政府の責任において判断する」と表明しました。
 TPPは、農林水産分野はもちろんのこと、ISD、食の安全・安心、医療、保険など、わたしたちの暮らし・いのちに関わる様々な分野に影響を及ぼすものです。
 国のかたちを変容させうる重大な問題であるにもかかわらず、徹底した情報開示に基づく十分な国民的議論が喚起されず、また、「国益」が守れるかどうか国民が納得できないなかで、政府が拙速に交渉参加に突き進むことには断固として反対です。
 このことを農林水産団体、消費者団体等が一致して政府に強く求めるとともに、世論に訴えるため、3月12日(火)に4,000名規模の緊急全国集会を開催しました。


鈴木宣弘東京大学教授あいさつ。アメリカ政府は国内で日本は聖域なき関税撤廃をのんだと説明している。自動車でもすでに大幅譲歩。守りべき国益は破綻している。つかみ金で相殺できる協定ではない。自民党でだれ1人参加をとめる人がいない。参加反対と言って議員になった政治家ははずかしくないのか。

鈴木教授は、このJAの決意表明演説の中で、シンガポールでのTPP交渉に触れ、「日本が実質的に交渉参加できる余地はほとんどない」と述べている。
既にNGOパブリックシチズンからのリーク情報を掴んでからのことで、この言説で結果は決定的に既に出てしまっていたのだ。つまり、安倍総理の「声域を守る」迷言の嘘八百は、集会の冒頭で結論が出ていた訳だ。
にもかかわらず、石破幹事長「公約を守らなければどういうことになるかは、よくわかっている。地域の実情を一番よく知っている自民党ということを安倍総理に言って理解を頂いている」と来たものだ。

まあ、もっともこのTPP反対集会に自民党議員は146名も出席していたというのだから、いわずもがなである。同時に、JA全中とはなんぞや?と皆が思えたことであろう。石破の登場でも野次ひとつ出ずの反対集会だったよう。





a0282620_15181918.jpg★産経ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/7501265/
キーマン2人…安倍首相ひそかに党内調整 TPP交渉参加 15日表明
(産経新聞 2013年03月15日08時02分)

この産経ニュースに、TPP交渉参加表明に至った自民党の党内調整のキーマンが明かされている。
それは、なんと党の「TPP参加の即時撤回を求める会」の幹事長代理だった江藤拓農水副大臣だ。安倍首相の密命を受けて、慎重派や全国農業協同組合中央会(JA全中)に根回しをしたのは、筋金入りの農水族議員だった。
もう1人のキーマンは、党TPP対策委員長に起用した西川公也衆院議員だ。

まあ、TPP反対は偽装で、首相の命を受ければすぐさま転向可能な訳だ。まさに、茶番劇、猿芝居ということですな。しかも、この根回しにJA全中も応じるという・・・。
その結果が、上記JAの全国集会のどうもちぐはぐな空虚さに現れている。





a0282620_15225897.jpg★ジャパン・ハンドラーズと合理的選択 Japanhandlers and Their Rational Choice
http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/
TPP推進の背景で進行する、TOMODACHI世代プロジェクトの実態

TOMODACHI 作戦はTOMODACHIイニシアチブとして生まれ変わった。イニシアチブとは、「規制改革及び競争政策イニシアティブ」に代表されるように、米国の国家戦略にとって重要なプロジェクトにつけられる呼び名である。イニシアチブは「(米国が)主導権を取る」という意味である。
被災地の若い女子高生たちは、「被災地にこんなに足を運んでくれたルース大使を始め、アメリカの人たちが私達を騙すはずがない」という思い込みに陥るだろう。これがショック・ドクトリン型の被災地支援戦略の恐ろしさである。TOMODACHIプロジェクトとは、 日米の次世代の若者への投資である。これは文字通りの「投資」であり、アメリカはリターンを後で必ず要求する。まずその第一弾がTPPだということだ。次に憲法改正か集団的自衛権の行使を日本側に言わせる。


「女子高生=カワイイ」から生まれる日米交流。それをやっているTOMODACHIイニシアチブの諮問委員会のメンバーの筆頭は、なんとあのリチャード・アーミテージだ!

TOMODACHIとはTPPによる「日本再占領」という実態を覆い隠すためのプロパガンダである。
アメリカはここまでしたたかで戦略性がある行動をとるのだ。

すでにモデルケースとして、岩手県釜石市で両親を津波で亡くした女子高生が、アメリカに留学しており、バークレーでの三週間のTOMODACHI研修を受けていると。
アメリカのしたたかな洗脳政策は、既に留学生をターゲットにして進められているのだ。





a0282620_15265129.jpg★『文殊菩薩(ブログ版)』
ポスト米英時代 ★阿修羅♪ 掲示板より

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-3912.html#more
ハルノートとTPPの違いは、米国が全世界から嫌われる多重債務国という事である、発効までに米国が自爆するから大丈夫である。

これから原発反対の運動はどんどん盛り上がっていくしTPPも馬鹿げた交渉内容がどんどん明るみに出て交渉参加に踏み切った安倍への批判は高まっていくのである。
両方とも死活問題だから諦めるとかいった類いの案件ではなくバビロンがギブアップするまで続くのである。
米国もこんな馬鹿げた内容の条約を推し進める事で世界中から馬鹿にされ下からも突き上げられて発効の日まで国家体制を維持できるか疑問である。
恐らくは対米債権国の中露にひっくり返されて終わりである。


おそらく、そのとおりだろう。
原発・放射能関連の隠蔽と嘘より、このTPP事項は広大な領域・業種・産業の莫大な数の被害関係者を相手に、隠蔽とだまくらかし工作を延々と卆なく続けていかなくてはないないことになる。しかも、すぐさま目の前に見える現実が根拠となる。
さて、そんな天文学的なスーパー技術を、この詭弁政治家軍団が綻びも見せず、完璧にやり抜くことが果たして出来るであろうか。
しかも、それを世界が見ている前で。
中国もロシアも、ただ黙ってNWOの攻略ぶりを観戦しているだろうか?




最後に、「STOP TPP!! 官邸前アクション」による、TPP交渉参加表明抗議文を載せておこう。

a0282620_1824475.jpg

STOP TPP!! 官邸前アクション抗議文

安倍首相のTPP交渉参加表明に最大の怒りをもって抗議する

 2013年3月15日午後6時、安倍首相は記者会見にて「TPP交渉参加」を表明しました。多くの反対の声を裏切り、説明責任もまったく十分に果たさない中の参加表明です。何よりも、先の総選挙における「TPP参加のための6項目」という公約を、自民党は裏切りました。つまり、それを信じて自民党議員に投票した有権者をだましたのです。
 すでに交渉に遅れて参加する国が圧倒的に不利な条件を飲まなければ交渉に参加できない、ということは明白です。にもかかわらず、安倍首相と自民党政権は、日本にとって侮辱的であり、不平等・不正義である条件を受け入れ、国を売り渡してもいいと判断したのです。
 以下、私たちはすべての力を振り絞って猛抗議します。

1.アメリカや日本の多国籍大企業の利益のために、国民のいのちとくらし、雇用も地域も犠牲にするTPPへの参加は、絶対に許されるものではない。

2.安倍首相の参加表明は、幾重にも国民を愚弄している。そもそも公約したことを「公約ではない」と言い逃れ、影響試算を示して国民的な論議に付すと言いながら、参加表明後に影響試算を示すなど、国民を馬鹿にするにもほどがある。

3.私たちは、今回の参加表明に当たっては、まだまだ国民に公表されていない日米の「合意」などが存在していると確信している。私たちはこのような非民主的で反国民的な行為を許すわけにはいかない。

4.私たちは、TPPの危険性を国民と共有できるようさらに運動を広げるとともに、参加表明に至ったさまざまな非民主的な行為の暴露、さらには参議院選挙での国民的な審判も通して、安倍首相の参加表明を撤回させることをめざす。


2013年3月15日
STOP TPP 官邸前アクション
http://tpp.jimdo.com/

by martin310 | 2013-03-17 15:38 | 社会問題
<< 緊急:これだけは見ておけ! I... TPP:歴史上第3の不平等条約... >>