人気ブログランキング |

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カシワバとアナベルもアジサイ..
at 2019-06-21 19:57
紫陽花…、漢字にするとなんて..
at 2019-06-13 20:10
アニバーサリー・・・10年目..
at 2019-06-09 20:34
YouTube動画「750年..
at 2019-06-06 13:41
【車中泊旅】甲斐の国・南部(..
at 2019-06-03 21:07
5月の庭…バラの彩が加わる。
at 2019-05-20 13:45
YouTube動画「[VAN..
at 2019-05-16 15:26
[Van Tour] 新緑の..
at 2019-05-13 14:22
5月の庭から緑の風が・・・。
at 2019-05-07 22:24
タウンエースバンに簡易ギャレ..
at 2019-05-03 14:39
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
トラックキャンパー
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:20
こんばんは~~ヽ(・∀・..
by kiiropiipii at 22:23
空の旅人さん、コメントあ..
by martin310 at 17:40
氷点下の車中泊は窓ガラス..
by 38sky at 08:51
早速のご回答ありがとござ..
by 島崎 at 18:51
島崎さん、こんにちは。(..
by martin310 at 16:14
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


これは知っておかなくてはいけない!堤未果 JAM THE WORLD 「報道に出てこない消費税増税の理由について」


堤未果 JAM THE WORLD 「報道に出てこない消費税増税の理由について」2013.10.02

http://www.youtube.com/watch?v=1w6db7F-j0s


2013.10.13の「カレイドスコープ」さんのblog記事に、上の動画の内容に関連した消費税増税の国民の知らない裏のからくりが記されているので、抜粋させていただいた。

blog「カレイドスコープ」
“消費税増税によって日本の財政破綻が早まる-その2”より抜粋
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2410.html

消費税は赤字企業からでも過酷に取り立てる

法人税や所得税などの直接税は利益に対して課される税なので、利益の一部で支払うことができるが、消費税は利益に関係なく、商取引に対して課される税。したがって、赤字の企業にとっては支払い不能となってしまうケースがある。

マスコミが、長い間この実態を報道しないのは、国からの圧力があるのかもしれない。

法人税や所得税の滞納に比べて消費税の滞納が多いということが公になれば、消費税の欺瞞性が露呈されてしまうので、国税は、法人税より消費税から優先的に取り立てる。

事業者の自殺が増えている原因の一つは、国税による過酷な消費税の取立てに原因がある。(消費税だけは赤字企業も重要だという認識があることを示している、だから、借金してでも消費税は滞納しないのだ、という世論を形成するために)

赤字企業からも消費税を強行に取り立てようとすると、事業者は支払えず、さらに延滞金がかかる。

事業がままならないのに税金だけはどんどん増えていくと、将来が真っ暗となって自殺という最終的決着をつけようとする経営者が出てくる。

国税は、これを報道されないようにマスコミに圧力をかけていると推察されるので、世間の人の知るところにならない。


輸出型企業は、本来、外国への輸出分にかかる消費税分を還付される

消費税(ヨーロッパでは付加価値税)は、国内の税制。海外には適用されない税金。

消費税の仕組みは、最終購買者=エンド・ユーザーから5%なり8%なりを流通・小売りの末端に位置する小売店が預かって、これを納める仕組み。
同様に、問屋から見れば小売店がユーザーとなり、売り上げの5%なり8%なりを小売店から預かって、まとめて納める。

海外に製品を輸出した場合、外国の消費者からは消費税を預かることができない。

しかし、その輸出業者は、国内から調達した部品なりで製品を作って輸出していたとすれば、国内の業者からその部品を調達したときには消費税を払っていることになる。

日本のような外貨を獲得したい国としては、輸出先の国の消費者からは消費税が取れないのであるから、大企業が「輸出は不利だ」と考えるようになっては困る。

そこで何らかの優遇措置を取ってあげる必要が出てくる。
それが、輸出に限って特別に講じているゼロ税率という措置である。
これは、普通なら5%(今度からは8%)かかるところを消費税ゼロにしてあげるというもの。

つまり、輸出企業が外国に輸出した分からは消費税を取らないことになる。

そうすると、輸出の場合、仕入れ税額控除の仕組みからすれば、売ったときにかかる消費税から仕入れの時にかかった消費税を引いて納めることができないので、売ったときはゼロ税率で、仕入れたときの5%をマイナスしてあげる。

ということは、0-5%=-5%
-5%の消費税が還付されるということ。


輸出企業は、製品を作るための部品などの仕入れ段階で仕入先に消費税を支払っているのだから、それでは、輸出企業の一方的な負担になってしまう。
そこで、部品調達のときに仕入れ先に支払ったことになっている消費税が還付されて戻ってくる、というのがゼロ税率という措置。

そこで、どういうことが起こったかというと、2010年度分のトヨタに対する還付金は2246億円になった。
ソニーに対しては、1116億円が還付されている。
輸出額上位10社合計では8698億円の還付となっている。

この消費税の還付金を「輸出戻し税」と言っている。(税とはいうものの、実は還付金である)

これが、輸出産業全体では、年間5兆円から6兆円にも上る。

過去、何度も国会で問題になったが、その都度、当局は(輸出戻し税についての説明)は、「ただ、還付したんじゃない」と言う。

輸出企業は、国内での仕入れ調達の時に、その分の消費税は支払っている。
だから、輸出で消費税は取れないんだから、輸出企業は、+-でゼロなんだというのが彼らの理屈。

計算上は確かにそうなる。

しかし、実態はそうじゃない。

こうした輸出型大企業が、国内にある下請けから部品などを調達するときに、下請けが価格+利益+消費税などという値決めをしてきたら、大手の輸出産業は、「二度とお前来るな、消費税分くらい負けろ、利益だっても、もっとも圧縮しろ」と脅す。これが商売の現実。

大手輸出産業は、下請けに自分たちが支払うべき消費税を押し付けて、実質的には支払っていない。

消費税分を泣かされた下請けは、だからといって、納税義務は免れないので、帳簿上は消費税を払って大企業が消費税を納めている形を作っているだけ。

ただし、その分、利益やコスト分は削らされている。

だから、大企業は、実質的には消費税を払っていないのに、帳簿上は払ったことになっている。

それで、消費税が還付されるのは、彼らは下請けを泣かせれば泣かすほど、つまり、値切った分だけ消費税が還付される。

輸出大企業は、消費税が上がれば上がるほど、実質的な儲け分が増える。
これが経団連などの財界が、消費増税を後押しする理由。

by martin310 | 2013-10-15 22:37 | 社会問題
<< 戦中・戦後から今日まで続くCI... TPP猛進:あまりに酷い政官業... >>