伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-13 18:41
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-11 11:59
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-07 14:15
西伊豆・戸田(御浜岬で車中ラ..
at 2018-11-30 21:58
秋色の庭で…。コナラの紅葉
at 2018-11-28 18:00
[車中泊旅]“晩秋の信州を行..
at 2018-11-22 11:40
[車中泊旅]晩秋の信州を行く..
at 2018-11-19 22:27
秋の西伊豆・松崎を歩く。
at 2018-11-12 14:44
深まる秋の北陸・車中泊旅(帰..
at 2018-11-10 22:32
深まる秋の北陸・車中泊旅(能..
at 2018-11-08 09:49
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
38skyさん、コメント..
by martin310 at 09:19
初めまして…! 時々ブ..
by 38sky at 00:15
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:17
こんばんはヽ(・∀・)ノ..
by kiiropiipii at 23:04
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 19:50
こんばんわ㈺..
by kiiropiipii at 16:55
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


夕空の神秘な造形・・・黄昏は変性意識をもたらす精神性の濃い時間。


a0282620_14375229.jpg
※クリックの2ステップで、1200×800 pixel の画像に拡大できます。デスクトップの壁紙にして夕日を眺めることも可能です。


夕飯時に窓の外にふと目をやると、木々の梢の隙間から異様なる空の光景が僅かに見えた。いつものように、すかさずカメラを取って二階のデッキからいくつかシャッターを切った。
大空の巨大スクリーンには、天のはからう天衣無縫な雲の造形によって、夕照の光が複雑に偏光して見事に劇的な天空のドラマを見せていた。

朝焼けや夕焼けという空を紅く染める光景を目にすると、それが恒常の平時の空とあまりにかけ離れているためか、どこか異界に分け入ったような妙に思惟的、瞑想的な意識を喚起する。黄昏とは、一日のうちで最も精神性の濃い時間帯を生むものなのかもしれない。

眼はどこを見ているともなく、視覚を超えて既に脳内には別の次元のシナプス回路が起動しはじめるのか、静かに変性意識がたちあらわれはじめるのだろう。それが見た目、茫然自失したように空のイベントに心奪われ、ただ蕭然と見とれるのだ。

おそらくこれには見る者の中に、視覚上の色調と陰影の度合いによる感受性のコードが感応する仕組みを持っているからかもしれない。つまり古代から遠大な時を、このような光景を人は無数の転生を繰り返しながら見ていた――その記憶を魂は持っている。
それ故に理屈抜きで、見ているだけでオートマチックに形而上的な迷宮に入って行くのではなかろうか。

いずれにしても、このような大空で繰り広げられる壮大な光景を目にしていると、自然、ごく日常の顕在意識よりやや深い領域へと沈潜していく感じを持つものだ。それがつまり、回想とか追想につながり、やがて追憶へと移行していく。

右脳は忘却の陰に隠れているような、人生における過去の断片的シーンを蘇らせ、それに意識は反応しながらやがて懐旧の思いに耽っていったりもする。ひとつのシーンから連鎖で次が引き付けられ、さらに懐古の記憶がたちあらわれて来るのだ。
そうやって、結果、人は普段雑事に紛らわして決まって避けているような自分の人生を、否応なく省みていくことになる。――黄昏にはそういう心理的、精神的効果があるとも云える



a0282620_1439858.jpg
※ほぼ同じアングルからの午前の富士と夕景の富士。

今の自分から過去の自分を見てみる。――

当時の自分の未熟さと無知さ、経験の乏しさ、思慮の浅さを反芻するようなら、もしかしたら今の自分の方が寸分成長したと思ってもいいかもしれない。

いくつもの失敗や過ちが人を体験から押し上げるのであれば、過去の恥も成長の糧と思うことができるかもしれない。

だがいつまでも過去の自分を赦せない自分がいるのなら、なぜ赦せないかをとことん問う必要もあるだろう。

自己肯定、自己正当化を自分自身に主張するようなら、きっと自分への真摯な誠実さを持てない自分を認めざるを得ないかもしれない。

過去は水に流せと人は云うが、自分の中で解決出来てはじめて流せるのであって、ただ遺棄するように記憶に蓋をするだけなら、また何度でも冥闇な断片は蘇って来るものだ。

自分の意識のありようを、客観的な自分の意識で見つめることで、自分の内部世界の隠せぬ実情を知ることとなり、やがてそのことは真の本性の自分を認めることにつながっていく。
つまり何者も入れない自分自身の内部とは、自分だけが探索を許された未開の洞穴であり、意識化出来ない暗闇に隠された無意識領域に、どこまで足を踏み込むことが出来るかが、自己探求の難境を開く道を示すものになる。

自分と外界、自分と他者、自分と世界・・・、思索する対立項は常に様々にあるが、自分を見つめる自分、同時に見つめられる自分、その相互の関係性こそ、最も自己存在の確立を保つ重要事であることは普遍の真理である。




“Chris Botti”の音楽は、きっとこれらの想いをさらに深める力を持っているだろう。彼の卓越したトランペットの一吹きは、広壮で神秘的な情景と情感をもたらす不思議な魔力がある。

CHRIS BOTTI IN BOSTON | "Emmanuel" w/ Lucia Micarelli | PBS
http://www.youtube.com/watch?v=m8NN4fpdm40
by martin310 | 2014-06-16 14:49 | 風景探勝
<< Martin Island 「... 「川原でコーヒーブレイク」 こ... >>