伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
[車中泊旅]晩秋の信州を行く..
at 2018-11-19 22:27
秋の西伊豆・松崎を歩く。
at 2018-11-12 14:44
深まる秋の北陸・車中泊旅(帰..
at 2018-11-10 22:32
深まる秋の北陸・車中泊旅(能..
at 2018-11-08 09:49
深まる秋の北陸・車中泊旅(加..
at 2018-11-05 14:20
葡萄棚の撤去で見通しのよくな..
at 2018-10-25 09:42
カーサイドタープとスクリーン..
at 2018-10-22 20:46
カーサイドタープとスクリーン..
at 2018-10-19 22:19
秋の車中泊・上州の旅 -2-
at 2018-10-15 14:04
秋の車中泊・上州の旅 -1-
at 2018-10-12 18:18
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:17
こんばんはヽ(・∀・)ノ..
by kiiropiipii at 23:04
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 19:50
こんばんわ㈺..
by kiiropiipii at 16:55
そうですね、 タイヤが..
by martin310 at 06:44
martin様 早..
by 山野 at 16:00
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


ガーデンハウスをD.I.Yする。<19> ~板葺き屋根の施工②~ 寒気の戻った屋根の上で、黙々と屋根を葺く。


a0282620_1336986.jpg


20℃を越す気温で、上着を脱ぎ捨てても汗をかいていた先週とは打って変わって、今週はまた冬に逆戻りしたように上空には冷たい空気が入って来ていた。
時折、霧雨に降られながらも屋根の上で板を打ち付けていると、寒風に吹かれいっそう体から熱が奪われた。午後には、おまけに霰(あられ)まで降って来た。
一度小春日和を経験していると、余計に既に過ぎた季節の寒さが身にしみるようだ。作業中、本当に芯まで冷えきって閉口した。


a0282620_13374165.jpg


a0282620_1337829.jpg先週、屋根材になる杉板を相当数、カットと塗装まで済ませていたと思っていたが、実際残りを出してみて驚いた。
あるはあるは、まだまだ飽きるほど塗料を塗る作業が待っていた。
やってもやっても終わらず、塗り終わって草地に乾かした数はこんなだ。↑
1坪半くらいの小屋ごときの屋根で、これくらいいるのだから、この板葺きで母屋をなどと考えると、ぞっとする量の屋根材加工があることになる。


a0282620_13391276.jpg


a0282620_13394168.jpgそれにしても、板を打ちつけながら思うのは、こんな釘打ち如きで本当に強風に耐え得るのかなあと不安になる。
板材の下側には少しの隙間があったり、スクリュー釘で固定してあるのは、表面に出ない3分の2ほどで、下から強烈な暴風に煽られたなら、一気に剥がされ散逸してしまうのではないか、などと施工しているそばからよからぬ妄想が生まれる。

それに破風側を見れば、このように板が重なり合い、隙間の空間があって雨も風も吹き込みやすいではないか。
ここは仕方がないので、最後にカバーボードのようにL型の押さえを付けることにした。いわゆるケラバで、通常は金具を取り付けるのだろうが、それを板でやろうと。


a0282620_1342734.jpg


a0282620_13405676.jpg下から2段目までは下地板がないので、雨が漏れることから、ここは板と板のあいだをコーキングすることにした。
透明なコーキング材で隙間を埋めたものの、相手は柔な杉材だ。乾湿によって反りも出るので、また隙間が生まれるだろう。まあ、これも気休めなのかもしれない。

それと、まだ最後列を残してはいるものの、一応、すべての屋根面を板で覆った。問題は、最後のログキャビンとの屋根のつなぎ具合だ。
もう一段は同じように杉材を並べ、最上段の屋根同士の連結部分には“1×6”を横張りして、雨水の板のあいだの沁み込みを防ごうと考えている。もちろん接点はコーキングする。


a0282620_13422665.jpg


こうやって、母屋やその他の棟の屋根を眺めてみると、母屋のガリバリウム貼りや、他の棟のアスファルトシングル貼りは、やはり板葺きにくらべて雨水の浸入や強風にも耐えられる作りだと一目瞭然で、板葺きはまったくもって一番不安な点が多いのは否めない。
まあ、どうしても一度やってみたかったのだから、リスクは仕方がない。
通常の雨ならまだしも、嵐の到来の時期にはまたひとつ心配事が増えたのは致し方ないのだろう。

いよいよこのガーデンハウス製作は来週で完成となる。


a0282620_13423976.jpg



by martin310 | 2016-03-25 13:47 | ∟ガーデンハウス | Comments(0)
<< ガーデンハウスをD.I.Yする... ガーデンハウスをD.I.Yする... >>