伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カーサイドタープとスクリーン..
at 2018-10-19 22:19
秋の車中泊・上州の旅 -2-
at 2018-10-15 14:04
秋の車中泊・上州の旅 -1-
at 2018-10-12 18:18
廃園のように荒れた庭に秋の風..
at 2018-10-04 13:48
奥大井・八木キャンプ場でのん..
at 2018-09-24 14:04
奥大井・八木キャンプ場でのん..
at 2018-09-21 11:57
2018最新オリジナル車中泊..
at 2018-09-17 20:48
夏の終わりの車中泊キャンプ、..
at 2018-09-10 16:20
夏の終わりの車中泊キャンプ、..
at 2018-09-06 19:06
夏の終わりの車中泊キャンプ、..
at 2018-09-04 16:50
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:17
こんばんはヽ(・∀・)ノ..
by kiiropiipii at 23:04
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 19:50
こんばんわ㈺..
by kiiropiipii at 16:55
そうですね、 タイヤが..
by martin310 at 06:44
martin様 早..
by 山野 at 16:00
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


奥大井・八木キャンプ場でのんびりCamp。[2]

a0282620_13510349.jpg


キャンプ場内には、街路灯が何箇所か立っていましたが、夜はそれが灯るわけでもなく、わずかにトイレと炊事場だけに灯かりがあるのみでした。
谷間に挟まれたあいだを流れるこの大井川のほとりは、まさに漆黒の闇に包まれ、だた眼前にはぼーっと薄白く川面が横たわって見えているだけです。

ランタンの灯かりがないと、暗闇の中に取り残されたような感じになります。
4つほどの光源がキャンプリビングを照らすと、大分賑やかになり、あまり寂しい感じはしなくなります。
まわりがとっぷり暮れているだけに、タープ下の世界だけが独立した世界のようで、余計に山間でのお篭り感が強まります。


a0282620_13513557.jpg

車中泊キャンプとなると、持って来る装備は最小限になります。ほぼ、常時積んでいるモノの他に、テーブルとチェアー、それにソフトクーラーを加えたくらいのミニマム装備です。
まだまだ自宅の倉庫には、出番を待つキャンプ道具がどっさりと場を占めていますが、そこからわずかに必要なものだけを選んで持って来ています。


a0282620_13520312.jpg

まだあまり暗くならないうちから夕食のコースがはじまります。
まずは、秋刀魚の塩焼き。
家では匂いと煙でなかなか焼く機会が少ない秋刀魚を、ここではまったく気兼ねなく焼くことが出来るので登場です。
小振りの秋刀魚でしたが、焼き加減も上々で、なかなか美味でした。
車のスライドドアを開けたまま焼いていたので、後で車内に秋刀魚臭が漂っていました。


a0282620_13522976.jpg

あとはいつものスキレットでミニバーベキューです。
毎回思いますが、単に焼くだけなのに、なぜにこんなに旨いのでしょう。
同じ食材でも、キャンプのシチュエーションになると、味覚が倍増するのでしょうか?
大抵のものは、普段と一味違いうまいなあ!ということになる。
それだけでもキャンプの愉しみのひとつになることは確かです。


a0282620_13525136.jpg

しかしキャンプの夜の睡眠10時間とは、いったいどういうことでしょう?
昨晩、食事の片づけが終わり、その後、焚き火をするわけでもなく、何をするあてもないので、どうせなら、眠さがやって来ていたので早々と寝ようということになり、車内の寝床についたのが何と、時計を見ると午後8時前でした。
さすがに唖然としました。8時前に眠りにつくこと事態、普段ではありえないのに、この日は妙に眠かったのです。

で、途中、小用に何度か起きたものの、実質9時間くらいは爆睡していたようです。
キャンプの夜は割りと早寝になる傾向がありますが、ここまでとは意外でした。
こんなに眠っても、朝の目覚めどきにはまだ眠いのですから。

朝はどんよりの天気、深夜には小雨が降っていたようです。


a0282620_13530679.jpg

早朝、雨が止んでいるときに辺りを偵察。
あまりに静かな夜に、他のテントは動きがまだないようです。
我が家が、がさこそ朝食の支度を始めた頃、他でも声や物音がしだしました。
川の流れは、一晩過ぎても尚、未だ白く濁ったままです。


a0282620_13532031.jpg

あまりによく寝たので、いつもは少食に徹しているのにこのときは強欲に食べてしまいます。
やはり自然のエネルギーの充満する場にいると、肉体の細胞そのものが活性化され、代謝が相当上がるからなのでしょうか、食べるもののおいしさは格別になります。
それが原始の頃の細胞記憶の所以なのでしょうか。


a0282620_13534707.jpg

ゆっくりのんびりの朝の時間を満喫していると、まだ食料さえあればもう一泊していってもいいような気になって来ます。
とはいえ、予報は悪く、このあと雨がしとしと降り続くようなので、撤収止ん事無しです。
タープは雨水を拭き取りながら仕舞い、ゴミ袋に入れて持ち帰りです。
晴れた日に乾燥の予定。
雨が止んだ隙を狙って積み込みをして、キャンプ場を後にしました。


a0282620_13540024.jpg

キャンプで宿営する場所は、自分的には、どこかに向かって何か眺める対象のあるところが最適だと思っています。
目線の先に見るべき風景があるところ。
ここでは川があり、その後ろの山の森があり、ずっと眺めていても飽きない景色が現前にあること。
しかも、川の流れがあるというのは、そこに動きや時間というものを感じさせ、同時に途切れることないその流れが、「悠久」というような無限感をちょっと思い起こさせます。
そうやって、自然に脳内のエンドルフィンを喚起するようです。

ゆっくりのんびり、何もせずただぼーっとチェアーにもたれる幸福…。
そういう何でもないようでも、どこか意識の深みに触れるような愉しみ、それがここの川キャンプならではなのかもしれません。


a0282620_13542147.jpg

―おしまい―


by martin310 | 2018-09-24 14:04 | *キャンプ | Comments(0)
<< 廃園のように荒れた庭に秋の風が... 奥大井・八木キャンプ場でのんび... >>