伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
“Vanlifer”のキャン..
at 2019-01-16 20:58
家ごと旅するキャンプモービル..
at 2019-01-11 10:55
年の始めからDIY(花壇の土..
at 2019-01-04 20:45
展望デッキがあるキャンパー。..
at 2019-01-03 10:31
天窓から屋根へ登る。[夢のト..
at 2019-01-01 10:26
夢のトラックキャンパーを図面..
at 2018-12-29 15:03
小屋作りから発想するトラック..
at 2018-12-22 16:22
車中泊旅のトランスポーター拡..
at 2018-12-18 15:07
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-13 18:41
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-11 11:59
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
トラックキャンパー
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
早速のご回答ありがとござ..
by 島崎 at 18:51
島崎さん、こんにちは。(..
by martin310 at 16:14
“横須賀車中泊大好き”さ..
by martin310 at 22:18
退職したら車中泊で放浪で..
by 横須賀車中泊大好き at 19:40
38skyさん、コメント..
by martin310 at 09:19
初めまして…! 時々ブ..
by 38sky at 00:15
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


秋の西伊豆・松崎を歩く。

a0282620_14355473.jpg


車中泊旅が終わったばかりなのに、休日でいい天気となると、またどこかへ出掛けたい衝動にかられます。
それなら手頃な近場にと、地元伊豆半島内をGoogleマップでどこにするかと探していると、今まで目につかなかったところに良さげな蕎麦屋を見つけて、いっそう出掛ける動機に拍車がかかりました。

場所は、今まで何度も行っているものの、季節が変わればまたその時期の感覚を味わいたくなる、西伊豆・松崎です。
いつものように、三津から海沿いの田舎道をぐるっと松崎までのんびり走って行きます。
途中、西浦では路上の無人販売でミカンを売っています。
これを買って食べながら向かうのが、このルートのいつもの愉しみ。

松崎港に車を停めて、ワンコと一緒にぶらぶら写真を撮りながらの街歩きです。
といっても、歩き始めの出発点が同じなので、歩くルートも毎回なぜか同じになって、撮る対象物もほとんど同じになってしまうのが、自分でもやや飽きが来る原因なのですが、そこからもう少し違う表現にシフトしたい気もあっての、今回の撮影行でもありました。


a0282620_14360626.jpg

いつもこの同じ場所からカメラを駆動し始めますが、ファインダーの風景の感じは、また違う雰囲気で、あらためて海面の反映と山並み、それに漁船…、やっぱりいいなあと、ほっとする風景です。


a0282620_14360909.jpg

松崎にある橋にはけっこうアーティスティックな意匠が施されていて、なかなか他にないオリジナリティがあります。
よくよく見ると、この金属作品はかなりハイレベルな加工技術で出来ているのに気がつきます。


a0282620_14361113.jpg

この蔵も毎回撮ることになりますが、やはり素晴らしい出来栄え。設計力の凄さに感心しきりです。
それに陽光のあたり加減で明暗のコントラストが魅力的に輝きます。


a0282620_14361527.jpg

ここからは、これもいつも立ち寄る「伊豆文邸」。
元呉服商の商家跡です。
松崎町の管理でお休み処になって自由に入れますが、古い時代の遺物としてよく保存されています。


a0282620_14362286.jpg

内部はかなり雰囲気があって、いにしえの時間がまだ保たれているような気がします。
しーんと静まった中に、ラジオからの音声が流れています。

ときに、ふと、こういう古い屋敷の内部の暗がりに居るときの感覚がやって来ることがあります。
音楽を聴いていて、ある曲の一部にさしかかったときや…、
或いは、郊外を走っているとき、車窓から入って来る風の感じなどから、思いがけず脳裡にこんな古民家の空間に居るような感覚が浮かんで来たりすることが…。
どういうわけか、どこか遺伝子記憶の中にそういう感覚があるのかもしれません。
心の深く静まり返った平静感とは、こういうところにあるのかもしれません。


a0282620_14362487.jpg

入り口の軒の上部にはこの窓が並んでいます。
そこになぜ?鉄の扉が…。
防犯の為だったのでしょうか?それにしても、なまこ壁とアイアン、かなり凝った物質どうしのコントラストに思えます。
今風、男前インテリア、いや、エクステリアでしょうか。


a0282620_14362673.jpg

帳場内部の様子。反物をここへ並べて商談したのでしょう。
自然な光の具合で、けっこういいモノに見えて来るように思えます。
なんでも明るくするだけがいいのではないことが、こういう空間にいるとよくわかります。


a0282620_14362923.jpg

奥の窓辺には小机があって、記帳が出来るようになっているようです。
傍らの棚の上のアンティークな真空管ラジヲがいい味を出していました。


a0282620_14363274.jpg

文邸の裏の足湯の近くにあって、いつもその色の鮮やかさについカメラを向けます。


a0282620_14380120.jpg

日本薬学界の重鎮だった近藤平三郎の生家です。
ここは実際に住まいながら建物を保っているようです。


a0282620_14380329.jpg

街の中に花が飾ってあるのですが、それのどれもが手が込んでいて、入れ物やアレンジの仕方に工夫がかなり見られます。


a0282620_14380553.jpg

観光協会の建物もモダンクラシックで、なまこ壁と円形のステンドグラスが配してあります。


a0282620_14380726.jpg

「ときわ大橋」の欄干です。
橋名の名称は、金属のレリーフになってます。そのフォントがまた味があります。
その上には、意外なことに、マリンランプが。
我が家のログハウスの外壁にも取り付けてありますが、橋の欄干にマリンランプとは、また粋な造りです。


a0282620_14380968.jpg

欄干の壁には、この地ゆかりの鏝絵が。
やはり伊豆の名工・入江長八の地、アートフルな意匠が街のあちこちに見られて、古きものと新しいものがいい感じで融合されているようです。


a0282620_14381139.jpg

「明治商家 中瀬邸」です。
ここも元呉服商の商家跡で、その前にかなりアバンギャルドな時計台が。
それがバックの瓦屋根とそれほど違和感がなく馴染んでいます。
しかし真新しい建築当時は、明治期の建物との取り合わせは、かなり思い切った景観デザインだったことと想像しますが、時が自然に物質感をマージさせ、一体化させていくのでしょう。
(※大正13年の昭和天皇(当時は皇太子)ご成婚記念で青年団が作ったものでしたが、昭和13年の水害により水没。その後、1988(昭和63)年に復元、再デザインされたようです)


a0282620_14381406.jpg

秋の松崎は大気が澄み切って、とても爽やかな雰囲気の中で歩くことが出来ました。
我が家のワンコは、何度か来ている地をどこか記憶しているのか、この街を歩くときは疲れをまったく知らず、ぐいぐいリードを引っ張って、我先にと先導していきます。
どうもワンコ好みの街の何かがあるようで、随分長い距離を軽快に歩いていました。


a0282620_14381634.jpg

そして目的のひとつの蕎麦。
店も器も素材も技も、すべての凝った蕎麦をいただきました。
秋の日の、手近な地、西伊豆・松崎の一日を堪能しました。


by martin310 | 2018-11-12 14:44 | とっておきの伊豆 | Comments(0)
<< [車中泊旅]晩秋の信州を行く。... 深まる秋の北陸・車中泊旅(帰路... >>