伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-13 18:41
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-11 11:59
[車中泊] 渥美半島・南信州..
at 2018-12-07 14:15
西伊豆・戸田(御浜岬で車中ラ..
at 2018-11-30 21:58
秋色の庭で…。コナラの紅葉
at 2018-11-28 18:00
[車中泊旅]“晩秋の信州を行..
at 2018-11-22 11:40
[車中泊旅]晩秋の信州を行く..
at 2018-11-19 22:27
秋の西伊豆・松崎を歩く。
at 2018-11-12 14:44
深まる秋の北陸・車中泊旅(帰..
at 2018-11-10 22:32
深まる秋の北陸・車中泊旅(能..
at 2018-11-08 09:49
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
38skyさん、コメント..
by martin310 at 09:19
初めまして…! 時々ブ..
by 38sky at 00:15
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:17
こんばんはヽ(・∀・)ノ..
by kiiropiipii at 23:04
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 19:50
こんばんわ㈺..
by kiiropiipii at 16:55
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


[車中泊旅]晩秋の信州を行く。~東御・海野宿~

a0282620_21560181.jpg


11月も後半に入って、山に紅葉の彩が無くなる前にと、晩秋の信州に出掛けることに。
前回の旅と違い、3日の日程のうち、予報ではすべて快晴の秋晴れになるというので、この期を逃してはもうないと、八ヶ岳の裾野を走り、蓼科経由で東御(とうみ)へ入った。

一日目はまたしても移動のみとなって、実際の行動日程は二日目からと、距離はそれほどでもないのに、いつもどおり行き帰りで2日を要することになる。
日が短いこの時期は、午後4時を回るともう夕の気配になるので、その日のねぐらとする道の駅を下見し、夕食の場所や、それに日帰り温泉で一っ風呂を確保しておく必要があり、夕方はなかなか忙しいわけで…。

結果、一日目は、
○日帰り温泉・・・湯楽里館
○夕食・・・・・・道の駅 雷電くるみの里内 お食事処 湯の丸
○車中泊・・・・・道の駅 雷電くるみの里


a0282620_21571381.jpg

二日目は、道の駅 雷電くるみの里からほど近い、東御・海野宿へ、朝一で行ってみることに。

ネットで予め画像や映像で見ていたものの、実際はもっとリアルに、昔の宿場そのものがきれいに保存されていて、かなりの驚きと、歩いているとまるでその時代にタイムスリップしたような気分に。
今までことあるごとに近くを通過していたのに、まったくこんな町並みがあることを知らなかったという。


a0282620_21574428.jpg


a0282620_22215989.jpg

ちょっと肌寒いものの、まだ観光客が来ないうちの街道は、とても静かでのんびり見物や撮影が出来、ワンコのお散歩にも最適な時を過ごせました。
それにしても、これだけの軒数が一堂に揃って綺麗に保存され、しかも住人がいて、そこで生活し、商売までしているなんて感心しきり。
いわゆる“重伝建”(重要伝統的建造物群保存地区)といえども、この地を守る人々の実情はけっこうたいへんなものではと想像するが。


a0282620_21574890.jpg


a0282620_21575427.jpg

街並みを撮ってみると、大概がよくある横一列か、遠近法の一点透視図法的なありきたりな構図になってしまうので、なかなか面白みに欠けて平凡な絵になってしまう。
なので切り取り方を工夫したりするうちに、それにも飽きてきてしまい、案外、こういう場は終わってみるとそれほど撮り高が進まないという結果に。
いいようで、なかなか対象としては難しいもので、以下、記録として残しておこうという気に落ち着くことに。


a0282620_21594840.jpg


a0282620_22023935.jpg


a0282620_22002828.jpg


a0282620_22014061.jpg

それにしても、「本うだつ」や「袖うだつ」、それに「海野格子」や「出桁」や「気抜き」にしてみても、まあ実に当時の職人の加工技術と、これを考案して設計デザインしたその感性や技能に、カメラのモニタを見ながらも唸ってしまうこと多し。
DIYの端くれをかじった身で眺めるからか余計に、到底、ひとつも作れない物凄い逸品ばかりに驚嘆する。


a0282620_22045300.jpg


a0282620_22045632.jpg


a0282620_22144085.jpg


a0282620_22144547.jpg


a0282620_22155048.jpg


a0282620_22145273.jpg


a0282620_22155548.jpg



a0282620_22181016.jpg

そして次に行ったのが、「丸山晩霞記念館」。
ここで生誕150年記念の「美しき明治のみづゑ 丸山晩霞展」の会期中なのをネットで知って、是非ともと思い…。
以前から好きな水彩画家で、何度か作品を観ていたものの、この期の展示作品は普段目に出来ないものも多くあるようなのでと、この旅行きの目的のひとつとして…。


a0282620_22184624.jpg
「盛夏」1909年/丸山晩霞


a0282620_22205951.jpg
「春の村」1900年以前/丸山晩霞


丸山晩霞はこの地、東御の生まれで、明治の頃の信州の風景を多数描いていて、それはかの島崎藤村が「千曲川のスケッチ」で文章で描いてみせた風景の、まさに実写版のような水彩画を見ることが出来るから余計に興味が湧く。
(実際、藤村と晩霞は小諸義塾の教師同士で深い交流があった)
自分が信州を訪ねるのも、この信州の原風景といえるような古い時代の景観をどこかに求めて走っている気がある。
もし晩霞が描いた風景の中を車中泊旅が出来たら、もうどこにも行かずにひたすら興奮状態で撮り続けていることだろう。
それほど、自分のうちにある、風景の原型への郷愁のようなものを感じさせてくれる画家だ。


a0282620_22214730.jpg


a0282620_22253990.jpg

不思議なことに、晩霞の展覧会場から出て信州の地を走れば、まさに目の前の景色が、絵の中の風景とまったく同じに見えて来て、晩霞の世界を旅している錯覚に陥るような感じになるものだ。
ウインドウ越しの紅葉の風景が、あの晩霞の絵の中のそのものに見え、もし、ここに彼が居るならば、同じようにこれを描くはずだなどと思い、なかなか多くの現物作品を見た後の知覚の影響力は強いようだ。


a0282620_22215213.jpg

二日目は、
○日帰り温泉・・・別所温泉 相染閣「あいそめの湯
○夕食・・・・・・萬屋八丁
○車中泊・・・・・道の駅 あおき


さすがに信州の朝は寒い。
外気温0℃は、羽毛を重ねていてもしんしんと冷えて来る。
でもその寒さですら、信州らしい爽やかで明るい風土の中で車中泊している楽しさには変わりはない。


by martin310 | 2018-11-19 22:27 | 車中泊の旅 | Comments(0)
<< [車中泊旅]“晩秋の信州を行く... 秋の西伊豆・松崎を歩く。 >>