人気ブログランキング |

伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
ガーデンのアイポイント、木製..
at 2019-04-16 20:24
Youtube動画“【車中泊..
at 2019-04-14 16:03
ある晴れた日、西伊豆の山の上..
at 2019-04-12 11:21
春の伊豆半島、戸田へ。(ディ..
at 2019-04-08 21:00
[車中泊旅] 飛騨古川への旅..
at 2019-04-05 14:13
[車中泊旅] 飛騨古川への旅..
at 2019-04-02 11:18
[車中泊旅] 飛騨古川の白壁..
at 2019-03-31 15:19
春の庭に彩りがちらほら…。春..
at 2019-03-22 21:43
YouTube動画【早春の車..
at 2019-03-15 11:13
【早春の車中泊旅】 宿営地は..
at 2019-03-13 09:33
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
トラックキャンパー
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
空の旅人さん、コメントあ..
by martin310 at 17:40
氷点下の車中泊は窓ガラス..
by 38sky at 08:51
早速のご回答ありがとござ..
by 島崎 at 18:51
島崎さん、こんにちは。(..
by martin310 at 16:14
“横須賀車中泊大好き”さ..
by martin310 at 22:18
退職したら車中泊で放浪で..
by 横須賀車中泊大好き at 19:40
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
ファン
記事ランキング


真冬の車中泊旅(2019)-長野 #3小川の庄のおやき村へ-

a0282620_14010693.jpg


いったい何でしょう?この建物は…。

a0282620_14063161.jpgGoogleマップでたまたま、長野県中部の小川村あたりを見ていたとき、ひょっと目に入ったのは「信州小川の庄縄文おやき村」という文字でした。
マップの拡大率によっては消えてしまうのですが、そのときは見えて気になってクリックしてメインサイトを眺めてみました。
おーっ、なかなか良さげではありませんか。
なかでも炬燵で御膳のようなものを食べている画像に目が点に…。
よし、ここに決まりだと、行ってみることに。

ところが、その他の内容にはそれほど目もくれていなかったので、行ってみるまでなぜ「縄文」かなどとはまったく気にも留めずに。

で、この屋根だけみたいな建物を見ても、一向に縄文とは結びつかず…。


a0282620_14035481.jpg

しかしルートはカーナビの言う通りに任せていると、何だか山間部の雪の凄いところばかり通してくれます。
本当にこれが正規ルートなのか不安になりながらも、従うしかない地理的盲目状態で走っていました。
で、段々、目的地に近づいて来たものの、益々道は細くなり、こんなガードレールもない崖沿いを走らされます。
まるで、“ぽつんと一軒家”状態の道行きに、ほんとにこんな雪の日に店はやってるんだろうか?と、ふたりで顔を見合わせる始末。
大丈夫だろうか。


a0282620_14035777.jpg

坂を登り切ったこんなところにおやき村らしき建物を発見。
いやいや、道路こそ除雪されていて、しかも凍結していなかったからいいものの、雪が本降りだったらかなりヤバそうな場所だ。
で、駐車場なるものは?えっ、ないみたいな。
この時期は路上がそのよう。


a0282620_14011135.jpg

建物のあいだからはこんな風景が見えます。
なかなかこんな場所にある食べ物屋まで来る人はいなそう。
でも、季節がいいときは気持ちのいい場所かも。


a0282620_14011793.jpg

おお、凄い薪の量。
んー、なるほど、これでお焼きを焼くのかも。
薪山の状態から、すでに大分使ったよう。
見た感じ、火力重視の燃えやすい木のようだ。
薪ストーブ用の堅い密度のあるものとはちょっと違うかも。


a0282620_14012174.jpg

んん、ここは何だろう。廊下が見えるが。
棟が別れているみたいだ。


a0282620_14012545.jpg

ここが入口。
「営業中」の文字を見て安堵。
これでやってないなんてことになったらたまらんから…。


a0282620_14045705.jpg

ガラガラと戸を開けて中に入ってみると、先客の姿はなくまたもや不安に。
お焼きは奥の棟のよう。さっきの廊下を歩いて奥へ。


a0282620_14040030.jpg

ぬぬっ、ああ、先に見たあの屋根だけみたいな建物が縄文の竪穴式住居だったのかぁ、とやっと合点がいく。
うす暗い中に煙がもくもくと立ち、中央に囲炉裏がある実に不思議な雰囲気のお焼きの体験館。


a0282620_14040361.jpg

さっそく、野沢菜のお焼きを注文。
おじさんが焼けたものを温めなおしてくれています。


a0282620_14045962.jpg

これがお焼きを焼く囲炉裏です。
自在鉤に下がる焙烙(ほうろく)が実に存在感を醸し出しています。
この地域には、縄文中期の遺跡が多く、それにちなんで縄文の頃の素朴な食べ物の流れとして、このお焼きを名物としたようです。


a0282620_14050280.jpg

蕎麦茶をいただきながら待っていると、お焼きが出来上がりました。
なかなか風情のある素朴な焼き物です。
ひとつずつにしましたが、もっと食べたいくらい美味しかった。
でも、向こうの棟で蕎麦も待っているので、もう2つはお持ち帰りにしました。

おじさんがどちらから?と声をかけてくれてから、伊豆つながりの話でその偶然に驚きました。
話によると若い頃、牧畜の勉強で伊豆の我が家の近くまで来ていたことがあったそうな。
ええっ、そこよく通ってますよ、あそこにいられたんですかぁ。
意外なものです。
こんな信州の山の中と伊豆が繋がるとは。
何だかほんわかと親しみのわく、不思議な邂逅でした。


a0282620_14081427.jpg

さて次は炬燵で蕎麦です。
大きな炬燵が並んで、足を入れればあったかいやら、熱いやら。
けっこう熱くて布団を上げて空気を入れるほどでした。
こんな寒い日に、炬燵で食事が出来るお店なぞなかなかあるものではない。


a0282620_14062390.jpg

堀炬燵の中はこうなってました。
肉眼では炭のようにも見えたのだけれど、電気のヒーターのようにも見えるし、どうなんでしょう。
でも、常に何席もの炬燵を温めておくのもたいへんなことです。
ありがたや、ありがたや。


a0282620_14050675.jpg

お焼きを食べたあとなので、シンプルにざるそばにしておきました。
田舎懐石や鍋料理などはないなぁ。
ネットの写真とはちょっとメニューが違うよう。


a0282620_14062505.jpg

野沢菜と花豆、それに蕎麦茶でしばし待ちます。
どれもおいしく、炬燵に入って待っている時間も心地いい。


a0282620_14062002.jpg

なんだかのんびりこのまま炬燵で昼寝したい気分です。
こういう雰囲気の場所もいいものです。
後からもう一組、ご夫婦が来たようで、我々だけで緊張していたのでほっとしました。


a0282620_14062818.jpg

蕎麦ももちろん手打ちのようです。
撮り忘れてちょっと食べてしまったんですけどね。
もう少し量はありましたよ。
わさびは本物を自分で擦ります。
蕎麦はこしがあってなかなか美味でした。


なかなかご満足な場所でした。
また違う季節にまた寄ってみたくなります。
お焼きの種類も多いので、いろいろ食べ比べてもいいですね。
こんな真冬の寒い日に訪れたのも、きっとこの先も記憶に残っていくことでしょう。


[つづく]


by martin310 | 2019-02-19 14:10 | 車中泊の旅 | Comments(0)
<< 真冬の車中泊旅(2019)-長... 真冬の車中泊旅(2019)-長... >>