伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
[車中泊旅]“晩秋の信州を行..
at 2018-11-22 11:40
[車中泊旅]晩秋の信州を行く..
at 2018-11-19 22:27
秋の西伊豆・松崎を歩く。
at 2018-11-12 14:44
深まる秋の北陸・車中泊旅(帰..
at 2018-11-10 22:32
深まる秋の北陸・車中泊旅(能..
at 2018-11-08 09:49
深まる秋の北陸・車中泊旅(加..
at 2018-11-05 14:20
葡萄棚の撤去で見通しのよくな..
at 2018-10-25 09:42
カーサイドタープとスクリーン..
at 2018-10-22 20:46
カーサイドタープとスクリーン..
at 2018-10-19 22:19
秋の車中泊・上州の旅 -2-
at 2018-10-15 14:04
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 23:17
こんばんはヽ(・∀・)ノ..
by kiiropiipii at 23:04
kiiropiipiiさ..
by martin310 at 19:50
こんばんわ㈺..
by kiiropiipii at 16:55
そうですね、 タイヤが..
by martin310 at 06:44
martin様 早..
by 山野 at 16:00
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


カテゴリ:車中泊の旅( 47 )

[車中泊旅]晩秋の信州を行く。~東御・海野宿~

a0282620_21560181.jpg


11月も後半に入って、山に紅葉の彩が無くなる前にと、晩秋の信州に出掛けることに。
前回の旅と違い、3日の日程のうち、予報ではすべて快晴の秋晴れになるというので、この期を逃してはもうないと、八ヶ岳の裾野を走り、蓼科経由で東御(とうみ)へ入った。

一日目はまたしても移動のみとなって、実際の行動日程は二日目からと、距離はそれほどでもないのに、いつもどおり行き帰りで2日を要することになる。
日が短いこの時期は、午後4時を回るともう夕の気配になるので、その日のねぐらとする道の駅を下見し、夕食の場所や、それに日帰り温泉で一っ風呂を確保しておく必要があり、夕方はなかなか忙しいわけで…。

結果、一日目は、
○日帰り温泉・・・湯楽里館
○夕食・・・・・・道の駅 雷電くるみの里内 お食事処 湯の丸
○車中泊・・・・・道の駅 雷電くるみの里


a0282620_21571381.jpg

二日目は、道の駅 雷電くるみの里からほど近い、東御・海野宿へ、朝一で行ってみることに。

ネットで予め画像や映像で見ていたものの、実際はもっとリアルに、昔の宿場そのものがきれいに保存されていて、かなりの驚きと、歩いているとまるでその時代にタイムスリップしたような気分に。
今までことあるごとに近くを通過していたのに、まったくこんな町並みがあることを知らなかったという。


a0282620_21574428.jpg


a0282620_22215989.jpg

ちょっと肌寒いものの、まだ観光客が来ないうちの街道は、とても静かでのんびり見物や撮影が出来、ワンコのお散歩にも最適な時を過ごせました。
それにしても、これだけの軒数が一堂に揃って綺麗に保存され、しかも住人がいて、そこで生活し、商売までしているなんて感心しきり。
いわゆる“重伝建”(重要伝統的建造物群保存地区)といえども、この地を守る人々の実情はけっこうたいへんなものではと想像するが。


a0282620_21574890.jpg


a0282620_21575427.jpg

街並みを撮ってみると、大概がよくある横一列か、遠近法の一点透視図法的なありきたりな構図になってしまうので、なかなか面白みに欠けて平凡な絵になってしまう。
なので切り取り方を工夫したりするうちに、それにも飽きてきてしまい、案外、こういう場は終わってみるとそれほど撮り高が進まないという結果に。
いいようで、なかなか対象としては難しいもので、以下、記録として残しておこうという気に落ち着くことに。


a0282620_21594840.jpg


a0282620_22023935.jpg


a0282620_22002828.jpg


a0282620_22014061.jpg

それにしても、「本うだつ」や「袖うだつ」、それに「海野格子」や「出桁」や「気抜き」にしてみても、まあ実に当時の職人の加工技術と、これを考案して設計デザインしたその感性や技能に、カメラのモニタを見ながらも唸ってしまうこと多し。
DIYの端くれをかじった身で眺めるからか余計に、到底、ひとつも作れない物凄い逸品ばかりに驚嘆する。


a0282620_22045300.jpg


a0282620_22045632.jpg


a0282620_22144085.jpg


a0282620_22144547.jpg


a0282620_22155048.jpg


a0282620_22145273.jpg


a0282620_22155548.jpg



a0282620_22181016.jpg

そして次に行ったのが、「丸山晩霞記念館」。
ここで生誕150年記念の「美しき明治のみづゑ 丸山晩霞展」の会期中なのをネットで知って、是非ともと思い…。
以前から好きな水彩画家で、何度か作品を観ていたものの、この期の展示作品は普段目に出来ないものも多くあるようなのでと、この旅行きの目的のひとつとして…。


a0282620_22184624.jpg
「盛夏」1909年/丸山晩霞


a0282620_22205951.jpg
「春の村」1900年以前/丸山晩霞


丸山晩霞はこの地、東御の生まれで、明治の頃の信州の風景を多数描いていて、それはかの島崎藤村が「千曲川のスケッチ」で文章で描いてみせた風景の、まさに実写版のような水彩画を見ることが出来るから余計に興味が湧く。
(実際、藤村と晩霞は小諸義塾の教師同士で深い交流があった)
自分が信州を訪ねるのも、この信州の原風景といえるような古い時代の景観をどこかに求めて走っている気がある。
もし晩霞が描いた風景の中を車中泊旅が出来たら、もうどこにも行かずにひたすら興奮状態で撮り続けていることだろう。
それほど、自分のうちにある、風景の原型への郷愁のようなものを感じさせてくれる画家だ。


a0282620_22214730.jpg


a0282620_22253990.jpg

不思議なことに、晩霞の展覧会場から出て信州の地を走れば、まさに目の前の景色が、絵の中の風景とまったく同じに見えて来て、晩霞の世界を旅している錯覚に陥るような感じになるものだ。
ウインドウ越しの紅葉の風景が、あの晩霞の絵の中のそのものに見え、もし、ここに彼が居るならば、同じようにこれを描くはずだなどと思い、なかなか多くの現物作品を見た後の知覚の影響力は強いようだ。


a0282620_22215213.jpg

二日目は、
○日帰り温泉・・・別所温泉 相染閣「あいそめの湯
○夕食・・・・・・萬屋八丁
○車中泊・・・・・道の駅 あおき


さすがに信州の朝は寒い。
外気温0℃は、羽毛を重ねていてもしんしんと冷えて来る。
でもその寒さですら、信州らしい爽やかで明るい風土の中で車中泊している楽しさには変わりはない。


by martin310 | 2018-11-19 22:27 | 車中泊の旅 | Comments(0)

深まる秋の北陸・車中泊旅(帰路の思いがけぬ絶景かな)

a0282620_22293195.jpg


旅二日目の宿営地は、「道の駅 桜の郷荘川」。
勝手知ったる場所で、これでかれこれ4度目の寝宿。
但し、ここの日帰り温泉施設「桜香の湯」に入ったのは初回のみで、毎回の如く定休日に当たってしまうという…。
で、到着手前の白川村の「道の駅 飛騨白山」の「大白川温泉 しらみずの湯」へ入り、食事も摂って来ました。

温泉へ入った時点では、まだ雨が降っていて、これでは寝床の仕度をするのに濡れて難儀だなと思っていたところ、荘川に着く頃にはあがって、到着後はすぐさま寝る準備をしました。

夕方、東海北陸自動車道へ入る頃から感じていた気温の低下は、飛騨山脈の奥深く入れば入るほどに冬の様相になって来ていました。
温泉に入ったせいで身体はポカポカしていたものの、外気温としてはとうに10℃を下回って、5~6℃の体感でした。
さらに、深夜から早朝にかけては驚く温度をデジタル温度計が示していました。
なんと朝方の最低気温はマイナス0.4℃です。
ええっ!まだ11月に入ったばかりというのに氷点下とは!


a0282620_22293722.jpg

早朝の外気はキンキンに冷えて、温泉の湯気がいやにあったかそうに見えます。
ワンコもいきなりの寒さに、よくケージの中で耐えて眠っていたものだと関心しきり。
人間様も羽毛を重ねて寝ていました。
ただ、大抵は窓あたりから寒気が忍び入って来るのでしょうが、ウインドシェードの断熱性もあってか、かなり室内は外気から遮断されていて、それほどの冷えを感ぜずに眠ることが出来たようです。


a0282620_22294295.jpg

この晩、温泉休業日も手伝ってか、車中泊組は少なく、とても静かな夜でした。
夜中に小用に起きて、トイレまで行って帰って来るにつけ、身体が冷え切って妙に頭が冴え、その後なかなか寝付けなくなるのがたまにきずでした。


a0282620_22294967.jpg

帰路の木曽街道の途中の何気ない渓谷。


a0282620_22295460.jpg

ワンコのお散歩タイムに停まった地点の何気ない風景。


a0282620_22295974.jpg

そして、開田高原の途中からの息を飲むような御嶽山の絶景。


a0282620_22300530.jpg

平地での昨日の雨が、高山の山頂付近では雪になったようで、紅葉と白雪の見事なコントラストになりました。


a0282620_22300989.jpg

展望台までの道で、また違った風景に。


a0282620_22301496.jpg

松と紅葉ヶ原と御嶽山。
帰路の移動だけの最終日が最高の秋晴れになるとは、これ如何に。
それでもこれだけの絶景が拝めたことで良しとしましょう。

それにしても、またも走るばかりの車中泊旅は、最長移動距離を更新してしまいました。
3日間で1200キロを超えてしまうという…。
今後はもっと近いところで、ゆっくりのんびり周れる旅にしようと考えざるを得ず。



by martin310 | 2018-11-10 22:32 | 車中泊の旅 | Comments(0)

深まる秋の北陸・車中泊旅(能登半島ぐるり)

a0282620_09382072.jpg


さて、山中温泉を出て、夕食の店を探しながら、またさらに、泊まり処の道の駅を目指しながら、結局、国道8号線を金沢方面へと延々と移動し続ける結果に。

車中泊旅の日の終わりに確保しなければならない3大事項は、経験上、「温泉」「夕食」「車中泊場所」の3点が必須条件になります。
この「食」と「入浴」と「宿泊」条件さえ揃えば、まずは旅は安心の域へ入ります。
まあ、温泉宿というものは、これが3セット揃っているからこそ安楽なのでしょうが、車中泊旅はこれを個別に確保出来るかどうかがポイントになり、それがスムーズなほど快適な旅となる訳です。
尤も、これにどうありつけるかが旅の醍醐味でもあり、行き当たりばったりの旅の愉しみでもあるのですが…。

でも、この日は車中泊場所の道の駅は2つも候補があって、まずそこはキープ出来そうでしたが、「食」に関しては何十キロ走ったところで、お好みの店は見つかりそうにありませんでした。
はじめに温泉街周辺を探しましたが、これがほとんど意に叶ったところに出会えず、バイパスへと出てもなかなか店舗が集中するエリアに行き当たらず難儀しました。
もう夕飯を食べるにはたいぶ時間が押して来た頃、漸く金沢バイパスが金沢市内に入った辺りで、全国チェーンの代表店舗が軒を連ねるエリアに出ました。
ひとつ見つかると、続々と、どこの地方でも見るあの有名フランチャイズ店がずらっと続くものなのですね。
でも、こんな北陸まで来て、地元にもある店に入るのか?と溜息が出ますが、他にご当地独自の店などというものを探す余裕すらもうありません。
結局、よく知ったファミレスのひとつに入らざるをえず…。

そして、この日の宿は、「道の駅 めぐみ白山」に。


a0282620_09382500.jpg

道の駅 めぐみ白山」(石川県白山市宮丸町2183)は、国道8号線沿いにある今年4月にオープンしたばかりの新しい道の駅。
駐車場もかなり広く、そのレイアウトから、とても落ち着いて開放的な感じで、車中泊には最適な環境です。
この晩の車中泊組は数えるほどでしたが、駐車スペースが広大なので、各車離れて駐車でき、まったく気兼ねなく眠ることが出来ました。


a0282620_09382928.jpg

朝方まで小雨模様でしたが、早朝、朝日が当たってその水蒸気の多い大空に虹が出現。
スライドドアを開けて起き掛けのツレに見せると、うわーっと歓声。
道の駅の頭上に巨大な虹のアーチが…。
で、よく見ると外側にももう1本あって、なんと二重の虹でした。


a0282620_09383307.jpg

このとおり実にクリアな七色の弧が、ずっと出ていました。
これで一気に快晴!と思いきや、降ったり止んだりの天候は一日変わりませんでした。


a0282620_09383883.jpg

さて、お決まりの車内食の時間です。
いつもどおりの簡単メニューですが、なんと大変な忘れ物が発覚!
毎回、持ち物チェックを怠らないよう、出掛けには注意をしているのですが、ご他聞にもれず、今回も驚きの忘れ物。
なんと、朝食づくりの必須アイテム・・・「スキレット」を忘れるという…。
目が点…です。
よわったなァ。どうするか?
あるものと言えば、大きめのシェラカップしかありません。
仕方なく、それでハムエッグを焼くという。
でもなんとか火加減をうまくすれば出来るものです。
虹を眺めながらのモーニング珈琲も、なかなかのものでした。


a0282620_09384334.jpg

で、この日のルートは?
まあ、金沢まで来ているのだったら能登半島まで行くべきでしょうか。
半島一周はなかなか時間的に厳しいようですが、半周程度なら帰路も見越して可能のようで、一路、輪島を目指して走り始めました。

能登半島へ行くには、ナビは「のと里山海道」を指します。
で、まさかこの自動車専用道、無料とは知らず、行ってみて感動!
ええ、こんな長い区間、無料だなんて凄い。(2013年に無料化されたよう)


おお、今回伊豆の我が家から、日本列島を縦断して、初めて見る日本海です。


a0282620_09384828.jpg

「のと里山海道」って、便利で早いのですが、なにせ、半島山間部の森を切り開いて通した道路。
森の中をずうっと走るだけでほとんど展望がありません。
なので、カメラの出番もなく、いきなり輪島の証拠写真になります。

道の駅 輪島 ふらっと訪夢」へ辿り着きましたが、駐車場を見ると、どうも駅前ロータリーにしか見えません。
そうか、ここは輪島駅だったところを道の駅に改造したらしい。

調べると、「のと鉄道七尾線(穴水~輪島間)は、2001年に廃線になったよう。
で、ここがもとの輪島駅のホームだった。

輪島の朝市通りなどを通ってみただけで、あまり見所は感ぜず、穴水方面経由で戻ることに。


a0282620_09385102.jpg

10年ほど前には、一度、能登島まで来たことがありますが、こんな海沿いの同じような風景が続くのを覚えています。
波が静かで横一直線の海景と空が連続します。


a0282620_09385679.jpg

七尾湾の横一線のパノラマ風景が続きます。
どこを切り取ってもなかなか絵にしにくいという…。
そこが七尾あたりの海の景色ですね。


a0282620_09390018.jpg

海岸づたいにずっとのんびり低速運転で氷見まで行き、国道で内陸深くどんどん入って行きました。
そして、二日目の宿泊地「道の駅 桜の郷荘川」へ。



by martin310 | 2018-11-08 09:49 | 車中泊の旅 | Comments(0)

深まる秋の北陸・車中泊旅(加賀・山中温泉)

a0282620_14105840.jpg


紅葉がそろそろ低地でも見られるほどになって来たので、その秋の風情を楽しめる今を逃してはと、行った先の天候が危ぶまれる中、加賀の山中温泉を目指して出掛けて来ました。

a0282620_14112013.jpg加賀といえば石川県で、車中泊旅としては初めての県です。金沢にも近く、2泊3日の旅にしてはけっこう遠く、毎日の移動距離はかなりのものになります。
それでも、伊豆の我が家からは1日で行ける地点で、今回は普段なるべく倹約で使用を避けている高速をフルに使い、早目の到着を目指しました。

中山温泉を選んだのは、たまたまどこがいいか?とネットで探しているとき見た、“鶴仙渓”や“あやとり橋”、“こおろぎ橋”などの風景が好ましく、しかも、ワンコとのお散歩がてらの散策には“ゆげ街道”も最適と目に入って、即決したものです。
道の駅には併設の温泉があるし、温泉街にも日帰り温泉もありで、なかなか好適地と踏んだわけです。

ですが…です。
いつものように、実際行ってみると雨のそぼ降る天候もあってか、宛てにしていた宿営地候補の“道の駅 ゆけむり健康村”は、どうも自分たちには泊まる雰囲気のところに思えず、とりあえず、“総湯・菊の湯”で温泉に浸かってから考えることに…。
(道の駅 ゆけむり健康村は、温泉施設“ゆーゆー館”への温泉客のためか、駐車場はほぼ満車に近いほどで、とても落ち着いて居られる感じではありませんでした)


a0282620_14110412.jpg

“総湯・菊の湯”は、なかなか風情のあるいい温泉でした。
このときは、どちらか言えば、観光客よりは地元の方々の方が多いようでした。
毎日入っているのでしょうか、定期券のようなものを番台のおばさんに見せるだけで入っていました。
これは女湯の方で、まさか男湯が広場を隔てた向こうの別棟とはついぞ思わず、うろうろと建物のまわりを探したりするほどでした。


a0282620_14110995.jpg

からくり時計のようで、きっと上部の扉が開いて人形が出て来るのでしょうが、あとそれまで5分に迫っていたのに、隣の中山座の中に入っていて見逃してしまいました。残念。


a0282620_14111327.jpg

「温泉を飲む人」
ツレが密かに温泉を試飲しています。
なんだかちょっと秘密裏で神秘的な光景でしょうか。


a0282620_14111738.jpg

こちらが天平風の堅牢な感じの建物の男湯です。
浴槽はけっこう深く、子供が立って入るほどの深さがあります。


a0282620_14150292.jpg

女湯に接続して建っている山中座の内部です。
おみやげものなどが並んでいますが、なかなか重厚な造りの格調高い建物です。
温泉卵を売っていたので、買ってみました。


a0282620_14150680.jpg

山中座は、故森光子が名誉座長だったようです。
芸妓関連の伝統的な品々も展示されていました。


a0282620_14150902.jpg

ここが演舞場の入り口のようです。
漆器の町らしく、すべてが漆塗り風な造りになっているようです。


a0282620_14151161.jpg

人力車と芸妓さんの絵画がありました。
やはり雰囲気があります。


a0282620_14151412.jpg

天井には全面に蒔絵が施してあり、見事な造りでした。


車中泊旅では、例え、予定していた宿営地が予想と外れていても、まずは温泉入浴を終わらせていれば安心で、後は、周辺の次の候補地まで移動すればいいわけです。
勝手きままな旅は、常にフレキシブルなのであります。

というか、結局、この地からかなりの移動をせざるをえないことになったので、鶴仙渓巡りや温泉街歩きもなしになりました。
まあ、またの機会にということで、暗くなってから、金沢方面へとさすらいの旅は続きます。



by martin310 | 2018-11-05 14:20 | 車中泊の旅 | Comments(0)

カーサイドタープとスクリーンテントで車中泊キャンプ。-2-

a0282620_20345386.jpg


早めの到着と、クイック設営で、
今回は随分ゆっくりとした時間を過ごせています。
お昼寝もちょっと出来、あとはチェアーにもたれて
ただぼーっと眼前に広がる川と山の風景に見入ります。

こういう静かにゆっくりと時間が流れていく感じを
味わうのは久し振りのようです。
脳内が川の瀬の音に流されて、
どんどん空洞になっていくような至福感があります。
何も考えないことは、けっこう貴重なことで、
すべてをこの今に投げ出している感覚というのは、
とても代え難い有り難さを感じます。


a0282620_20375883.jpg

辺りがだいぶ暗くなって来つつあるので、ワンコの最後のお散歩に。
ひろーい河原の砂利道を、あっちに行ったり、こっちに行ったり、すぐに自分のテリトリーの車の方へ戻ろうとするので、リードを引っ張って歩かせます。
タープの下から眺めていると、綿菓子のようなお尻がフリフリして歩く姿に、頬が緩みます。


a0282620_20385692.jpg

キャンプリビングのメインの照明は、“LEDストリップライト”と“ジェントス”です。
ストリップライトは、車内のサブバッテリーからUSB供給しています。LEDランタンの方は、もちろん電池です。
他に、あと2つのLEDランタンと、さらにオイルランタンも点けているので、我が屋の屋外リビングはなかなか明るい光で溢れていました。


a0282620_20395595.jpg



a0282620_20402226.jpg



a0282620_20403892.jpg



a0282620_20405151.jpg



a0282620_20410774.jpg



a0282620_20412540.jpg



a0282620_20413832.jpg



a0282620_20420445.jpg



a0282620_20421590.jpg



a0282620_20423213.jpg



a0282620_20424888.jpg

チェックアウト時間もまったく決まりがないので、いつまでもいてもいいのですが、のんびり片付けをして撤収作業が終わって時計を見ると、すでに11時を優にまわっていました。
さて、どこかでお昼を食べて帰りましょう。



by martin310 | 2018-10-22 20:46 | 車中泊の旅 | Comments(0)

カーサイドタープとスクリーンテントで車中泊キャンプ。-1-

a0282620_22035105.jpg


秋もめっきり深まって来るようになると、車中泊キャンプでも夜の気温の低下を考慮しなくてはならなくなって来ます。
日中は20数℃の暖かさがあっても、朝晩には冷えて来て、10数℃という外気温になることも多い今の時節では、さすがにカーサイドタープの下ではスースーと肌寒くなり、屋根だけでなく周りを囲んだ部屋型のスペースで調理や食事をしたくなります。

片サイドに陣幕を張っただけでは手間ばかりで効果も薄く、それなら車に合体させるカーサイドテントでは?と物色しても、それほどいいものはなし。
それならと、四方がメッシュで使えるスクリーンテントではどうかと思い至ったわけです。

サイズも3×3mでタープと同じ幅であるし、高さは少しルーフ部の出っ張りでやや高くはなるものの使用には問題ないので、これが一番と、クイックキャンプ QC-ST300を購入。
そして、モノが届いた翌日、さっそく試用キャンプに出掛けて来ました。


a0282620_22041176.jpg

場所はいつものホームキャンプ場、ちょっと距離はあるものの、ひろーいキャンプサイトですべてがフリーの“秋葉神社前キャンプ場”へ。
IN、OUTも自由時間、フリーサイトでどこでもOK。しかも格安の一人300円。
ちょっとご無沙汰だっただけに、なにげにあの広い河原のサイトイメージが浮かんだりして、そろそろまたあのロケーションの中でまったりしたいなと思っていたところでした。
(季節が変わる度にまた行きたくなる不思議な河原です)


a0282620_22045857.jpg

いつもの一番奥の木の下の定位置はすでにソロの人が張っているし、他にもめぼしいところはすでに先客がいて、それでも各ポイントは十分過ぎるほど離れているのですが、ここではそれでも空きが少ない感覚になるほどなのです。
で、そこそこの距離感を持った中程のポイントに設営することに。


a0282620_22053340.jpg

到着は午後2時と、我が家にしてはかなり余裕のスケジュール。
こんなに早く着いたのはひょっとして初めてでは?
で、設営だってタープとワンタッチ・スクリーンテントなので、今までの重労働からはかなり解放されて簡単です。
3×3のスクリーンテントの内部にほとんどキャンプグッズは収まって、リビングが完成。
さらにまだタープの張り出しが2mもあるので、そこにコットを置いてお昼寝も出来ます。で、さっそくお昼寝タイムzzz。


a0282620_22055412.jpg

前を流れる気田川に出る県道沿いには、月花園という古いお菓子屋があって、ここの「青ねり」が我が好物なので、来るときに買って来たので、3時のお茶の時間にいただきます。
画像手前の明るいグリーンが「青ねり」で、濃い方は「抹茶青ねり」です。
久し振りなので旨さもまた格別なのですが、食べ過ぎると夕飯にお腹が減らなくなるので2つでセーブ。(以前、一気に5ケ食べたときは失敗の巻)


a0282620_22061090.jpg

スクリーンテントの天井はこんな感じでかなり広々しています。
高さも2.1mあるので中で作業するのも楽で、ランタンフックも一応1つ付いているので便利です。
今回はもう虫もいないので、2面だけを全開にして使いました。
暑ければスクリーンにすればいいし、その都度、外気温に対応できるのでなかなかいいのでは。


a0282620_22062705.jpg

河原は相当広いのですが、川自体は一番奥まった位置を流れているので、ワンコとお散歩がてら石の河原を歩いて行って来ました。
水は澄んでいてけっこう青く、これがもう少し下流で天竜川に合流するわけです。
近くで見るとかなりな水量なのですが、遠くから眺めると川筋がちょっと見える程度になります。


a0282620_22070147.jpg

試しに、ワンコのリードを放してフリーにしてみましたが、テリトリーの車とテントのまわりをうろうろするだけで遠くには行きませんでした。
でも、興奮すると、それも忘れて無我夢中で走り出して行くので、やっぱり目は離せませんが。
ちなみに、箱入り娘のため、あるときドックランに入れてもちょぼちょぼしか歩かないのには笑いました。
それと同じで、どうもフリーにはあまり慣れないようです。


a0282620_22071683.jpg

さあて、そろそろ辺りが暗くなりはじめ夕が迫って来たようです。
夕飯の支度が始まりそうですが、やはりお腹がまだあまり減った感がなく、もっと遅くてもいいのにと思うほどです。

四角いスクリーンテントは四隅をペグダウンし、あとはガイロープ4本を固定するだけです。傘を開くようにするだけで自立するので、設営は至って簡単で楽です。
しかも価格が安いので、かなりコスパは高いようで、カーサイドタープとスクリーンテントの組み合わせの車中泊キャンプとの相性は抜群のように思います。特に寒くなる季節には高効率なアイテムでしょう。


(つづく)


by martin310 | 2018-10-19 22:19 | 車中泊の旅 | Comments(2)

秋の車中泊・上州の旅 -2-

a0282620_13511168.jpg


榛名湖を後にして、天気は依然どんよりのまま変わらないなか、一応、草津方面へ行ってみることにしました。
当初の計画では、草津を越えて志賀高原方面へと足を伸ばそうと思っていたところ、この天気ではきっとガスって何も見えない可能性が大なので、途中まで行ってまた考えようということに。

まずは、中之条から六合村を目指します。
県道55号線は、草津から日光への“日本ロマンチック街道”の一部にあたりますが、同時に、このあたりの道は歌人の若山牧水が歩いた「みなかみ紀行」の道です。
六合村へ至る途中の“暮坂峠”は、牧水の歌にうたわれた場所で大きな歌碑が立っているところです。

ここは以前から、何となく行ってみたい場所のひとつで、今回の旅には是非ともおさえておきたいポイントでした。

みなかみ紀行」は、1922年(大正11)10月14日、沼津の自宅を発ち、長野県・群馬県・栃木県を巡って、11月5日に帰着する24日間の長旅の一部を綴ったもので、青空文庫で読んでみると、なかなか興味深い紀行文です。
自分たちが何度かの旅で巡ったコースと、けっこう重なったりしていて、およそ100年前の牧水の世界を現代に追想出来るような気になる、ちょっと文学情緒に富んだ地域でもあります。


a0282620_13551545.jpg

予めこの道沿いにある牧水ゆかりの地は、ネットでちらっとは見て行ったのですが、実際行ってみると、そんな記憶もおぼろげになり、こんな場所をそうだと勘違いして、写真などを撮って来た次第です。
(だって、“牧水苑”とあるのですから、勘違いしてもおかしくはないと)
沢渡温泉近くに、旧大岩学校の牧水会館という建物が現存するようだったのですが、てっきりこの場所がそうなのかと思い込んで、なぜ、建物がないのか?なんて、思いながらも辺りを散策したいりして…。
老朽化で建物は解体されたと思いきや、まったく関係ない、観光のための何かの店の跡のようでした。
(肝心の“牧水会館”方は、案内表示がわかりにくく、見事に見落として通過してしまったようです)

でも、ここ、なかなか雰囲気はあるのです。
どんな建物が建っていたのか気になりますが、まったく情報はありません。


a0282620_13560945.jpg

道を隔てたすぐ前にはこんなきれいな川が流れていたりして、当時もこの道を牧水は旅装束で歩いていたのでしょう。
調べてみると、時期的にも、牧水の歩いた日付より一週間ほど早いだけで、きっともっと紅葉がはじまってきれいな山景色だったのだろうと想像します。


a0282620_13562559.jpg

そしてつづら折りの山道を登っていくと、目当ての暮坂峠に着きました。
小雨が降り、霧がかかって気温も低く、まさに牧水が「名も寂し暮坂峠」と詠んだ、けっこうそれらしい趣のある場所でした。(標高1,086m)


a0282620_13565047.jpg

この場を詠った「枯野の旅」の詩と旅姿の牧水像が立っています。


a0282620_13570788.jpg

若山牧水は宮崎県の生まれですが、晩年は我が家からも近い沼津に居を構えていたので、ほぼ現在ではまるで同郷のような親しみがあります。
そして、今年はなぜかその沼津にある「若山牧水記念館」に急に行きたくなり、そこからだんだんに牧水の生涯や作品に興味が湧くようになったのです。


a0282620_13574135.jpg

「みなかみ紀行」に流れる詩情というか、ムードをまさに象徴するような雰囲気が、この暮坂峠にはあるように感じます。
牧水が文中で「枯芒の原、立枯の楢の打続いた暮坂峠」と表現しているように、当時は今と違って木々がまばらで低く、しかも立ち枯れているような荒涼感があったのでしょう。


a0282620_13575778.jpg

早くも紅葉してこんなに鮮やかな色も見えましたが、全体にはまだまだ紅葉の時期には早いようでした。


a0282620_13580949.jpg

調べたところによると、この牧水像は2016年の7月に像ごと盗難に遭い、足元からカットされて持ち去られた事件があったようです。
その後、ブロンズ像から石像に変わって、この場に再建されたようです。
なんともいわくつきの牧水像であることでしょう。


a0282620_13583759.jpg


 「枯野の旅」  若山牧水

乾きたる
落葉のなかに栗の實を
濕りたる
朽葉(くちば)がしたに橡(とち)の實を
とりどりに
拾ふともなく拾ひもちて
今日の山路を越えて來ぬ

長かりしけふの山路
樂しかりしけふの山路
殘りたる紅葉は照りて
餌に餓うる鷹もぞ啼きし

上野(かみつけ)の草津の湯より
澤渡(さわたり)の湯に越ゆる路
名も寂し暮坂峠


a0282620_13585154.jpg

このあと、山の上だけにさらに天気がおもわしくなくなり、ついには雨が降り続く結果になってしまいました。
これでは山旅どころではなく、しかも、道の駅での車中泊も雨の中では準備に不都合で諦めざるをえませんでした。
六合村の道の駅で温泉に浸かって、そのまま帰途に着くことにしました。
2泊3日の旅計画が1泊で終了とは、何とも残念至極ですが、こうも天気が悪ければ続行は不可能ですので、時間は遅くなりますが帰るしかありません。

帰路の途上、山梨に入ると雨脚もなくなって乾いているところもあったり、やはりちょうど雨雲のかかるエリアに旅していたのだから致し方ありません。
またの機会に譲りましょう。



by martin310 | 2018-10-15 14:04 | 車中泊の旅 | Comments(0)

秋の車中泊・上州の旅 -1-

a0282620_18073017.jpg


今回は群馬方面を目ざして、2泊3日の車中泊旅を予定していたので、出発日が近づくに従って、だんだん予報的に天気が危ぶまれるようになって来ていたのを危惧していました。
あまり芳しくない予報のもと、多少の雨ならと覚悟のもと、出掛けることにしました。

例によって、初日はほぼ移動に費やすような距離の上州、上毛エリアを目指しました。(群馬県の中之条・伊香保・榛名あたり)

1泊目の宿営地は、以前一度、立ち寄ったときの印象がけっこう良かった「道の駅あがつま」にしていましたが、この日、実際に行ってみたところ、駐車スペースの台数やトイレの懸案など、ちょっと当初の好感度ではなくなっていたので、急遽、何度か泊まった実績のある、高山村の「道の駅中山盆地」へと変更し、高山村まで移動しました。

初日は、結局、どこか目ぼしいところを観れたわけでもなく、昼食も夕食も選定がヒットしたわけでもなく、なぜか勘が冴えない日となりました。(まあ、よくあること)


a0282620_18103356.jpg

「道の駅中山盆地」は、日帰り温泉「高山温泉ふれあいプラザ」が休館日だったので、車中泊組の数も少なく、夜はとても静かな環境を確保出来ました。
最近は、どうも一日走ると夜は早々と寝てしまう傾向にあります。
この日も、なんと9時前に床に入って熟睡という…。
朝が早かっただけに、人間もワンコも爆睡状態でした。
ちなみにこのときの車中泊台数は、我が家を入れてもわずか5台でした。


a0282620_18110056.jpg

中山盆地は、街道筋から少し外れているので、大型車両もあまり来ず、駐車台数も知れたもので、とても落ち着けて眠れるいい環境にある道の駅で、やはりここは定宿のような位置づけにならざるをえません。

朝の時点ではまだ雨は落ちてはいませんが、なんだかどんよりした空模様で、これから向かおうとしている榛名山方面はきっとガスっていることでしょう。
それでもここからは程近い場所(30キロほど)にあるので、行ってみることに。


a0282620_18112309.jpg

朝食は毎度のメニュー。
道の駅なので一応、車内調理です。


a0282620_18131695.jpg

いつものように換気ファンが大活躍。
匂いも湿気も外へ排出して快適です。
外気温は20℃を下回る程度で、至って過ごし易い感じでした。
あの夏場の30℃近い環境とは雲泥の差で、やはり秋は車中泊の最適時期ですね。


a0282620_18133211.jpg

車内のお座敷テーブルでお食事。
狭いけれど、床に座ってののんびり朝食タイムはなかなかいいものです。
窓外の様子を見ると、夜には居なかった車が何台か増えて泊まっていたようで、それぞれに活動開始のようです。


a0282620_18135800.jpg

車を停めた近くにこんな植物の花壇があり、この近くに行くととてもいいハーブのような香りがします。
どこかで嗅いだような…、と考えると、どうも桜餅の匂いに似ていると。
渡りをする「アサギマダラ」の休憩地として植えているようです。


a0282620_18141617.jpg

伊香保温泉を抜けてさらに標高を上げて高原に出ると、この榛名湖が見えて来ます。
快晴のもとならさぞかし素晴らしい光景だったのでしょうが、この日は予想どおり幻想的な霧の中です。


a0282620_18143595.jpg

湖畔の周遊道路を一周して、事前にネットで見ていた竹久夢二のアトリエを観に行くことを思い出しました。
どこにあるのか、もう一回丹念に湖畔を探すと、「湖畔の宿記念公園」の一画にあることを特定。
なかなかいい雰囲気の中にその瀟洒な建物は建っていました。


a0282620_18145533.jpg

あまりに湖と榛名富士が望める理想的な場所にあり過ぎるので、本当に当時、ここにあったのかと逆に疑念の方が湧いて来たほどでした。
いろいろ後で調べてみても、この場所に、この建物のままあったとは出て来ませんので、きっと公園をつくる際にこの場を選定して…ということなのでしょうね。
建物についても、「当時の資料をもとに」しかわかりません。
それに、夢二の年譜を見ても、アトリエで長く制作したような様子も伺えません。

《1930年(昭和5年)46歳 4月、群馬・伊香保温泉に約1ヶ月滞在、「榛名山美術研究所」の構想を練る。》
《夢二は榛名湖の畔にアトリエを設け、代表作のひとつとされる『榛名山賦』を制作した》
とあるだけで、この場がそうだというのは不明のようです。

でも、こんなアトリエを持っていたのならと、想像するだけで創作の世界のイメージが広がって行きそうですけど。


a0282620_18151432.jpg

いつも無料開放されているはずなんですが、なぜかこの日は鍵が閉まっていて中は見学出来ませんでした。
なので、玄関の間口のガラス越しに内部を…。


a0282620_18153451.jpg

夢二作詞の歌は流れているんですが、鍵は開いていないという。
興味津々で室内を覗く人が…。
音楽と一緒に口ずさんでいる最中です。
けっこう歌の歌詞まで覚えているという特技があるらしいです。


a0282620_18154932.jpg

作家や画家や音楽家や…、そういう創作の現場を見るのはけっこう好きで、アトリエ跡なんていうとつい誘われる感があります。
どういう環境のもとで着想するのか?
なんていう、まさに天から何か降りて来る場というのに惹かれるのでしょうね。


a0282620_18160016.jpg

こういう榛名湖の情景もまた、夢幻的でいいのかもと、思ったりして…。
さて、山を降りていくことに。


a0282620_18162046.jpg

インスタの画面風記念写真の場でワンコを一枚。
いいねが10万件とは。
こういうのもおもしろい。
それにしても、もう少しインスタ映えする表情をお願いしますよ。
わん!

―つづく―



by martin310 | 2018-10-12 18:18 | 車中泊の旅 | Comments(0)

夏の終わりの車中泊キャンプ、はしご旅。[#4 フォトジェニックな風景]

a0282620_16075669.jpg


カヤの平高原キャンプ場”の朝は、霧が立ち込める中で始まった。
下界から見れば、ただ山に雲がかかり、その雲の中に居ることに過ぎないのだけれど、高原ではせわしく動く霧中で視界が広く開いたり、また閉じたりとしきりと展開が早い。
時折り、空が開いて、朝日がさあっと射し込んで、辺りの草地が輝く瞬間があったり、なかなかドラマチックな朝だ。


a0282620_16091736.jpg

雲の動きによっては、丘の上が翳り、向こうだけが明るくなったりして、ぽつんと立っている樹のシルエットが妙に映えたりすることがある。
朝方の小雨で、草地はけっこう水を含んでいて靴を濡らす。
ただ、その濡れ加減がまた、微妙な緑の色合いの深さを醸し出すようだ。


a0282620_16093187.jpg

道の向こうにある立ち姿のいい栃の木。
近づくと、大きな茶色の実を豊穣につけている。
あの掌に握れるほどの大きさの実がトチノミか、よくお菓子などに入れたり、とち餅などにしたりするので聞いたことがあるが、なっている実物を見たのは始めてかもしれない。


a0282620_16094463.jpg

朝霧と栃の木。
まさにフォトジェニック感いっぱいの風景。


a0282620_16095664.jpg

朝焼けの雲だってけっこうドラマチック。
西洋の聖堂の天井画を見ているようだ。


a0282620_16102756.jpg

雲間に残月。
空の底の深さを感じる光景。


a0282620_16105070.jpg

辺りを霧に包まれた中でのいつもの朝食。
まだこの高原には誰ひとりとしてやって来ていない。
静まり返った中で、朝霧が淡く風景を透かしていく。


a0282620_16090317.jpg

昨晩のごはんの残りは小振りのおにぎりにしておいたので、それをスキレットで焼きおにぎりにした。
普段、朝はこれほど食べることはないのに、なぜかお腹がいくらでも吸収してしまう。
あまりに美味し過ぎて困る、キャンプ飯。



a0282620_16113753.jpg

緑の草地の一画だけにこのレモンイエローの花が咲いていた。



a0282620_16113496.jpg

このあと快晴になる予感のする空。
明るくなる前まで、しとしと小雨が車の屋根に微かな音をさせていたが、陽が高くなるにつれ、青空が爽快に広がり始めて行った。


a0282620_16113133.jpg

そろそろ撤収の時間かと動き始めようとしたところ、牧草地の奥に牛たちの姿が見えた。
思わず口笛を吹いて呼んでみたところ、ちゃんと軍団はこちらに向けて移動を始めた。
どうもリーダーは薄茶色のジャージー牛のようだ。


a0282620_16112353.jpg

この先頭のリーダーの動きに全頭が従っているようだ。
ジャージー牛の親方。
我が愛犬の方をずっと見ている。
優しいまなざしで、ウチのわからんちん犬を見つめてくれているのだ。
ウチのわからんちん犬はただ吼えている。
愛情いっぱいの親方に感謝。
とても可愛い牛たちだった。


―おしまい―


by martin310 | 2018-09-10 16:20 | 車中泊の旅 | Comments(0)

夏の終わりの車中泊キャンプ、はしご旅。[#3 カヤの平高原キャンプ場]

a0282620_18413650.jpg


木島平から“カヤの平高原キャンプ場”へはちょっと暗めの樹林帯を延々くねくね登って行く。
時折り小雨もパラついて、行き交う車もない、暗く細い道を登って行くにつけ段々心細くなっていく。
いったい、この先にそんなロケーション最高のキャンプ場なんて、本当にあるんだろうか…?
予約もいらないからに、管理人も不在だったりはしないのだろうか…?
不安や疑心暗鬼がつのっていく。

山道を登り詰めた頃に、急に白樺林が現れた。
不思議なもので、空が開けて白樺の華麗な姿が続くと、なぜか不安が消えて、なかなかいい所のような気がして来るのだから。

森を抜けると一気に大草原が開けて来た。
おーっ!これは凄い!
一気に悲嘆から喚声に変わり、草地の広々した中に潅木が点在する、素晴しい景色に魅了される。
ここが“カヤの平”かぁ、まさにこれ以上ない最高のロケーションではないか。

朴訥な語りの管理人の説明を受けチェックイン。
今日は我が家一組だけのよう。
夕方5時以降は無人になると…。
携帯は圏外です。
緊急用には公衆電話が1台。しかも無線方式のようで最低300円入れてかけないといけないそう。
標高1500メートルの山の上に、今晩は我々、ふたりと一匹のみの夜を過ごす。
・・・・・。
まあ、仕方ない、緊急のことがないように祈ろう。
(で、熊って出ないですよね)


a0282620_18425102.jpg

急に暗くなると雨が落ちて来たり、さっと雲が切れると陽が射して来たりと、まさに山の天気そのもの。
でも、タープを張り終える頃にはもう傘を乾かすほどになっていた。
道路に沿って細長いテントサイトは、どこへ張ろうか迷うほど。
でも、トイレと炊事場に近いところはこの樹の下あたりになるのでここに。
右方の柵の向こうは牧場で、立ち入り禁止に。
奥の森の中に炊事場。
トイレは管理棟の中にあるだけ。


a0282620_18433158.jpg

ログっぽい造りの管理棟には、管理人が一人。
電線は来ていないので、電気は自家発電のよう。
夜はLED電球が点いて、一応、安心だった。
WiFiも近くに来ればつながるよう。
発電はソーラーで蓄電しているのだろうか?
そこまでは訊かなかった。


a0282620_18463918.jpg

この頃はまだ陽も高く、管理人もいるし、高原植物のパトロールの人もいるし、それにロッジを修理中の大工さんもいるので全然、さみしくもなく…。
それが暗くなる頃には。


a0282620_18442907.jpg

わんこも二日連続の草原とは知らなかったよう。
野生の本質が目覚めるのか、終始、センサーが過敏に緊張気味だった。
獣の微かな匂いでもするのだろうか?


a0282620_18440672.jpg

草原と森と空。
なので空ばかり眺めていた。
刻々と雲が動き、空の様相は変化する。


a0282620_18453910.jpg

a0282620_18495434.jpgタープ下から窓を覗くように外の風景を眺める。
たった布一枚の屋根があるだけでプライベートな部屋になるんだな。
人間はやはり、基本、部屋のようなところに居ると落ち着く生き物だとわかる。
スーパーで仕入れたスイーツでもいただこう。



a0282620_18460372.jpg

ミズナラの大木が点在する不思議な風景。
そのあいだから見える山の姿が、どうも古代の風景に見えて仕方がない。


a0282620_18470790.jpg

夕刻が迫って来た。
そろそろランタンの準備もしなければ。
夕飯の支度もだいぶ出来たよう。
辺りの人たちの車が次々帰って行く。
いよいよ孤立だ。
静まり返った世界に我が家だけ。


a0282620_18473884.jpg

夕陽を浴びた我がキャンプリビング。
携帯の電波はないが、FMはちゃんと入る。
ローカルな長野の地方局の番組を聴く。


a0282620_18475519.jpg

夕飯の献立は、トマトシチュー。
それに、昨日の残りの野菜焼き。
その他いろいろ。


a0282620_18481730.jpg

けっこう品数豊富なこの日のメニュー。
ご飯もコッヘルでうまく焚けた。
ランタンの灯りのもとでの夕餉。
まわりは早くも漆黒の闇だ。
本当に暗い。
気温は17℃くらいで肌寒い。
パーカーを羽織り、さらにウインドブレーカーも重ね着する。
さすがに標高1500メートル。
昨日の戸隠より、ちょっと寒い感じだ。

夜は寒いのと、ちょっと辺りが真っ暗で不気味なので、早々と車内の寝床につく。
テントと違って、厚いボディーに包まれているとけっこう安心。
早々ととは本当に早々とで午後8時にご就寝…zzz。
本当の静寂が訪れる。
あまりの静けさに、耳がキーンとしている。


a0282620_18490124.jpg

―つづく―


by martin310 | 2018-09-06 19:06 | 車中泊の旅 | Comments(0)