伊豆に住み、八ヶ岳を巡り「空と森と水」の美しい風景を求めて・・・。 自然に包まれて暮らそう!---Martinのフォトエッセイ
by martin310
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
マイガーデンの花便り Vol..
at 2018-05-18 22:02
奥美濃/北濃★車中泊の旅 ~..
at 2018-05-16 23:25
奥美濃/北濃★車中泊の旅 ~..
at 2018-05-15 20:33
奥美濃/北濃★車中泊の旅 ~..
at 2018-05-14 20:23
奥美濃/北濃★車中泊の旅 ~..
at 2018-05-13 16:32
マイガーデンの花便り Vol..
at 2018-05-06 20:50
マイガーデンの花便り Vol..
at 2018-05-02 18:18
奥三河/南信州★車中泊の旅 ..
at 2018-04-30 15:34
奥三河/南信州★車中泊の旅 ..
at 2018-04-27 20:52
奥三河/南信州★車中泊の旅 ..
at 2018-04-25 11:51
画像一覧
カテゴリ
全体
*D.I.Y
∟タウンエースカスタム
∟18mの土留め柵
∟DIYインテリア
∟ガーデンハウス
∟ガーデンフェンス
∟ウッドデッキ
∟Tool Shed
∟キャンプ系 DIY
ログハウス
キャビン
*キャンプ
∟ならここキャンプ場
∟秋葉神社前C(6)
∟高ソメC
∟奥大井・八木C(3)
∟かじかの里公園C(3)
∟朝霧ジャンボリーC(2)
∟西湖自由C(3)
∟道志の森C(7)
∟田貫湖C(1)
∟駒出池C(6)
∟デイキャンプ(6)
車中泊の旅
ガーデニング
田舎暮らし
サイクリング
八ヶ岳ポタリング
おすすめショップ
カフェ&レストラン
BOOK&CD
風景探勝
とっておきの伊豆
とっておき八ヶ岳
スピリチュアル
日々の思索ノート
アート
文学
音楽
オーディオ
映画
オリジナル動画
YouTube
vimeo
お気楽メモ帳
社会問題
時代の真相
秘史探求
その他
「食」の問題
選挙関連
TPP関連
原発関連
UFO関連
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
最新のコメント
山野さん いえいえ..
by martin310 at 09:22
Martinさん ..
by 山野 at 21:34
山野さん、同じタウンエー..
by martin310 at 16:32
きろはんさん、コメントあ..
by martin310 at 08:05
こんにちは。はじめまして..
by きろはん at 07:11
渓流釣りもされるんですね..
by martin310 at 22:11
ブログジャンル
twitterで更新情報がわかります。
ブログランキング
検索
記事ランキング


カテゴリ:∟ならここキャンプ場( 1 )

ローベンス“ミッドナイトドリーマー”でストーブキャンプ。


a0282620_14452477.jpg


ストーブキャンプの最盛期は、この極寒の2月をおいてないと、今月中にもう一度はキャンプへと、行き先を探索していました。
ですが、我が家の条件があります。
ワンコがいるので、ペットOKで、フリーサイト。
それに広々していて、ガラ空きなこと。
しかも、昼までの到着が可能で、それなら自宅から120キロ圏内。
おまけに、近くに温泉などがあるようなところ・・・。
そんな条件を満たしながら、希少な通年営業のキャンプ場が、
掛川の北方の山間部にあったのです。


ならここキャンプ場」。
不思議な名称ですが、未だに名前の由来は知らずですが、なかなかの規模とロケーションのキャンプ場がこんなところにあったのは、グーグルで調べを重ねるまでまったく気がつきませんでした。
しかも、前回行った「秋葉神社前キャンプ場」とは、ほぼ同じ方向でやや近めという、かえって若干アクセスはしやすい地点にあったのには驚きでした。

今回のプランは、トンネルテントのローベンスミッドナイトドリーマー”をリビングシェルターに、Gストーブをインストールしてのキャンプで、寝床は車中泊仕様のタウンエースバンの中ということに。
なので、タープも寝室用幕もなしの、ミッドナイトと車中泊というシンプルなキャンプスタイルとなりました。


a0282620_14460041.jpg


「ならここC」のフリーサイトは、かなり広く、ただまわりに木々があるだけでまったくの広場というか、だだっ広いグランドという感じです。
どこに張ってもいい条件ですが、どうも視覚的にもアイポイントになるものがないので、なかなか位置決めする決定因がないので逆に迷いました。
結局、風もあるので、川側の端の大木の下あたりに決定。
ならここの湯」に行く、吊り橋がすぐそこなのもその理由でした。
それにしても、冬ざれた林の広場は、まるで学校のグランドに張ってるようで、なんだかキャンプの雰囲気がちょっと異質に・・・。

設営が全部済んで、コーヒータイムを味わってから、順番に温泉へ行きました。
他に、後からソロの人が一名来たので、完全貸切ではありませんでしたが、この広いキャンプ場に我が家だけというのも、いつものことながら、さびしいのとちょっと物騒なかんじありで、ワンコ番に一人ずつ残りました。


a0282620_14474111.jpg

温泉に行くには、この吊り橋を渡るのが近道です。
(袋を担いだ布袋さんが渡っています)
でも、先に渡ったところ、中央部はかなり揺れてちょっとまずいかなと思い、これは歩き方に問題がありと、揺れを引き起こさない、いわゆる動画撮影時にやる“スタビ歩き”に変えると、効果てきめん、揺れを抑えられうまく渡れました。
※“スタビ歩き”は、膝を曲げながら、上下動を少なく、静かに体重移動する方法です。
ツレにも、その方法を伝授して、うまく渡っているところのようです。



a0282620_14463248.jpgワンコはテントが異常にお気に入りのようで、ひっきりなしに、幕のスカート部分のあちこちから出たり入ったりを繰り返してました。
姿が見えなくなって呼ぶと、どこからともなく意外な位置から、スカートの隙間をこぐって入って来ます。
その鼻が先頭に顔が幕下から出て来るのがおかしく、何度も笑いました。
外は0℃の強風が吹いているのにもかかわらず、この出入り遊びにずっと興じていました。


a0282620_14504180.jpg

Gストーブの煙突は、前室のジッパーの上部から出しています。
幕の天井までが近いので、ストーブ本体を低くするために、今回は、標準の低い方の脚を使いました。
ストーブのサーモメーターは300℃まで上がりましたが、外気が0℃なのと、幕内が横長の空間なので、反対側に石油ストーブのレインボーを点けて、幕内温度を確保しました。


a0282620_14491755.jpg

夕飯のメニューは、簡単に餃子鍋とフランスパンという組み合わせです。
以前作りおいて冷凍していた自家製餃子を鍋に入れたので、味がけっこう深く出て、シンプルながらなかなかの美味さでした。
ほとんどストーブキャンプでは、凝った手のかかるものはやめて、簡易に出来て、しかもあったかくて確実に美味いものをと、こんなメニューが続いています。


a0282620_14515672.jpg

食後は、ストーブの上にさつまいもをころがして、焼き芋タイムです。
これがまた、まるで中身はクリームのようにやわらかく、ほくほくの甘味で実においしいのです。
その後は、薄い焼酎割で一盃会です。
時折、強い風が幕を揺らしましたが、そこは最強の強風対応幕・・・ミッドナイト(2016年版)です。
まったく鉄骨フレームはビクともしませんでした。


a0282620_14521160.jpg

翌朝は、気温が上がって、早朝でも4~5℃もあってあったかでしたが、一応、薪も余っていたのでストーブに点火しました。
でも、このキャンプ場はチェックアウトが10時と早いので、あまり火を長く置いておくことが出来ません。
撤収時には、ストーブ本体が冷えていなければいけないので、早めに火を落として、灰の始末をする必要があります。


a0282620_14523199.jpg

夜明けの頃のミッドナイトです。
(夜明けはミッドナイトではありませんけど)
ミッドナイトドリーマーは、けっこう室内が透けて見えて、物の影が外からはまるで透明な昆虫の体内のように見えます。

やはり、キャンプタイムに温泉がつくと、大分ゆったり感が違うようで、今回はさらにのんびりまったり出来た気がします。
キャンプ場も温泉もガラ空きのこの時期、けっこうこういう穴場的なところ(今だけでしょうが)が、狙い目ですね。
これが我が家のひっそりキャンプの極意でしょうか。



by martin310 | 2018-02-18 14:57 | ∟ならここキャンプ場 | Comments(0)